最近多い症状!(3月)

テーマ:

3月ももう終わり、やっと春らしい気候になってきましたね。今年の冬は長かった…。


でもこの時期になると花粉症の僕からしてみると複雑…。日に日に鼻水の量が増えてます…。


ところで、季節の変わり目は花粉だけでなく体のあちこちに不調が出やすい時期です。


最近、当院に来院される方の症状で多いのがいわゆる「寝違い」の様な症状、「2,3日前から首から肩にかけて痛みが出てきた」「首が痛くて横が向けない」といった症状です。ひどい方だと腕まで痛みを感じるという方もいらっしゃいます。


このような症状はいろいろな原因があって出てくるのですが、当院に来られている方で共通してみられるものが、頸椎・胸椎のモビリーゼーション低下(関節の遊びがなくなって固まった状態)と股関節の柔軟性の低下がみられます。


意外に思われる方もいるかもしれませんが、首・肩の痛みと股関節の柔軟性は関係していることが多いんです。冬の間、どうしても動きの量が少なくなってしまうことと雪かきをして股関節周辺に疲労がたまっていることで筋肉が固まっている方が多くいらっしゃいます。春になると体を動かす機会が増えて来ます。体が固まったまま動いていると普段より首・肩・腰に余計負担がかかって痛みが出てくる、ということになります。


なので、「何もしてないのに急に痛みが出てきた」という方は筋肉が固まっている証拠です。せっかく気持ちがいい春の季節なので、快適に過ごしていただくためにも冬場に固まった体をきちんとほぐしてあげることも大切になってくると思います。



AD