最近、ハマっている、コナミのベースボールヒーローズ

このゲームプレイを元に妄想物語を書こうと思います。

あくまでフィクションです。

実在の選手やチームとは一切関係ありませんのでご理解下さい。


第13話 あの選手がやってくる?


<登場人物 オーナー=相方 監督=とら坊、選手達>

(ロッカールームで)

西岡「古田さん、矢野さんヤバイっすよ。ヤバイっすよ」


古田「お前は、で○わか?」


矢野「西岡どないしたんや」


西岡「さっき、井上 公造さんが言ってたんですが・・・」


古田「芸能リポーターがどないしたんや」


西岡「なんかJ捕手がトレードで入団するらしいですよ」


古田・矢野「えぇーーーーーーーーー」


西岡「そんなに伸ばさなくてもいいですよ」


古田「定詰選手は引退したのと違うの」


矢野「J島と違いますか?」


古田「それはマズイなぁ」


(監督登場)

監督「古田と矢野、大事な話があるんや」


古田(俺は監督と一緒の兵庫県出身やから大丈夫やろ)


矢野(監督は、熱狂的な阪神ファンやし俺が残るやろ)


監督「お前ら聞いていると思うけどトレードで城島が来るかもしれへん。」


古田・矢野(どっちや?)


監督「すまんけど、どっちか2軍に行ってもらう」


古田・矢野(だからどっちやねん?)


監督「すまんけどじゃんけんで決めてくれへんか」


古田・矢野「はぁ~、じゃんけん?」


監督「じゃ、じゃんけんは無いよなぁ。」


古田・矢野(マジやったなぁ、この監督)


監督「まぁ明日からの試合結果で決めるから」


古田・矢野「分かりました」


(監督は去る)
古田「矢野、あの監督で不安なのは俺だけか」


矢野「いや、僕もです。」


試合結果は、オーナー不在で不安な監督の采配で0勝2敗でした。
交流戦の全国順位は現在1500位(8000人参加)ぐらいでした。


この妄想物語を読んでもいいよという心の広い方
よろしければ、左上のランキングぽちっと押してくださいませ。
ついでに広告も押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

AD

第12話 故障者リスト第1号

テーマ:

最近、ハマっている、コナミのベースボールヒーローズ

このゲームプレイを元に妄想物語を書こうと思います。

あくまでフィクションです。

実在の選手やチームとは一切関係ありませんのでご理解下さい。


第12話 故障者リスト第1号


<登場人物 オーナー=相方 監督=とら坊、選手達>

(オーナーと一緒に試合球場へ)

オーナー「痛っ」


監督「オーナーどうしました」


オーナー「足の付け根が捻ったりしたら痛いの」


監督「大丈夫ですか」


オーナー「故障者リスト入りやな」


監督「はい?」


オーナー「故障者リスト入り第1号で」


監督「そんなに笑顔で言われても、別にえぇ言葉でもないし」


オーナー「えぇの、故障者1号なの」


監督「・・・」


(監督室で)
監督「大事な話があるんや」


古田「(まさか2軍行きか?)なっ何でしょう?」


監督「実は言いにくい話やねんけど」


古田「(あぁ、最近打撃不振やったしなぁ)何ですか?」


監督「故障者リストに1名記入しといてくれるか」


古田「はい?故障者リスト?えっ僕がですか?」


監督「いやいや君じゃなくて、オーナー」


古田「はぁ~、オーナーが故障者リストですか?」


監督「まぁ難しいことは言うな。世の中には理不尽な事もあるんだ」


古田「いや、理不尽という問題では無いと思うんですが」


監督「まぁ何も言わずに書いといてくれ」


古田「書きますけど・・・」


監督「オーナーは絶対なんだよ。君も監督するなら覚えておくように」


古田「・・・」


試合結果は、オーナーの故障もあり1勝1敗でした。
交流戦の全国順位は現在1200位(8000人参加)ぐらいでした。


この妄想物語を読んでもいいよという心の広い方
よろしければ、左上のランキングぽちっと押してくださいませ。
ついでに広告も押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

第11話 待望の先発左腕

テーマ:

最近、ハマっている、コナミのベースボールヒーローズ

このゲームプレイを元に妄想物語を書こうと思います。

あくまでフィクションです。

実在の選手やチームとは一切関係ありませんのでご理解下さい。


第11話 待望の先発左腕


<登場人物 オーナー=相方 監督=とら坊、選手達>

(監督に左の先発が欲しいと言われ鳴尾浜へ)


古田「おーい、カツノリ」


カツノリ「あぁ古田さんだぁ。今日は何のようですか?」


古田「あの気まぐれ監督が左の先発が欲しいって言うから」


カツノリ「では、ブルペンに行きますか」


(ブルペンへ)
古田「工藤さんの調子はどう?」


カツノリ「各年に活躍するので、今年は駄目ですが上げますか?」


古田「・・・。野口はどう?」


カツノリ「前監督とうまくいかずスネていますが上げますか?」


古田「・・・。セドリックはどう?」


カツノリ「日産の自動車です。グロリアとは兄弟車です」


古田「・・・。頭痛くなってきた。お前のおすすめは」


カツノリ「やっぱりスカイラインGT-Rでしょ。


古田「誰が車の話をしとんや。もうえぇわ。谷繁呼んでくれ」


カツノリ「はーい」


谷繁「古田さん、僕と入れ替えですか?」


古田「残念やけど今回は先発左腕や。誰かおらんか」


谷繁「ピッチングで言えば、和田投手がお勧めです」


古田「おっ和田がおるんか。ほな連れていくわ」


谷繁「ただ問題があります」


古田「なんや?」


谷繁「嫁が仲根かすみ、なんですよ」


古田「あっ監督が嫉妬であげないかもしれへんなぁ」


谷繁「そういう理由をつける人ですよ」


古田「・・・」


監督が仲根かすみなら別にいいとのことで1軍入り。
その他にも和田外野手とシーツ内野手が1軍へ。


新規登録:和田投手、シーツ選手、和田選手
登録抹消:小林宏投手、ラロッカ選手、小坂選手


この妄想物語を読んでもいいよという心の広い方
よろしければ、左上のランキングぽちっと押してくださいませ。
ついでに広告も押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

第10話 新たなキャラ誕生か

テーマ:

最近、ハマっている、コナミのベースボールヒーローズ

このゲームプレイを元に妄想物語を書こうと思います。

あくまでフィクションです。

実在の選手やチームとは一切関係ありませんのでご理解下さい。


第10話 新たなキャラ誕生か


<登場人物 オーナー=相方 監督=とら坊、選手達>

(オーナーとの会談)
監督「オーナー実は相談がありまして」


オーナー「私に内緒で試合をしましたね」


監督「申し訳ありません」


オーナー「で何?私の前田を外す気」


監督「いぇ滅相もございません」


オーナー「どうせ外すんでしょう」


監督「あの、最近当たっていない狼主はどうでしょう?」


オーナー「代打の切り札をどうするの?」


監督「どうにかします」


オーナー「じゃぁそれで良い」


監督「ありがとうございます」


(監督室に狼主を呼ぶ)
狼主「最近、調子悪イケド問題ナイナイネェ」


監督「今日から鳴尾浜に行ってもらう」


狼主「ホワイ?モット打ッテナイ奴イルノニ?」


監督「すまんなぁ。いろいろあるんだ」


狼主「ナゼナノカイエーイ」


監督「鳴尾浜の方が海沿い出しバイク通勤もOKだから」


狼主「バイク通勤OKナノ」


監督「OK、OK、問題ナッシング」


狼主「ホンナラ行ッテクルーヨ」


監督(はぁ~助かった)


新規登録:金本選手、登録抹消:狼主


今日から交流戦がスタートです。

第1試合 5-1
楽天戦、今岡選手が猛打賞で3割近くまで復帰。
勝ち:黒田 


第2試合 7-1
ソフトバンク戦、細かく得点を重ね勝利。
勝ち:清水直


新入団選手:森投手、永川投手、小谷野選手、カツノリ
(鳴尾浜の情報は今後カツノリがリポートする予感)


1軍登録選手(順不同、敬称略)
先発:清水直、金村、黒田、JP(SP)、小林宏
中継:五十嵐、ジェフ、石井弘
抑え:小林雅
捕手:矢野、古田
内野:岩村、小笠原、今岡、西岡、小坂、宮本、川崎、カブレラ、ラロッカ
外野:金城、多村、前田、青木、狼主

登録予定:金本(SP)


2軍選手(トレード要員?)
先発:工藤、野口、セドリック、セラフィニ、西口、石井貴、大竹、長峰、押本
中継:建山(SP)、中村隼、谷中、吉川、萩原、森、永川
捕手:谷繁、高橋信、實松、的山、橋本、里崎、カツノリ
内野:ウッズ(SP)、福浦、西岡、鳥越、関本、野村、浅井、片岡、藤田、ウィット、古城、野中、トレーシー、奈良原、後藤武、小谷野
外野:李(SP)、飯田(SP)清水、古木、出口、大島、矢野、島田、早川、平下、スペンサー


この妄想物語を読んでもいいよという心の広い方
よろしければ、左上のランキングぽちっと押してくださいませ。
ついでに広告も押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。

第9話 巨人だけだと思ってた

テーマ:

最近、ハマっている、コナミのベースボールヒーローズ

このゲームプレイを元に妄想物語を書こうと思います。

あくまでフィクションです。

実在の選手やチームとは一切関係ありませんのでご理解下さい。


第9話 巨人だけだと思ってた


<登場人物 オーナー=相方 監督=とら坊、選手達>

(今日もオーナーに内緒。先に試合結果を)

第1試合 負け(点数覚えてないです)

広島戦、元広島選手と現広島選手で構成されたチームでした。
試合結果ですが、ある選手が出て忘れてしまいました。
とりあえず完敗でした。


新入団選手:石井弘投手、後藤武選手


古田「監督、待望の左の中継ぎが入りましたよ」


監督「おぉ、待ってたよ。メジャーを断念してくれたんだね」


石井弘「今年1年間は働きます。そして夢のメジャーへ」


監督(それまでに岩瀬投手を獲得すればいいか)


監督「分かった。即1軍だ。今年1年間頼むぞ」


石井弘「はい、精一杯頑張ります」


古田「誰を落としますか」


監督「今ローテの谷間は、誰が埋めているの」


古田「西口ですね」


監督「じゃぁ西口と入れ替えを」


古田「先発5人になりますが」


監督「そっかぁ。まぁいいや」


古田(監督また何にも考えてないなぁ)


新規登録:石井弘投手、登録抹消:西口投手

(本来は1試合の予定ですが、石井弘を登録したかったので)

第2試合 2-0 
巨人戦。とりあえず勝ちました。
今回もある選手の登場で記憶が飛びました。
さて、その選手の名は・・・


背中からキラキラオーラを出しているアニキ参上!


監督「よく来てくれたなぁ。アニキだよ。オロオロ」


古田「うっ監督またパニックってるよ」


金本「いつもこうなの?」


古田「だいたい」


金本「おもろい監督やなぁ。前のO監督もおもろかったけどな」


古田「・・・」


(金本はトレーニングルームへ)
古田「監督誰と入れ替えますか」


監督「アニキだよ。アニキだよ」


古田「か・ん・と・く、聞こえますか」


監督「あっ古田くん居たの」


古田「ずっとそばに居ました。誰と金本を入れ替えますか」


監督「狼主か前田か・・・。オーナーに相談するわ」


古田「えっオーナーが決めるんですか?」


監督「当たり前だよ。君も監督目指しているなら覚えておくように」


古田(巨人だけだと思ってた・・・)


今日は、金本選手と石井投手と最高の引きでした。


新入団選手:金本選手(SP)、押本投手



1軍登録選手(順不同、敬称略)
先発:清水直、金村、黒田、JP(SP)、小林宏
中継:五十嵐、ジェフ、石井弘
抑え:小林雅
捕手:矢野、古田
内野:岩村、小笠原、今岡、西岡、小坂、宮本、川崎、カブレラ、ラロッカ
外野:金城、多村、前田、青木、狼主

登録予定:金本(SP)


2軍選手(トレード要員?)
先発:工藤、野口、セドリック、セラフィニ、西口、石井貴、大竹、長峰、押本
中継:建山(SP)、中村隼、谷中、吉川、萩原
捕手:谷繁、高橋信、實松、的山、橋本、里崎
内野:ウッズ(SP)、福浦、西岡、鳥越、関本、野村、浅井、片岡、藤田、ウィット、古城、野中、トレーシー、奈良原、後藤武
外野:李(SP)、飯田(SP)清水、古木、出口、大島、矢野、島田、早川、平下、スペンサー


この妄想物語を読んでもいいよという心の広い方
よろしければ、左上のランキングぽちっと押してくださいませ。
ついでに広告も押してくれると嬉しいです。
よろしくお願いします。