とりの家づくりブログ(・∀・)

一条工務店のi-smartで家を建てます。
家ができるまでの記録の他、北国ならではの仕様などもご紹介します。


テーマ:

こんにちは、とりです(・∀・)

保険の話が続いてすみません(^o^;


保険の話じゃなくて家の話をしろー!という方はこちらからお戻りください(汗)

にほんブログ村


さて、先日も書きましたが、とり家火災保険の申し込みが完了しました☆
かねてからご紹介してきたようにAIUで決定ですヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

でも火災保険ってどんなプランで入ったら良いのか迷いますよね。
うちの場合はこんな風に入ったよ!というのをご紹介したいと思います☆

まずは火災保険に関する過去記事はこちら

ラクして火災保険を選ぶ方法☆ 【前編】
ラクして火災保険を選ぶ方法☆ 【後編】
一条提携の火災保険 Q&A☆
火災保険(ほぼ)決定!

そして、とり家の火災保険プランです(^O^)/
------------------------------------
保険期間:35年(地震5年)

保険金額:
 建物→家本体+太陽光パネルの金額
 家財→500万

補償内容
 火災・落雷・破裂・爆発→○
 風災・ひょう災・雪災→○(自己負担額10万円)
 水災→×
 物体の落下等・水濡れ・騒擾・労働争議→○
 盗難→○
 不測かつ突発的な事故→×
 事故時諸費用保険金→×
 残存物取片づけ費用保険金→×
 地震火災費用保険金→×
 損害防止費用保険金→○

その他特約
 敷地内構築物修復費用補償特約
 類焼損害補償特約(支払限度額1億円)
 自動継続特約(地震保険用)

割増引
 地震耐震等級割引30%
 オール電化住宅割引
 新築物件割引
------------------------------------

では、細かいところを解説していきますね☆

●地震保険について
来年7月に料率アップするみたいですね。
全国平均で15%ですが、元々安かった北海道は30%もアップするとかΣ(・ω・ノ)ノ!
ってことで、今できるだけ長く入っておいた方が良いです(^o^;
(今のところ最長5年です)

来年地震保険料の料率がアップする代わりに、耐震等級3の場合は
今30%引きなのが50%引きになるそうです!!
ということで、今は1年だけ入っておき、来年から長期にするとお得なようです☆
(ただ、いずれ長期契約ができなくなるという話も聞きましたが
それはいつなんですかね…)

地震保険の控除のことを考えると、もしかしたら毎年1年契約の方が
お得になるかもしれません。
詳しくはta1さんのコメントをご覧ください


ta1さん、よんさん、情報ありがとうございましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ

●建物評価額について
本体の価格とは、一条の見積りの左下に載っている、
一条に支払う金額です(・∀・)
カーテンや照明、外構なんかは入っていません(^o^;
本当はそういうのも含められたら良いのでしょうけどね~。
含められるかどうかは確認してません

それプラス、太陽光パネルの金額です!(大体の金額ですが…)
AIUの代理店さんが出してくれたプランには、この太陽光の金額が
含まれていませんでした(´・ω・`)
ですが、これはやはり含めるべきだと思っています。
理由は以前にも書きましたが、もしも火災等で焼失してしまった場合、
太陽光の売電がなくなるのにパネル代を払わなきゃ
いけなくなるからです∑(-x-;)

●家財保険の金額について
とりあえず500万としましたが、普通に考えると「うちに500万も家財ないよ!」と
思っちゃいますよね(笑)
(え?そんなことない?)
でも1つ1つ積み上げていくと、結構な金額になります。
しかも、火災ですべてを失ってしまった場合…
日常生活に必要な洋服や靴等をとりあえず一式そろえないといけないですし
冷蔵庫、洗濯機、TV、炊飯器、ソファ、テーブル、ダイニングセット、
ベッド、布団、パソコン、プリンター…
なんて考えていくと思いのほか家財っていっぱいあるんだなぁと気付きます。
そして、これは代理店さんに言われたのですが、この部分は
「生活を立て直すための資金」として考えられます。

しかし、それでも500万なんていくかなぁ?とは思いました(^o^;
TVボードやカップボードは備え付けなので、建物の保険金額になりますし
クローゼットがたくさんついてるので収納家具もほとんどないですし…

でも、家財保険を500万から300万に下げても、保険料は1万円くらいしか
変わらなかったんですよね。
ってことで、とりあえず500万にしておきました(汗)

●自己負担額10万円って?
風災につけている「自己負担額10万円」ですが、これは免責10万、つまり
何かあってもそれにかかる費用が10万円以下だったら支払われないし、
15万円だったら10万は自分で負担、残りの5万しかもらえないってことです(・∀・)
ですが、これをつけると保険料がかなり安くなります。
以前の記事でも書きましたが、とり家は貯金でなんとかなるレベルは貯金で賄い
貯金ではどうにもならないようなことが起こった時は保険に頼ろうという考え方です。

ここ、代理店さんは「損害額が20万円以上になった場合に、自己負担なしで
保険金を払う」というプランで提案してくださいました。
(AIUだとこれをⅡ型、免責の方がⅠ型という言い方をしています)

代理店さん曰く、何かあった時は大抵20万円以上になるからということでした。
過去の実績を見てそれをおすすめされているならそれも良いと思うのですが
そっちにすると保険料が結構上がっちゃうんですよね(^o^;
それに、損害額が19万だったら1円ももらえないってことですし(笑)
そういうのは起こってみないとわからないですから、それなら当初の考え通り
免責10万でいこう、と決めました。

ちなみに、代理店さんはやはり北海道は雪による災害が多いと言っていました。
雪庇ができて落雪して外壁が損傷した場合なんかは、まぁ20万は
超えるでしょうね~。
そういうことを想定されていると思うのですが、過去にそういう事例が
あったお宅では、雪庇防止のルーフヒーターはついていませんでした。
あと、事情があって雪かきもあまりできていなかったようです。

うちはルーフヒーターついてますし、シーズン排雪サービスも頼んであるので
雪をためこむこともない予定です…きっと(笑)
なので、雪による外壁損傷とかはそうそうないんじゃないかなぁ…と判断しました。
っていうか、そんなにしょっちゅう雪で外壁が壊れるようでは
一条の家そのものに問題ありだと思います(汗)

でもまぁ、昨今の気象を考えるとわからないですけどね(^o^;
ただ、札幌では基本的には大丈夫なんじゃないか、と代理店さんも言ってました。
(だったらなんで20万コースをおすすめするんだろか…)

●不足かつ突発的な事故は…
これは結構悩みました(^o^;
代理店さんはつけた方が良いって言ってましたが…
これは、火災とか落雷とか、雪とか物体の落下とか、それらのものすべてに
当てはまらないケースだそうです。あと原因不明なものとか。
なんだか、これに入っておけば万能な気がしますよね(笑)
でもこれつけると高いんです…
他の何にも当てはまらないケースなんて、実際起こってみないと想像もつかないと思います。
なのですが、想像つかなかったのでやめちゃいました(笑)

●その他おすすめされたもの
その他、代理店さんにおすすめされたけど入らなかったのがこちら。
①事故時諸費用保険金
②残存物取り片づけ費用保険金
③地震火災費用保険金

①がちょっと高いんですよね。
これは損害保険金が支払われる時に臨時に払われる
お見舞金みたいなものですかね(・∀・)
損害保険金の10%または30%ですが、MAX100万円なので10%で充分ですね。

②は火災で焼け残ったものを処分したりする費用でしょうか。
これは実費ですが、MAXで損害保険金の10%です。

③は地震、噴火、津波の原因の火災の時に契約金額の5%がもらえるものです。
(但しMAX300万)

これらは全部つけると大幅に予算オーバーとなってしまうため、
そして申し込みの段階でもう疲れ切ってしまっていたので、やめちゃいました(笑)
でも入っておいた方が有事の際にはかなり役立つと思います。
AIUは東日本大震災の時も支払いが早かったそうです。
なので、大災害で被災した時に早く生活を立て直せると思います。

…今さらながら、ケチらずに入っておけばよかったかな?(^o^;

●損害防止費用保険金って?
正直よくわかりません(笑)
損害の発生、拡大を防止するために必要または有益な消火活動の費用を
支出した場合に実費が支払われるそうです。
ですが、これは基本的に必須らしく、外すと保険会社からうるさく
言われるそうなのでつけておきました。。。(汗)

●特約について
類焼損害補償特約は、以前もご紹介させていただいたようにPOPOLOGさんの
記事を読んでつけました☆
火災保険に悩む。類焼損害補償どうしますか?8つの検討ポイント

これは普通はおすすめされないと思います。
今の法律では、自分の家は自分の保険で守るという考え方だからです。
でも「法律でそうなっているから」というだけでバッサリ切り捨てて本当に
いいのかな?と考える必要があるのかなぁと思いました。
この考えは、ほけんの窓口の担当さんも代理店さんも納得されてました(*^_^*)
さすがPOPOLOGさん!!

敷地内構築物修復費用補償特約は、まぁあまり意味ないかもしれません…
カーポートとかは建物に含まれることになってますからね。
でも数千円なので、とりあえずつけておきました(笑)

●割引について
・地震耐震等級割引30%→一条の家は耐震等級3なので大丈夫です。
・オール電化住宅割引は、一条の営業さんに一筆書いてもらえば大丈夫です。
・発電エコ割引は、10kw以上の場合は不可です!
⇒どうやら10kw以上でも適用される可能性があるようです∑(゚Д゚)
詳しくはta1さんのコメントをご参照くださいm(_ _ )m

・「T構造耐火性能割引」は不可です!!!!!
これはかなり紛らわしく、かなり混乱しました(汗)
(ごめさん、ちるさん、その節は情報ありがとうございましたヾ(@°▽°@)ノ )
i-smartは「T構造」ではあるけれども、「耐火性能割引」は適用されません!!!

構造級別が「T構造」だと、「H構造」の金額に比べて3割安くなります。
一方「T構造耐火性能割引」だと、それが適用されない場合に比べて
安くなるのは1割程度です。
「T構造耐火性能割引」は鉄筋コンクリートとか、特殊な外壁の場合のみ
適用されるものです。
(耐火時間60分以上)
ハイドロテクトタイルは耐火時間30分です。

プロでも勘違いしやすいところみたいですので、AIUで申し込む方は
ご注意くださいね☆

という訳で、時間をかけて検討した割に最後バタバタになって
詰め切れずに申し込んでしまったような気もしますが…
とり家の火災保険はこんな感じです♪
落ち着いたらまた見直そうと思います(^O^)/

長文を読んでいただきありがとうございました☆
参考になったよーという方は最後にポチっとお願いします(*^人^*)
↓  ↓  ↓


にほんブログ村


P.S.
その後、一条提携の東京海上さんから「ご検討いただけましたでしょうか?」と
電話があったのですが…
なんと今回は違う人でしたΣ(・ω・ノ)ノ!
以前ブログに「東京海上の担当さんとは合わない」と散々書いたからだったりして(汗)
ってか、まさか東京海上さんにも身バレしているの~!?(((゜д゜;)))

今回はとっても紳士的な良い方でした(*^_^*)
最初からその方だったら、もうちょっと検討してかたもしれません( ̄∇ ̄)

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。