本日は当店のお客様のN氏によるプリンスエドワード島(PEI)でのスタンダップフィッシングでのクロマグロ釣行レポートです!

8/22のブログでご紹介しましたモンスターツナ用ブレイド パワープレイロッドとオクママカイラリールをご用意され8/26よりPEIへ釣行されました、帰港後多くのお写真と動画さらには釣行レポートまでお送りいただき、このブログでのご紹介を承認していただきました、N氏には御礼申し上げます。

それではN氏の釣行レポートをご紹介させていただきます。


PEI釣行記

世界でもっとも美しい島といわれてるP.E.I とアメリカ3代都市のシカゴを 旅行して7日の夜に帰国しました。 8月末のP.E.Iはちょうど季節の変わり目で着いた日は最高気温28度、翌日からは22度前後と肌寒い陽気です。
例年8月末から9月の始めにニシンの群れが入って来るとの事ですが、今年はまだ来ておらずこの先一週間から10日のうちにくるだろうと言ってました。 群れが来てニシン漁が始まるとよくyoutubeで見かける船の周りでマグロがチャムのニシンを食う光景になるそうです。
朝は餌のサバを釣ることから始まります。その日の釣りを左右するので真剣です。 大きめのサバを30~40匹程釣ってからポイントに向かいます。 1度に4本まで流すことができ、水深30メートル程でそれぞれのタナを変えます。 カイト()、バルーン、シンカーを付けて10m、15m といった感じで、 セットしたらポイントの上を流していきます。
最初のヒットは何の前ぶれもなくシンカーを付けていたロッドがまがりラインが出されていきました、 ハーネスにセットしてスタンドアップファイトを開始、日本を出発前にはドラグ25キロ~27キロでセットしたタックルで毎日シュミレーションしていたものの、実際はあまりのパワーにやみくもにファイトです、 途中水面に上がってきたマグロが背ビレをだし水しぶきとともに潜っていきました、潜ってしまうとゆっくりした動きでどうにもなりません。 一時間を越えた頃からキャプテンがラインをたぐり始めますがぜんぜん上がりません、すぐにもう一人のキャプテン(親子で二人とも船長)も加わり三人で引っ張りますがなかなか浮いてこない状態です。ヒットしてから2時間45分リーダーが切れてしまいました。 キャプテンのラインを掴んでいたグローブもすれて穴があき、船の下をマグロが泳ぐたびに魚タンのアラームが何度も鳴りあと10m程でしたが残念、姿は見れなかったです。
二度目は魚探の反応が出た途端、カイトにセットしたラインがひったくられてファイト開始、 少し要領をつかんだので、ファーストラン後にはフルドラグに、 (事前にはかったときは21キロでした)スプールを抑えたり、ラインを掴んだりしてラインがでていくのを防ぎます。73分後 650lbキャッチ。アベレージは750lbと聞いていたので小さめでしたが、初キャッチに興奮、飛び込んでマグロと泳いだらクレイジーだって言われました。
3日目はノーバイト
4日目最終日、バルーンとシンカーにヒットが高いというので今日も私の竿をセット、午後になり風がやんできたら、魚探に凄い反応、今までで一番のビッグチャンスです、チャミングを始めたり、一緒にデットベイトを流してみたりといろいろ試みますが口を使ってくれません、20分程反応は続きいつ来るかドキドキしてますがしだいに反応は消えてしまいました。 しばらくするとカイトにヒット、今度の魚は凄い勢いで走ります、ラインも出たり入ったり、 565lb 50分でキャッチできました。 すぐにリーダーをカットしてリリース、泳いでいく姿が頭に焼き付いています。
大船長、船長ともに経験豊富で全てに息が合っています、また船長とは出発前から何度もメールでやりとりし、ほかの事まで面倒見ていただき本当に感謝しています。1年程前から準備してきた今回の釣行もあっという間に終了してしまいました。リリースした魚はまだあの海に泳いでいます、

またあの海に行きたくなりました。



トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ

トップウォータータックルズのブログ
これぞ究極のツナフィッシングです




次回に続く、お楽しみに! にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ にほんブログ村 にほんブログ村 釣りブログ トローリングへ
AD