iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
ちわ。

米の中に混じってた小石を噛んで歯がかけました。
人間の顎ってのはすごい力でものを噛んでいるんですね。

一生ものが傷つくのは、なんとも切ないものです。
今回はどちらかというと奥歯よりでしたが、以前前歯も欠けたので2本目。
あー、つら。



一生ものといえばいろいろありますが、これは一生使えるかな?っていう品物を手に入れました。



ヒラメのポンプヘッド。

そこかしこで絶賛される「空気入れの先っちょ」であります。
空気入れの先端だけなのですがお値段定価4000円。
トピークのしっかりした空気入れが3000円で買える時代に。


私にとってはいかにも玄人道具っぽい感じがあって、ちょっとした憧れの品。
通販のポイントで買っちゃいました。
玄人っぽさを求めてるくせに通販のポイントで買うっていうね…。
買ったのは廉価版の「縦カム」と呼ばれるタイプ。

より有名なのは「横カム」型でしょうか。



バルブ周辺に余裕のないディスクホイールでも不自由なく使うための形状だとか。
リムとハブの距離がない小径車でも便利そうです。

レバー周りの仕様が異なるほかは同一らしいので、安い縦カムにしました。
付属の取扱い説明書によると、正式な商品名を「平目3号ポンプ口金 HP-30」といいます。

そのへんの空気入れの口金は樹脂製ですが、全金属製であります。
真鍮と鉄かしら。
うーん、これは3000円でも安いかも。

取り付けるのはサーファスのFMP-500。


私がメイソンを買った6年前、一生使えるやつにしようと思い切って購入。

当時6000円くらい。
自転車本体価格に加えて高校1年生にはデカイ買い物でした。
最近はFMP-200って安いモデルが主流みたいで、店頭で見かけなくなりましたね。

6年間便利に使っておりましたが、近頃付属のポンプヘッドから空気が漏れて使用不能に。
エア圧調整用に空気を抜くボタンが付いているんですが、その付近から漏れています。
ポンプヘッドは分解不能、しかもFMP500用の交換部品が無いっぽい。
200用のは出てくるんですが…。

探すのもめんどいし、そんなこんなでヒラメ導入です。
ヒラメポンプヘッドは空気入れのホースをちょん切って、差し込んで使うもの。
ですが、FMP-500は付属のバルブを外すと…


いかにも付属と同形状のポンプヘッドなら交換できそうな接続部分が現れます。
このままではヒラメがつきません。
一思いにちぎります。

といっても、ステンメッシュホース。
はさみでチョキン、そんなわけには行きません。
オートバイのブレーキホースの切り方をググって、金ノコとか使えばどうにかなりそうなのを知りました。

が、手元にあった金切りバサミでムシってみた結果…

(こんなやつ)




切れたけど、汚い。
このままでも使えますが、気分が悪いし手に刺さりそうなのでもう少し綺麗に切る事を試みます。

バーテープを巻くのに使っている、ビニテ。



これでステンホースの、切りたいところをぐるぐるまきに。


ボール盤バイスにくわえます。



DIYは材料の固定をちゃんとすると一気に精度上がるし怪我しなくなりますね。
これは3000円位の安いバイスですが、有るのと無いのとじゃあ、大違い。

ホースを適宜回して、常に外側から内側に歯が入るように金属用の弓ノコで切ります。
ステンメッシュがバラけないように…。



(こんなのこぎりで…)


そこそこ綺麗かしら。

ビニテを解いて、ヒラメを突っ込みます。
摩擦が強くなかなか入らなかったんで、シリコンルブをちょこっとだけ、しゅ。



アーッ!!

押し込んだら少しステンメッシュがバラけた…。
オートバイ用のステンメッシュホースは内部のチューブがナイロン製ですが、これはゴムです。

たぶん自転車用空気入れも突き詰めると硬く内圧で膨らまないナイロンチューブの方がより一層ガンガン空気入る気がするんでしょうが…そんな高性能はたぶんいらないし、ホースが硬くて空気入れとして使いにくいだろうな…。

さて、ここまでできたらあとはホースバンドで固定するだけ。
100円位のホースバンドを一緒に買ってあります。

ステンメッシュがさらにバラけるのが嫌なので、一層ビニテを巻きました。



かんせい。

ポンプヘッドに逆止弁内蔵とのことで、何もつけずに空気を送るとフラップ的なものが振動する「ブー」って音がします。



使ってみるとこんな感じ。

逆止弁内蔵とのことで、空気の入り始めはちょっとおもしろい。
ポンプヘッドの内圧が、チューブの内圧以上に加圧されないと逆止弁が開かないんですね。
チューブに空気が入り始めるまで、ポンプヘッド内を「与圧」してやる必要があります。
揚げ物揚げる前に油を温めておくみたい。うん。

ある程度加圧されて「パキンッ」って音がすると逆止弁が開く。
この音がしてから空気が入ります。
おもしろいような勢いで。

既に空気入れのホース内も加圧されてるのでロスがなくチューブに押し込まれていくんでしょうか、空気入れを動かした分だけダイレクトに内圧計に反映されます。
大変心地よい。

ただまぁ、普通のポンプヘッドでも空気は入りますからね…。
買う価値があるかと言われれば、

「良い品には違いないが、必要かどうかは人それぞれ」

というところでしょうか。
いらない人にはいらない製品。

なんつったって、普通の空気入れでも空気入るし。
競技だのなんだで空気圧管理を行わない私にとっては、フィーリング、感覚、そんなあやふやなものを満足させる存在です。

私には、良い品物でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ねξびさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。