私の松実館勤務ブログは108式まであるぞ!
ということで今日も今日とてこんにちは。


午後から時間が出来て、かつ本当に自由な時間としては久々に良いお天気だったので、山上を目指して駆け出しました。


{AD6D3284-97CE-42DD-9758-4C09515EC724:01}

まずは、道すがらにここを。
天気に恵まれるまで時間が掛かってしまいました。

そして、運動がてらにどんどん上千本から奥千本へ走って行きます。


{AA3873CD-2778-495B-83C0-9630966E7652:01}

冠雪の水分神社周辺は工事中で何とも。


{C0A53791-944C-4BDD-82D2-0C723857E454:01}

雪の残る山道を黒猫のように走ります。


{55FCD05C-A52F-49F9-B2E5-A6E6F7A997AF:01}

そして、高城山展望台に寄り道。
頂上付近になって見えて来る天光が神々しいです。


{9AB34ADA-B6B2-4D8F-AF1C-3791FC8D9DDC:01}

雪の積もった展望台は、最高の眺望。
足跡も残っていたので、どなたかがいらしてたのですね。


{18F547C6-C2EC-4633-9CFC-BBFA8DB6D191:01}

金剛山、葛城山、二上山などの連なりが見えます。

……当旅館をよくご利用される方はピンと来るかもしれませんが、部屋の名前はこれらの山から来ているんですね~。
穏ちゃんが「山!? この部屋の名前山なんですか!」とテンションを上げそう。


そして、修行門を一礼してくぐり


{59472672-1159-42E5-90EF-BD59A935ADA6:01}

この場所へ!


{4D5C8834-116B-4776-B7E1-BDFD785666D0:01}

先端には絶対宝箱がありそうですよね(笑)


{D1D00C9A-FC75-4207-ABE5-E33C1EA54FB2:01}

{C1047AD3-0C48-4DB4-B595-4EB6953478F8:01}

ここからの眺望は何度見てもすばらであります。

ただ、絶え間無く吹き荒ぶ強い寒風により涙は流れますし、iPhoneも数十秒かざすと冷たくなりすぎてバッテリーを認識しなくなり活動停止するというなかなかのなかなかな環境ですが。


{EF246309-6493-497B-9FBD-1C286F09BB7F:01}

それでも、この光景を玄さんと見られる幸せに比べればお釣りが来るというもの。


{1E2FDD92-120E-4436-BFC9-7960E6113FFF:01}

300°パノラマの逆方向、二話扉絵の稜線が今日も尊いです。


{36A3E884-7527-465F-A92C-C4823B5442AA:01}

西行庵へと続く道の方も雪。

しかし、今日は夕焼け優先で西行庵へは行かず。
雪の西行庵が見たい方はこちらの記事にて(笑)


そして、戻って暫し待機し……

{F3083749-B956-40DF-9133-5B51F62E85AA:01}

{0C59A541-33AA-4E6A-A99D-CA1CFE42C7CD:01}

何かが光臨しそうな空。

厚めの雲に隠れた太陽を更に待ち

{4215DEE9-04EA-4B76-A653-97EDB7623BDD:01}

最高の景色を堪能してきました。


{049E25FA-FEBB-4BA9-925B-2A5683D43D29:01}

吉野イズビューティフル……


その後、太陽が山際の雲に沈んで隠れた後、マジックアワーまでずっといようか考えたものの、寒すぎる上に暗くなると危ないという理性的な判断。

が、降りていく途中でやっぱりもう一度! と、再登頂。
すると、奇跡的に雲の向こうにある真紅の太陽が見られました。

{6B0AF435-E6ED-4986-8690-312B9D378445:01}

カメラでは色が上手く捉えきれなかったので補正してますが、実際にこんな色でした。
吉野山が私にくれたご褒美だと思いました。
山を愛する者は山にも愛されるのだ、と。


{E7913D5C-2228-4478-8D08-F872A5C041C0:01}

帰り道、花矢倉展望台より。
遥か下方に見える明かりの群れを目指して下山。

下り切る頃には、逆に天空に星の光が瞬いていました。
冬の夜空、大好きです。

体は疲れましたが、心が癒やされた一日でした。


{245DA4BC-2E87-4D32-9F0F-206B83CB7D5B:01}

今日は、昨日の鍋の残り汁で拵えた雑炊!


{DFB6DE4F-D7FF-49D6-B6DF-2FB7F93D363B:01}

え、くろうず!?


{16709055-583C-4492-BC59-0BA199115B73:01}

と思ったら、しろうずでした。
白水ということは哩さん!
哩さん好きの方はこの柚子胡椒を使ってみては。
AD