topspin(トップスピン)の日記・独り言

ご訪問ありがとうございます。毎日いろんな話題を書いていきたいです。ニュース、芸能、スポーツ、投資、経済、金融、ビジネス書、マーケティング、ネット、北海道、札幌市など話題に更新していきます。

ご訪問ありがとうございます。毎日 いろんなことを話題にして更新していきます。ニュース、芸能、スポーツ、経済、金融、投資、本の書評、グルメの話が多くなりそうです。 少し変った視点でいろいろなことを書いていきたいです。

テーマ:

 

 

 

やりとげる力 やりとげる力
 
Amazon

 

 

 

ツールズ ツールズ
 
Amazon

 

媚びない人生 媚びない人生
 
Amazon

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件は将棋村の将棋脳の連盟やプロ棋士や濃いファンの人達には予想できない展開ばかりだと思いますしそれで何も動けないという状況になっていると思います


将棋村は狭いムラ社会でスポンサーの新聞社に気を遣い将棋の強弱や実績で発言力が決まり、将棋が強く実績が凄ければ好き放題できる人治主義のムラ社会でした


プロ棋士が連盟に逆らう事を許さない閉鎖的世界でムラ社会の掟を破れば村八分にして追放というやり方が常識のムラ社会でした


この感覚は連盟やプロ棋士だけでなく将棋村の将棋脳に染まった濃いファン達も同じで高齢男ファンのカルト宗教的な感覚が不気味な世界で連盟もこのファン達しか見ていないという事です


だから三浦九段は本来は処分後に自ら引退か廃業をするはずで村八分で将棋村から追い出そうとしたという事件だったと思います


しかし今の連盟は公益法人になっていますしネットが普及しSNSも普及した時代では猛反発をされて、連盟が逆に追い込まれてしまって将棋村も大パニック状態になっているという流れだと思います


私がツイッターでこの問題を批判しているとたまにフォロー数が多くフォロワー数が異常に少ない2ch乗りの変なアカウントに絡まれますが、ツイッターで完全に浮きまくっていて可哀想になります


ただ将棋村が大パニックになって停止状態でもSNSが普及した時代の流れは早く、もう連盟を批判しても連盟は何もできないと見捨てられて、今後は連盟に外圧をかける流れになっていて連盟の消滅も仕方がない流れになっています


連盟は公益法人になったのが、この状況では厳しく税金優遇や税金投入をして存続させる価値がないと判断されてきています


また連盟のスポンサーの読売新聞を中心とした新聞社にも批判が増えていて、新聞社批判層は結構いるのでそれを巻き込む流れになるとフジテレビデモの時のフジテレビのような流れになるそうです


連盟は気を遣えば新聞社がスポンサーとしてずっと支えてくれると考えているようですが、新聞社も年々経営が厳しくなっているので将棋に関われば不買や苦情が増えるとなれば、この渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件を大義名分にしてスポンサー離脱する可能性はかなり高いでしょう


こういう流れに水面下でなってきていますが、将棋村のムラ社会だけで好き放題してきた人達は対応するのは無理だと思います


今回の事件の連盟の醜態を見て将棋の伝統と文化を連盟が私物化するなという意見も出てきていて、将棋というゲームは魅力があるし魅力的なプロ棋士だけいればいいという声も出てきています


さらに一度ソフト不正の話を出してしまい、さらに渡辺竜王真理教の八百長互助会やソフト不正や酷すぎる盤外戦術の疑惑も出てきて、プロ棋士の真剣勝負の対局の価値も暴落している状況です


将棋村の中では危機意識はないか現実逃避をできますが、現実はかなりのスピードで進んでいくのでモタモタしていると連盟の消滅に王手がかかりそうです


もちろん将棋というゲームは魅力的で地元に根付いた支部や教室は続きますしネットでいろいろな人達で対戦が楽しめる時代なので将棋は大丈夫だと思いますが連盟とプロ棋士が今の日本で必要か?という話にNOを突きつけられそうです


スマホ将棋ソフトに醜態を晒したプロ棋士が強さを絶対的価値観にするのは厳しく、将棋村の古すぎる感覚では時代から取り残されるでしょう


今後の渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件に注目しています
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件後の三浦九段復帰戦が終わりましたが、このタイミングでこの状況での復帰戦は連盟にも三浦九段にもあまりいいタイミングではなかったと思います


この復帰戦が竜王戦1組で相手が羽生三冠王というのに読売新聞と連盟の思惑が見え隠れして、今期の竜王戦から三浦九段を早く敗退させたいのかな?と思いました


前期の三浦九段の竜王戦挑戦権が冤罪事件で剥奪された問題も置き去りにしてのこの強引な竜王戦1組の復帰戦は傲慢な読売新聞らしいやり方だと思いました


一方の三浦九段も対局ができない長いブランクの生活の不安があったので、この復帰戦の条件を受けたと思いますが、竜王戦の挑戦権を放棄したと捉えられそうで羽生三冠王という相性が悪い最強棋士相手との対局は負ければソフト不正が出来なければ負けたと批判されるリスクが高く、実際そういう報道や批判も今回の結果で起きました


ただ対戦相手の羽生三冠王は三浦九段のボディチェックの話を聞いて、自分も自主的に受ける事や対局後のコメントを見ても第一人者としての意識の高さを感じましたので竜王戦1組の対局でなければ相手として1番よかった部分もあります


こういう背景でのこの復帰戦は連盟と三浦九段にとって、あまりいいタイミングではなかったと思います


また連盟側には三浦九段を復帰させればこの事件の騒動が鎮静化するという狙いもあったと思いますが、かえって騒動が複雑化した印象で相変わらず大悪手ばかりやります


また今回の三浦九段と羽生三冠王の竜王戦1組の復帰戦の組合せで竜王戦はトーナメント方式なので読売新聞や連盟で好きなように組合せを決めて、勝たせたくない棋士に凄く厳しい組合せができる事も実証されて竜王戦の価値がさらに怪しくなったというオマケもつきました


これは読売新聞の最高顧問や将棋担当のトップと深い関係が噂される永世竜王になった渡辺竜王の挑戦者がトーナメント組合せで調整できる可能性もあるという事で、竜王の価値がさらに暴落しました


またこの事件があったのに年明けに行われて話題だった渡辺竜王参加のフットサルも最近話題の観戦記者などの将棋ゴロも参加しているのを見るといろいろ裏がありそうです


渡辺竜王や将棋ゴロとのフットサルや懇親会は竜王戦などの棋戦の組合せの優遇やイベント、メディアの仕事の斡旋も絡んでいそうで若手棋士を中心としたプロ棋士や女流棋士が積極的なのも納得です


そして連盟は三浦九段の名誉回復や冤罪事件の金銭的な補償の問題がありますが、執行部のこの運営のやり方ではあまり期待できないでしょう


将棋村の将棋脳のプロ棋士や濃いファンは将棋村は変わらず古いやり方でこの騒動を乗り切れると思っていますが、私達はもう連盟の対応に期待していないので連盟破綻も仕方がないスタンスになってきています


この事件は将棋村の枠を超えた問題で連盟にとっては対応が難しいのでまだまだ自滅の大悪手を連発しそうです


渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件の今後の展開に注目しています
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件は処分が発表された時に凄く驚いたのを覚えています


まずは三浦九段の処分が2日位で決まったのですが、これは現行犯以外で決定的な証拠が出せない種類の話で処分する規約も無いのに大丈夫か?という事を考えました


そしてもう1つは三浦九段はA級在籍も長く竜王戦1組で挑戦者になるなど実績も凄いバリバリの現役トップ棋士をソフト不正で曖昧な告発をしたらプロ棋士の対局の環境は自由でプロ棋士の性善説で行われているものだから、これはプロ棋士全体のダメージになる表面化させてはならない問題だと思いました


さらにもう1つは三浦九段ほどの実績があるプロ棋士の指し手をソフト不正と告発したのはA級トップ棋士がスマホ将棋ソフトよりA級トップ棋士がかなり弱いイメージになり、ついでに書くとプロ棋士序列1位の渡辺竜王がスマホ将棋ソフトに負けるのが怖くて挑戦者交代を強引にしたイメージになります


もちろん実際に将棋ソフトの不正が行われていたら厳しい処分が必要ですが、プロ棋士の存続に関わるデリケートな問題をこんな早急に雑な話で決める問題ではなく、決定的な証拠を掴み慎重に処理をする問題なのに将棋村の将棋脳はいきなり処分したので驚きました


さらに衝撃的だったのは三浦九段の処分が発表された時の将棋村の将棋脳の濃いファン達が渡辺竜王などトップ棋士が黒認定したから三浦九段の黒は確定で処分は当然で、連盟が温情で年内休場にしたという意見ばかりで呆れたのを覚えています


その時に私はブログなどで指摘しましたがトップ棋士達は竜王戦やA級順位戦で三浦九段と利害関係者がほとんどで証言は証拠として役に立たないという事で私怨やA級順位戦の降級関係の思惑が影響すると指摘しました


この時の将棋村の将棋脳の濃いファン達を見て、この人達は高齢の男性ファンが殆どですがここまで視野が狭く非常識になれるのか?と衝撃を受けましたし狭いムラ社会のルール、将棋の強弱が全てでカルト宗教的な人治主義のムラ社会を感じました


その後の展開は渡辺竜王の竜王戦開催中の文春告発で私は爆笑させてもらい羽生三冠王の文春記事否定ツイートで流れが変わり、羽生三冠王の第三者委員会発足の話で連盟が証拠も無いのに処分したのがバレて流れが変わりました


三浦九段の無実の冤罪事件という評価がほぼ決まり、スマホ将棋ソフトよりプロ棋士が弱いイメージやプロ棋士の対局の環境が性善説で全然ルールがない自由な環境だったのも知れ渡り、今度はプロ棋士全員がソフト不正疑惑を持たれる流れになりました


ただこのような状況になるのはソフト不正の話題を表面化した場合、予想がつく事でそれを想定しなかった連盟や渡辺竜王と渡辺竜王真理教のプロ棋士がお粗末すぎました


さらに痛いのがプロ棋士が持っていた頭脳集団という幻想が無くなって、将棋というボードゲームに子供の頃からハマっていた非常識集団の上に人間性も酷いというイメージがついたのは凄く痛かったです


こういう状況になるのを連盟やプロ棋士が読めないという事は将棋の読みは実生活に役に立たず、人格形成も今回のプロ棋士達の酷すぎる醜態の数々を見たら悪影響を与えると思われたでしょう


結局渡辺竜王と渡辺竜王真理教のプロ棋士達の告発はリスクが凄く高い上に証明するのも困難な問題で、さらに週刊文春の独占告発という週刊誌ゴシップまで使い大コケしてしまい今の惨状です


だから私の個人的な感想はソフト不正はあくまでこじ付けで三浦九段を竜王戦の挑戦者から外すことが目的の茶番劇だったと思いますしなぜ三浦九段がここまで攻撃されたのか?考えると渡辺竜王真理教のプロ棋士互助会の存在を私は疑っていますのでこれは正義の告発というよりは私怨や憎悪という感情的なものだと思います


渡辺竜王の竜王戦開催中に週刊誌に三浦九段の不正が書かれたらヤバいという話も今の惨状の方がずっとヤバい状況で竜王戦や連盟の為というより、三浦九段の竜王戦挑戦権剥奪を絶対したかったように見えます


なぜ渡辺竜王と渡辺竜王真理教のプロ棋士や久保九段などの関西棋士達が三浦九段をここまで目の敵にするか考えるとプロ棋士の対局の裏側のドロドロした状況が目に浮かびドン引きで真剣勝負の世界には見えないです


このソフト不正問題は連盟やプロ棋士がパンドラの箱を開けてしまった印象で完全に自滅しています


今後の渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件の展開に注目しています
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件で三浦九段の観戦記者批判や連盟の佐藤康光会長誕生や明日の三浦九段と羽生三冠王の復帰戦などいろいろ動きがありましたが、このままなら連盟の崩壊に突き進むと思います


まずは三浦九段の観戦記者批判ですが、個人的にはこの観戦記者を今回の事件の黒幕として責任を取らせるスケープゴートにしようとしているのか?というのを感じました


おそらく三浦九段と連盟がある程度接近しての動きのような気がして、連盟は渡辺竜王と渡辺竜王真理教のプロ棋士や取り巻きや読売新聞をなんとか守りたいという話がありそうです


ただこの観戦記者が黒幕のストーリーはかなり不自然であれだけ短期間に竜王戦の挑戦者を電光石火で交代できた裏や竜王戦開催中のトップ棋士実名の竜王戦開催中の渡辺竜王の週刊文春独占告発の裏という問題の黒幕には弱すぎると思います


次に連盟の佐藤康光会長誕生ですが、個人的には谷川会長の二の舞になる可能性がかなり高く、実際運営を行う理事達が谷川会長という神輿から佐藤康光九段という神輿に変えただけの印象で谷川会長のように責任を取らされて使い捨てされるような未来しか見えないです


こういう佐藤康光会長誕生のようなやり方をする連盟やそれを絶賛している将棋村の将棋脳の濃いファン達を見ると将棋村はまだまだ変わらないと思います


そして三浦九段の羽生三冠王との復帰戦ですが、これは竜王戦1組の対局として行われるので無実の処分で三浦九段の竜王戦挑戦権剥奪した前期の竜王戦の問題を無視したやり方なのでこのまま実例で竜王戦の価値は無くなったと思います


1年間かけた竜王戦挑戦者決定の対局をこのような無実の処分で挑戦者の挑戦権剥奪を行った連盟と読売新聞は対局軽視で真剣勝負を否定した茶番劇なので竜王戦は最高賞金でも価値は全タイトル戦で最下位だと思います


これは名人戦にも言えることでA級順位戦の三浦九段の不戦敗はリーグ戦が不公平な状況になっていて、A級順位戦の価値を落としましたしそれは名人戦の価値も落としたと思います


竜王戦1組で三浦九段が羽生三冠王と復帰戦を行って復帰すれば問題が鎮静化すると思う連盟や将棋村の将棋脳の濃いファン達は将棋村の価値観で独善的すぎて、SNSが普及した今の時代はこういうやり方は炎上する流れになると思います


また今回の渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件ではツイッターで指摘された将棋ゴロと言われる観戦記者などの存在が浮き彫りになり、プロ棋士のイベントやメディア仕事などの仕事の割り振りで連盟幹部やトップ棋士達と癒着して権力を持つ存在も話題になっていて、黒いお金のやり取りの話も出ていてこれが今回の事件に大きな影響を与えたという指摘もあります


こういう将棋村の前時代的やり方や体質は根の深さを考えると変えるには一回ぶち壊して再構築する位の荒療治でないと改革できないでしょうし今のままの将棋村では公益法人としていろいろ問題になると思います



おそらく連盟は渡辺竜王や渡辺竜王真理教のプロ棋士や将棋ゴロの取り巻きを処分するのは連盟自体も深い関係なので無理だと思うのでこのまま連盟は崩壊に突き進むと思います


さらに渡辺竜王と渡辺竜王真理教のプロ棋士や将棋ゴロの取り巻きの特別扱いを見ているとプロ棋士の対局は酷すぎる盤外戦術やソフト不正や八百長の疑惑もあり、大相撲の互助会のような存在も想像されてプロ棋士の真剣勝負に疑惑が持たれています


この状況では三浦九段の復帰を強行しても連盟やプロ棋士の存続危機は変わらないですし今の日本で連盟やプロ棋士の存在が絶対必要というわけでない現実を考えるとかなり厳しい状況だと思います


やはり竜王戦の開催直前の三浦九段の挑戦権剥奪の電光石火の決定がどうやって行われたかの説明と竜王戦開催中の渡辺竜王の週刊文春の独占告発の経緯の説明を避けていては問題は鎮静化しないですし渡辺竜王や島理事や久保九段や千田六段などのまともな処分がなければ問題は鎮静化しないと思います


渡辺竜王の文春告発の三浦九段冤罪事件の今後の展開に注目しています
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。