デントリペアのご紹介 TOPS 秋田

テーマ:

ブログもだいぶご無沙汰しておりました。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、「デントリペア」の施工事例をご紹介します。

正式にはペイントレスデントリペアと呼ばれ、塗装が不要な凹み修復技術のことです。

欧州の自動車メーカーで考案され、雹害の多い欧州での凹みの修復方法として技術が確立されてきました。

 

この度、雪害によるルーフパネルの凹み修復を行いました。

ルーフが雪により押しつぶされ、大きくひしゃげてしまっています。

通常このくらい変形が大きくなってしまうと、ルーフパネルの交換が必要となり、パネル溶接やフロントガラス脱着、その影響による歪み対策など、少々大がかりな作業になります。

また、売却時の査定も「修復歴アリ」となり、お客様の利益を損なうことになります。

そこでデントリペアによる修理を施工致しました。

 

熟練のスタッフが、特殊工具を駆使して細部にわたる微調整を繰り返し、修復作業を行いました。

 

↑が修復後の写真です。

 

溶接作業やガラス脱着作業も行わず、ヘコミ・ひずみをゼロにもどしました。

ルーフ交換もしておりませんので、修復歴にもキズがつかず修理が完了しました。

もちろん塗装も一切行っておりません。

デントリペア技術の応用で、ここまで修復する事ができました。

 

 雪により大きくへこんでしまったルーフとは思えませんね

 オーナー様にも大変喜んで頂けました。

 

 へこみでお困りの方がいらっしゃいましたら、TOPSまでご相談くださいませ。

お客さまにとってベストな修復方法を提案させて頂きます。

 

ご希望のお客様には、お車の作業中の間、代車を無料にてご用意致します。車の事なら、なんでもお気軽にお申し付けください。    

      ※代車はご予約制とさせていただきます

 

TOPS AutomotiveService

AD

みなさんこんにちは

 昨年の12月に、アウディA1 へのVIPER社のエンジンスターター機能を有するカーセキュリティの導入についてブログにてご紹介させていただいておりました。

 この度、アウディA1へのユピテル製エンジンスターターの取付けのご依頼をいただき、取付を行いましたのでご紹介です。

 今回、ユピテル アンサーバック付エンジンスターター VE-E6600st を取付けました。

輸入車の為、ユピテルからはアウディA1用のハーネスの設定はありませんので、取付けに伴い当店にて専用のハーネスキットを作成し取付けを行いました。

 

これで冬の寒い朝も、仕事終わりにも、車両までエンジンをかけに行かなくても暖房が効いて快適な車内に乗りこめますね。

また、エンジンスターターは冬に限らず、夏も大活躍致します。厚い季節には、エンジンスターターでエンジンをかけておくことで、エアコンを効かせておいて快適に乗り込めるようになります。

 アウディ A1にお乗りで、エンジンスターターをご検討の方はいかがでしょうか?

 

 当店ではアウディに限らず、国産車のエンジンスターターの取付も承っております。

当店はユピテルの指定店となっておりますので、指定店限定モデルの取扱も行っております。取付をご希望の方はお気軽にお申し付けくださいませ。

 お車の作業中ご希望のお客様には代車を無料にて ご用意しております。車の事ならなんでもお気軽にお申し付けください。    

      ※代車はご予約制とさせていただきます

 

TOPS AutomotiveService

 

 

 

 

AD

みなさんこんにちは、今年最初のブログ更新となります。

本年も何卒よろしくお願いいたします。

今回は、BMW F系車両のコーディングのご紹介です。

以前より、ワーゲン、アウディ、BMW E系車両 のコーディングのご紹介はブログでさせていただいておりましたが、今回はBMW F系です。

 

この度、5シリーズ グランツーリスモ へのコーディング施工をいたしました。

・純正ナビゲーションのテレビキャンセル

・デイライト設定

を施工しました。

 

通常ですと、走行中は上の写真のように走行中はテレビを見ようとしても、画面が表示されず、音声のみになってしまいますが、今回コーディングで走行中もテレビの視聴が可能なようにいたしました。これで、同乗者の方も退屈することなく、ドライブが出来ますねキラキラ

 

もう一点、デイライトのコーディング施工も行いました。ライトスイッチがオフの位置でも、エンジェルアイが発光します。

 

このほかにも、F系車両のコーディング可能です。ご希望の方は、トップスまでご相談くださいませ。

 

AD