2015-02-22

ケント・ギルバート

テーマ:賢者との交流

『英会話が得意になることでとてつもなく広がる世界』に興味がある方にとっては大変貴重な情報です。かなり長文ですがあなたの人生を変えるかもしれない有益な情報なのでどうか最後までお付き合いください。

『美人に生まれたら生涯2億円の得。しかし英語が出来れば3億円の得。』・・・これは我ながら名言だと思いますし、事実です。しかし実際に海外に頻繁に出てみるとその価値は3億どころではないことが分かります。

自分は運よく英語に不自由のない環境で育ったのですが、この<英語力>が今のステージで活躍できている原因であることは疑いようもない事実です。

英語が出来ないと生じる <6つの格差>というのがあります。それは・・・1.情報格差 2.収入格差 3.時間格差 4.人脈格差 5.楽しみ格差 6.思考格差 です。

これは 本田 直之 さんの『レバレッジ英語勉強法』にも書いてあったことですが、全く同感です。 特に楽しみ格差 と 思考格差 は、人生を楽しむ上で想像以上にとても大きいのです。

言葉が通じて海外の文化や常識に深く触れることで間違いなくあなたの世界は広がります。そして何より世界の色々な人と交流が出来ます。どの国でも一定の知的層であれば、英語は共通の言語だからです。

昨年・一昨年と2年連続でヨーロッパを旅しました。地中海とアドリア海の2週間のクルーズだったのですが、いずれも富裕層が乗る豪華客船の旅。それは世界の成功者たちと交流する最高の舞台でした。そこには30か国以上の乗客がいましたが、英語が通じなかった人はほとんどいませんでした。

一方で30人ほどの日本人のツアー客も乗船していましたが、彼らの多くは日本人同士で固まって行動していました。それがいい悪いではなく、せっかく異文化に触れられる素晴らしいチャンスなのに機会損失してもったいないなぁと感じました。日本人の英語アレルギーは深刻です。残念ですが、先進国では断トツでしゃべれません。驚くべきことにアフリカの野生動物と暮らしているマサイ族の連中の方がよほどしゃべれます。

なんでそうなったのでしょう?一つは日本の英語教育が間違っており、わざとしゃべれないようなカリキュラムを強要していたからです。ですからしゃべれないのは、決してあなたのせいではないのです。

それと日本人の性格もあります。なんでも完ぺきを求めるあまり、間違ってはいけないという教育を受けてきたことも見逃せません。米国もカリフォルニアやフロリダなどはヒスパニックやアジア系がマジョリティーです。彼らは米国で生まれていない限り、流暢にしゃべれませんが逞しく暮らしています。

もともと米国は移民の国。だから恥ずかしがらずに恥をかくつもりで何でもしゃべればいいんです。ほとんどの場合、問題はありません。また難しい表現も必要ありません!たいていの会話は、100程度の単語の組み合わせで十分成り立ちます。

昨年の5月にケント・ギルバートさんと知り合いました。ケントは20年前はテレビに毎日のように出ていたので、御存知の方も多いでしょう。我々の会話は二人だけのときはもっぱら英語。もちろん他に誰かがいれば日本語です。しかし英語で会話出来たから、一発で打ち解けられ仲良くなりました。以来、鳥居の『人脈塾』交流会にも何回か参加してくれ、大変親しくさせていただいています。

我々の共通認識として、
日本人は優秀なのに英語がしゃべれないので『もったいない!』『大きく損をしている!』と感じています。

その昔<ケントギルバート外語学院>を運営していたくらいですから、非常に英語教育に造詣が深い方です。暮れに5時間近く英語教育について語り合いました。そこで驚いたことは、1日あれば発音を矯正できるメソッドがあるという話。

僕の今までの常識では、発音を矯正するのは非常に難しいと思っていたからそこにエネルギーを使うのは無駄だと感じていました。だから逆にブロークンでもいいから、まずは相手に通じるカジュアルな表現を身に着けることの重要性を説いてきました。

もちろんネイティブの本音は、ストレスを感じるのは嫌だから発音は流ちょうな方がいいに決まっています。僕自身もネイティブでない人としゃべるとストレスがかかるので良く分かります。しかしケントは、『発音はある方法により直せる!』と断言!これは常識を覆す『すごいことだ!』と感じました。

そこでこのたび、3月18日にケントと一緒に劇的に発音矯正ができる秘密のメソッドを初公開する<人生が100倍楽しくなる!>ケント・ギルバート のワンデースーパー英会話 を行います。

以下、ケント本人からのメッセージを預かっていますのでぜひ最後まで読んでください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鳥居さんの読者のみなさん、こんにちは。カリフォルニア州弁護士の ケント・ギルバート です。

私が最初に日本に来たのは1971年12月なので、もう40年以上昔の話になります。それ以降の80%以上、人生の3分の2をこの日本で過ごすことになるとは想像もしませんでした。

この間、本当にたくさんの日本人の友達が出来ました。講演会や番組の撮影等で、北海道から沖縄まで47都道府県は全て制覇しましたから、私以上に数多くの日本人と接した経験のあるアメリカ人は、合衆国の建国以来 一人もいないと密かに考えています(笑)

日本人の友人や知人の中には、とても優秀で気配りもできて、性格は穏やかで尊敬できる人物が多いです。職業で言えば弁護士・医師・一流企業の役員など、いわゆる高学歴を経て、高い社会的地位に付き、高収入を得ている人たちも数多くいます。

ところが彼らとの初対面の場面を振り返ると、多くの人が口を揃えて私に言った決まり文句があるのです。それは、「私の英語よりも、ケントさんの日本語の方がずっと上手だから、日本語で話させてもらいますね」というセリフです。

私はもちろん一向に構わないので、いつも「分かりました」と言います。しかし良く考えてみると、彼らの多くは中学生から大学生まで、英語を一所懸命に勉強してきたはずです。一方の私は、日本語を習い始めて3年目くらいには、もう教える側に回っていました。

英語を読んで意味を理解することが得意な日本人は少なくありません。医者や弁護士などは難しい学術論文も読みこなします。正しい英文法や難しい英単語も、普通のアメリカ人より遥かによく知っている人もいます。言うまでもなく、日常的な英会話の文章など簡単に暗記できる優秀な人たちです。

しかし、実際にその正しい英文を会話で使ってみると「全然通じなかった」という経験をした日本人は、相当数にのぼるのです。そのような人に実際に英語を話してもらうと、確かにアメリカ人には通じないだろうと思います。その理由は『発音が間違っている』からです。

ちなみに昔、私の父が初めて来日したとき、「客室乗務員の英語の機内アナウンスがまったく聞き取れなかった」と言いました。いくら正しい英文であっても正しく発音されなければ、それを聞いた英語を母国語とする人は、何を言っているのか全く理解できません。

私は何人かに「英語のphonetics(スペルと発音のルール)を思い出せば、自分の発音が間違いだと気付くでしょう?」と聞きました。ところがその全員が「phoneticsって何ですか?」と私に聞き返したのです。そんなものは中学でも、高校でも、大学でも英語の授業で習った覚えはないと言うのです。

こうして、私が小学校1年の授業で最初に習った、英語の基本中の基本である「phonetics」を日本では英語の授業はもちろん、英会話教室ですら教えていないことが分かったのです。

「だったら日本人が正しく英語を発音できないのは当たり前だ!」と思ったので、私は今回の「英語(米語)発音矯正講座」を鳥居さんと開くことにしました。本講座は日本人の「英語コンプレックス」の克服にきっと役立つはずです。それにより世界の檜舞台で活躍する日本人が増えてくれたら、長年日本に住むアメリカ人としてこれ以上の喜びはありません。

日本人は英語の文字を見たときに、その発音をどうしてもローマ字読みで考えてしまう悪い癖があります。

例えば「A」という文字を見ると、すぐに「ア」の音を想像するようですが、英語の「A」という文字には、5つの異なった発音があるのです。同様に「I」という文字を見ると日本人は「イ」の音を想像しますが、英語では「I」の文字を「イ」と発音することは滅多になく、通常は「アイ」または「I 」つまりエとイの中間の日本語にはない音と発音します。

英語の文字がどのような発音になるのかは、前後の文字との組み合わせ、すなわちスペルを見ればだいたい分かります。しかし日本の英語の授業では、スペルと発音の関係について習わない。スペルから発音を判断できる日本人は帰国子女などを除いてほとんどおらず、それで皆 英語の発音で苦労しているようです。

スペルから発音を判断することを、アメリカでは小学校1~3年生の間に完成させます。この勉強を終えたアメリカ人の子供たちにとっては、その後の勉強は「既に知っている発音を、どのようなスペルで表現するのか?」という意味を持ちます。

ところが、この「phonetics」を知らない日本人の勉強は「目の前の英語のスペルに、どのような発音を当てはめるのか?」という逆の作業になるのです。そもそも英語にはどのような発音があるのかを知らない間は、どちらの勉強も始められないはずです。

ところが日本人は英語にどのような「音」があるのかを知らないまま、英語を勉強しています。これは「アイウエオ」という日本語の基本となる「音」を知らないまま、文字だけを見て日本語を勉強しているのと同じことです。

じつは、今まで日本には英語の「音」を主役にした英語の講座が存在しませんでした。そこで、今回のこの講座では「英語の音の全体の仕組み」を明らかにします。これは今の日本の英会話教室では教えていないものです。

英語も日本語と同様、文字と発音の両方を大きく「母音」と「子音」に分けることができます。この講座でも母音と子音を完全に分けて学習します。

講座では、まず母音を勉強します。特に日本語にない母音をしっかり覚えて下さい。次に子音。特に日本語にない「R」などの子音をしっかり覚えてから、もう一度全体を通して勉強します。

今回の講座では、基本的にイギリス英語の発音ではなく、アメリカ英語の標準的な発音(中西部の発音)を紹介します。「英語」ではなく「米語」と表記すべきかも知れませんが、この発音が世界中で通じる標準語であることは間違いありません。

ハリウッド映画やCNNニュース、FOXテレビのドラマも全て「米語」です。イギリス英語の発音の方が歴史と伝統があるかも知れませんが、日本語の勉強を今から始めようとしている外国人に「関西弁から覚えるべきだ」とは誰も言いませんよね?やはり現在の世界の標準語はアメリカ英語です。ですから本講座は<アメリカ英語>の発音をマスターすることを目指します。

決して難しくはありません。過去の経験上、私の講座を受講すれば95%の日本人は英語の発音を今よりも改善することが出来ます。しかし残念ながら、残る5%の人の発音はほとんど改善されません。

どんなに優秀な音楽教師やボイストレーナーも、先天的な「音痴」の人が歌う時に音を外すのを止めることは出来ないのと同じです。

ですから今回の発音矯正講座では、100%の返金保証を付けることにしました。

もし受講者の方が、残念ながら上に書いた5%の中に含まれる人だと認められた場合は、本講座の受講料は100%返金いたします。

恐らく経験のある人も多いと思うのですが、聞き取りにくい発音で話される日本語を、相手に気を遣いつつ、一生懸命聞き取りながら会話を続けるのは意外と疲れますよね。

例えば旅先で泊まった旅館の仲居さんが一生懸命話している言葉は間違いなく日本語のはずなのに、あまりにも訛りが強くて何を言っているのか分からない場合とか。じつはあなたの話している英語ですが、海外旅行先で確かに通じているかも知れませんが、相手にストレスを感じさせる発音かもしれませんよ? 

英単語を何万語知っていたとしても英文法を完璧にマスターしていたとしても
ハリウッド映画のセリフを字幕無しで理解できたとしても、その人の英語発音が正しいかどうかとは、残念ながら一切関係がありません。

自分の英語力を少しでも上達させたいと考えている人で、過去に英語の発音を体系的に習った経験が一度も無いのであれば、今回の講座は間違いなく受講する価値があります。

本当は英語を習い始めるいちばん最初に受けるべき授業内容ですが、長年英語を勉強してきた人にとっては、総仕上げの意味を持つ講座になる可能性もあります。自分の英語力に欠けていた最後の重要なピースを「カチッ!」とはめる瞬間が来るかも知れません。

英語のヒアリングが苦手という日本人も多いのですが、そもそもどのような母音と子音によって英語が構成されているのかを知らない人が、英語を正しく聞き取ることが出来ると思いますか?

逆に、どのような母音と子音によって英語が構成されているのかを知ってさえいたら、英語のヒアリングの正確性がどれほど高くなるのか簡単に想像できますよね?

できれば日本国内にある全ての学校と英語塾で、私が一から開発した「日本人向け英語(米語)発音矯正講座」を実施して欲しいと考えています。

当日あなたとこの講座でお会いできるのを心より楽しみにしています!


ケント・ギルバート


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


如何ですか?興味沸きましたか?有名人の先生から直接学べるまたとない機会です。もし1日であなたの英語の発音が劇的に変わるのだとしたら、こんな安い投資はありません。

僕の周りの成功者たちの多くは、本田 健 さんをはじめ皆さん英語を流暢に操り、それをご自分のビジネスに役に立てています。この案内は今年こそ英語をマスターし、人生を変えたいあなたに贈る素敵なイベントです。なお当日は前座で鳥居の講座もあります。こちらもお楽しみにしててください(笑)

<人生が100倍楽しくなる!>ケント・ギルバード のワンデースーパー英会話に参加ご希望の方は、
こちらよりエントリーください

昨日募集開始したばかりですが、おかげさまですでに残席僅かです!m(. .)m
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

スピードブランディング 鳥居祐一さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

残念ながら、その日は参加出来ません。
是非とも、平日以外での開催をお願い致します。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

鳥居祐一 公式 Facebook 鳥居祐一 公式 Facebook 鳥居祐一 公式 twitter 鳥居祐一 公式 twitter アメンバーに関するガイドライン アメンバーに関するガイドライン

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み