トップウォーターカスタムマリーンフックの12/0が完成しました



この大きさを比べてください、上段は11/0下段は12/0です、このクラスになると大きさもかなり違ってきます
皆さんは9/0,10/0,11/0を以前より作っているから12/0はすぐにできると思われるでしょうがそれは間違いです、フックの大きさが変わればそれだけ、堅い口のカジキを付きさすのはより大きい力が必要になるため針先の削り方が変わってきます、このフックの原型はパクラフックでありフックがカジキのビルを貫通するような造りになっています、パクラのフックはフック間(GAPE)が広く、これは、カジキがビルでルアーを叩いた時にフック(ダブルフックの場合リアフック)が叩いた反動でビルに絡み又は跳ね返った力でビルを貫通するためにこの形になっているのです、このため針先のくちばしの部分が特に鋭くなくてはなりません、実際パクラフックではこのフックよりさらにくちばしを長く鋭くしています、このためパクラフックを使われたお客様より、針先がすぐに曲がると言われていました、この件は前回このオリジナルフックを製作する時にも申し上げましたがパクラ氏に言わせると、カジキの堅い口やビルにフックを貫通さすのは容易ではない、このくらい細く鋭くしなければ貫通しない、フックが曲るのはこの犠牲だ、アングラーは常に針先ををチェックして、曲がったら研ぐか交換すればよい、これをめんどくさがっている人は数を釣ることはできないし、名人にもなれない!と、取り合ってくれません、私もお客様よりフックが曲ったと言われるのは全然うれしくないので、アサヒ針に相談して試行錯誤しながらテスターの”杉チャン”こと杉山氏にお願いして、多くのテストを繰り返しようやく完成しました、特にこのくちばしの部分の研磨による、”これ以上研磨すると曲る”限界点のテストが重要でした


この針先がとても重要なのです
この12/0はこの課題をクリアしてなおかつ300kgオーバーのモンスターとのファイトにも負けず、曲らない事が第一です、去年、荷重テストの内容をお伝えした通り、グランダーが掛かろうと曲がりません、このフックの焼き付けは完璧、かつ驚異的な技術により完成されており、日本の匠の技術だからです、余談ですがこのアサヒ針の所在地は”兵庫県西脇市黒田庄”そう黒田官兵衛ゆかりの里です




全長100mm GAPE 50mmです
今回モンスターマリーン用に製作したパクラ”WAR ROAD"に使用してください!


フックは近々にWEBショップで販売します、価格は1本1200円です
よろしくお願いします。

http://topwater.ocnk.net/product/920

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村 釣りブログ トローリングへ
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ボートへ


AD