iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
今頃犯人は下痢に苦しんでいるはず。


ねびです。

先日サドルを盗まれましたが、私にとって自転車は大切な生活の足でもあります。
不便極まりないので急ぎ不足品を調達して復活させました。



dixnaのシートポスト1900円
TIOGAのクランプ600円
あまってたVELOサドル

あとはちゃんとしたライトを調達すれば普通に乗れる仕様になります。
サドル盗まれて何が辛いって、またポジションを探り直さねばならんところですね。
無傷で帰ってこないかなぁ…。

安さで選んだdixnaのシートポストはネジ1本ドメで刻まれた溝で角度を調整するタイプ。

あまり細かい調整はできません。
どうにも微妙です。

サドルがだいぶ上に向いてますが、調整中です。
ま、いろいろやって合わなかったサドルなんでねぇ…。

オフセット無しのシートポストがいいなぁと思ってたんですが、すぐ手に入る350mmがこれしかなかったので妥協。

フレームのシートチューブが短いので350mmでギリギリです。
ゴールドのアルマイトが入ってますが、普通に真っ黒のが良かったな…。

またしばらく乗りつつポジション探しです。
また盗まれると嫌なので盗難対策も講じましょうか…。



さて、話は変わりまして、先日。
左側だけバーテープが破けたので在庫の青いやつをテキトーに巻いたのですが…。



どうにも気に食わないので巻き直します。

そしてゴチャゴチャしたケーブル周りを綺麗にするべく、「ブレーキの左前化」を試みます。
どう考えても左前の方が前のブレーキにスムーズにワイヤーが通るので、やってみたかったんですよね。

先日中古部品をたっぷり譲っていただいたのですが、そのハンドルに巻いてあった白いやつ。
OGKの汚れにくいあれ。



そういえば初めて巻いたバーテープがこれでした。
たしか発売直後だったなぁ…。

このバーテープ、めちゃめちゃ引っ張っても切れません。
これでバーテープ巻きを覚えると後で別のテープでやるとき痛い目に合います(笑)

作業が終わったら暗くなってしまったのでまた続きは後日。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
凹んでおります。



昨日ね、Car Design Egger's Meetingっていう学生のイベントに行ったんですよ。
珍しく六本木の裏にあるビジネス街に。

んで、自転車を路駐して、そのイベントに行って帰ってきたら、やられました。

サドル他をごっそり盗まれました。はぁ。
止めた場所も場所だし、サドルに関しては盗難対策らしきことは何もしておらず、私自身も褒められたものでありません。
この前ヘルメット盗まれたばっかりだよ…。
大変悔やまれるところであります。はぁ。

盗まれたのは…

●スペシャライズドのトゥーペCOMP
●リッチーのシートポスト(日焼けしてブロンズっぽくなった黒)
●ボントレガーのテールランプFlare2

この画像には写ってませんが、

●フレームに付属してたシートクランプ
●キャットアイのヘッドライトHL-EL540(とその中に入ってた充電池)

新品で揃えると2万円弱くらいの被害です。

この画像のサドルまわりがごっそりなくなりました。
シートクランプを六角レンチでゆるめて、あと手軽に外せるものを外した模様。

シートクランプまで持ってったのは意外でしたね。
ブランドモンでもきれいなもんでもありません。

ヘッドライトはご丁寧にマウントも外されました。
スッキリしています。


周囲には防犯カメラっぽいものは見当たらず、私は犯行を見ておらず、転売されたとしても名前とか入ってないので自分のものであると証明するのが困難です。

場所は東京都港区の愛宕のあたり。
愛宕グリーンヒルズの森タワーの麓の交差点。
歩道橋の下。
17時半~21時半ごろ。
おまわりさんによればそれほど盗難が多い地域ではないらしいです。

とてもがっかりしていましたが、ついったでいろんな方に勧められたのもあって警察を呼びました。
はじめての110番通報。


その場で110番して「サドルを盗まれました」というと最寄りの交番から自転車でおまわりさんが到着。


警官さんはひと通りあたりを見回して「防犯カメラが見当たらない場所なのでちょっと…」と厳しい感じ。

他にも何台か止めてありましたが、サドルに関しては私のだけピンポイントで狙われた模様。
パッと見た感じ、中古で値がつくのは私のくらいだったし。

「被害届、出されます?」

と聞かれたのですが、望み薄なのは承知の上で被害届を出すことにしました。

おまわりさんは口には出しませんが犯人の手がかりがまるで無いので、被害届を出す手続きが面倒なら諦めなよっていう感じ。

まぁ、そりゃそうですよね。車盗まれたとかじゃないですし。
盗難の被害としちゃ高額な方でもなのでしょう。

ただ、良い気分ではありません。
暗かったし雨ふりそうだったので、最寄りの愛宕警察署に移動して被害届を出してまいりました。


わら半紙みたいな紙の被害届にいろいろ手書きするのですが、項目ごとに細かい作法があるようで、警察官の方から「代筆しますね」と。

その警官さんの場合は、まずノートに私の氏名、連絡先、住所、勤務先(私の場合は学校名)を書き、盗まれたと思われる時間帯、場所(住所)、盗まれた状況、盗まれたものとそれの時価(新品価格ではない)を加えて手書き。

ひと通り草案ができたところで、被害届の紙に警官さんが記入を開始。


私のような自転車いじり屋だと当然ですが、警官さんは自転車に詳しくないので、細かい部品名を説明するのが大変でした。

普通の人は「自転車のサドル」っていうと、だいたいシートポストまで含むと思ってるんですね。
他の警官の方も「あー、イスかー」みたいな感じ。

シートクランプまで含めると、おそらくその「サドル」に含まれるのは3点あるんですが、これを書いてもらうのが大変。
結局サドルの項目にそれら3点の合計金額を書いてもらいました。

最後に警官さんと内容を確認してから、住所と名前を自分で記入して指印を押して終了。
しめて1時間くらい。

帰りは車で家族が迎えに来てくれたので助かりました。









犯人が賢くない転売厨なら売り先をみてれば出てくるかもしれませんが、まぁ出てこないので泣き寝入りでしょう。

私にとって自転車は趣味であると同時に大切な移動手段ですから、今回盗まれた品々は早急に調達せねばなりません。

サドルは余ってるのがあるけど、シートポストとクランプは買わにゃな…。
赤坂のワイズとかに行くと安いのがありあそうですが、そこまで行く自転車がない。
不便なもんだなぁ…。

あー出費がかさむ…。
今は犯人が一生下痢に苦しむことを願ってやみません。
AD
いいね!(2)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
ちわ。

キックボード良いよと、そこかしこで触れ回っていたら、知人が自分も!と乗り始めました。



右側のやつが彼の。

長期放置でサビサビボロボロなのですが、どうやら乗れるようです。
ウィールが自分のものより一回り大きく、滑走性能は全然上なのは以前書いたとおり。

よく見るとハンドルが金属そのまま。グリップがありません。
手に入れた時にはすでになかったとか。

ハンドルが滑って乗りにくいので、今回はこれにグリップを装着です。

使ったのはこれ。

ギザプロダクツのオーソドックスなグリップ。
130mmでエンドプラグが一体になっているもの。

エンドプラグを一体にした理由は特にありません。
安く手に入ったのがこれだった。

折りたたみ時に左右のハンドルをつなぐコードが内蔵されてますが、もともとなかったのでまぁいいやと思って無視。
今思うと、エンドキャップが別体のグリップだったらそういう加工も出来そうです。

んで、中にパーツクリーナーをぶちまけて、ぐぐっと押し込んだらもう完成。

ぴったり。

純正のスポンジグリップに比べるとだいぶしっかりしますね。
フカフカしてないので振動は直接伝えてきますが、フカフカしてないので操作性が大幅に向上。

乗りやすくなりました。
ハンドルが滑るというのは、怖いことだったんだなぁと改めて思った次第。

純正についてるコードがないので、ハンドル着脱時にどっか行くかもしれません…。
…そこは気をつけてもらおう…。

というわけで、今日はここまでです。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちわ、ねびです。



今日も今日とて、こいつの話。
もうなんだかんだで6年超の付き合いになるこの自転車。
いろいろ部品交換したり、整備したりしてまいりましたが、全く触ったことがない部品もいくつか残っています。

具体的にはBBとリアハブです。
BBは今のところ回転も滑らかだし、特に不満もないのでそのまんま。
今やほぼ絶滅したISIS規格なので、交換するならクランクごと交換かなぁと思っています。

今回いじったのはリアハブ。
前ハブは2回位開けてグリスアップと玉あたり調整を施したことがありますが、リアハブはやったことがありませんでした。

フリー機構が触りにくそうだったので放っておいたのですが、購入直後からつい最近までほとんど無音で動作していたフリーから普通のラチェット音が聞こえるようになってきたので、おそらくグリスが切れてるんだろうなぁと。

まずはちゃっちゃとハブ軸を抜いて状態確認です。
丸6年ノーメンテでしたがどうなっているやら?

抜けたハブシャフト。
ぱっとみ真っ黒ですが、グリスは残ってます。

玉押しはこんな感じ。
走行距離相応に摩耗が見られますが、傷や虫食いは見られませんでした。
まだまだ使えるんじゃないか?

ちょっと興味深かったのはボール。



これ、反フリー側が左でフリー側が右です。
画像だと分かりにくいですが、反フリー側に付着してるグリスがリチウムグリスっぽい薄茶色で、フリー側はモリブデングリスのごとき黒さでした。

ボール自体も反フリー側は若干焼けたのか銅色を帯びています。
これどういうことなんだろなぁ…?
付着してたグリスを触ってみた感じでは感触は似たようでした。
モリブデングリスならもっとさらさらしてるはず。
そもそもハブベアリングの左右でグリスを入れ替える意味がわからん。
おそらくは片側だけ変色したのでかしら。

古いグリスをパーツクリーナとウエスできれいにふき取って、新しくリチウムグリスを入れました。
デュラグリスよりも緩いAZのリチウムグリスを入れてみましたが、違いはよくわかりません(笑)
グリスの良し悪しは回転した時の潤滑性能なので、実は常温で触って固めのデュラグリスの方が高性能やもしれませんが、未検証です。

そうそう、懸案だったフリーボディですが、どうやら12mmの六角レンチで外す模様。
手持ちのレンチは10mmまでだったので外せず。
現在レンチ調達中です。


さて、あとついでに…



ガードレールに擦って痛んだバーテープも交換です。
実はドロップ化した去年の9月から使いっぱなしでした。よく持ったもんだ。



いぜん横浜の東急ハンズが閉店する時に調達した激安シルバに交換します。
色は…まぁこれでいいやってんで青です。

で、こいつが前に巻いたスペシャのバーテープと違ってあんまり伸びず…


ところどころちぎれました。
ぐぬぬ。

コルクテープはちぎれ易いとは聞いておりましたが、ここまでとは…。
長期在庫品で乾燥してた?とかもあるんでしょうか。

安かったんでいいですが…練習と思って切れるまで使います。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ちわ。ねびです。
あついです。



だいぶ放っておきましたが、キックスケーターの話の続きをば。
いわゆるキックボード。

実はもうだいぶ前に完成して、某私有地内で乗りまわしております。
平滑な舗装路さえあれば、非常に平滑に走るしとても楽しいなというのが感想です。

つい先日、キックスケーターに乗った小学生がトラックと衝突して亡くなるという事故がありましたが、ブレーキは貧弱、路面悪いと乗りにくいなど、かなりクセのある乗り物です。
良くも悪くも。

その方面では語りつくされた内容ではありますが、特にブレーキの貧弱さは強烈。
ちょっと路面が濡れてると本当に止まらず、スーっと進んで行ってしまいます。

私は一般的にこれで遊んでいる子供より体重がありますから、余計にそう感じるのかもしれません。一応このMS-130Aは100kgまでの人が乗れるらしいのですが。
路面が乾いていれば、そこらの整備不良ママチャリ程度には止まります。

カリフォルニア州の、碁盤の目状に平屋建ての住宅が並ぶ土地で、やたら広くて見通しもよく、その上舗装も奇麗な道路を、アメリカの子供が友達の家に行くための乗り物なのでしょう。

そういうの差し置いて、自転車未満徒歩以上の乗り物としてはとても便利です。
舗装さえきれいなら。
押して歩くとちょっとした台車代わりにもなるし。

車輪を大径化してブレーキを強化し、立派に移動手段として成立させようとしたモデルもあるみたいですね。





さて、乗りまわす前に乗り物として修理を完成させました。

ずいぶん前ですがハンドルとフォークコラムの固着を外すにあたって、シムを噛ましてMTB用のステムをつけました。

この辺の規格がOSのスレッドフォークの自転車とほとんど一緒。
ネジ切りのヘッドセット、インラインスケート用の4インチウィールに対応したフォーク。
その上にT字のアルミ製ハンドルが伸びるが唯一の違いでしょうか。



修理の都合で切断した、そのT字ハンドル。
テレスコピック型の伸縮機構を持つため、まわり止めに溝が切ってあります。
なので、たぶんスレッドステムを差して使うのは無理です。

このT字ハンドルの外径が25.4mm。
おかげでママチャリいじりで度々登場しているDixnaの1インチ⇒OS用のシムを噛ますと普通に自転車用のアヘッドステムが使えます。

というわけでですね。
余ってたハンドルをつけました。

じゃーん。


ついこの間、黒ママチャリにつけた奴です。

アナトミックハンドルを切断したブルホーン仕様。

しばらくママチャリ(黒い奴)につけてましたが、
・サドル-ハンドル間の高低差がありすぎる
・実用上のハンドル幅が狭い
など、要はポジションがでなかったので早々にお蔵入り。

外しておりました。
黒ママチャリには現在また別のハンドルが付いていますが、そのうちご紹介しましょう。



実はこのブルホーンハンドルになったのはつい最近。
それまで長らくアンタレスのドロップハンドルがついていました。
古くはアンドレとか通学プジョーについてたやつです。

今もキックボードの部品を提供し続けているaoi industriesという会社があるのですが、そこのブログにドロップ仕様が登場して、あ、面白いこれと思ったもので。

かつてのブーム時に行われたらしいサスフォーク仕様や前2輪化など、いじり屋としてはにやにやする改造がいろいろ出てて面白い。

ドロップハンドル仕様は何より見た目のインパクトと、折りたたんだ状態で傘のごとく腕に掛けられるのが大きな利点。ちょっと屋内にちょっと持ち込んだりの時は大変便利。

ただ、下ハンを握ると、低すぎて乗りにくいったらありゃしない。
特に地面が蹴り易いとかそういうこともありませんでした。
何も知らない人を乗せると、自然とみんな下ハンもって面白かったですけども。

そろそろ別にドロップじゃなくてもよくねぇ?と思い出したので交換!


ちなみに右のは友人のMS-105です。

車輪の径が私のMS-130Aより1インチ大きいのですが、速度の伸びが全然よいので驚きました。新しく調達するなら大径ウィールのにしますね…。

緩やかな下り坂でよーいドンで下り始めたら、明らかにMS-105の方が伸びます。
うらまやしい。うらやましい。

そうそう、仕入れた時点で欠品だった部品



単品注文で1200円ちょっとするのですが、それならいいやということで。
もう一台ヤフオクで部品取りを調達。

というわけで余計に1台増えました。
しかもさらに古いMS-130Aの初期型。
折りたたみの固定がクイックリリースのモデル。

どうしたもんかねぇ…。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。