脳幹が弱っている

気をつけよう?

現代人は、脳幹が弱っている。脳幹は、まさに野生の根源。
足腰を使わない生活、デスクワークだけの生活を続けていると、
脳幹が退化して生命エネルギーが落ちてくる。
生命エネルギーのことを古来東洋では、気と呼ぶ。
気が弱くなると全てが台無しになる。気を着けよう!
AD
今日のテーマは躰つきと臓腑系の関係です。

家族の健康診断として観察してみてね。

目玉の大きさは、肝機能と関係が深く目玉が大きいと肝機能が強く小さいと肝機能が弱い。

肩幅の広さは、心機能と関係が深く肩幅が広いと心機能が強く狭いと心機能が弱い。

唇や舌の形は、脾(消化器系)機能と関係が深く唇や舌の格好がよく光沢があれば脾機能の働きがよく、歪だと脾機能の働きが悪い。

肩の脹りや喉の凹みは、肺(呼吸器系)機能と関係が深く肩の脹りがよく喉の凹みが高いと肺機能の働きも良く肩の脹りがないと肺機能の働きも悪い。

耳の形の良し悪しは、腎機能と関係が深く耳の形が良く立派な人は腎機能の働きが良く立派でないと腎機能の働きが悪い。
AD

ダメな自分自身を受け入れキャンペーン

テーマ:
ダメな自分自身を受け入れキャンペーン

具体的にはドS月間です。
ドSなんだから、人に言われたことを拝聴するのです。

知識では不安を解消できない。
逆に情報を得るから不安になるとも言える。
先人の心の知恵を学べば不安解消に導いてくれます。

6月末まで、ゆるゆるって感じで先人の知恵を学び明るく楽しく考えドSキャンペーンを一緒にしてみましょうね。


AD

文殊の知恵

テーマ:
☆☆☆☆☆
「三人寄れば文殊の知恵」とは
☆☆☆☆☆
人間は不完全だから自分ひとりの考えでは人生の問題をすべて乗り越えることは不可能です。
問題を乗り越えたとしても、もっと良い方法があったかもしれないと悩むかもしれません。

どんな立派な人でも、人間は自分の肉体のある場所でしか考えられないし、判断できません。
私たちは、常に自分の考えや判断には偏見があるという自覚を持っている必要があります。
これまでは偏見を持ってはならないと言われ、偏見をなくすための努力を要求してきましたが、偏見は原理的になくならないのです。

偏見とは、間違っているといいうことではなく、正しいけれど偏っているということです。

偏見をなくす努力をした人は、自分の考えには偏見はないと思ってしまいます。
自分と異なる考えは、偏見だと考えて、自分の偏見のない考えで、
相手の偏見のある考えを修正し、正しい考えに、あらためさせようとして、傲慢にも説得しようとする。

こうして真理はひとつと考え、画一性を追求する理性の働きが、
人間から血の通った温かな心づかいや思いやりを奪い、人間性を破壊し、悲しい対立を社会に作りだしてしまうことになるのです。

人間が現実を正しくとらえて問題に対処するためには、
自分の考えと、相手の考えと、第三者の考えを統合して判断する必要があります。
それは現実の空間が、三次元という構造を持つものであると同時に
、意識の構造も1人称、2人称、3人称という立場を持っているからです。

生きた現実を把握するためには、この3つの立場からの見解を統合する必要があるのです。

これが「3人寄れば文殊の知恵」と言われている根拠なのです。

私たちは、決して自分ひとりで問題を乗り越えなければならないと考える必要はありません。
あと2人の人間の力を借りて、たすけてもらって良いのです。

ひとりで悩まず、立場の違う考えを聞き、それを取り入れることで、よりよい答に近づくことができるのです。

桜桃の効能

今日のテーマは桜桃(さくらんぼ)の効能です。

⑴桜桃の効能 

   ①温性で肝経や胃経や腎経に働く。
   ②祛風除湿
       →関節や筋肉の痛みや痺れ、風湿痹痛、しもやけ等に良い。
   ③補中益気 
       →食欲不振、疲れやすい、虚弱下痢等に良い。
   ④潤膚
       →皮膚の乾燥、顔色不華等に良い。

⑵活用例

   ①顔色萎黄
      →桜桃を生のまま数個食す。

⑶使用上の注意事項

   ①高血圧や陰虚(火照る等)の者は少量とすること。
   ②食積痰湿(食べ過ぎで消化不良)の者は禁忌。

⑷料理法

   ①生食
   ②ジャム
   ③薬酒
   ④その他

あるがままの自分が最高最強

テーマ:

あるがままの自分が最高最強。

良い子でいようとするから無理をする。
あるがままとは、何もしないことではない。
今の環境の中で自分が出来ることの中で精一杯行動すること。
心がガチガチの時は、運動や入浴など身体を緩めることを行い心をほぐしてあげましょう。

お互いに無理しないで今出来ることを結果を気にせず精一杯行動していきましょうね。


意地悪

テーマ:
「いつも意地悪する男の子がいるの。ツバをかけてきたり叩いてきたり」
「マジで!パパがそいつをぶん殴ってやろうか!」
「ダメだよ。そんな事したら警察に捕まるんだよ」
「じゃぁどうしたら良い?」
「意地悪する子って相手の気持ちが解らないと思うの。
だから悲しい気持ちになっていたり寂しい気持ちになっているってことを、
今度ちゃんと伝えようと思うの。」

多夢

今日のテーマは多夢です。

多夢とは睡眠中に夢をよくみることで、多くは嫌な夢の為日中は頭がボーッとし疲労感を伴う。また、多夢の中に睡眠中に歩き回る夢遊病や悪夢で突然目覚めることも含まれます。時に夢を見たり夢を見ても目覚めた後に不快感を残さない場合は正常であり、この中に含まれない。

⑴心脾両虚型

①主な症状
    眠りが浅い、多夢、顔が白い、動悸、驚くやすい、健忘、食欲不振、腹が脹る、泥状便、息切れ、倦怠無力感等
②舌  淡
③脈  濡細
④メカニズム
    脾虚(消化器系機能低下)で運化作用が低下し氣血の生化の源が不足し氣血両虚(不足)となり心神(精神)が養われないので眠りが浅く多夢を呈する。
⑤特徴
   食欲不振、泥状便、腹満感、倦怠無力感、息切れ、話すのがおっくう等脾虚の症状を伴う。
⑥治療法(健脾養心)
    帰脾湯等

⑵心腎不交型

①主な症状
   イライラ、眠りが浅い、多夢、焦躁感、熱感、動悸、膝や腰が怠く無力感、潮熱、寝汗等
②舌  紅で無苔
③脈  細数
④メカニズム
    疲労等で心腎が損傷し腎水不足の為心火を抑えることができないので精神不安となり発生する。
⑤特徴
   焦躁感、不眠、熱感、動悸、多夢、夢精、腰や膝が怠く無力等を呈する。
⑥治療法(滋陰降火/交通心腎)
   黄蓮阿膠湯等

⑶心胆氣虚型

①主な症状
    恐ろしい夢をよくみる、よく目覚める、ボーッとする、情緒不安、驚きやすく動悸がある等
②舌  淡
③脈  細弱
④メカニズム
    疲労等で心腎が損傷し腎水不足の為心火を抑えることができないので精神不安となり発生する。
⑤特徴
   悪夢、恐怖感、驚きやすい、おびえる、動悸、ボーッとする、情緒不安、等を呈する。
⑥治療法(益氣鎮驚/寧心定志)
    安神定志丸あるいは酸棗仁湯等

⑷痰火内擾型

①主な症状
   多夢、頭のふらつき、動悸、イライラ、怒りっぽい、多痰、胸苦しい等
②舌  紅で黄膩苔
③脈  滑数
④メカニズム
   憂鬱、悩み、怒り等で肝の疏泄が失調し氣鬱化火し津液(体液)が濃縮し痰が生じ痰火が心神をかき乱すことにより発生する。
⑤特徴
   多夢と伴にイライラ、怒りっぽい、胸苦しい、多痰等熱と痰の症候を呈する。
⑥治療法(清熱化痰)
   黄蓮温胆湯等

シワ取り対策

《還暦過ぎても可愛いお姉さんを目指して》の第150回目です。

シワ取り対策

①週に1回以上休顔日を設定する。
   ◾︎基礎化粧品だけで過ごす。
②早寝し睡眠をたっぷり取る。
③肌を綺麗にする食べ物
    アーモンド、ピーナッツ、ヘーゼルナッツ、胡桃、枸杞実、松の実、向日葵の種、西瓜の種、南瓜の種等
④美容パック

   ◾︎卵パック  (毎週1回以上)
      卵黄1個と同量の蜂蜜を混ぜ、これを顔につけ10分以上おき、ぬるま湯で洗い流し基礎化粧品をつける。そして翌日は卵白1個に3カプセルのビタミンEを加え混ぜ顔につけ10分以上おき、ぬるま湯で洗い流し基礎化粧品をつける。

   ◾︎卵白とヨーグルトパック(毎週3回以上)
      卵白1個と小さじ3杯の無糖ヨーグルトとレモン汁と蜂蜜をよく混ぜ顔につけ15分以上おき、洗い流し基礎化粧品をつける。