iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
こんちわ

最近私は自転車通学をしておるわけなんですが、

家⇔駅A(⇔電車⇔)駅B⇔ガッコ

っていうちょっと変な自転車通学をしております。
家からガッコまで直接自転車で行くこともありますが、普段の通学はこんなです。

で、折りたたみ自転車ユーザーではないので2台の自転車に乗っています。
たびたび登場してるこいつらです。




で、通学なので、だいたい朝出発すると帰ってくるのは日が暮れた夜です。
ちゃんとしたライトがないと危ないです。

普段はCATEYEのHL-EL540を使っています。

これ1個を上記の2台に台座だけつけて使いまわしています。
以前、精進湖に向かった時、夜中の樹海を通る道でもこれ一発でなんとかなりました。
昨今の充電池を使えば原付並に明るいですね。

ちなみに私が使ってるのは充電池付属の「HL-EL540RC」ではありません。
電池別売りのものにパナソニックやら今は亡きエネループやらのニッケル水素電池を突っ込んでいます。

ついでに言うとテールライトはバックパックにクリップで付けてます。

んで、先日たまたまライトをはずすのをすっかり忘れてしまったので、ダイソーに駆け込んで調達しました。

knogもどき105円。

シリコンボディをびよーんと伸ばしてそこらじゅうにつけられるライト。
本家knogの1LEDも持ってますが、こちらはLED2連装。

買ったばっかなのであんまりしっかり見てませんが、明るさは結構なものです。
ただ、ビカビカとまぶしいんですが地面を照らすには大したことないので前照灯としては使えない気がします。あくまで注意喚起用。

LEDだから光の出方には指向性があるわけですが、このライトの指向性はよくわからんです。

買ってすぐは画像のようにハンドルの上に付けてたんですが、あまりにも眩しいのでハンドル下に本体が来るように巻きつけ直しました。
LEDのくせに後ろにも光が出るとは…。
目立つには好適な特性っぽいですが、ハンドル上に乗せるにゃちょっとうざかったです。
個体差なのか、要加工なのか?


点灯、点滅(速)、点滅(遅)の3モードが切りかえられて、knogより全体に安っちくてペナペナと薄っぺらいものの、ちゃんと使えてます。

本体に防水を意識した形跡はほとんどないので雨の日は要注意っぽい。
しばらく使ってどうなるやら。

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんちわ。ねびです。

今日は珍しく「てづくり」っぽいことを書きます。


ネタの自転車はこれ。
通学プジョー。

ガッコの最寄り駅に駐輪場を借りて、通学に使っています。
スペシャライズドの「トレッキングタイヤ」なる26x2.1のタイヤを履かせてしばらく乗りましたが、相変わらず恐ろしく速度のノリが悪いです。

空気圧を高めても、もっさり。
反面、空気圧を低めてやると、ますます速度は出ないものの乗り心地がフワフワに。
段差だろうが縁石だろうが「ぽよん」といなして、気軽に乗り越えられます。
ただ、減速しながらだと前輪がつぶれてハンドリングに変な癖がでるので乗りにくいです。
「スタンディング中には据え切りできないくらいハンドルが重い」と言えばなんとなく伝わるでしょうか…。

ところで、先日、後輪のスポークが一本折れました。
スポークをなおす時にタイヤは交換してしまおうか。
面白いけど疲れる。うん。



さて、今日の本題はタイヤじゃありません。
これ。


ついに手に入れました。ずいぶん前ですが。
シマノのロードバイク用最廉価シフター、SL-A050。
ドロップハンドルに取り付けられます。

レトロシフトだの、dixnaのレバーハンドルマウントだの、シクロクロスやちょっとユルイ街乗り自転車向けに、手元変速として使うことで見直されてきている(気がする)Wレバー。

ところが、どれも複雑にアルミを削り出して作られた製品なせいか、そんなに安くはありません。見た目にカッコいいのですけど。


そこで登場するのがこれ。


主に「ロードバイクルック車」についてる、シマノ SL-A050。
ドッペルギャンガーによくついてるアレ。

分解して内部の部品をちょっと組み替えるだけでお手軽にフリクション仕様にもなるようで。
10速でも引けるらしい…。
驚くべきはその価格。
通販または取り寄せで片側700円程度。

最近新たに7sのロードバイク用シフターの後継としてTourny(A070)グレードのデュアルコントロールレバーが出ましたが、あちらは左右セットで6000円から。
A050なら左右でも1500円くらい。

イオンバイクとか眺めてると、徐々にターニーSTI搭載車も増えてきたみたいですね。
下ハンで変速できないにしても、ブラケット握りっぱなしで変速できるのはいい。


ただしこれ、調べると分かりますが、ステムの両脇に固定して使うので、STIに慣れてから使うととても使いずらい。
Wレバー的な配置になります。

実際、SL-A050にはWレバー仕様もあるんですけどね。


【超一流メーカー/GIANT】 ジャイアント 自転車 ロードバイク WINDSPEED 900...

3万円を下回る激安ぶりのジャイアントの「ロードバイク風の何か」に搭載されています。
ステム脇マウントだとこんな感じですね。
ロードバイク スポーツ 自転車 700c 【アウトレット】 5014AL [a.n.desig...

今回はステム脇マウントの方を買ったのでそれを使います。
Wレバー仕様の単品売りより手に入りやすかったもので。
安いし、プジョーにはVブレーキ仕様のブレーキレバーついてますし。

ただ、STIに慣れた軟弱系男子な私はブラケット握りっぱなし、下ハン持ちっぱなしで変速したいので、取り付け方法をちょっと工夫します。
取りだしたるは塩ビパイプとパイプカッター。



塩ビパイプはそのへんのホームセンターで100円しない値段で買えます。
こいつを適当にカット。


すごいぞ、パイプカッター。
金属より柔らかいからあたりまえだけど、サクッと切れました。


言い忘れていましたが、この塩ビパイプは…

外径が26.2mm。ギリギリですが、A050のクランプが通ります。
んで、そこにマステを巻いて、ケガキ線を引きまして。


分かりにくいですがイラストレーターですげー簡単に波線を引き、「ラップスキャン」の原理でマステに写し取って巻いただけです。
印刷するほどのもんでもないし。

ここで、リューター登場。


ザクザクと削りました。
削りカスが飛び散るので保護メガネ・マスク必須です。

んで、こんなのができるわけです。



さらに現物あわせで微調整をくりかえすと…



コマンドシフター風の配置にできそう。
固定してないのでちょっと無理がありますが、ギリギリ上ハンでも下ハンで操作できるか?ってところです。

わたしかなり手がでかいらしいので、あんまり万人にお勧めできる配置じゃないやもしれません。

SL-A050は黒い羽みたいな?レバーを操作して変速するのですが、まっすぐに伸びているんじゃなくて片側がオフセットして生えてるのを上手く使えるようにすると

んで、これをどう固定するかというと…

この画像の左端と手前に写ってるものを使います。

ダイアコンペの補修部品として100円で買ったブレーキレバーのバンド。
それと、秋葉原のフリマでたまたま手に入れたネジ留めのエンドプラグ。

続きはまたそのうち…。

AD
いいね!(1)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
ども、ねξびです。

先日、友人がヤフオクで元展示車のクロスバイクフレームを落としたってんで、色々と部品を集めて自転車を組みました。

関西からやってきたFUJI Paletteの13モデル。
ディレイラーハンガーは付属してなかったんで別途取り寄せましたよ。

ありがたいことにBBとヘッドパーツ、さらにVブレーキは取り付け済み。
とりま通学用だそうなんで使える分には安物で十分。

せっかくここから組み立てるので、色を合わせようぜ!と盛りあがりまして。


こういうのとか…


こういうのとかを仕入れました。

あとは、色々私の手元にあった在庫品もろもろや、まぁ走れれば良いやということでジャイアントのエスケープ純正700cホイール(激重)の中古とか。

予算が厳しいから動きゃいい。

で、そいつらを組み合わせ…
FD周りが組みあがっませんが、待ちきれない!

ということで試走です。
こんな感じ。

黒・紫・オレンジのド派手仕様。
つるしじゃ買えないぜぇ。


なかなか良いんじゃ。

本当はグリップシフトじゃなくてシマノのデュアルコントロールレバー入れてハンドル幅詰めようよ…とか、サドル交換しようよ…とか、色々と申し上げたいことはございますが予算と相談なので「まぁ、そんへんはおいおいね」と言われております。

…やらん気だな。
この辺のやりたいことを、ふつーの人に理解してもらうのはなかなか大変だなぁと。
普段はママチャリに乗ってた彼ですが、走りの軽さに感動してました。

もっといける気がすっけどなー。



【13/07/06 追記】
完成しましたー。



どうやらつるしのPaletteはシフトワイヤーをクロスで組まないんですが、せっかくの艶消し塗装が痛むのも嫌なので、シフターからフレームまででクロスさせて組んでいます。
さらにヘッド脇のアウター受けからBB下までに再び左右を入れ替えて、ワイヤー位置を元通りに。

ハンドルは適当な中古品ですが、もともと580mmあったのを乗り手の体格に合わせて左右で30mmずつカット。520mmになっています。
そのせいもあってシフターが余計に内側に寄っています。

個人的には要らんと思ってたんですが、オーナー自身が不便だからということでスタンドをつけたようです。

中古ホイールとブレーキシュー(フレーム付属のテクトロ?)が相性悪いのか、トーインつけてもめちゃめちゃ鳴きます。どういうこっちゃ。
買ったのに使ってなかったジャグワイヤーのブレーキシューチューナーで組んだんですけどねぇ…。



Tacxのアレが流行り出したころに面白いなぁ良いなぁと思ってたんですが、アレに2000円出すくらいだったら他のもん買うわと思っておりました。
で、その時ジャグワイアからも似たような機能の品物が、600円ちょっとで出てると知って購入。

要するにひっかけのある楔です。Tacxのアレはアレごとネジでリムに固定して使えるようですが、これはバラバラなので左右をいちいちとめる必要があります。

ただのプラスチックなので100円ショップなら6枚入りにしてそうな品物です。
6枚もいらんがな。

私の場合は致命的だったんですが、メインバイクである26インチMTBには合いませんでした。
引っかかりのツメがリムの外形に合わないのと、無理やりはめ込んだところでリムが700cより小径な分、この品物そのものが内側に入り込むため、固定位置が下がり気味。
ブレーキシューがリムのブレーキ面の一番下の方で調整されてしまいます。

っつーわけで、ほとんど使わずお蔵入りしてました。
ところが、そもそも700C用ですからクロスバイクの類には合うわけで。
けっこう派手なトーインがつきましたが、それでも鳴くので根本的にブレーキシューとリムの相性が悪いのかなと。


まぁとりあえずしばらくこの仕様で乗ってもらって、様子見です。
多少体が起きすぎな感じもするのでステム変えたりは今後していきましょうか。

あー、たのしみたのしみ。


AD
いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。