超久しぶりの更新です。
ぶっちゃけサボってましたw
ツイッターやらFacebookやらに慣れるのにアタフタしております。

っていう戯言はともかく
前半は全く見てません。後半も途中からです。
ザックにしては思い切った選手起用をしたかな、と思わんでもないが
あまりサイドバックとして機能した憶えがないけれども
控え選手の中で経験値も高い伊野波を左SBに起用している点で
手堅さも感じられました。
しかしチャンス時でスペースがあるときに上がってこれないところを見ると
右伊野波・左駒野のほうがまだマシだったんじゃないかと思ったりします。
それと今回は今野も外れるかとかと思ってました(カードもらってるし)。

試合はホームの大歓声に後押しされた半島北が圧倒。
失点シーンは勢いでキタ━━━(゚∀゚)━━━!!って感じですか(笑)
あの場面は栗原が競り負けたのが痛かったかなぁ。
吉田と栗原のセットだったらどうなのか見たかった。
それとまさかの3-4-3、ザックもこりないねぇ(苦笑)
予想通り全く機能してませんでした(笑)
チャンスをたくさん作るのが日本の目指すべきスタイル
パスをつなぐのが日本のスタイルじゃなかったのか?
その辺を貫徹できなかった采配が非常に残念。
俺が監督ならケンゴではなく伊野波を代えるけどね。

でもU-18がタイで南半島に負けたのはすっごい悔しかったけど
今回の敗北はなんか全然堪えないなぁ(^^;
ワールドカップ予選という公式試合で堂々とテストができたからかな?
もちろん勝つつもりで臨んだんだろうし、負けていいわけはないけど
一次予選突破というミッションはクリアしているんだから
気持ちを切り替えてそれぞれの場所でレベルアップをはかって欲しいですね。

まだ南アフリカ大会から一年しか経っていないのに
もう次の予選っていうのがなんとも・・・

AD
昨日の日韓戦、所用があって後半からしか見れなかった。
得点シーンは見事としか言いようがなかったし
その後も決定機を何度も演出してた。
ガチンコ勝負で内容的に微妙な試合が多い日韓戦で
スコアも含めここまで圧倒できたのはA代表では記憶にない。
アジアカップ準決勝の前半はシュートが入らなかっただけで
内容的には圧倒してはいたが
後半韓国が開き直ってキック&ラッシュ戦法に切り替えたら
流れを持っていかれたよね。
もっとも年代別代表での戦いでは圧倒的勝利をしたことも無いわけではない。
いまや記憶も風化しつつある黄金世代全盛期とも言うべきシドニー五輪の予選前の
親善試合で4-1で圧勝したことがあったな。
中村俊輔や小笠原が相手をおちょくるプレーを見せ
今後10年くらいは韓国にも優位に立てるんじゃないか、などと思ったが
そうはならなかったのは歴史が証明している。

日本選手はアジアの中で技術レベルが非常に高く
また個人個人が犠牲的精神を持ち、規律正しい。
こういう特性を生かしたサッカーをオシム以降に作り上げつつある状況だろう。
その中で本田や香川・長谷部のように欧州で経験を積んだ選手が出てきて
フィジカル&プレッシャーでよほど圧倒されない限りは
それなり試合を作ることができるようになった。
昨年秋以降の日韓対決(A代表のみ)で日本が比較的優性に試合を進めているのは
韓国のプレッシャーにも慌てることなく冷静に対処できるようになったことが大きい。
もちろんザックのチームマネジメントも要因ではあるが・・・
この流れに乗って各年代別代表チーム、特にこの秋に一次予選が始まるU-18には
アジア予選を勝ち抜いて欲しいものだ。
A代表での経験が年代別代表でも生かされることを祈る。

で、昨日の試合のふり返りなんだが3-0になってからのマネジメントが不満。
代えの効かない存在となりつつある長谷部・遠藤と交代して入った選手の出来
特に家長のプレーは批判されても仕方なかろう。
ああいうプレーをやってたらワールドカップ予選では使えない。
っていうか使って欲しくない。
五輪代表の選手も含め色々と試していかないといけないポジションだろうが
現時点では細貝、阿部、柏木だけでなく大谷、小林あたりも候補として検討すべきだろう。
それとDFラインはやっぱり危なっかしい。
簡単にサイドを割られたりクロスに対応しきれてなかったシーンも目立つ。
たまたま韓国FWが信じがたい決定力不足っぷりを披露してくれたから
無失点で済んだけれどもウズベキスタンやイラクあたりのFWだったら
決められてたんじゃなかろうか?

韓国に(スコアの上では)圧勝して舞い上がっているマスコミ報道はアレだが
決して今の代表チームが歴代最強だとは私は思わない。
守備面でやっぱりいくつか穴があるのと選手層が思っている以上に薄いので
まだまだレベルアップが必要なのではないかと思う。
新戦力、特に守備のポジションでどんどん台頭してきて欲しいですね
AD

また一歩ジジイに近づきました

テーマ:
昨日また一つ歳を重ねました。
肩甲骨の痛みは取れず、少し動くのも億劫になってきました。
相変わらず頭髪の後退も進んでおります。
確実にジジイへの道を歩んでおります

そんなトラマですけどこれからもよろしくお願いします。
AD