1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年09月22日(月) 00時21分17秒

ばあさんの七回忌

テーマ:ブログ
先週、ばあさんの七回忌があり帰省しました。

娘をおとんや姪・甥に会わせたい事もあったので行けてよかった。

親族や近所のおばちゃんにも会えたし。

娘はどんどん大きくなっていくし最低でも年一回は帰りたいものだ。

あと、やっぱ帰るとばあさん(と愛犬)はもういないんだなぁ~と思う。
AD
2014年08月03日(日) 00時09分35秒

瞬間

テーマ:ヤスオ(仮)
娘が補助輪無しで自転車に乗れるようになった。

まだ乗り続けるというほど長くはないけど。

それでも10mくらいはイケる。

だがしかし、乗れるようになった瞬間は見れなかった。

悔やまれる。
AD
2014年07月13日(日) 00時30分58秒

ちょっとAKBの映画を観てきました

テーマ:ブログ

こないだの月曜日が休みだったので、モーニングファーストショーを利用して「DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?」を観てきました。

サラリーマンやOLが通勤している中、非サラリーマンの俺がさいたま新都心のMOVIXまで。

朝9時前には映画館に到着。

タイミング良く、すぐ入場できた。

入場時に劇場スタッフの人がなんかくれたので、座席について開けてみると生写真でした。

「あ~こうやってもらえる生写真もあるのかぁ」と思いつつも、仕事ではもう何十万枚と目を通している生写真を初めてゲット。

生業にしてるだけあって何種類あるか事前に調べて判ってることもあり、10種類の中の誰かと思ったら指原でした。(ちなみに10種類はこないだの選抜総選挙の上位10名)

味スタ行った時も、自分がいた死角席から指原(HKTメンバー全般)は見れたので(ゴンドラでも来てくれたけども)その指原が貰えたのは良かった。

月曜朝のモーニングファーストショーということもあり、客は20数人くらいだったかな。

ほとんどは俺くらいのオッサン(失礼)で、女性が数人。

本編前に福士蒼汰と川口春奈の、オッサンにはこっ恥ずかしい映画の予告を何度も観させられた時点で「あ~AKBの映画を観に来るような世代ってのは概ね福士蒼汰と川口春奈の映画を観るような世代なんだろうなと」思い、オッサンいろんな意味で意気消沈。

そしてようやく本編。

前作から間が空いてることもあり、2時間弱では尺が短かった感じもするけど非常に良かった。

あの件とかあの件には触れないんだな~とか思う部分もあったけど盛り沢山だったのでよし。

しかしながら、大組閣祭りのシーンは既に移籍辞退等も含めて組閣後体制に移行してることはわかってても観ててかわいそうというかショッキングな映像だった。

もう一回観に行こうか悩む。

ってか前作観たくなってきたな・・・。

追伸:最近の映画館はプーさんのハニーハントの横の店みたいな匂いがする。

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

ジオターゲティング
DMM.com DVD通販&レンタルの総合エンターテイメントサイト
カウンターレーシック