女性に評判!【公式サイト】朝倉千恵子の女性セミナー「トップセールスレディ育成塾」TSL

朝倉千恵子が主宰する、女性セミナー「トップセールスレディ育成塾」のブログです。TSL受講生からの評判や、朝倉千恵子のプロフィールなども掲載しています。


テーマ:
95期石田友里さん、下田美菜さん、
そして80期河野由起子さんからバトンを受け取りました

80期渡邉ちえみと申します。


朝倉千恵子


私は平成24年12月15日から平成25年2月10日まで
朝倉千恵子先生のもと学ばせて頂きました。

私が「トップセールスレディ育成塾」(以下、TSL)に入るきっかけは、
同じくTSL70期の渡辺瑞恵さんから朝倉千恵子先生の新潟講演会
に誘っていただいたことです。

当時の私といえば、仕事で外勤になって一年が過ぎ上司からは注意される毎日。


自分は仕事が出来ない人間、駄目な人間なんだと毎日が辛く、
だからこそ少しでも自分を変えることが出来ればと模索していた時期でした。
誘っていただき講演内容をパンフレットで見て、
自分が変われるかもしれないと藁にもすがる思いで参加しました。


講演会では、先生の講演に引き込まれ、
二部の朝倉千恵子先生と北村みゆきさんとのデスカッションで涙した感動の講演会でした。


朝倉千恵子

朝倉千恵子

朝倉千恵子


何回でも講演内容を見たいと思いDVDを購入、
そこに入っていたTSL体験セミナーに興味をひかれ申込みしました。

TSL体験セミナーに参加して益々ここで学びたいとの思いが強くなりましたが、
受講料と毎回東京まで学びに行くという事がネックとなり暫くは決断出来ずにいました。
受講料は私にとっては大金であり、当時は今ほどフットワークも軽くありませんでした。

そして最大の理由は、自分を変えたいと言いながらも変わることが怖かったのかもしれません。


自分変えるという覚悟が無かったのです。
ここをクリアにするまで数ヶ月掛かりました。

覚悟が出来ると他の問題も驚くほどスムーズに解決出来ました。


 緊張の第1回目は朝からソワソワ、お昼も喉が通らないほどでした。
通い始めると、普段の自分と違う自分がいました。
皆が回を重ねるごとにどんどん変わっていって自分も後れを取らないようにと必死でした。
知っていることと出来ることを一致させる、大変なことでした。


最終回では、最後まで相手の目を見て話すことが出来ませんでした。
頭では分かっているのに出来ませんでした。
あの日の事は忘れてはいないけど意識していなければ出来ません。


第1回目に同期に書いてもらった「私の長所・短所」は私の宝物です。
まだ何も知らない者同志の率直な意見は核心をついています。

私は未だに意識しないと出来ないことの方が多いですが
意識しなくても出来ることが多くなるように日々過ごしております。

あれから3年が経ちますが、同期とは何かと連絡し合い会える環境にあり
大変幸せに思います。
それぞれの活躍がSNS等を通して分かり大変刺激になります。
更に、全国のTSL卒業生の皆さんとも繋がることが出来、
様々な情報をいただき日々勉強しております。

朝倉千恵子


 最近、個性心理學と出会い認定講師となりました。
皆それぞれに宿命と個性があります。
自分を知って相手を知ることでストレスが無くなり生きやすくなります。
知れば知るほど奥が深く面白いです。


自分を分析したところ、いわゆる常識や伝統に縛られることなく
自分の視点で今までにないやり方を発見していく、
常に変化を求めるチャレンジャーでした。行動力もあります。


今いる場所で、過去にとらわれることなくより良い方法を模索していくことが
私の使命と思い今後も行動していきたいと思っております。



朝倉千恵子
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

TSL95期石塚友里さん、そして石塚さんと同期の95期下田美菜さんから、
熱い想いとバトンを受け取りました。

TSL80期卒の河野由起子です。

 

朝倉千恵子

 



「人は、出会うべき人には必ず出会う。
 しかも、一瞬遅からず、早からず。
 しかし、内に求める心なくんば、
 眼前にその人ありといえども
 縁は生じず。」

朝倉千恵子先生とTSLのことを語るとき、
いつもこの言葉を想い出します。

2012年5月 ある方の講演会で、
私の隣に座った女性と名刺の交換と
Facebookの友達申請をさせて
頂きました。

TSL52期木村美紀さんとの出逢いです。

美紀さんのFBの投稿には、
全く存じ上げていなかった
朝倉千恵子先生に関する投稿が
たくさんあり、こんなにも、
人を引きつける女性リーダーに
逢ってみたい!と思いました。

その頃の私は、車の内装部品を
製造する会社の管理職になったばかりで、
男性が7割を占めるこの中で、
女性リーダーとはどうあるべきなのか?
また、地域・業種間交流の場に出たとき、
どのように対応すれば良いのか?
手本とする女性管理者がおらず、
暗中模索の状態でした。

美紀さんから
「10月に福岡で朝倉千恵子先生の講演会をします」と
連絡を頂き、参加した講演会。

会場にいらっしゃるスタッフの方の姿勢、

きびきびした行動に圧倒されながら、後方から
登壇される朝倉千恵子先生に魅了されました。

「朝倉千恵子先生からもっとたくさんのことを学びたい!」

と、チラシの中に入っていた、『トップセールスレディ育成塾』に
即、入塾の申し込みをしました。

礼儀礼節、仕事に対する考え方、我満副社長のお話、
そしてお酒の席での対応。
その頃、学びたいと思っていた事が、20時間に凝縮され、

毎月、山口から丸ビルに通うことが楽しくて、

ワクワクしていたのを、今でも覚えています。

そして、忘れもしない懇親会の席。
「まだ、一度も講演会をされたことのない都道府県がありますか?」という
私の質問に「たった1県だけ、企業研修も講演会もしたことのない県があるの…
それは、山口県」

私の鳥肌が立ったのは言うまでもありません。

その場で「私、先生の講演会を山口で絶対にやります!」

そして、ご縁を頂いて3年後の
2015年10月。
http://ameblo.jp/shinkikaitaku-asakura/entry-12083607229.html

 

念願の講演会を山口県で主催し、
同期や期が違えども
「トップセールスレディ育成塾」で
学んだ皆様に支えられ、新たなご縁を
繋ぐことができました。

 

朝倉千恵子


昨年末、認知症の母の転倒、骨折がきっかけで、

一旦、退職し、現在は同じ会社、職場で
パート社員として勤務していますが、
TSLでの学びのお陰で、
仕事に対するやり方、考え方は、
職制に関係なく、常に自分がどうあるべきか考えながら、
日々精進しています。

私生活でも「親孝行にし過ぎはない」。
朝倉先生のこの言葉を常に心に留めて、
楽しく母に接しています。

あの日、あの時、あのタイミング。
全ては、偶然ではなく、必然でした。

たくさんのご縁に感謝し、これからも
精進して参ります。



朝倉千恵子

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

大切なバトンを頂いてありがとうございます。
95期のTSL(「トップセールスレディ育成塾」) を受講させて頂いた石塚友里と申します。


ずっと考えがまとまらず、また今もまとまらないままですが
そのままの気持ちを書かせて頂きます。


リレーブログ 朝倉千恵子

私の仕事は鉄骨系住宅メーカーの営業職です。

私にとって新規開拓のある丸ビルは、『山』です。
登山する『山』です。

 


新規開拓

 


登山用語で「アタック」の意味は
「登頂を狙うこと。難しい岩場やルートに挑戦すること。」だそうです。

いつも丸ビルのエスカレーターに乗っている時は、
(これは登山にはありえませんが)
「うわぁ~。来ちゃったよぉ~。」と、とてもとても緊張しながら
引き返せないジェットコースターの上り坂のような気分になっています。
でも、そんな情けない気持ちを塾生のみんなに話したら
やる気満々に見える人でも、勇気を振り絞って来ている人も中にはいて
少しホッとしました。


朝倉千恵子先生、新規開拓のスタッフの方々、塾生の仲間。
私から見ると、みんな必死に山を登っていく山人に見えます。
どうしてそんなに大変な思いをしながらも挑んでいくのか…。


TSLでは、
自己紹介や「前回からのちょっとした成長」の発表のコーナーなど

仲間の話を聞ける機会があります。
「みんなそれぞれの成長段階で戦っているんだなぁ」と思いました。

 

私の成長段階は「目的再発見期」と名付けることにしました。
TSLを受講する直前、ずっと思い続けていた目標が叶ってしまい、
燃え尽き症候群というのでしょうか、目標がなくなり
力が全く入らない状態でTSLに参加しました。
仕事が大好きで、楽しくて、走って走って走っているうちに
そんなつもりはなかったのに、手段が目的になってしまっていました。

 

 

「何のために成長するのだろう。」
「頑張ったその先に何を目指すのだろう。」

 

 

そして、自分一人で悩んでも答えが出ないので
いろいろな人にインタビューすることにしました。

 


「何でこの仕事をしているのですか。」

「この仕事の魅力は何ですか。」

 

同僚、TSLの仲間、美容師さん、整体士さん、料理教室の先生…。
かなり私は変な人だったと思いますが、みんな答えてくれました。

 

それぞれ答えは違いますが、どれも正しい。

では私にとってはというと、まだ全部は分かりません。
私が頑張って、仕事して、成長して、目の前のお客様に、社会に
何が出来るだろう。何をしたいのだろう。

けれど、ただ一つだけ気づいたことは、
夢を叶えることが目的ではなかったということです。

 

こんな悩んでいることばかり書いていますが、
TSLを受講した次の月から、連続して受注を頂くことが出来ました。

 

また、指名の再来場が突然増えてびっくりしました。
たまたまだろうと思っていましたが、やっぱり違う気がします。

 

なぜかというと、先日同僚から
『隣のメーカーの人が、「スーツ着て、姿勢よく立っていてかっこいいね。」
と石塚さんのこと言っていたよ。』と言われました。

 

 

私は懇親会の時、隣に座っていらした朝倉先生に
何度も何度も手で背中を押して「姿勢が悪い」と直して頂きました。
いつの間にか、直っていたようです。

 

受講前と何が変われたかは分かりませんが、
教えの一つ一つが血となり肉となっているということは不思議と感じます。

 

また、いろいろな方とお話したり、悩んだりしたことで
住宅を販売することの重みと責任も再確認することができ、
言葉に説得力と熱意が込められるようになったと思っています。

 

 

私は営業マンとして、
他のどの営業マンよりも素敵なオーダーメイドの家をお客様に提案したいです。
そして、何の心配もなく幸せなマイホームで生活出来るよう、
家族の一員となってお手伝いがしたいです。

 

 

最後に、朝倉千恵子先生、我満先生、山下緑先生、新規開拓のスタッフの皆様、
塾生の仲間の皆様、大好きです。感謝します。出会えて幸せです。

 

 

 

また泣きながら『山』に登ります。どうもありがとうございました。

 

 

                       TSL95期 石塚友里


リレーブログ 朝倉千恵子

リレーブログ 朝倉千恵子

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)