2011-02-06 21:36:35

デザイン考~ロゴについて①~

テーマ:制作

「ロゴ」について考えてみる。

ロゴマーク」などと言われたりするが、実は「ロゴマーク」っていうのは和製英語で、図の部分を「シンボルマーク」、文字の部分を「ロゴタイプ」と言うのが正しいらしい。ここでは、「ロゴ」で話を進めます。

企業や団体のロゴについて勉強しているうちに、これはいいな!と思うものがあり、また反対に、これはどうなのかな?っていうものも出てきた。

よくできているな、と思うものは、例えば企業だとすると、その企業の理念や目的がはっきりしていて、それをうまくビジュアルに落とし込めているもの。

これはどうなのかな、っていうのは、ロゴに込める思いがよくわからなかったり、本当にそれはその思いを表現できているのだろうか?と思ってしまうもの。

もちろん自分も修行中の身の上だし、間違っている部分もあるかもしれないけど、気になるもの数点を例に出して、解説というか考えを書いてみたいと思います。

まず今回は、いいな、と思っているロゴを一点。


創作日記。-貝印ロゴ

刃物のメーカーで、調理器具、衛生用品なども扱っている「貝印」のロゴ。

上のマークは創立100周年のもので、会社のロゴは上の青い部分。


このロゴが作られたのは1988年、会社の創業80周年を記念して導入された。


刃物の命である切れ味を連想させるシャープカッティングラインを取り入れたほか、三つの頭文字それぞれの面積が同じになるようにデザインし、安定感も印象付けている、という。


マークの青色は清潔感や爽やかさを表現している。


まず良いと思う部分に関して。

①直線と、エッジが効いた角でのみ構成されている点。

刃物メーカーということが連想されるし、このような特徴のロゴは他にあまり見かけず、それがこのロゴの印象を際立たせていると思う。


②ロゴの水色が、非常に清潔で爽やかな印象を与える。まさに制作意図通りだと言える。


ただ、非常に残念な点がひとつ。


貝印のホームページに行ってみるとわかるのだが、この通りのロゴはどこにも見当たらない。

トップページにあるロゴは形はこの通りなのだが、色は灰色で、清潔感・爽やかさはどうしたんだろう、と思ってしまう。


ネットで画像検索しても色が真っ黒なものはあっても、水色のものは探し当てることができなかった。


ロゴを制作する際に意味を持って色を付けたのなら、よほどのことが無い限り色は変更してはならないと思う。特に理由も無く色を変更したということは、ロゴの色に込めた意味や理念を軽く扱っているということになってしまうのだから。


知り合いに貝印の関係者がいる方は、ぜひロゴの色を元の水色に戻すよう、勧めて欲しいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-11-29 01:44:19

永観堂のもみじ

テーマ:風景
うちの庭こと、南禅寺永観堂のもみじ。

創作日記。

今一番の見ごろでしょう。

創作日記。

でもね、


創作日記。

入場料千円は高い。


創作日記。


ぼろ儲けしすぎだと思うね、永観堂。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-11-23 23:16:34

打ち合わせとお墓参り

テーマ:歴史
今日は朝からカウンセラーの方と一緒に作っている「ほめ日記」の打ち合わせ。

打ち合わせ場所が三条京阪だったので、その後霊山(りょうぜん、維新志士の方々が弔ってある神社)によって来ました。
本当は坂本龍馬の命日に行きたかったのだけれど、忙しかったのと人でごった返しているであろうことを懸念して、近くまで行った時に…と思っていたので、よい機会だと思って。

といってもやはり大河ドラマの最終回も近いこともあって、すごい人だったけれど。
龍馬のお墓の前に行列ができていて、そこに並んで順番を待って、お参りしました。

南から北から領土を圧迫され、外交的にも腰砕け、井伊直弼も真っ青な譲歩を重ね、危機の真っ只中。
この国を守ってください…なんておこがましいことは頼めないので、冥福だけ祈って、これからは自分たちがこの日本を背負っていかなければ…なんて思いながら。

宮部鼎蔵、松田重助、横井小楠といった我が故郷、熊本の先輩のお墓にもお参りしてきました。

改めて、しっかり生きなければいけないな…と考えたり。

死者の為に祈るは、今を生きる者の為、なのかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。