iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:

ちわ、ねξびです

 

 

しばらく使ってなかったら、アメーバのブログエディタが変わってビックリ。使いやすくなりました。というか今までが使いにくすぎた。写真のアップがとにかく面倒だったのに、どうしちゃったのコノ変わりよう、彼氏でも出来たの?

 

さて今回は自転車のペダルがモゲた話と、それを直した話。

 

半年くらい前、「ちょっと近所まで」のつもりで乗ってなかった自転車を引っ張りだしてきました。

 

 

それがB1・メイソン。

私が初めて買った自転車です。

 

マウンテンバイクに憧れたものの購入以来近所の土手で遊ぶくらいで山には行かず、日常整備から街乗り仕様への部品交換など、いっぱい勉強した自転車です。細いタイヤを嵌め、ドロップハンドルにし、フォークを交換して…とあれやこれや、この自転車に乗らなかったら今の人生はなかったかも。

 

ところがそのメイソンも、他の自転車が増えるうちに乗る機会は減り、落ち着いたのは駐輪場の奥。1年以上乗ってませんでした。

 

それを久しぶりに引っ張り出してみたら、ペダルが外してある。

うーん俺、外したんだっけか。ちょうどプラペダルあるから、手でつけちゃお。

 

 

ここから今日の物語は始まります。

人の自転車ならば絶対に工具使ってやりますけれど、立ち漕ぎする気もないしもともと速度がでないし歩いていってもいい距離だから、からのちょいと手まわし。

 

その後、起こった惨事はご想像の通り、軽く漕いだつもりがペダルがもげました。

ネジ太いし奥まで入ったと思ってたから、うっそ、こんなもんで??ってたまげましたよ

 

 

見事にアルミ製の雌ネジがバカに。ネジが入りません。横着して大失敗、真似しちゃダメだぞ。ペダルってフンワリ踏んだつもりでも思った以上にすごい力受けてんだな…。

 

さあどうしよう、ペダルがなきゃ乗れない。スクエアテーパのロード用クランクならあるからクランクごと交換してしまおうか。ああ、これBBがISISなんだった…BBごと交換はヤヤコシイなぁ…。

 

一通り悶々とし、工具を買って雌ネジを切り直すことにしました。

 

 

金属のタップ切り自体、やったことがあるのであまり不安はありません。

もともとあるねじ山を傷めないように、しっかり手順を踏めばそれほど難しい作業ではないかと。オスねじ切るのはヘタすると簡単に斜めになるんだよナー。

 

ペダルのネジ穴は一般的な工具屋にはあまり流通しないインチサイズ。専用のペダルタップを購入します。こんなものまですぐ届くアマゾン、すごい。

 

 

タップハンドル(別売)にかまして早速作業です。

ハンドルは大きいやつ。

呼び寸法で「13mm(#5)」のものが使えました。

 

 

手元にあったタップ・ダイスセットのものは小さすぎてダメ。

タップの太い軸が咥えられず。

近所の工具屋さんで急いで買ってきましたよ

 

切削油を吹いて、そーっと、ぐるぐる。頻繁に逆回転させて切粉を飛ばしてやると、あっさり完成。奥まで入ったので整えたねじ山を傷めないように慎重に抜き取ります。

けっこう切れたな。

 

このあとパーツクリーナーとウェスで切粉を丁寧に払い、ちゃんと工具をつかってペダル取り付け。

 

ほら、元通り!

 

図太いタイヤがはまっていますが、プジョーの時に使ってたスペシャライズドのヘミスフィアです。側面の印字が消えかかってますがまだまだヒビ割れもトレッドの残りも心配なし。

 

トレーニング用と割りきっても困っちゃうくらいの加速の悪さ。同じ道でも4倍疲れる!(当社比)

 

ペダルも治ったことだし、これからどんどん4倍疲れるぞ!

やったー!

 

とりあえず今日はこのへんで。

ではまた

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。