パクラキールリグ製作

テーマ:
パクラルアーのキールリグウエイトについては過去にリギングのテーマでご案内していますが、このウェイトを使用するに当たり、スティッフリグ(ワイヤーシングルフックリグ)が必要となります。
今回はこのリグの製作編です、まずはパクラ氏の動画をご覧ください

では詳細なリグ製作をご案内します。
$トップウォターマンのブログ
$トップウォターマンのブログ
製作するリグはパクラミニスプロケット用ですルアーサイズは20cmです
フック:パクラオリジナルフックDHX25
ワイヤー:直径2mm 7×7 長さ16~18cm(リーダー側のスリーブの大きさや、ダブルスリーブ仕様により変わります。
スリーブ:5N 2PC
シュリンクチューブ:内径6.4mm 20mm×2PC 35mm×1PC

ブレイドボールベアリングスイベル300lb×1
スイベルは必ずボールベアリングタイプを使用してください、固定のタイプを使用するとリーダがねじれて回転しやすくなり、このリグの意味がなくなります。
$トップウォターマンのブログ
$トップウォターマンのブログ
ワイヤーにスリーブを通してフックをセットしてワイヤーループを作り仮止めをしてワイヤーを引っ張りループを小さくして圧着します

$トップウォターマンのブログ
スイベルも同様にセットして出来上がりです。
シュリンクチューブをヒートガン(ドライヤー)で収縮させ出来上がり

$トップウォターマンのブログ
最後にキールリグウエイト25サイズをセットして終了です。

このリグはトローリングの際、水流や撹拌流の中でも,とても安定しておりキールリグウエイトにより針先が常に上向きの状態になり、通常のシングルフックと比べ驚くほどのフックアップを実現します。
よくお客様より”よくストライクしてくるのになかなかフックアップしない”とのお話をお聞きしますが、これはフックが水中の中でブラブラしている(水流により動き回っている)からです
本当にこのピーターパクラ氏のアイディアには脱帽します。



にほんブログ村 釣りブログ トローリングへ




AD