本日はデトロイトディーゼルエンジン(GM 2サイクルエンジン)の部品供給に付いてのコメントをさせています、よく”GMの2サイクルエンジンは部品の供給が難しくなっているからやめた方がいいよ”というボート屋さんや整備士の方がおられますが、実際はどうなのでしょうか?この件は以前にも私のコメントを申し上げましたが、現在米国ではこのGMエンジンは何万台も現役で活躍しており、GMが6年前のサブプライム危機で倒産して、これらのエンジン部品の供給を停止したのも事実ですが、そこは巨大な市場を睨んでドナルドソン、ウォーカーエンジニアリングなどの大手メーカーがライセンスを買い取り現在も部品を製造販売しており、日本に最も多く輸入されている6V92エンジンなどのパーツはすぐに部品番号がわかれば在庫部品であれば10日ほどで入荷が可能です



上記部品はライセンス商品のオイルエレメント、燃料フィルターの1次、2次

そして中央部は

オイルプレッシャーメーターとタコメーターのセンサーです、これもライセンス商品です、この様にGMのエンジン部品は市場が存在する限り供給はされるのです、国内でGMエンジンの部品にお困りの時はお問い合わせください。


さてこのGMの部品でこのところ、小さいパーツですがご注文の多いのが





清水タンクのラジエーターキャップです、これは小さい部品ですが、経年変化で消耗品部品の一つです、古くなるとこのキャップから清水が噴き出します、水温が上がり気味の時やエンジンルームにクーラントカラーの清水が溜まっている時は一番最初にこのキャップを疑いましょう、通常このキャップは5年で交換です、価格も安いので、この機会に交換してください。





AD