iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。

ちわ。ねびです。

 

しばらく前に組んだ訪問看護師さんの自転車の話。

納車以来、たくさん乗って頂いているみたい。

 

生活と仕事の両面を、移動の観点からハイレベルで充実させるべく組んだ乗り物。
消耗品の交換で30年は乗って欲しい。

どうやら最初の二年は順調です。しめしめ。

使っていくうちに年季が入ってきています。

 

収めたのはもう2年前ですか。

ガモーのキャリアはそろそろオイルかワックスかつけてやったほうが良さそうだな?

 

チェーン等々は適宜、メンテナンスを加えておりました。

今回はその話。

 

生活自転車ですから、擦れたりなんだりしておりますが、機能に問題はありません。しめしめ、これでいいのだ。

 

まずはタイヤですけれど、シクロクロスだけあって純正は35Cのブロックタイヤ。

エアボリュームの多さかな、路面からの衝撃が柔らかくてよろし。この2年間パンクは皆無だそうで自分でもちょっと驚いておりますが、実用品として素晴らしいですね。ブロックタイヤですから、舗装路では走りの節々に重さが感じられます。

ただ、悪いところばかりじゃありません。先ほどの乗り心地に加え、よくある「進行方向と平行な細かい段差」にはめっぽう強い。自転車に乗る方なら、不意にそんな段差に突っ込んで怖い思いをした方、少なくないはず。

 

オーナーさんはこの自転車でスポーツバイクデビューだから、「乗り慣れる」まで、走破性が高いほうが気が楽なのでは?と、あえてこのまま納めました。

ここまでが組んだ時のお話

 

乗り出してみると走破性についての不満はほとんど頂きませんで、この自転車すごくはやい!と喜んでいただけました。気を使わず乗れたのは大成功っぽい。

 

ところがギリギリで綺麗に収まったディズナのロードフェンダーの調整がシビアでちょっとぶつけるとすぐタイヤと干渉する。

 

特にキャリアと共締めにしたリア。うーむ、ちょっと攻めすぎたか。ほんと、このフレームにキャリアダボあったら…

最高なんだけどなぁ。

 

 

って、思ってたらどうやら2016年モデルにはエンドダボがついたようです。

よくぞつけた。というかなぜ最初からつけなかった。

ぐぬぬ!!このこにもつけてよ!!

 

 

ま、それは置いといて。

 

選んだタイヤはコンチのGP4000S2。

 

工場で働いている?強そうなおばさんが誇らしげなパッケージ。アマゾンだと2本で1万円を切る並行輸入品が手に入るので安上がりです。

 

 

私自身、自転車に乗り始めて以来長らく1本2000~3000円で買えるタイヤを使ってましたが、値段が倍するGP4000SがTwitterであまりに評判がいいものだから、だいぶ前に思い切って買ってみたのです。

 

伊達じゃございません。

空気圧を高めにしても乗り心地が柔らかく、ゴロゴロ転がって加速も心地よい。すっかり気に入り、何度も使っております。使い古しても、さほどひび割れもせず外観上も長持ち。

 

 

今回は25Cにしました。パパっと組み替え純正と比べるとこんな細さ。

 

フェンダーへの収まりも問題なし。35Cに比べるとちょっとスカスカしてますが、フェンダーとタイヤの干渉問題は解決しそうです。

 

それから、今回はこんなのを用意しました。

 

 

納車後、オーナーさんのご希望でiPodで音楽を聞きたいとの事だったので、ミノウラのスマホマウントも載せたのでした。

 

アクセサリー類をとりつけるカーボンのパイプは左右にずらせます。ライトとスマホが程よく真ん中あたりに来るところに調整。

 

イヤホンで音楽聴きながら自転車に乗ると危ないし、一部の地域では条例違反。じゃあスピーカーつけるかiPodでそのまま聞くっきゃねぇ。

 

自転車用スピーカーも知ってはいるのですが、そもそもiPodの内蔵スピーカって結構な音量出るね??ってことで、そのまま載せてみました。十分聞けるそうです。

 

当初ドロップハンドルに直接マウントを載せておりましたが、上ハン握ると手元が窮屈。加えてブレーキケーブルがギリギリまで伸びており、ゴツいスマホマウントはケーブルルーティング上問題でした。なのでメーターステーに載せた次第。

 

続いて、テールライト。

 

 

電池がどこでも手に入り、本体も安いので、敢えて乾電池を使うテールライトを採用しましたが、短期間で故障。

 

 

(コレ)

 

つかなくなっちゃった。中の電池が錆びてました。浸水したんだろうか?電池替えても端子を磨いてもダメなので、ここは電池内蔵でUSB充電のTL-LD635-Rに交換です。

 

 

電池は内蔵式のUSB充電型で電池交換で本体を割る必要がない。衝撃が加わっても本体がパッカリ割れるなんてこともなさそうな構造ですから、以前より水に強そう。機能的には光量が増えて明るくなり、発光パターンが増えて、オーナーさん大喜び。

 

最初からケチらん方が良かったかしら…(汗)

リアキャリアのステーにつけました。前回は小判型でしたが今回は小型で縦長、見た目もスッキリ、好印象。

 

 

さて、いっちょ上がり。

オーナーさんいわく、タイヤ交換の効果が一番すごくて「信号1つぶんはやくなった!!」そう。太いタイヤから細いタイヤに交換するとタイヤの外径は小さくなります。実質的なギア比が変わるのと同じことが起こるので単純にギアが軽くなったような効果がありますが、控えめに見ても前後100g以上は軽量化されたタイヤです。そりゃよく走るわ、しめしめ。

 

今日もオーナーさんと一緒にいろんな患者さんのところへ走り回っているのかな。

今後もよろしくお願いしまーす!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ちわ、ねびです。

自転車の話もバイクの話も、その他色んな話のネタがあるのに書けてません。
とりあえず前回のバイクの話、その続きでも…

引き取り翌日にはエンジンがかからなくなったSV。
セルは元気にまわって、一瞬エンジンに火が入るものの
20秒と持たず力なく止まる。昨日の元気の良さはいずこへ。

いやはや、安物は大変だ。
トンデモないバイクを買ってしまった。
そうこう言いながら、ものは試しにプラグを外してみました。
まずはプラグを見ろって、調べたら載ってた。

前評判によるとSVは非常にプラグ交換しにくいらしい。
やってみりゃなんとかなんろ。まずは工具だ。

ぼくしってる。
プラグレンチは車載工具にちょうどいいのが入ってるって。
タンデムシートの下に入ってるって。

DSC08648.jpg

…すごく、汚いスパゲティです。

ここで気づきましたけど、このバイク、車載工具がない。
あと猛烈に配線汚い。

DSC00582.jpg
後ろの燈火類がごっそり変わってるのは知ってました。

どうやらそのカスタム手法はこう。
バリオスあたりのテールカウルの一部を強引に切断して、
同じく切断したSVのそれに無理やり取り付けた。

だからカウルの裏側がつながってないし、防水とか超適当。
ガムテープでビニール?みたいなのが貼ってありました。
やべえよこれ。どうみても雨降ったら一撃だよ。
一回剥がしたらもうつかなかったよ。
わぁ。


んで、配線もすごくて
DSC08649.jpg
これ、ウィンカーのコネクタ部分。
ウィンカーも純正じゃありません。

一応、電気配線用のベタつきにくいビニテで巻いてあるから素人じゃないとは思うんですけど

DSC08650.jpg

ビニテ剥がしたら当て木みたいなのしてあってさ?

DSC08728.jpg

DSC08729.jpg

コネクタの端っこからハンダみえちゃってるようなつなぎ方なの。
時々ここのせいで接触不良するし。すげぇ。

ふつーの電子工作なのでコネクタ買ってきて配線やりなおしましたよ。

もとい、プラグの話です。

DSC00579.jpg
プラグレンチは買ってきました。
いっしょにヘッドのガタもどうにかしようと、フックレンチとでかいソケットレンチもセットで購入。

予め白状しておくと、どちらの作業も画像の工具じゃダメでした。

SV、ラジエータをはずさないと前バンクのプラグに手が届かないし、
後バンクはフレームに挟まれもキャブまではずさないとすごく狭い。

横着して(ダメ)ラジエータはズラして、キャブも外さずに試みたものの、どう工具を突っ込むか?を考えないと作業になりません。

DSC00583.jpg

どうにか外せました。
けども、関節付きのプラグレンチに10cmのエクステンションをかましてようやく緩められ
ゆるめたプラグを取り出すには磁石のピックアップツールで隙間から引きずり出すかんじ。
はじめてにしてはたいへん。

手元に工具が転がってたから良かったものの、コレ下手に手を出すとどうにもならなくなるなあ…。





さて、どうにかはずしてみたものの


べつに…きれいだな…。

普通に火も飛んでました。
ワイヤブラシでこすってコンロであぶってしたものの状況改善せず。

エンジンってプラグ濡れて不調になるんじゃないの…。
さてはプラグじゃありません。

加えて、ステアリングヘッドのガタ、
買ってきた工具じゃビクともしねぇ。
どんなトルクで締まってんのコレ。すげぇ。

てなわけでここまでやって自分の限界を悟った私。
前回記事にちょっと登場したバイク屋さんに丸投げでお願いしました。

そしたらね、バイク屋さんってばすごいの。
その日の午後には乗れるようになってだもん。

エンジン不調の原因はやっぱりキャブで、入ってた古いガソリン抜いたらかかったそう。

キャブのOHはそのうちしたほうがイイね、
タイヤがヒビ割れすごくて滑りまくるから気をつけて、
あとタンクサビすごいよ(ケミカルでどうにかするよりはタンクごと新品にしたほうがいいよ)

出るわ出るわの心配事大バーゲン。
ひとまず安全に乗れるようにしなきゃと思いました。
タイヤ交換とメーター不調の修理も依頼。

そしてお恥ずかしながらここで初めて教わったのですが、
暖気がいる乗り物なんですね、こいつ。

かかりは良くなったもののエンジン温まるまで、アクセルとチョークでご機嫌伺ってあげなきゃいけません。
キャブレターってそういう機械、バイクってそういう乗り物なんだなって言うのを目の当たりにしました。

暖気、言葉では知ってたけどやったことがなかった。
いやぁ、頭でっかちじゃイカンなぁ…。

ではまた

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。