iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
ちわ。

ちょっと思い立ったので自分の備忘録代わりに書いておこうと思います。
ママチャリ工具の話。

うろ覚えですが、こんな感じだったかなぁって思いながら書いてみます。
間違ってる可能性がありますので、決して鵜呑みにしないでください。

私の場合、自転車をいじり始めた当初はモンキーレンチ、ドライバーと六角レンチしか持っていませんでした。

その後、ペダルを交換したくなってペダルレンチを買い、ハブをばらしてみたくなってハブスパナを買い、あとはドコドコが壊れた、いじってみたいと思うたびにちまちま増やしていった感じです。

いっときハイパーシャイで自転車屋の店員さんと会話するだけで緊張して手汗出まくって辛い時期があり、そうなるのが嫌で自分でなんでもやってたら揃いました。
工賃払うくらいなら工具買いたかったですし。

中にはほとんど使わない工具も混じってます。
ドラム抜き工具なんか、買うくらいだったら自転車屋に持ち込んで500円くらいで外してもらったほうがよほど安上がりではないでしょうか。使い道無い割に4000円もするし。

あと持ってないのは、ホイール振れ取り系と、ヘッドやBBの圧入・取り外し工具。
ホローテッククランクやBBの工具も持ってません。
そのうち揃いそうですけれども。


●レンチ系
24mm(BB工具、ボスフリー抜き工具など)
 ⇒シマノ系は25mm?、工具によってマチマチ。

15mm(後輪ハブ軸、薄いものはペダル(ペダルレンチ))
14mm(前輪ハブ軸)
13mm板スパナ(前後ハブ玉当たり調整、サドルヤグラ)
10mm(前後ブレーキワイヤー固定、チェーン引きなど)
8mm(後ブレーキ取り付けなど)

6mm六角レンチ(ステムの高さ調整など)

モンキーレンチ(38mmが掴めればヘッドパーツ、その他汎用)
 ⇒40mmくらいまで行けるやつが1本あれば軽い整備はできちゃう。

45~48mm対応フックレンチ(BBロックリング)
 ⇒専用品あり

●ドライバー系
No.2プラスドライバー(RD調整、ブレーキ、鍵、チェーンカバー、泥除けなど)
 ⇒ママチャリのプラスネジは舐めやすいので使えるならレンチ推奨
マイナスドライバー(汎用)
 ⇒変速調整、グリップ交換時に差し込むなど

●その他
ワイヤーカッター(変速、ブレーキワイヤ交換)
ラジオペンチ(シングルギア車のチェーン交換、ワイヤエンド潰し)
プラスチックハンマー(固着外し用)

●自転車用特殊工具
クランクプーラー(クランク 四角テーパー対応品)
BBワン抜き工具
 ⇒規格が多数存在するため要注意
ドラム抜き工具(ドラムブレーキ、サーボブレーキ交換時)
チェーンカッター(外装変速付き車のチェーン交換)
カセットスプロケットリムーバー(カセットスプロケット車のスプロケット交換)

●ケミカル系
パーツクリーナ(清掃、グリップ交換時)
KURE5-56(浸透潤滑剤 ネジや金属部品の固着外し、洗油として)
オイル(チェーンなどの潤滑)


とりま、ばーっと思いついたのを書いてみたのでした。
どっか間違ってる。絶対どっか間違えてる…。

気が向いたらまた書き足します。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ちわ。

この前ハンドルを交換したマッハノンタン。


コレに付いているワイヤー類はこの自転車が「ふつーのママチャリ」だった頃からそのままでした。



いまや懐かしいママチャリ時代。



アップハンドルに届くように長いワイヤーがついています。
フラットバーへのハンドル交換後は余りまくり。



ワイヤー類の劣化も激しい。
シフトケーブルのアウターは完全に皮膜が崩れ、変速不良を起こしていました。
半年くらいこの状態で普通にシフトしてましたがついに限界のようです。

というわけで、シフト、ついでなのでブレーキワイヤーも仕入れました。

アリゲーターの白アウター。
赤いフレームに合わせて白いサドルを使って居ましたが、ワイヤーも色を合わせてみます。

インナーもアリゲーターです。
ステンレス製でシマノより安い。
最近はそこらでも手に入るようになりました。
「スリックステンレス」とか言って表面が慣らしてあるので、特にブレーキレバーを握った時に「ゴリゴリ」っていう感触がありません。スムーズです。



余談ですがシマノ9000Duraのワイヤーセットはすごく良いらしいですね。
いまのところ、メイソンに使ってるジャグワイヤのコーティングされたインナーケーブルで十分に操作は軽いんですが、興味はつきません。
油圧ブレーキ電動シフトが出ちゃったから、全ヒモ仕様の要求水準も上がったのかしら。

さて、交換作業はケーブルカッターとアウターを整えるための平ヤスリ、被覆を整えるのにカッターナイフがあればできちゃいます。
インナーキャップをかしめるのにラジオペンチもあるといいかな…。

この自転車にはシマノのグリップシフト、「レボシフト」の6sがついてます。
スラムのグリップシフトだと、グリップのゴム部分をめくるとインナーワイヤのタイコが出てくるのですが、これは段数表示部のカバーを外すと出てきます。



プラスチックは表面が白化していて割れそうで怖い。
が、爪を受けてるレボシフト本体のほうをマイナスドライバーでコジって開けました。
硬いか?ポキっといくか?と恐る恐るやったら、意外にふにゃっと変形して簡単に開きましたね…。

カバーの透明部分は劣化して黄ばみ、ヒビも入って段数が読めません。
ここだけ部品取り寄せたら交換できそうだ。

で、ちょうど良い長さにワイヤを切って、ゆるいシリコングリスをインナーに塗ったくって完成。

交換前はこう。

んで、交換後はこう。

スッキリ!
…画像の色みを変えてより明るい印象を強調したりとかしてません。ええ。決して。

だるだると余っていたワイヤを短くしたので、だいぶ野暮ったい感じが抜けたような!

ママチャリの後ろについてるブレーキとシフトのケーブルはほとんどがフルアウター仕様です。
通常のアップハンドルの場合はインナーもアウターも2000mmを買わないと足りません。

この自転車はハンドル交換でレバー類の位置がかなり下がってワイヤーをだいぶ短くできたので、2000mmのアウター1本から前後のブレーキ分を賄う事が出来ました。

ワイヤーはフレームに輪っかが溶接してあるのでそこに通します。



この輪っか、ハンドルに近いところやRDの直前でアウターワイヤが動く部分では、擦れてアウターの表面を削ります。

本当はアウターにビニールテープ貼ったりして、当たる部分に何か養生したほうがいいのかもしれません。
よくここからヒビが入っているのを見ます。

現在の全体像はこんな感じ。
やっぱ白アウター似合うじゃん。うん。
軽快な感じが出たように思います。

個人的には色が変わったことより、やたら余ったケーブルはそれだけで随分チグハグな感じを産んでいたんだなぁ…ってのが今回の発見ですね。

RD付近のシフトケーブルがかなり折れ曲がっているように見えますが、梱包時の巻き癖が残ってるだけで、見た目より余裕があります。

ワイヤー類の接続後は変速調整をして、快適なシフティング復活。


近いうちにペダルも白くなる予定です。
グリップも…タイヤも…と白にしたいところですが、汚れやすいのでちょっとためらっています。

そこまでやると、ドロップ化をのぞいては一旦完成か。
やっぱりライトの位置をずらすとママチャリ臭さは一掃できそう。


ま、その辺は追って。

ではまた。
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんちわ。
今日はチェーンオイルの話。

こんなものを買ってみました。

ダイソーの自転車売り場にあった「万能オイル」。
110mlで、もちろん税込105円(消費税上がるらしいですね…)。

この手のオイル、パッケージや容量は多少異なりますが、だいたいの100円ショップで売られているようです。キャンドゥやセリアでも見たことがあります。

この商品はパッケージによれば
「機械類の潤滑と防錆に最適」
だそうです。

機械にもいろいろあるぞ。なんと大味な。

そんなことより、パッケージの右上に入ってる画像が注油厳禁のカラサワ製ドラムブレーキに注油してるように見えて仕方がない。なんと大味な。



チェーンカバーがフルカバータイプのママチャリに、唯一の開口部から注油しようとしてるのは分かる。でも、そこからだとスポークが邪魔でうざくないか。
それならプラスドライバーでチェーンカバー後端のフタを外した方がよほど楽です。



さて、どーでもいい話はおいといて、試しに使ってみました。




実験台はこれ。
通学プジョー。

フロントシングル(10s用チェーンリング)に後7s。
貰ってきてからチェーン交換してないので、チェーン自体は何年モノ?っていう代物。

大学の最寄り駅に駐輪場を借りて置いており、なかなかちゃんとした整備ができません。

最後に使ったのはフィニッシュラインのウェットルブ。
音鳴りこそしませんが、最後の注油からだいぶ経っているので動きは重い。



結論から言うと、「予想以上に良かった」です。
ろくに洗浄もできませんから「そのまま」注しました。

一コマ1滴ずつ垂らし、適宜シフターをいじってスプロケットの全てにオイルが行き渡ったら、チェーン表面のオイルをティッシュで軽く拭く法。




注油直後は「まぁ、こんなもんか」って程度には滑らかに。
ただ、10分ほど乗った後で再度、同じ方法で注油しました。

洗浄ができないので、最初の注油は洗油的に使うイメージ。
検証してないのであくまでイメージ。
さっき注油したオイルは早速真っ黒。


それを一晩寝かして翌日乗ったら、これがまぁよく走る。
普通によく走る。

つーか、こんなにチェーンの動きのせいでロスがあったのか。
走りがかったるいのはぶっといタイヤのせいかと思っていたぞ。
タイヤのごろんごろん言う感じはそのままなんですが、だいぶ軽くなりました。

細かい隙間にもオイルが行き渡ったのかしら。



注油後一晩置いたチェーンは湿っているので、いわゆるウェットタイプ?
フィニッシュラインのドライルブがそのまま乾かない感じ。
粘度はドライルブとウェットルブの中間くらい。

ぜんぜんこれでいいじゃない。
おそらく添加剤だのの類は一切入ってないただの鉱物油ですが、街乗り自転車にはコレで十分だなと思いました。
すげー勢いで真っ黒になりましたが、ろくに洗浄もしてないチェーンなのでこんなもんです。


あとはどのくらい持つかですね。
雨に降られたら一瞬で飛んでしまうかな。
ただ、安いし、意外とボトルも使いやすいので、そしたらまた注油すればいい。

ママチャリ整備にお勧めです。







ところで、チェーンオイルの世界はストイックに競技をやらない私にとって、大変深い闇の中にあります。

…これは定番で1000円だ、こっちは同じ量で500円だぞ、これは添加剤で、いやいやフッ素樹脂が、微粒チタンが、それは極圧剤が入ってるから、納豆のように糸を引くのがよくて、オートバイにも用いられる高性能品で、いやあれよりコレが高性能で、これはチェーンやスプロケットの寿命を伸ばし、偉い人おすすめの、そもそもオートバイとは環境が違うから自転車用が必要で、真っ黒になりにくくて、あれは泥まみれでも潤滑するぞ、さぁこちらの検証動画を御覧頂いて、金属表面に皮膜を作って、いやいやホームセンターの機械油で十分なんだ…

自転車絡みの潤滑油、特にチェーンオイルの世界は大変幅広く、そして各々の主張に満ち溢れています。

私は簡単に手に入り、そこそこ安いので長らくフィニッシュラインを使っています。



特に不満は無いです。


・1ヶ月に一回くらい、チェーンの音鳴りがし始めたら
・パーツクリーナーで脱脂・洗浄し
・コマに一滴ずつ垂らしてチェーンを一周し、
・最後にサッと表面に浮いたルブを拭き取る

試しに上記3種類を使ってみましたが、
ウェットルブは粘度が高い分、長期間音鳴りしにくい。
だからメンテ頻度が下がるか
な。

そんくらい。
どれも特に不満はないです。
長持ちするので最近はウェットルブがメインでした。

ちょっと違う世界に目を向けると、自動車やオートバイの業界では、
「普通の車ならエンジンオイルは安いのを頻繁に入れ替えた方が調子良い」
そうです。

無論、高性能エンジンには相応の高性能オイルが必要です。
ただし、そういう高性能オイルを要求しない車向けにも、「めくるめく“高性能油脂類”の世界」が広がっています。

気軽に、かつ定期的に交換の必要があるものなら、ちょっとでも高性能(かつそこまで高額でない)製品を使ってみたくなるのは人情というもの。

ただ、ちゃんとしたメーカーの、規格にあった一番安い定番品を、頻繁に交換するのが一番良いのかなーって、最近は思っています。



果たして自転車の潤滑系にも当てはまるのか。
理系風文系頭で考えるに、潤滑油に求められるのは、

「接触するAとBの間に入り込み、その接触を和らげること」

です。

隙間に入り込んだ油を油膜とか呼ぶみたい。
AとBがその油膜を隔てて直接接触しなければ、摩擦は減ります。
摩擦が減れば摩耗も起こりません。
摩耗しなければ機械的精度も保たれますから、部品の機能の寿命が伸びます。


この油膜が何らかの原因で失われると、潤滑性能が低下する。
それが油自体の性能劣化であったり、油膜への不純物の混入であったりするんだろうなと。

車用の油脂類が自転車のそれと違うのは、熱に晒される事と、段違いに潤滑するAとBの動きが速くて激しいことでしょうか。
特に熱は油や添加物を、多かれ少なかれ変化させます。
粘度は変化するし、酸化を始め化学的な不可逆変化も加速させる。

自転車チェーンの走行中の温度は知りませんが、常に走行風に晒されるし、たいした速度で回転していもいないから、きっと殆ど常温でしょう。

要するに適度に油膜が保たれて、不純物が少なければそこそこの潤滑が得られそう。
そういう意味でダイソーオイル、ありなんじゃねーかな―と。



私が自転車に乗り始めた2006年頃と比べるとクロスバイクを始め、スポーツバイクがだいぶ市民権を得た気がします。もちろん、ママチャリの類も相変わらず街にあふれてきています。

単純にスポーツバイクブームに乗っかって、いわゆるスポーツバイク店でなくともスポーツっぽい自転車を取り扱い始めたのかもしれませんね。10年くらい前はそういう安いスポーツっぽい自転車といえばMTBもどきが一般的だったように思います。

10年くらい前に遡ると私は小学生になってしまうのですが。
あはは。そらMTBもどきばっかり目に入るわな。


それは置いておいて。

値段の高低に関係なく、自転車は機械です。
性能の維持にはちょっとした手間が欠かせません。

ところが、それが為されていない自転車の、なんとまぁ多いこと。
タイヤは空気圧が少なくてぺちゃんこ、チェーンはパサパサ、ひどければ赤錆。
そんな自転車は巷にあふれています。
タイヤに空気は入ってるけど、チェーンは真っ赤なんてのもよくある話です。
チェーン注油はちょっと敷居高いのか。
ヘタすると手が汚れるしな。

チェーンの錆びた自転車に無理やり乗って、変速が調子悪いとか、坂道が辛いとか。
よくある話です。チェーンやスプロケのあたりから、錆の擦れる特徴的な音がするので「小鳥飼ってる自転車」と呼んでいます。ピヨピヨ。

そういう自転車に乗る人は、自転車が整備を要する機械だと思ってないみたい。

最近、私達の身の回りにあふれる家電や自動車、電子機器といった「機械」の多くは、一般消費者が整備や修理することを想定していないですから、そのなかに生活する我々の機械への意識が希薄になるのは当然とも言えましょうか。

だから、そういう自転車に乗る人に「オイルさせば治るよそれ」と言っても、分かんない人多いですね。自転車屋も日常整備を教えないところも多く、それはそれで問題でしょう。
頻繁に壊れて持ってきて貰わないと潰れちゃうのかもしれませんが。

そもそも、機械油なんか家にないし、どんな油使ったら良いのかもよくわからない。
注油っていうからにはぶちまければいいんでしょ?

そんな人が私の周りには多いです。
そういう人に勧めるのに、ダイソーオイル良いなって思いました。


あとは、どのくらい持つのか。
気になりますね。

ちゃんちゃん。
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。