iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:


ちわ。ねびです。
乗り物じゃない話を書きます。


私、趣味で映像製作をしています。
先日書いたカメラマウントもそういう興味の範疇です。


今日は水族館でクラゲを撮ってきた話。
水族館好きなんですよ。

今回は夏休みでごった返していました。
こういう日も、それはそれで楽しいです。
ちびっ子元気で、すばらしい。

ただ、そういう喧騒を一切排除して眺めるのもまた、違う面白さがあります。
なので、スマホで映像に撮りましょう。

ちょちょっと映像を加工して、FMAで見つけたピアノ伴奏をつけます。


http://youtu.be/bPFndJRtPQY
できあがり。

全画面表示のヘッドホン装備でお楽しみ下さい。
おむつの匂い漂う喧騒は、どこかへ行ってしまいましたね。

音楽はこちらからお借りしました。
http://freemusicarchive.org/music/Kai_Engel/Irsens_Tale/

ちゃんとしたカメラが欲しくなります。
くらげもかわいい。
あはは。

ではまた
AD
いいね!(41)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ども、ねびです。

前回の続き、私の通学プジョーをお嫁に出す話。
お嫁に出すにあたっては綺麗にして組み換えます。

前回はチェーンガードを作りました。



これもおいおいつけます。

そのまえに故障箇所を直したお話をしましょう。
私が乗ってたので「まぁ大丈夫」と思って放置してた「おんぼろポイント」がいろいろあるのです。

最初に洗車。積年の汚れでドロドロ真っ黒です。

おちるところは落としまして、駆動系にはWAKO'Sのフィルタークリーナーを使いました。
ドロドロでもすげぇ綺麗になるな…。


更にはコンパウンドでちょっと磨いてみました。



おお、光ってるぞ…。

ではでは、いろいろ直したり換えたりします。

まずは後輪。
後ホイールのスポークが一本折れてました。


36Hのホイールなので一本ぐらい折れても乗れちゃいます。
折れたスポークはフリー側なのでスプロケットを外してみたら…。



どうやらチェーンがロー側に落っこちてコジった模様。
折れたスポーク以外もズタボロです。

ニップルをゆるめて外すと


くたびれてますねぇ…。

近所の自転車店で261mm、#14のスポークを分けてもらいました。
1本36円。

これで組み直して、フレ取り。
ちゃんとしたフレ取り台を持ってないので、ディスプレイスタンドと木の端材で大雑把に済ませました。



で、ついでにハブを綺麗にしていたら、玉押しに虫食いを発見。



測ったらM10x15mmみたい。
在庫問い合わせたら1週間位掛かるらしいので研磨して再使用しました。


ボール盤に咥えて、リューターと紙やすりで研磨。


だいたい鏡面仕上げ。
1mmも削ってないと思います。



当たり面とボールも確認。
グリス入れて当たりを出してここはおしまい。

ここまでやって、組み直したホイールの馴染みだしも兼ねて一端組みました。
タイヤは乗り心地フカフカの代わりに激重なスペシャのヘミスフィアから、パナレーサーのハイロード26x1.5に変更。

ブラックサイドではなく、軽量なアメサイド。
スイスイ走って欲しいのと、クロモリMTBに似合いそうですから。
軽さで言ったら1.25でも良かったんですが、乗り心地と見た目、なにより値段。
以前、ブラックサイドのハイロードを使いまして、良いなと思ったのでまた買いました。

そうそう。
固着したシートポストは、例のごとく5-56で漬けて殴って外しました。



外れてよかった…。

さて、タイヤを交換して駆動系と後輪の確認の為に、一度乗れるようにします。




なんか自分で乗りたくなってきた…。

この状態でちょっと乗り回しましたが、ギヤ比もだいぶいい感じ。
普段のエスケープと比べると26インチだなぁって感じはしますが、よく走ります。

700Cより小径なので少し重いタイヤ、ホイールでも慣性モーメントが小さいわけで。
加速もまぁまぁ。巡行もまぁまぁ。

私自身、思い出深い自転車です。
この状態でお別れの会およびチェーンガードの様子見と後輪の馴染みをだしに走ってきました。


ところでこの自転車。
177cmの私がドロップハンドルにして乗ってたフレームに160cmくらいの女性が乗ります。


ここだけ注目すると、だいぶダメです。
どう考えてもフレームサイズが合いません。

ただ、もともと私が小さめのフレームに乗ってたことと、次のオーナーさんが足が長い方なのでこのフレームでも乗れることに加え、私と体格が似たような旦那さんと共用できるかも?と考えて弄ります。

今のドロップハンドルは明らかに遠すぎなのでやめます。
そこで取り出したるのがこちら。



beamのプロムナードバー。
今回はこれを上下ひっくり返してセミドロップ風に使います。

なにが良いってこれ、ハンドルの握り位置をそれほど低くすること無く、だいぶ手前に持ってこれるのです。
フラットバーでも、通常のドロップハンドルでもこうは行きません。

旦那さんが乗るならその時はハンドルの奥を握ればサドル高のみの変更で乗車姿勢を適正化できるかも?

あとこのハンドル安い。
2000円しません。

ビーム プロムナードバー バークランプ径:25.4mm


ハンドル周りはできるだけシンプルにしたいので、シフターはシマノSL-A050。


ステムの脇にちょこっとつくだけ。

以前フリクション化したまま取ってありましたが、7sで使うのでシリコングリスでグリスアップして元通りにしました。

ハンドルとクランプ径が合わないので適当なゴムバンドをかましてあります。
ガッチリつけるならグランジの22.2mmを25.4mmにするステム用のシムを使うといいかな。

で、とりあえずハンドルを載っけてみた。



おしゃれバイクっぽいぞ!!




サドル高が私に合わせてあるのでやたらやる気っぽいですが、適度にユルくて
いい感じ。
もしハンドルが遠かったら、普通のプロムナードバー仕様にすれば良いのです。

では、ドロップハンドルを撤去してワイヤー類を張ります。
ブレーキレバーはダイアコンペ287Vをそのまま流用。

ところが、ドロップハンドルよりもレバーの引きしろがとれない為、組んでみたらブレーキが効かねぇ。



予定外ですが在庫にシマノのショートアームVブレーキがあったので交換しました。
黒くて似合うし、これでちゃんとブレーキ効く。

ここまで来たら、あともうちょと。
異音がしていたので気になっていたBB、触ってみたら軸にガタがあります。



長く乗ってもらいたいので交換です。


シマノのBB-UN55。
正直、より低価格なBB-UN26でいいんですが、すぐ手に入るのがコレでした。
上質を味わっていただきましょう…。

BBを外したらシートポストの固着外しで使った5-56がハンガーに溜まっててドロドロ。
このおかげでBB外しはあっさりすみました。
綺麗にしたらグリス塗ってBB交換。

今回は普段着での通勤用途なので、ズボンの裾が気になります。

我々自転車キチガイならば、まくってしまえとか、裾バンドを巻けという話になりますが、次のオーナーさんはそういう乗り方をご所望じゃないのでちゃんとカバーもつけました。

アキワールド ALLOY SINGLE CHAIN COVER

BB共締めのシングル用チェーンカバーです。
固定の方法はママチャリそのもの。ホローテックのBBにはつくのかしら…?





さてさて、こんな風になりました。

女子自転車でしょ!(と、思いますがいかがでしょうか)

テールライトには在庫があったソーラー発電のものをシートポストに。
その隙間にベルが隠してあります。

この画像の状態にスタンドがついて、バーテープを巻いて完成なのです。
が、それはまた後日。

では

AD
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ちわ。

今日ご紹介するのはアルミガリガリ!
弓ノコとリューターで作るチェーンガードです。

また依頼を頂いて自転車を組んでいるのです。

というか、通学に使ってたプジョーが余ってしまったので、どうしようと思っておりました。
折よく自転車欲しい方が居ましたので、じゃあ弄って貴方様に合わせたの作りますよ、と。



26インチのクロモリMTB、私自身とても気に入っていて思い出深い自転車でありますが、大切に送り出してやります。

で、次のオーナーさんは通勤に使いたいそう。
「素敵なスイスイ走る自転車が良い!」とのこと。
じゃ、いろいろやらせて頂きましょう。


通勤用途で靴やら裾が汚れるのはよろしくありません。
チェーンガードっぽいのが必要です。

でも、予算が無いのでお金かけてもいられません。
作ります。


まさにプジョーにつけてた50Tのチェーンリングです。
次のオーナーさんは飛ばさないっぽいので、こんなデカいチェーンリングはいりません。

これの歯を飛ばしてガードにします。

元々は何かの記事で同じことをしてる方をお見かけしたのでやってみました。
この手のチェーンガードって買うとそこそこの値段するか、ペナペナのプラスチック製かのどちらかです。つくります。

まずは金属用の弓のこで大雑把に歯を切り飛ばしましょう。

ただの板材と違って歯が引っかかりやすいですから、固定をちゃんとしないと怪我しますね。
鮫の歯みたいな切粉も飛んで来ますので要注意。

大雑把に飛ばしたらハンドリューターで整えます。

私が持ってるのはこれの旧型、ドレメル300。
東急ハンズで13000円でしたか。
何かと便利です。

で、使ったビットはドレメル純正の9903。

タングステン製の切削カッターでアルミくらいならガリガリ削れます。
聞くところによるとカーボン板の切削にも使えるそう。

では、歯の残りを一本一本削ります。
この過程で鋭利な切粉が大量に出てとても危険。

保護めがねとグローブくらいじゃ足りません。

肌に刺さりまくるのでそれなりの準備が必要でした。

私は大したことねぇと思ってたら痛い目にあいましたよ…。
痛いわ、痒いわ。

長袖レインコートみたいな、布地じゃないものを着ておくべきでした。

粉末ではなくて、「トゲ」になった切粉がいっぱい。
屋内で床に散らばった日にゃ足の裏が危険です。
とても、ええ(うつろな目)。

30分くらい削ってたら、リューター持ってた右手がしびれました。

まだガタガタしてるけど、特に引っかかりはないからここでやめ。

最後にこれまた大雑把に紙やすりをあてたら、やる気が尽きたのでおしまい!
もともと中古だし、こんなもんだろうと。







そういえば書いてませんでしたが、DIY用卓上ボール盤を買いました。



画像では仮置きなので設置環境がひでーんですが…。

削ったチェーンリングをあててみたら歯を飛ばした状態ならぎりぎりフトコロに収まります。

これにチェーンリングを咥えられるアダプタをつくって、回転させながらリューターなりヤスリなりを当てるとほんとに機械加工したような仕上げもできますね。

ボール盤に横方向の力かけるのはよろしくありませんけれど…。

ではまた。

AD
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ちわ。ねびです。

卒業制作も一段落したりしております。
今日はそれの「副産物」のご紹介。

以前記事にした自転車用の背負子を作っておったのですが、その中で必要に迫られてこんなものを作りました。




自転車用のカメラマウントです。
プロトタイプ1号なのでところどころ無理やりテープ止め。

後輪の直上、約2mの高さにカメラを取り付ける事ができます。



カメラは3Dプリントで製作したクランプに、市販の自由雲台を介して取り付けます。
クランプは360度あらゆる方向に向けて固定可能で、クイックリリースでマウントの高さ変更が自由自在!



これがやりたいが為にお手軽3DCADの「Autocad 123D Design」を勉強しましたよ。
お恥ずかしながら今までCADの類に触ったことがありませんで、Howtoがいろいろ出回ってて助かりました。

今のところ、コンデジがのればいいやと思ってクランプを設計しましたが、もっと大きな一眼なんかも載せられる設計のものも検討中です。

さて、このカメラマウントを使うと…


乗ってる本人と周囲の風景を同時に撮影できます。
自転車そのものに取り付けるカメラマウントだと撮れませんね。

自由雲台とクランプの方向を変えれば…


真横や斜め後ろも撮り放題。

ちなみにこのカメラはショボいコンデジ、上の画像はVGA画質なのでそんなに綺麗じゃありません。
GoProとか、防水耐衝撃のデジカメが欲しいでござるよ。

で、このマウントを作った最大の理由がこちら。



乗車中の腰から背中にかけて、まるごと観察できるのです。

「いや、そんなのローラー台で良いじゃん」

そこのあなた、正しい!
ローラー台が手近にあったらそれで済ませていたかもしれません。

が、たとえばローラー台では撮影不可能なコーナリング中も撮影することが出来ます。
最近流行りのアクションカムの類だともっと色々撮れるでしょう。
夢が広がりますね。

車体への取り付けは取り付けはネジ止めです。



サドルレールの後端とハブシャフトに取り付けます。
私のエスケープにはダボがあるのでアダプタを作った時にフェンダーダボにも噛むようにしましたが、特に車体側にダボ穴等を要求しないように作っています。

サドルを極端に前に出すセッティングでない限り、多くのロードバイクやクロスバイクに取付可能でしょう。



材料は基本的には規格品のアルミパイプ。
立ち漕ぎしても振られず、思ったほど装着による不都合が感じられません。

横幅は自分の尻の幅を測って400mmにしました。
自分の尻の影に隠れるので幅の狭いところにも入って行けます。

やたらと目立ちますが。

映像はこんな感じ。



気になるブレはカメラ本体の手ぶれ補正機能を使ってこのレベルです。
縦ブレの原因が既に見えているので、もう少し改善できると思います。


構造上もっと剛性が必要な箇所や、逆に過剰に強度がある部分があるのでその最適化と、他の自転車にちゃんと取り付けられるように現在改良してます。


自分の背中を見るために作りましたが、いろいろ応用効きそう。
楽しいですね。

特許出願中

いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。