iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
 
ここ数日、作業場を作り変えておりますが、ちょど出てきたのでコレを紹介します。
 
切断や穴あけ、切削など、ちょっとした工作機械を導入するとモノづくりって楽になったり、作れるものが増えますよね。私も、卓上ボール盤、卓上糸のこ盤を導入して、いろんなものが作っています。綺麗な加工が速くできるようになりました。

ところが、住宅に設置するとなると困るのが騒音です。
特に、ゴロゴロ…とかブーン…ってな、床に響くような低音。
こいつを防がないことには近所迷惑で苦情が来かねません。
家内制手工業としては死活問題です。

今回は私がしている音対策の話をしましょう。特に、重くて低い音。
この静音化策、簡単に言うと「工作機械を浮かせて設置」します。
 
 
使ってるのがコレ。
ホームセンターで普通に売っている12mm厚のコンパネです。
 
手で歪ませようったって簡単に変形しない、硬い木の合板。
この、簡単に歪まない、変形しないっていうのがポイント。高剛性。
 
振動の減衰をする意味で、金属板よりも木材のほうが良い気がします。
ついでに言うと合板のほうがさらに良いです。
 
大きさは工作機械がきれいに乗るくらいがいいかな。
 
だいたい畳みたいな大きさ(1820x910mm)で2000~3000円。
ホームセンターだと有料でカットして売ってくれます。DIY的に使い勝手の良い板材ですが、今回はカット後の端材を100円くらいで買いました。
 
この板、この後ご紹介する「柔らかいクッション材」の能力を活かすのが目的です。
 
 
で、板の下に3枚の敷物を挟んでいます。これがクッション材。
滑り止めマット、梱包用のプチプチ、もう一枚滑り止めマットの3層構造。
 
そう、梱包用のプチプチを使うのです。
「柔らかいクッション材」ってのがコレ。
 
 
これもホームセンターでロールで売ってるし、なんなら梱包材として使われてたやつの再利用でもオッケー。プチプチが潰れてないやつを使いましょう。
 
つぶつぶの一つ一つは、指でぷにぷにできてしまう柔らかさ。
その柔らかさはつまり、振動を吸収・追従できるっていうこと。この柔らかさを生かすために上述の板で圧力を分散して使うのです。
 
余談ですが、以前これをカーテンレールから下げて遮熱カーテンにしたことがあります。
寒さに対してはかなりの威力を発揮する断熱素材にもなるんですよ。
こんどまたそれもご紹介しましょう。空気の層を手軽に作れる面白素材だと思います!
滑り止めマットは単純に滑り止めとして用いていますが、これ自体も爪を立てると潰れるような柔らかさ。ただ滑り止めにするならそのまま機械の下に敷けば十分ですが、板を介して挟むと滑らないし、そこそこ振動を吸収します。
 
アストロプロダクツで800円くらいだったかなぁ。
近所の100円ショップでも似たようなシート売ってました。
 
床に響くような重い音って、たいていは周波数が低くて、波長が長いもの。
高くて軽い音は硬いものにあたると反射します。
高校物理を思い出すに、周波数が高く、波長も短いからエネルギーも少ない。
 
対して、ブーン…とかゴロゴロ…っていうのは、機械の振動そのものです。
モノを丸ごと、卓上機械ならテーブルを揺らしてしまう。
なら、振動を遮断すれば良いのでは…っていう発想で作ったのがコレ。
 
2017/1/26追記
吉野石膏のウェブサイトにわかり易い音の考え方が出てたのでリンクさせていただきます。
 
車だったら路面のガタガタからくる振動はバネを介して乗員に伝えられます。
おおざっぱに車のサスペンションは、振動を許容するバネと、振動を減衰するダンパーからなります。
 
その二つの機能をまとめて、梱包用のプチプチを空気バネとして使う作戦です。
 
車の世界だとシトロエンのハイドロニューマチックが有名ですよね。あとレクサスはじめいろんなメーカーに採用されるエアサス。中古車市場では壊れがちかつ、高額な修理費用を嫌って敬遠されがちなエアサス(汗)
 
もとい、空気バネは圧縮されるとそれ自体が熱を生んで入力を減衰したハズ…。
空気を入れたボールを弾ませると、段々弾む高さが小さくなるやつ(の、一部)。
 
機械の下にゴム板を敷く方法も考えて売り場でウロウロしましたが、だいたいみんなゴムが硬すぎて、程よい硬さのものを探すのが大変!あるいは経年劣化が心配。
 
プチプチのいいところは、素材の硬さに由来しない空気ばねであるところ。
載せるものの重さを気にせず、ほどよく潰れて、ほどよく浮きます。
 
 
我が家で一番重い11kgの卓上糸のこ盤を載せるとこんな感じ。
 
コンパネと機械の間に、試しに買ってみて満足な効果がなかった防振ゴムも挟んでいます。
糸のこ盤をコンパネにネジ止めしているのですが、それの緩み止めの、つもり…。スプリングワッシャかましてるから正直なくても良いけどさ…。
 
コンパネは歪まずに、面積全体に加重を伝えています。
 
 
端をぎゅっと押さえると、2mm程度沈みます。
機械を載せただけでは少し沈むくらい。
バネとして硬すぎないし、潰れきってもいません。
バイクでいうところの「サグ」が適切な状態じゃないかしら。
 
仮に、プチプチ一つがどのくらいの加重でどのくらい変形するのかを検証すると本当に適切な設定重量がわかるでしょうが、プチプチはビニール?の膜に空気を包んでいるので、だんだん膜が伸びて潰れます。ビニールが塑性変形できる負荷が本来は適切かと。
 
どのみち経年劣化が予想されますが、なんだかんだ2年くらい使ってみて、十分静かです。
プチプチ安いし、作る手間もないからダメになったら交換すればいいんじゃないかしら。
 
ちなみにプチプチシートやノンスリップマットみたいなシート状のものは、ハサミやカッターで切れますがロータリーカッターを使うと超はかどるよ。
 
 
服を作る先輩から布用にはこれだよ!って教わって買いましたが、綺麗によく切れる!
今回に関してはギザギザに切れても見えるとこじゃないし、なければ無いで買うほどでもないです。
 
さてさて、これで机に全く響かなくなりました。
名付けてプチプチフローティングマウント。
3Dプリンタもこれを使ってみるよー。
お試しアレ。
 
Youtubeを漁っていたら、同じく身近なテニスボールを空気ばねとして利用している作例があったので合わせてご紹介。
 
 
ではまた
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ちわ。

 

前回、前々回といろいろ付け替えてきましたが、今回はナンバープレートをどうにかします。

 

本来ナンバーが付く部分はとうにぶっちぎってしまったので、つけられそうなところを探すと…。

 

テールライトのステーがちょうどよさそう。

画像の真ん中あたりに三角形っぽく生えてるのがソレ。

 

 

どうやら穴の間隔は横に60mm。

 

 

縦に15mmくらいですか。

ちなみにこの縦寸は間違ってて後々修正…

 

 

画用紙を切った貼ったして、いろいろプロトタイピング。

 

 

いい感じじゃねー?

(この確認も甘々すぎて後々以下略)

 

 

パソコンで図面に起こして、アルミ板にスプレー糊で張り付けます。

 

ところでこのナンバープレートステー。

常に走行風に晒され、はためくように動くはず。

 

なんとなく手持ちで一番分厚い2mm厚のアルミで作ってみましょう。

が、先ほどの厚紙試作の通り、曲げ加工を多用します。

ベンダーとかそういうもんはありませんが、果たして上手くいくやら…。

 

 

ボール盤で一通り必要な穴をあけたあと

ベンチバイスにくわえて「掌底突き」したら意外と曲がりました。

 

 

むしろちょっと曲げすぎた…。

アルミは何度も曲げてると金属疲労が蓄積して弱っちくなります。

ナンバープレートの角度が垂れることになりますが、まぁ純正っぽくていいんじゃねーの。

 

丸い穴はホールソーで肉抜きしてみたもの。

 

ミニ四駆の第二次ブームであらゆるパーツにピンバイスで穴あけまくって、乗り物好きとモノづくりをこじらせた我々の世代。この丸い文様がたくさん並んでいる光景に興奮するのです。

 

本当は側面部分も曲げ、リベット止めするつもりでしたが、余裕で強そうなのでそのままいきます。

だいたいできたから、つけてみた。

 

 

いろいろ干渉するぞ(汗)

仕方ないので曲げるつもりのなかった細かいところを内側に曲げました。

 

 

車体側とは測定をミスった穴にネジが入らず。

穴あけ、やすり掛けで長穴化。

 

さらに車体側ステーのさきっちょが当たって狙った位置まで入らない。

こちらも板厚が逃げられる隙間を作ります。

 

 

だんだんいろんな顔に見えてきたぞ…

 

 

ようやくスッと入るようになりました。

感の良い方はお気づきでしょうが、このステーを用いるとテールライトが板厚分、上に逃げます。

 

もともとフィッティングが甘いので目をつぶる作戦。

 

 

組みつけてこんな感じ。

しばらく悦にひたります。おーいぇー。

 

リフレクターはナンバー裏に添えるやつでいくつもり。

買っても3000円くらい、アルミ板は1000円くらい。

 

リフレクターも外したのがある。

作るかなぁ…。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

 

つづきます。

前回、タンデムステップの根元にウィンカーを移設したSV400S。

インナーフェンダーが切断されていました。

 

DSC08648.jpg

 

テールカウルの中でえらく配線がゴチャゴチャしてたし、なんか黒いやつが固定もされずゴロゴロしています。

 

ゴチャゴチャしているのはウィンカーやテールライトの配線。

ゴロゴロしてるのはイグニッションユニットというそうで、本来はインナーフェンダーの後ろの端っこに収まっているようです。

 

大事な部品なのにゴロゴロしています。いかん。

しかもここは濡れた路面を走るとバンバン浸水するのだ。

どう考えてもトラブルの元。

 

というわけでちゃんと固定します。

 

 

テールカウルを剥いだら結構カウル内に余裕がある。

配線も無理なく届きそうなところがありました。

 

しかもいい塩梅に、シートレールにネジが切ってあるのに使ってない穴があったですよ。

 

どうやら55mmの間隔でM6並目が二つ。

これを利用します。

段差があるのでスペーサもつくらなきゃ。

 

 

そうと決まれば話は早い。

工作用紙(方眼のある厚紙)でおおざっぱに超簡単なプロトタイプを作って具合をみて、図面をちゃっちゃと起こします。

 

 

2mmのアルミ板(1000番台)が在庫にあったのでスプレーノリで張り付けて糸鋸盤で切り出し。

 

 

ちなみに糸鋸盤はコレです。

金工用の刃に交換すれば1000番台のアルミなら2mmでも結構ザクザク切れます。

切り代が狭いのは糸鋸ならでは。

 

ちょくせつ設置すると振動に起因する、建物に響くタイプの音がすごいのですが、包装用のプチプチとコンパネ、滑り止めのゴム版をミルフィーユ(重ね合わせ)にして静音化しました。

そのうち記事にしましょう。

 

今後もっといろんなものを作るにはコンターマシン導入するべきか?考え中。

 

 

もとい、切り出したらポンチ打って穴あけです。

 

SV400SはVツインならではの振動がすごいから、もげたりするかなぁ…など、すこし強度が不安でしたが、できてみたら超がっちりしているので心配なさそう。

 

こういうところの設計理論、ちゃんと勉強しねぇとなぁって思います。

 

 

ボール盤でガーっと穴あけ。

シートレールの取り付け穴には段差があったのでスペーサをつくります。

 

 

こういうのは手早いから3Dプリントだ。

 

積層式のプリンタですから、やっぱり強度が不安。

本当は丸ごと3Dプリンタでステーを作ると部品点数が少なくて組み立ては簡単です。

振動がすごかろうと今回は見送りましたが、試しに作ってみてもよかったなあ。

 

スペーサとして使うにあたり積層を圧縮する方向にしか力が加わらないので採用。

 

 

とりつけの具合見るのに、大きさの違う2種類を作ってみました。

イグニッションユニットの取り付けはハンドナッターでナットリベットを取り付けてあります。

 

 

つけてみた。

良い感じでは。

カウルを装着すると下端が当たるっぽかったので上に逃げています。

 

で、ここまでつくってカウルかぶせてみた結果、一応使えるけど内側からカウルに干渉することがわかり、タンデムシートに座るとカウルが割れそうなのが発覚。

尻隠してたら頭が見えてた。

 

仕方がないので作り直します。

 

 

改めて、工作用紙でちゃんとプロトタイピング。

今度は前のほうに逃がす。

 

 

ココ、出っ張るのね…。

工作用紙プロトはイグニッションユニットそのものをマウントして作れないので見落としていました。不覚。

 

タンデムシートの台座部分にあたる、シートレールのブリッジ。

ここの側面は一番膨らんでるし、高さにも余裕がありそう。

 

 

配線もイケそうですね。

もともとワイヤーハーネスは包みが途中まで剝がされてたみたいです。

中古でポンコツを買うと、純正状態がよくわからんので大変。

 

念入りに確認して速攻で図面に起こして作ったのがこちら。

 

 

えー、右が没。

左がMk.2。

 

調子に乗って右にも軽め穴まであけてしまいましたが失敗です。

ぐえー。

私が作ると表面に傷が入ったりするんですけど、きれいに作られてるちゃんとした製品は加工中は丁寧に保護しているんでしょうかねぇ?

 

 

とりつけるとこんな感じ。

3Dプリントしたスペーサはそのまま流用。

 

 

イグニッションユニットのステー部分にぴっちり寄り添います。

前より主張が穏やかになって上品な感じがすんぞ。

たぶん、もうちょっとミニマムな形状でも大丈夫そうですが、凝り始めるとキリがないのでこんなもんで。カウルつけたら見えないし。

 

1000番台のアルミはジュラルミン系と比べて強度も剛性も劣るものの、ほっといても耐食性が良好らしいので塗装とかはせずにいます。

そもそもそんなに力かからんし大丈夫だべ。

 

ちょこっと見えてるけどナンバーステーもつくりました。

つづく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ちわ

 

今日は最近になって改めていじり始めたバイクの話を書きます。

 

昨年購入したスズキのSV400S。

週末にちょっと遠出…がとても楽しいです。

 

外装がヘンテコだったことを除けば綺麗な車体でしたが、立ちごけによりフロントカウル右はバキバキになりました。しゅん…。

 

それはさておき、テール周りの話です。

 

DSC00582.jpg

 

最もヘンテコなのはライト類。

本来はシュッとしたテールなのですが、Z2のテールランプみたいなのが入っています。

ウィンカーも砲弾型というか、アルミのクラシカルなもの。

 

なんというか、族車っぽく仕上げたかった模様。

しばらくこのまま乗っておりましたが、好みじゃないのと…

 

 

インナーフェンダーが防水性ゼロなのとか

 

DSC08648.jpg

 

タンデムシート下がゴチャゴチャしているのとか

 

DSC08650.jpg

配線が雑なのとか、詰めが甘い!!

ウィンカーも時々消えて厄介。

 

気にくわないので一掃します。

 

・テールライトは純正に戻す

・シート下のゴチャゴチャをどうにかする

 

2本立て。

まずはウィンカーとテールライト。

 

DSC00582.jpg

 

上の画像にありますが、現状のテールライト周辺はごっそり他車種のものです。

ライト類が流用されているというより、インナーフェンダーの後端からごっそり。

 

カウルをはがすともともとのSVのフェンダーは無残な姿に。

ごっそり切り取られています。

 

しかも切り跡がきたない。

汚物は消毒だー

 

 

マステで直線出してクラフトのこで切断しました。

自作フェンダーレスをやる方で「グラインダーでカットしました」みたいな方もおられますが、ABS樹脂だし、手引きの木工のこぎりで全然切れますね。

配線まで一緒に切らないように注意だ。

 

サッパリしました。

 

外すもの外して切るもん切りした。

ウィンカー、ナンバープレート・反射板をどっかに移さねば。

 

 

ってなわけで、ノギスで車体を測って図面をひっぱりーの…

 

近所のホームセンターで売ってる5mm厚のアルミ材を弓ノコで切断

 

ポンチ打って穴あけ

 

金ヤスリで角を丸めまくって、端っこの穴に溝を切りました。

ウィンカーのケーブルを外さずにそのまま通せます。

たぶん配線にギボシをかまし方が頭がいいぞ。

 

んで、これが

こうなるのだ。

シートレールに生えてるタンデムステップのステーに共締めしました。

それぞれ外側に板厚分5mmオフセットします。

 

右側も兼ねており、エキパイにもつながるマフラーが無理しているのであとでスペーサを足しましょう。もともと族車仕様のスーパーチグハグ外装ですから、純正にこだわりなんてありませんぞ~。

 

妙にクラシックな砲弾ウィンカーですが、使えるものを捨てるのも勿体ない。

シュッとしているSVのテールに生やすとどうにも大きい。

あんまり目立たせないように…ってなったらココに。

 

ちなみに、この装着位置ではウィンカーとサイドカバーを留めるプッシュリベットがありますが、言い訳程度に逃げるよう、ちょっとステーを長めに作っています。

ちなみに私はここのプッシュリベット、日常的につけてません。

 

ウィンカーそのものは汎用ですから、LEDとかのもっと細身なものに交換したらさらにシュッとするのでは。

 

つづくよ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。