「打開力」!!! 四面楚歌の皆んな、全員集合(*^o^*)

私、「toratoralion」=toraが、煮詰まっているあなたに現状を変える「打開策」を伝授いたします(*^o^*)

<シャノン先生ファミリーのブログ>










テーマ:
結局ね、、、、

肚を括らなかったら、現状は打破できないんだよね。。。

遠回りかもしれないけど、目の前のことを淡々とこなしていれば、何とかなるの。

それを近道をしようとするから、ドツボにはまっちゃうの。。。

あっ、それって、俺か(*≧∀≦*)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F92B3780-9630-464B-9D3E-F37791B03D56}

 

皆様、こんにちは(*^o^*)
 
今日は、ある方のpodcastを聴いていました。
 
その方曰く、
・人間は、他者との関係性でのみ、自分というものを規定できる。
 
・自分を変えるのは、環境を変えるしかない。
 
・だとすると、自分の周りの環境を良くするしかない。
 
→だから、他者には「ギブ、ギブ、ギブ」しかないんだ!!!
と。。。
 
確かに私もそう思います(*^o^*)
 
では、ご機嫌よーーー!!!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{E01CA50C-9DAA-4F1F-84D8-4B717A8B0578}

今まで、無意識に「自分は凄い」って思い込んできた。

でもね、所詮、ほんとの天才以外は、ドングリの背比べなんだよね。

だとすると、どういう人間が生き残るかというと、つまんないと思うことも、日々淡々とやる人間なんだね。

だからさ、淡々と日々、「いまに生きようよ!!!」(*^o^*)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さまこんにちは!!!

今日は、自分の中での「許せるレベル・許せないレベル」ということをちょっと考えていました。

昔、子どもが小さかった頃、
「今日は、回転すしに行きたい!!!」
とせがまれたことがありました。

その時私は、
「回転すしみたいな偽物の寿司を食べちゃなんねい!!!」
なんて言いながら、かたくなに拒否をしたんですが、、、


{A4A0457E-767B-4D80-AFA3-7EFBE6E47649}



何が言いたいかっていうと、回転すしがいい悪いということではなく、その当時「寿司は回っちゃいけない!!!」
というなんか自分の中でのポリシーみないのがあったんですよね。

言い方を変えると、
「常に本物に接していたい」
という感じかな。

それがいつの間にか、
「まっ、いっか」
という感じで結構いい加減になっちゃた気がするんですよね。

価値観は人それぞれで、どれがいいとか悪いとかそういう問題じゃないと思いますが、自分の中での「一線」ってきちっと持っているべきなんじゃないかなって。

ここまでは、自分の中で許せるけど、こっから先は、絶対に許せない!!!
みたいな。

例えば、勉強で言えば、「絶対に50点以上しか自分は取らないんだ!!!」
みたいな。

そういうことが1つ1つ積み上がった時にその人その人の「アイデンテティ」というか、「矜持(きょうじ)」というかそういうものになるんだと思うんだよね。

だから、自分の中での「一線」って引くべきなんじゃないかな・・・

それでは、皆さんごきげんよ~!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様、こんにちは(*^o^*)

今回は、なぜ私が弟子を取るに至ったかについて書きます。

約1年ほど前、知人とメッセンジャーやり取りをしていると、その息子さんが質問したいことがあるというので、お受けしました。

その質問とは???

次回に続きます。
ご機嫌よーーーーー!!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さま、こんにちは!!!

本日は、先日読んだ本の中から、「なるほど・・・そういうものか、、、」と妙に納得した内容をシェアいたします。

この本です。
 ↓
伊藤祐靖著 文春新書
「国のために死ねるか」
自衛隊「特殊部隊」創設者の思想と行動


著者は、海上自衛隊の「特別警備隊」創設にかかわった方であるが、特殊部隊に配備された後、周りの仲間から「コイツとは、一緒にやれない!」と言われてしまう人間が出てきてしまうそうなのである。そして、その原因を探っていくと「自分に対する信頼」の欠如だとのこと。

その部分を以下に引用いたします。

=================
 特殊戦の教育を一期二期三期と重ねていくにつれ、露呈してきた一つの問題があった。
 教育を終え、能力判定をクリアし、実戦配備に就けても、はじかれる者が出てきたのだ。仲間から「あいつとは、一緒に行かない」と言われてしまう者が出てくるのである。

・・・・中略・・・・

 いかなる状況であっても、仲間と感じ合う能力が求められる。
 この能力を発揮できる否かは、教育・訓練で伸ばせる部分もあるが、最終的には素養だ。私は心理学に通じていないが、その素養とは、ありのままの自分を晒せるか晒せないかだと思っている。

・・・・中略・・・・

 ちょうどこの問題が深刻化してきた頃、判別方法が見えてきた。実は、以前から薄々気づいていたのだが、素養のない者が何に弱いのか判ってきたのだ。彼らは、自分を信じることができないのである。
=================


重要なのは、自分を信じること=自己信頼=自信 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑い日が連日続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
ところで日本のオリジナルカレンダーって、ご存知でしょうか?

日本のオリジナルカレンダーは、=「皇紀」と言います。。。


皇紀とは、、、

神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)または神武紀元は、『日本書紀』の記述をもとに設定された日本紀年法である[1]古事記日本書紀で日本の初代天皇とされる神武天皇の即位は、日本書紀に辛酉の年とあり、紀元前660年1月1日 (旧暦) と比定されている(比定の詳細は注および後述)[2]、この即位年を明治に入り神武天皇即位紀元元年と制定した[1]

異称は、皇紀(こうき)、即位紀元皇暦(すめらこよみ、こうれき)、神武暦(じんむれき)、日紀(にっき)[3]等。

なお、古事記日本書紀のその神話的な内容や考古学上の確証がないことから、現在の歴史学では、神武天皇(古事記では137歳、日本書紀では127歳まで生存とある)が実在した人物と認めていない。またその内容・筋書きをそのまま史実であるとは考えられていない。

西暦2016年(本年)は、神武天皇即位紀元2676年に当たる。


ということで、わが国は2600年以上も国家として、存続してきました。
先達に恥じることのない生き方をしたいものです。。。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さま、ご無沙汰しております。

想うところがあり、またブログ記事投稿を再スタートすることにしました。
今までと変わらず、日々自分が感じたことを綴っていこうかと思います。

さて、8月8日、天皇陛下より「象徴としてのお務めについて」おことばを発っせられました。
当初、おことばの全文を文字で拝読させていただきましたが、「何とも曖昧模糊とした感じだな・・・」と正直感じました。

その後、実際のおことばをyoutubeで拝見しましたが、文字と実際のお言葉の「差」は凄いものだと実感しました。

天皇陛下のお言葉の重みは、ご覧になった方全員が感じられたと思いますが、同時に私は日本語の奥深さを再認識しました。

そして、天皇陛下をお言葉を拝聴し、普通の日本人であれば全ての人が天皇陛下の「意図」を「察した」のではないでしょうか?
憲法上の制約もあり、はっきりと明言することが難しいにもかかわらず、「意図」がはっきりと国民に伝わっている。

これって、本当にすごいことだと私は思いました。

翻って、日々の生活・仕事の場面を考えたとき、周囲の人間の本当の「意図」を我々は真剣に「察している」のだろうか?と思い至りました。

はっきりと「言葉」で「意図」することを発し、コミュニケーションをすることは重要だと思います。
ただし、日本の国柄はそもそも「言挙げせぬ国」。あらためて、自分自身のコミュニケーションを見つめ直してみました。。。


「葦原の 瑞穂の国は 神ながら 言挙げせぬ国」



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。