取手福祉サービスのブログ

福祉用具レンタル・販売、福祉工事の取手福祉サービスです。


テーマ:
2013年10月4日(金)福祉住環境コーディネーターとして大阪研修へ行ってまいりました。

福祉住環境ネットワーク会議の皆様と出会えたことによって全国で福祉住環境コーディネーターとしてご活躍されている様子を拝見させていただく機会が増えました。

3年前に初めてお伺いさせていただいた大阪研修

昨年は高知・徳島研修

そしてまた今年、大阪府豊中市在住の芳村師匠にお願いをして、貴重なお時間をいただき勉強させていただく機会を得ることができました!

芳村さんは私にとって、尊敬する師匠であり、仕事に対する取り組みのみならず、生き様そのものを尊敬しております。

芳村さんとの出会いは、2006年に受講した福祉住環境コーディネーターの合格者セミナーでした。

セミナーというようなセミナーではなくて、芳村さんの訴えかける言葉に吸い込まれていくような気分で、「こうやって人前で想いを伝えることができる人になりたいな」と感じたのが第一印象でした。

自分からしたら、雲の上の人というか、偉大な尊敬する方であります。

しかし、芳村さんは自分の過去を語ってくれました。

芳村さんは、大学を卒業し、民間企業で2年間働いた後、親の仕事を継ぐことをせず、独立に向けていろいろと模索したそうです。

そうした中、25歳(26歳になる年)で地元の豊中青年会議所の先輩から勧誘を受け入会。

仕事では、自らで施工もおこなっており、自分で思い描いたようにおこなえることが好きだったので左官工事や基礎工事などもされていたとのことです。

JCに入会した当初は、人前で自分が話せるとは思ってもいなかった、とおっしゃっていました。

そんな話を聞いて、私はビックリしました。

だって、今や地域の先頭に立って街づくりをおこなっていますし、様々な講演会やセミナーでは
自分の想いを明確に伝えることができて、聴く側の心をつかむことさえ出来る。

そんな話を聞いて、私自身は希望を持つことができました。


失礼なお話かもしれませんが、なんだか自分も芳村さんが歩んできた道に似ている道のりを歩んでいる気がしました。

芳村さんが現役時代にラグビーを一生懸命にやられていたことに対して、自分も野球をずっと続けていたというスポーツ精神の共通点も通ずるものがあるような気がしています。

私も、大学を卒業した後に民間企業に2年間務めました。その後、両親が経営する建設会社を継ぐために地元へ帰ってきました。

芳村さんと同様、25歳(26歳になる年)に地元の常総青年会議所から勧誘を受けて入会。

私の場合、親の仕事は継ごうと思って働いており、建設業の業務(主に水道工事)をおこなう傍らで福祉住環境コーディネーターとしての道を築き上げていましたが、2011年に会社が倒産してしまいました。

この先どうすれば良いのかと考えた末、福祉住環境コーディネーター一筋で独立し、今では少ない受注でなんとか柱を形成させようと、受注した工事のほとんどは自らで施工をおこなっている状況であります。

JCに入会した頃に比べれば人前で話をすることに対してだいぶ自信が付いてきたものの、入会7年目の今でも人前で「上手に」話をすることはできていません。

また、「人前で上手に話すことが出来ない」というコンプレックスを強く持っています。

だから、先輩方から「(今日のスピーチ)良かったよ!」とか「すごいね!」のような褒め言葉をいただくことがあっても、内心では「お世辞なんだろうな・・・」と思ってしまいます。

そんな自分でも、コツコツと生きていればいつか、芳村さんのように人前で自分の想いを語ることが出来るようになるのかな・・・と。

頑張っていきたいです。





さて、前置きが長くなりました(笑)





今回の研修、地元のJR取手駅は朝の5時過ぎに出発。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修1

9時過ぎには芳村さんの活動拠点である阪急豊中駅に到着しました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修2

まずは現場研修として断熱工事や防水工事、耐震補強工事などを見させていただきました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修3

続いて訪れたのは蛍池駅前にあるコミュニティカフェ「CoCokara」
取手福祉サービスのブログ-大阪研修4

豊中まつりのボランティアが中心となって立ち上がった「NPO法人ラブとよネット」
取手福祉サービスのブログ-大阪研修9

新たな事業展開で、もっと豊中まつりを知ってもらい、もっともっと豊中のことも知ってもらい、そして豊中を大好きになってもらおうという想いを込められてオープンされたコミュニティカフェです。

豊中市がにある豊中グラウンド。高校野球といえば舞台は甲子園。でも実は、大会の前身である全国中等学校優勝野球大会が大正4年に初めて開催されたのは豊中グラウンドであることを紹介したボード。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修5

他にも様々な情報を仕入れることができる場所にもなっています。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修6

たしか、空路の地を基盤として情報資料をご案内していると言っていました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修7

様々な関連団体と連携を取りながら進められている部分もすばらしいなと思いました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修8

また、現在芳村さんが特に力を入れている取り組みの一つとして「街バル」があると言います。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修10

街 (MACHI) + バル (スペイン語のBAR)

「街バル(Machibar)」とは、地域・街の活性化と飲食店の活性化を目的として地域・街が密着して開催するバルを食べ歩き・飲み歩きするグルメイベント。

街バルは、数百人~数千人の規模で全国で開催され、特に地方では、地域活性化、町おこしの一環としても注目されており、開催地域も増え開催規模も大きくなってきています。

街バルの一般的な開催形式としては、街バルのイベント参加者は数枚綴りになっているチケットを購入し、スペインバルや居酒屋などのイベント参加店舗を食べ歩き飲み歩きをします。


芳村さん曰く、豊中市は住みやすい地域ではあるものの、「豊中市を目的地として観光や娯楽を楽しみに来る」ことがあまりないとのこと。

その課題を克服する一つの「仕掛け」として街バルをおこなっているとのことです。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修14

そのようなお話を聞いているうちに、豊中市と取手市との共通点を発見しました。

それは、豊中市は阪急宝塚線と国道176号線が並行して走っている。
(庄内駅、服部駅、曽根駅、岡町駅、豊中駅、蛍池駅)
取手福祉サービスのブログ-豊中地図

取手駅も関東鉄道常総線と国道294号線が並行して走っています。
(取手駅、西取手駅、寺原駅、新取手駅、ゆめみ野、稲戸井、戸頭駅)
取手福祉サービスのブログ-取手地図

このような共通する事項を頼りに何か街づくりに関してのヒントがあるのではないかと思いましたので、今後の貴重な検討材料にしていきたいと思います。


またサンタクロースに扮した豊中まつりのボランティアスタッフが、ご家族にかわってお子様へのプレゼントをご自宅にお届けするという「クリスマス・サンタ夢宅配便」という取り組みもされております。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修13

ちゃっかしコミュニティカフェのトイレも拝見させていただきました。
広くて使いやすかったです。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修11

天井にも工夫がされており、トイレというイメージを一転させる、ワクワクした発想も勉強になりました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修12

今度は場所を蛍池駅から豊中駅前に移し、市民活動情報サロンを訪問させていただきました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修15

豊中市と市民公益活動協議体(NPO法人ユニバーサルデザイン推進協会、NPO法人ラブとよネット、プラットホーム豊中)が協働で運営する豊中市の市民公益活動を支援するサロンです。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修16

2013年4月より提案公募制度によって採択され3つのG「自立力・実行力・持続力」を活動されている皆様が獲得できることを柱に様々な支援を展開されているとのことです。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修17

こちらもコミュニティカフェ「CoCokara」と同じく、様々な情報が入手できる場になっています。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修22

あれっ?!いばらき?!
取手福祉サービスのブログ-大阪研修23

って、ビックリしちゃいましたが、茨城県のことではなくて、茨木市のことでした(笑)
取手福祉サービスのブログ-大阪研修24

様々な豊中市に関する資料が置いてありましたので、いろいろと物色させていただきました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修18

豊中市の将来像
取手福祉サービスのブログ-大阪研修19

将来像の実現に向けて
取手福祉サービスのブログ-大阪研修20

豊中市に住み続けたい理由
取手福祉サービスのブログ-大阪研修21

取手市にも図書館に行けばこのような資料が閲覧できるんでしょうかね。
まずは自分の住む街をいろいろとよく知ることから始めていきたいなと思います。

芳村さんは車に乗っているときも電車に乗っているときも、歩いているときもいろいろとお話をしていただき、豊中市の街づくりのことについて語っていただくのですが、未来像というものがすごく明確なんだなという印象を強く受けます。

完成イメージを持っているということだと思います。

これは、自らで施工をされた経験もすごく活かされているのではないかなと思いました。

施工(工事)も、完成のイメージがしっかりしていないと段取りが悪くなってしまうし、方向性がズレてしまうことによって思い描いた品質を得ることができません。

明確な未来像を強くイメージできることによって、それを具体的に噛み下し、どのようなことをすればそれが実現できるかを考えていく・・・

つまり、WBS(Work Breakdown Structure)ということだと思います。

これが、簡単なようで、言葉では容易に言えるけれど、実行するためには並大抵の努力では出来ないことなんだと思います。

たとえば「福祉」ということを考えてみても、とても奥が深い・・・

「福」という漢字は幸運・幸い・しあわせを意味し、「祉」という漢字も幸福を意味する。

じゃあ、高齢者福祉や障害者福祉は、現実はそうなっているのだろうか?

現状はそうなっていなく、マイナスをフラットに戻すイメージとなっています。

でも、大切なことはそれだけにとどまらないこと。

「介護」や「医療」や「看護」や「建築」など専門職が個々の分野だけで物事を判断しようとする現状で、どうやったら人はよりよく暮らし、よりよく生きていくことができるのだろうか?

たとえば、片麻痺になってしまった。

もう、今までのようには暮らしていくことができない。。。

果たして、本当にそうだろうか?

マイナスになったものを、±ゼロにもっていくだけじゃなくて、プラスにもっていける要素がもっとあるのではないだろうか?
取手福祉サービスのブログ-グラフ

いろいろと探求していくことで最後にたどり着く答えは、「人」だということが分かります。

じゃあ、簡単に「人」の心は動かすことができるのかと言えば、そう簡単にはいきません。

自分の住む街で、安易にゴミを捨てる、安易に信号無視をする、安易に人を傷つける・・・

そんな行動や言動を少なくするためにはどうすれば良いのだろうか?

結論は、「I LOVE TOYONAKA」

自分のことだけじゃない、相手のことをもっと考えていけるようになるためには、「自分の住む街がもっともっと好きになること」

そんなお話をいろいろと聴かせていただくことができました(^O^)



そんなワクワクするようなお話を聞いた後、18時30分からは場所を蛍池公民館に移し、「市民公益活動マネジメント講座」に参加をさせていただくことになりました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修25

ファシリテーターはNPO法人ゆにばっぷ代表理事である芳村さん。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修26

『自分たちのミッション、ビジョンを考えてみよう』ということでワールドカフェ形式で話し合いました。

ワールドカフェとは・・・?
『知識や知恵は機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる「カフェ」のような空間でこそ創発される。』という考えに基づいた話し合いの手法。

メンバーの組み合わせを変えながら話し合いを続けていくことによって、ミツバチによる「他花受粉」のようにどんどん他のテーブルにアイデアが拡がり、交わり、新たな発想が生み出されます。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修28

・「対話」を楽しむ
・どんどん話す
・しっかり聞く
・否定せずに受け止める
・話が盛り上がってもテーマのことは忘れずに
取手福祉サービスのブログ-大阪研修27

テーブルの上に拡げてある模造紙に、自由に書き込みをする
取手福祉サービスのブログ-大阪研修29

テーマは「どんなまちに住みたい?どんなまちにしたい?」
取手福祉サービスのブログ-大阪研修30

話し合いながら、思いついたものをとにかく記入しました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修31

メンバーが変わることによって、行き詰まることなく新たな発想が「他花受粉」のように浮かび上がってきました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修32

時間があっという間に過ぎていき、とても充実した話し合いができました。

そして最後に感想をいろいろと記入して。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修33

公開し合いました。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修34

ゆにばっぷのビジョンは「誰もが住み慣れたまちや住み続けたいまちで、自分らしく暮らし続けることが出来るまちとなっています。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修37

芳村さんの許可をいただき、当社のリーフレットでも同じような心を引用させていただいております。
取手福祉サービスのブログ-大阪研修36


マネジメント講座が終わった後は、ノミニケーションに行ってまいりました(笑)

一次会はゆにばっぷさんたちと豊中市内の居酒屋へ。

二次会は芳村さんと辻元さんとでバーに行きましたが、ここから思わぬ展開に。

たまたま私が大阪に来ている話題をfacebookにアップした記事を大阪に住む大学野球部の後輩2人が見ていて、合流してくれました!

FJCと大学野球仲間のカテゴリーの異なる交流を楽しむことができました。


その後三次会は天下一品(^^;

そして四次会は、その後に後輩らとは笑笑に軽く行くつもりが2年ぶりの再会がゆえに熱い議論が展開。

四次会だけあって、気がつけば時間は・・・


「4時かいヾ(^▽^)ノ」
取手福祉サービスのブログ-大阪研修38

いろいろなつながりに、感謝ですニコニコ
取手福祉サービスのブログ-大阪研修35
AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。