iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
ちわ。

米の中に混じってた小石を噛んで歯がかけました。
人間の顎ってのはすごい力でものを噛んでいるんですね。

一生ものが傷つくのは、なんとも切ないものです。
今回はどちらかというと奥歯よりでしたが、以前前歯も欠けたので2本目。
あー、つら。



一生ものといえばいろいろありますが、これは一生使えるかな?っていう品物を手に入れました。



ヒラメのポンプヘッド。

そこかしこで絶賛される「空気入れの先っちょ」であります。
空気入れの先端だけなのですがお値段定価4000円。
トピークのしっかりした空気入れが3000円で買える時代に。


私にとってはいかにも玄人道具っぽい感じがあって、ちょっとした憧れの品。
通販のポイントで買っちゃいました。
玄人っぽさを求めてるくせに通販のポイントで買うっていうね…。
買ったのは廉価版の「縦カム」と呼ばれるタイプ。

より有名なのは「横カム」型でしょうか。



バルブ周辺に余裕のないディスクホイールでも不自由なく使うための形状だとか。
リムとハブの距離がない小径車でも便利そうです。

レバー周りの仕様が異なるほかは同一らしいので、安い縦カムにしました。
付属の取扱い説明書によると、正式な商品名を「平目3号ポンプ口金 HP-30」といいます。

そのへんの空気入れの口金は樹脂製ですが、全金属製であります。
真鍮と鉄かしら。
うーん、これは3000円でも安いかも。

取り付けるのはサーファスのFMP-500。


私がメイソンを買った6年前、一生使えるやつにしようと思い切って購入。

当時6000円くらい。
自転車本体価格に加えて高校1年生にはデカイ買い物でした。
最近はFMP-200って安いモデルが主流みたいで、店頭で見かけなくなりましたね。

6年間便利に使っておりましたが、近頃付属のポンプヘッドから空気が漏れて使用不能に。
エア圧調整用に空気を抜くボタンが付いているんですが、その付近から漏れています。
ポンプヘッドは分解不能、しかもFMP500用の交換部品が無いっぽい。
200用のは出てくるんですが…。

探すのもめんどいし、そんなこんなでヒラメ導入です。
ヒラメポンプヘッドは空気入れのホースをちょん切って、差し込んで使うもの。
ですが、FMP-500は付属のバルブを外すと…


いかにも付属と同形状のポンプヘッドなら交換できそうな接続部分が現れます。
このままではヒラメがつきません。
一思いにちぎります。

といっても、ステンメッシュホース。
はさみでチョキン、そんなわけには行きません。
オートバイのブレーキホースの切り方をググって、金ノコとか使えばどうにかなりそうなのを知りました。

が、手元にあった金切りバサミでムシってみた結果…

(こんなやつ)




切れたけど、汚い。
このままでも使えますが、気分が悪いし手に刺さりそうなのでもう少し綺麗に切る事を試みます。

バーテープを巻くのに使っている、ビニテ。



これでステンホースの、切りたいところをぐるぐるまきに。


ボール盤バイスにくわえます。



DIYは材料の固定をちゃんとすると一気に精度上がるし怪我しなくなりますね。
これは3000円位の安いバイスですが、有るのと無いのとじゃあ、大違い。

ホースを適宜回して、常に外側から内側に歯が入るように金属用の弓ノコで切ります。
ステンメッシュがバラけないように…。



(こんなのこぎりで…)


そこそこ綺麗かしら。

ビニテを解いて、ヒラメを突っ込みます。
摩擦が強くなかなか入らなかったんで、シリコンルブをちょこっとだけ、しゅ。



アーッ!!

押し込んだら少しステンメッシュがバラけた…。
オートバイ用のステンメッシュホースは内部のチューブがナイロン製ですが、これはゴムです。

たぶん自転車用空気入れも突き詰めると硬く内圧で膨らまないナイロンチューブの方がより一層ガンガン空気入る気がするんでしょうが…そんな高性能はたぶんいらないし、ホースが硬くて空気入れとして使いにくいだろうな…。

さて、ここまでできたらあとはホースバンドで固定するだけ。
100円位のホースバンドを一緒に買ってあります。

ステンメッシュがさらにバラけるのが嫌なので、一層ビニテを巻きました。



かんせい。

ポンプヘッドに逆止弁内蔵とのことで、何もつけずに空気を送るとフラップ的なものが振動する「ブー」って音がします。



使ってみるとこんな感じ。

逆止弁内蔵とのことで、空気の入り始めはちょっとおもしろい。
ポンプヘッドの内圧が、チューブの内圧以上に加圧されないと逆止弁が開かないんですね。
チューブに空気が入り始めるまで、ポンプヘッド内を「与圧」してやる必要があります。
揚げ物揚げる前に油を温めておくみたい。うん。

ある程度加圧されて「パキンッ」って音がすると逆止弁が開く。
この音がしてから空気が入ります。
おもしろいような勢いで。

既に空気入れのホース内も加圧されてるのでロスがなくチューブに押し込まれていくんでしょうか、空気入れを動かした分だけダイレクトに内圧計に反映されます。
大変心地よい。

ただまぁ、普通のポンプヘッドでも空気は入りますからね…。
買う価値があるかと言われれば、

「良い品には違いないが、必要かどうかは人それぞれ」

というところでしょうか。
いらない人にはいらない製品。

なんつったって、普通の空気入れでも空気入るし。
競技だのなんだで空気圧管理を行わない私にとっては、フィーリング、感覚、そんなあやふやなものを満足させる存在です。

私には、良い品物でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちわ。

最近のメインバイクになったエスケープR3ですが、もちょっと手を加えました。
ステム。

ドロップハンドルにして以来、いただいてきた80mmのステムを使っておりました。



これで2ヶ月位乗りましたでしょうか。
まったく問題なかったのですが、ちょっと興味があったので長いステムにしてみました。

概ねあてづっぽうに長くしたと言っても過言ではないのですが、ちょっと前にフレームサイズとはなんぞやっていうのを考えてみたのです。
このエスケープのフレームはXSサイズ、ジャイアントによるとホリゾンタル換算で525mmのトップチューブ長です。


私の身長は178cmなので、よく言う推奨値だと540~560mmくらいが良いらしい。
ということは、トップチューブ長だけ比較すれば、15~35mmくらい、ハンドルとサドルの間が離れてもいいことになります。

無論、シートアングルとヘッドアングルのふたつの角度もハンドル・サドル間の距離に影響するのは自明です。

ところが、ジャイアントが公式に発表しているジオメトリー表でTCR(Mサイズ)とエスケープを比較してみたら、

■ヘッドアングル
エスケープ(XS):71度
TCR(M):73度

■シートアングル
エスケープ:75度
TCR:73度

でした。
TCRをベースに考えると、エスケープはシートチューブとヘッドチューブがハの字に開いている事になります。
ハの字の上に覆いかぶさるのが人間なので、トップチューブ長に対してサドル・ハンドル間は縮まるということです。

ちゅーことは、サドル後ろに引きまくって、ハンドルをポーンと前に出した方がいいんだろうなと。


エスケープの売り文句に「前傾姿勢が浅く…」とか書いてあるのはこれのことも含むのかな。
個人的には、せっかく高い自転車買うなら乗車姿勢くらいじっくり変えていくべきと思うので、ママチャリ感覚な宣伝文句でもったいないなぁと思います。

そのお値段には調整したり交換したりしやすい部品代も入ってると思うんですけどねぇ…。
自分だけにあわせた専用車って、ちょっと嬉しいじゃないですか。
まずは自転車を自分にあわせ、自転車乗ってると自分も変化するから、それに合わせて変えていく。無理の無い範囲で自転車に自分を合わせてみるなんてのも、いいと思うんです。


それはさておき、単純にプロロード選手が120mmとか130mmのステムを使ってて、あれがなんか、かっこ良く思えたのも大いにあり。

私の場合はフレームサイズが小さいんだからアレをやっても大丈夫だろう。
というわけで、買ってまいりましたステム。




ディズナのリッジライン。
84度120mm。元値5000円が3000円くらい。

ちゃっと付け替えます。



冒頭にも貼った以前の姿がこちら。



俄然やる気っぽい。
…っぽい。

黒の塗装仕上げでフレームと色が近いので、

なんだかフレームとステムに一体感がある気がします。

私のエスケープはフロントフォークを交換しているので自転車全体が前のめりになっています。

てきとーにフォーク交換前の似たようなアングルの画像を重ねてみましたが、ダウンチューブとヘッドチューブあたりのズレがこの「前のめり」の具合であります。
肩下寸法測っとけばよかったな…。

重ねたもともと画像はこちら。
比較的市販状態に近いフラットバー仕様。
フレームから組んだのでぱっと見で市販と同じもんなぞフレームセットくらいなのですが。





…洗車しよう…。

ホイールベースを基準に合わせていますが、実際にはフォークのトレール長も異なるのであくまで「てきとー」です。

こんな感じで、以前に増して前傾姿勢がきつくなったエスケープですが、ステム交換してから平均速度が2km/hくらい伸びました。

上半身の力が入れやすいし加速感が良く、速度に乗ります。
40mm違うとずいぶん違うもんですねぇ…。
いきなり40mmも伸ばしたら腕まわりがきついかというとそうでもない。
最近乗り方を変えつつ有ります。

趣味で自転車に乗り始めた頃、「骨盤を立てろ」と雑誌やらなんやらでさんざん目にして、特に誰それの指導を受けるわけでもなく乗る時にひたすら骨盤をたてるぞーと考えていました。
原因がよくわからんかったですが、おしり痛かったんで、たぶん自分はまだ骨盤が立っていないんだろうと一生懸命骨盤を立てるつもりで力をいれてきました。

その結果出来上がった姿勢がこんな。2013年の夏前。

背中が真ん中あたりでカクンと折れてますよね。

ところが、実業団チームを走っていたこともある友人にこの画像を見てもらったところ、「腰がカクンと曲がってて良くない」と言われたもんですから、昨年の夏頃から「腰を伸ばして腹回りを使う」ことを意識してみています。

おそらくはヤマメ乗りとかオジギ乗りって呼ばれてる乗り方に近いのかな。
そちらもしっかり学んだわけではないのでよく知りませんが。

曲がってた腰まわりの有効長が伸びるわけですから、ステムが短いと腕が曲がっちゃって力が入れづらく、都合が悪い。


乗ってみたらなるほど、この方が楽な感じがします。
人に診てもらうっていうのは面白いもんです。

ステム交換、いまのところは大成功です。

では。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちわ。

どなたか私を正社員として雇いたい方いらっしゃいませんかー。
来年4月以降の去就が決まっておりません、ねびです。

今日はママチャリのヘッドライトを交換するお話。
だいぶ前の画像ですが、自転車はコレ。



スタンドを交換したり、前ブレーキのシューをVブレーキ用にしてあったり、ハブのグリスアップをしたりと手を加えております。

で、これ。



ブロックダイナモ。
標準装備のライトでございます。
この自転車が売られてた頃はハブダイナモはまだまだ高級品だったので装備されておらず。

普通に点きますが、点灯させると走りが重い、ガーガーうるさい、暗い。
今回はこれを改善するべくライトを交換します。

交換するのはこれ。
丸善のマグボーイ。


6発の白色LEDがついて明るく、信号待ちなどで停止しても一定時間の間はカラーLEDが点滅を続けて存在をアピールするタイプ。

LEDの数が多ければ明るいかというと決してそうではありませんが、以前1LEDのものを試して大変気に入り、別のも試してみたい…ということで6発のを選択しました。

加えて、今回は手元のレバーでオン・オフを切り替えられるレバー付きのにしてみました。
いちいちライトを足で蹴ったりする必要がありません。



ささ、まずは元々のライトを外します。



つっても、ナットを一つ外せばいいだけなんで簡単。
気にしたことがありませんでしたが、このFフォークはタンゲの刻印が入ってますね。

ちらっと上の方に写り込んでいるブレーキシューはタイオガのMTB用です。
Vブレーキ用のなかでも摩材が柔らかめのもの。
余ったので試しにつけましたが、普通のママチャリキャリパーブレーキのシューに比べると非常にコントローラブルでよく効き、音鳴もしないので当たりでした。

で、取って外して、付け直して。

ぽん。



メッキのボディが眩しい…。

この自転車は内装3段をレボシフトで操作するので、左側にレバーを装着。



って、どこについてるかよくわからないですよね。



ここです。

ちょっとワイヤーが長い。
おそらく普通のアップハンドルにもそのまま装着可能なようにだと思いますが、この自転車の乗り手さんに文句言われなかったらワイヤーは詰めましょうか。
ワイヤー自体はカゴの裏に隠れるのでそれほど邪魔でもありませんが、個人的には気になります…。

ここから…


ぐっと。



親指で軽くレバーを押し込んでやって点灯。

走行中でも十分操作できます。操作感は軽いです。
私は手がでかい方らしいのであまり参考にならないかもしれませんが…

ライトを消すには親指の爪でちょっと引っ掛けてやれば、最後まで操作せずとも勝手に戻ります。この力加減の設定が絶妙で、最初のひと押しが無ければ勝手に消えたりしません。

実にちゃんとしてます。
このへんの操作感は劣化が進んだ時にどうなるか興味が有るところです。

あとまぁ…

このレバー、見るからに本来の使い方からすると天地が逆なのです。
ただワイヤーを引っ張ってるだけなので、どうってことないだろうと考えてはおりますが。

ワイヤー錆びたらステン化してやりゃいいし。
付属のアウターケーブルはたぶんママチャリのブレーキ用です。
かなり柔らかめ。


肝心の明るさですが、押して歩くくらいの速度でもしっかり点灯します。
ここがまずすごく良い。

そしてブロックダイナモと比べると走りが軽い。
ちょっとそこまで買い物…っていうくらいの使い方だったら常時点灯でも気づかないんじゃないか?っていう位に、軽い。

んでもって、「停止時でも点滅する」機能。
これ、実際に買って使ってみるまで謎だったんですが、これがすげぇ。
写真で撮っても伝わらんと思うので、簡単に携帯で映像とってみました。




こんな感じ。
ほんの1分も走り回ると20秒以上はチカチカしてる。

真後ろを除けばかなりの範囲で点滅しているのが見えて、とても目立つ。
信号待ちしてても分かりやすいでしょうね。
ヘッドライトとしてもそこそこ優秀で、めちゃめちゃ明るくはないですが、街灯がなくてもこれなら乗れるかなって感じ。

あとはなにしろ電池いらないんですから。通学プジョーにもつけたくなりましたわ。点滅機能ついて、LED6発のコレでも2000円位で安いし。
以前使ってみた1LED仕様のもかなり明るかったですね。

点滅機能の光り方はバイクや車のハザードランプ的なので、別にかっこよかったりはしませんが必要十分だと思います。これは気に入った。

夜も走るママチャリにはお勧めです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。