iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。

これの事を書くのは意外に久しぶりだったかも。
ねびです。

最近、大学の最寄り駅からキャンパスまでの4km弱に加え、自宅から少し離れた駅まで片道17kmをチャリ通し始めました。

自転車はB1・MASON。
交通費浮くし、毎朝通学楽しいです。

で、しばらく記事にしておりませんでしたが、B1・MASONはただいまこんな姿になっております。



前回の状態からハンドルとステム、そしてサドルが変わりました。
今日はそのハンドルの話。

実は交換したの去年なんですが…。



Tranz-Xのショートリーチドロップハンドル、JD-RA39Aの400mmです。
先にプジョーの話で書いちゃいましたが、もともとはこっちのハンドルを交換し、余ったスペシャをプジョーにつけ、そのプジョーも買い足したTranz-Xに交換…ってなったものです。



右がスペシャ、左がTranz-Xです。



コンパクトドロップっていうだけあってリーチもドロップもだいぶ控えめ。
ぱぱっと外して取り付けます。

ってあれ、ブレーキワイヤーを張り直すんでハンドルを全切りしたらなんか左右でフレームとの高さが違うぞ…。



歪んでんのかと思ったら、なんのことはない。
ステムがちょっとズレていただけでした。経験不足は大変だ。

んで、この時はスペシャハンドルで使ってた短いステムのままだったのですが、しばらく乗った結果、長くて外したスペシャのステム(100mm?)と組み合わせて使っています。

ショートリーチ化で上体が起きすぎて居心地悪くなっちゃいました。
前は遠すぎて死ぬかと思ってたんだけども。
で、冒頭の姿。


これで下ハンを握るとちょうど良い感じになるんです。
不思議とおしりも17kmだとそんなに痛くならなくなって参りました。
サドル換えたのもあるかな。

最近、チャリ通で以前より乗り込んでますので、もしかするとまたステム変えたくなるかもしれません。


そのへんの話はまたいずれ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんちわ
ねびです。

普段は大学の後輩が通学に使っているママチャリ改"マッハノンタン"。

僕はいらないかなと思ってたんですが、カゴをつけろとうるさいので着けることにしました。
あると便利だしまぁいいか。


そもそも、破けた前カゴを撤去してハンドルを交換しています。

そういえば最初はこういう姿だったなぁ…。

ここからハンドルとステム、サドルにシートポスト、スタンド、リアブレーキを交換。
泥除けと前カゴ、いらないステーを撤去。
思い返すと意外と手間かかってる。

最近の姿はこんなです。

こうして見るとやたらとワイヤーが長いですね。
ママチャリアップハンドルの時から、横着してワイヤーの長さを替えておりません。


で、カゴ装着。

テキトーに位置決めして、ネジ4本締めて完成。
たまに私も乗るので、サドルを上げてもカゴと干渉しないように後ろよりに固定。



ヨーロッパのママチャリみたいな感じがするぞ!

ちなみに後カゴ、あえて前後逆につけてます。

カゴ装着を見越して、いままで残してきたもともと着いてた荷台。
この荷台の天面がちょっと前傾してるんです。

実は27インチ用に足の長い荷台なんじゃないかと思いますが、SFCの駐輪場にたくさんいるこいつの兄弟も漏れなく荷台が前傾しています。
なので、これは仕様です。

そのままカゴを載せてみたら、カゴの周辺だけ強烈なウェッジシェイプをなし、勇ましく後ろに立ち上がって珍走団バイクの3段シートもかくやという姿になりました。


なので、前後逆。
カゴの一番上のラインが水平風で良い感じな気がします。

ちなみに、以前購入していたステンレスの前カゴは、自宅でスプレー缶入れになってしまいました。スプレー缶たちがああいうカゴを欲していた。
なので、今回カゴは新規購入。


カゴをつけた荷台の剛性が無いらしく、重い荷物をカゴに載せてダンシングするとワナワナと揺れます。
そもそもフレームもワナワナしてたんですが、一体この自転車はどこまでワナワナするんでしょうか。



普段乗ってる後輩曰く「カッコ悪いけど便利になって良かった!」だそうです。


ぐぬぬ。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
ちわ。
ねびです。


通学車、プジョーVTT205のハンドル、サドルにタイヤを替えました。
ついでに多少まともっぽい写真も撮りましたよ。

まずは交換前の姿。

付いてるハンドルはスペシャライズドのアナトミックバー420mm。
最近MASONではTranz-Xのショートリーチドロップ400mmを使っています。

これが中々、ドンピシャにハマりまして。
下ハンを使うと長らく悩まされた尻痛が緩和されてる気がします。
体重の分散とかいうやつができているのやも知れません。

そういうわけで、MASONから外して余ったスペシャハンドルはプジョーにつけていました。



リーチもドロップも大きめです。

何よりドロップがでかいので、自転車全体の見た目がエライ頭でっかちに見えます。
さらには400mm幅くらいがピッタリな気がしてきたので、420mmは幅広。



と、言うわけで、幅の狭いハンドルがすっかり気に入って、プジョーのハンドルもショートリーチのTranz-Xに交換してみました。

Y'sRoad池袋チャーリーで長らく安売りしてるハンドルです。
試しに更に幅の狭い芯々380mmを選んでみました。



装着にあたって平らな板をあてがってハンドルの端とブレーキレバーの先端の計4箇所が接触するようにするとブラケットの高さが左右でずれなくて良いって、のりりんに書いてあった。


それはさておき、ちゃちゃっと固定。

287Vは相変わらずワイヤー出口がしっくり来ません…。バーテープが細く巻けない…。ポジション出しの意味で当面バーテープは巻かないつもりなので、まぁ良いんですが。

ショートリーチで握り位置が近づいたので、可変ステムの角度を弄ってすこしハンドルの取り付け位置を下げています。


で、さらにサドルをMASONで使ってたVELOのVL-1133に交換。
尻痛に耐え切れずに交換したものですが、通学用途で短距離しか乗らないからシュッとしたのにしてしまえ。


ほんとはサドルをあと10mmくらい上げたいのですけれど、固着したシートポストが取れないのでできません。
ちょっと低めです。んー。


で、更にそろそろ傷んできたタイヤを交換。



トレッド面の摩耗はまだまだ限界には程遠いんですが、サイドが全周に渡ってヒビだらけです。
前々から興味のあった太いスリックタイヤに交換。
中古を安く手に入れたスペシャライズド・ヘミスフィアの旧モデル。26x1.95。



ミシュラン・シティ(26x1.4)からすると随分ファット。
しかも見た目通りに重量も重い。
これは旧モデルのトレッドパターンですが、現行モデルは880gもあるんだとか。

スペシャライズド・ジャパン ヘミスフィア 

トレーニング用だ…。
しかもスリックタイヤじゃなくて「トレッキングタイヤ」って言うらしい。
1.5以上の太さのタイヤを使うのは何年ぶりだろうってくらい久しぶりです。
軽いタイヤの出足の良さが好きなもんですから。

ただ、最近サーリーとかのファットバイク、しかも29インチタイヤにドロップハンドルを付けた「モンスタークロス」が面白そうだなぁと思ってまして、ちょっとやってみたくなったのでした。

太いタイヤは乗り心地が良いし。
特に不意に段差に突っ込んだときの突き上げが軟らかい気がします。
MASONが後ろだけ1.5を履いてるのは、尻痛をちょっとでも緩和しようともがいてた頃の産物です。


みるからにずっしりしたぞ…。

ちょっと乗りましたが、びっくりするくらいの「落ち着き」を得ました。
加速も鈍いし、ハンドリングも重い。
飛ばす気にならない。
すげー落ち着いてる。
たぶんMTBのブロックタイヤから交換したならこれでも軽くなった気がするんだ…。


加速が鈍いのはタイヤの重量も効いてるんでしょうが、さらにタイヤが大径化したことでギヤ比がキツくなってるのも大きな要因です。
52Tのチェーンリングが着いてますが、48Tあたりまで落としてもいいかも…。


街中の舗装路だったら荒れてようが突っ込んでいけるのは気分が良いです。
反面、遅刻遅刻ぅ!って言いながら学校に向かうには向かないですね(笑)

タイヤがずっしりしたので、キャリアとかスタンドを外しました。
取り付けたもののあんまり使ってなかったので、なんとかなるだろう。


ちょっとしか乗ってませんが、ダンシングで振り回した時の軽さは出ました。
あと駐輪場のラックに入れるときに軽い。
あ、スタンド外しちゃったから写真とる時に立てられないな…。
つっても今までのタイヤに比べりゃすさまじく重いけど。

このタイヤに飽きたらきっと1.5くらいの軽いタイヤに戻ると思います(笑)


【2013年4月24日追記】

交換してから通学で3日ほど乗りました。
相変わらず飛ばす気にならないほど重いです。

ただクソ重いだけだと思ってたヘミスフィアですが、太いだけに段差とか縁石のヘリを使って飛んだり跳ねたりがめちゃめちゃ楽しい事が発覚。
30cm位だったら平気で飛べます。
そういえばこのプジョーはMTBだったと、改めて思い返す次第です。

細いタイヤでこれやると、どっか壊れるんじゃないかってくらい着地の衝撃がすごかったのですが、「ドシン!」が柔らかく吸収されます。これはいいぞ。
太いタイヤの自転車に乗るのが久々すぎて、こういう利点があるのをすっかり忘れてました。

いやー楽しいわ。
装着にあたって、特に何も考えずにバルブ穴とロゴを合わせてしまいましたが、タイヤとホイールのバランス取りをすると面白いかもしれません。
とかいうのも、こんな動画を見つけちゃったから。






なんせタイヤ単体で公称900gもあるんですから、やったらずいぶん変わるかも?
また一つやってみたい作業が増えました。

ではまた


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ども、ねびです。
今日はなんか弄ったっていうんじゃないんですが…というか随分前に弄ったってはなしです。

「街乗りクロモリドロハンMTB」でくくっているプジョーカデット。
HDDの整理してたら、頂いてきた直後、最初にドロップハンドルにしただけの画像が出て来ました。2010年の9月頃…

小さいロードバイクみたいですね。

ブレーキレバーはVブレーキが引けるダイアコンペの287Vです。
マースバー向けの設計のようでアナトミックバーにつけるとブレーキワイヤの取り回しがキツい。

せっかくドロップハンドルにしたので下ハンでブレーキが引ける位置にレバーを固定しましたが、アナトミックバーに似合わない感じがすごいですね(笑)

ともあれ、リジットフレームのMTBのハンドルを換えただけなんですが、この見た目は今も好きですわ。

丸2年替えなかったピンクのバーテープは、この後見るも無残な姿になりますが、この頃は鮮やかです…。たたき売りのエチレン?テープとかいうやつで、新品当時からやたらベタついてました。だから安かったんだろうな。

当時、タイヤはパナレーサーのCloser。
安い割に軽いケブラービードのスリックタイヤ。
MTB用スリックタイヤとして開発されたってよりは、ロードバイク向けのシリーズにたまたま26x1.25もラインナップされてたって感じでした。
実税2800円ちょっとだったかな。
今はCloser Plusなる新モデルになったもよう。


漕ぎ出しの軽さは今まで使った事ある中ではかなり良かったような。
気に入ってMASONでも使ってます。

で、通学用としてしばらくこれを使ってました。
が、通学中に摩耗の限界を超えたらしく、後輪がバースト。

よく見ると尖ってたトレッド面の中央が丸くなってるので減ってたのは知ってたんですが…。

全く溝のないトレッド面は限界が見極め辛く、貧乏性には厳しいんだなと思って以来、この通学用自転車は溝付きのミシュラン・シティ(26x1.4)に履き替えたのでした。


ミシュランシティ、やたらと耐久性が高いタイヤでびっくりします。
クローザーの頃はリム打ちパンクしてましたが、ミシュランシティはサイドウォールがかなり強いらしく、明らかにパンクが少ないです。重いですけど。

サイドウォールだけでなくトレッド面にもかなりゴムが盛ってあるので、耐摩耗性も高いと思います。重いですけど。


しばらく乗るうちにサドルを上げたくなり、冗談半分に股下係数で0.9くらいに相当するすごい高さにしたら…

そのまま固着したのは以前の記事で書いたとおり。
思い出したら5-56を差してますが、まだ外れません…。
プラハンで殴ってみようかな…。


タイオガだかのエンドバーの部品を流用した、おそらく世界唯一のドロップハンドル用グリップシフトマウント。
フロントシングル化しても片側だけ未だ現役です。

このあとステムとハンドルの交換、リアキャリアと食器乾燥カゴ装着を経て…

なんだか農耕馬かロバみたいな姿になり、さらにクランク交換を伴うフロントシングル化、ペダル交換を経て、こんな感じ。

…最初の頃のほうが、シュッとしててかっこよかったような。
実は、まだ記事にはしてませんがまたハンドルを交換。

だいぶ「シュッ」を取り戻した気が。

更にはズタボロになったのをカバー掛けてごまかしていたサドルを変えました。

耐久性が高いとはいえそろそろサイドウォールが切れてきたミシュランタイヤの交換もしようかなと。

そのへんはまたいずれ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ども、ねびです。

先日弄ってたメリダのクロスバイク。
もともと大学の最寄り駅で頂いて、自走で秘密基地(自宅)まで乗ってきたのは先述の通りです。

実はその時、知り合いも都内まで自転車を引き上げるってんで一緒に走りました。
相手はパナソニックの電動アシストママチャリ。

せいぜい40kmくらいの距離でしたから、ちょっと頑張ったサイクリングってところでし;ようか。でも、自転車趣味じゃない人からしたら結構立派な距離ですよね。

相手は電動アシストとはいえ、ママチャリ。しかも女子150cm。特に運動してるわけでもなし?最初に断っときますが付き合ってません(笑)

頼みの電池がどこまで持つか分からないので、登り坂以外はアシストを切って走る男前。

3時間ほど自転車に乗り続けて、そろそろ多摩川を渡って都内に入る頃には案の定大変そう。


走り出す前に「かかとで合わせる法(?)」でだいだいサドルの適正高さを出したものの、重い自転車とママチャリ特有の高くて近いハンドルで見るからに足ばっかり疲れそうです。

しばらく走った頃、「ペダル変えてみれば?」と提案したら、イタズラ半分に(?)乗ってきてくれました。疲れた時に甘いモノをかざすと人間は弱いですね。

そこそこちゃんとしたママチャリですが、それが故にペダルはプラスチック。

踏み外してスネに当たってもさほど痛くありませんが、使い続けると滑る。

ビンディングペダルやピン付きのプラットフォームペダルで滑らないペダルの恩恵を知ってたので、滑らないペダルをいくつか探して、気に入ったのを買って貰いました。

グランジの小ぶりなプラットフォームペダル。
もともとロードバイクとかクロスバイク向けですが、ペダルの軸の規格はBMX用の一部を除いてほぼ共通なので、ママチャリにも付きます。

足が小さいので、サイズはこれでも調度良さそう。

もとのペダルが固着していたので外すのが大変でしたが、踏んづけたりなんだりでさっと交換して…


装着完了。
その後まだ10km程走りましたが、「滑らなくなった!すごい!」とモディファイ大成功でした。

ここまでできたのが画像の姿。

今回は更にママチャリ特有のアップハンドルを交換します。
ゆっくり走るにゃ良いですが、効率よく走ろうと思ったら疲れて仕方がないです。

持ち主は身長150cm位なのですが、それにしたってハンドルが近すぎる。
今回はグリップ位置を下げて、多少前傾姿勢を取って楽に漕げるようにしてみます。

というわけで、BAZOOKAのアルミフラットバーを用意しました。

1000円ちょっとの一番安い奴。クランプ径は25.4mmです。
ママチャリハンドルってクランプ径25.4mmが共通規格みたいですね。

元々のハンドルがステンレスの重量級。
ハンドル単体でびっくりするくらい軽くなってますが、自転車が自転車なので全体でみたらあまり意味ないですね。

電動アシストなのでインジケーター兼スイッチパネルがついてます。

がっちりついてるグリップはパーツクリーナーで滑らせて外し、他のベルやらレバーやらは、ネジを緩めてあっさり外れました。

今回一番面倒だったのはグリップ外しでしたわ。
ハンドルがぐにゃぐにゃな形状をしているお陰であまりレバー類を内側にずらせず、パーツクリーナーの細いノズルをもグリップの奥まで突っ込めない。
細めの六角レンチを突っ込んだりしてるうちにヌルっといって解決。

すっきりしたハンドル周り。

以前、このまま上下ひっくり返してドロップハンドル風に使いましたが、えらくかっこ悪い上にえらく乗りにくかったなぁ…。

ここまで来るとあとはステムのネジを緩めてハンドルを抜くだけ。

抜く様はイライラボーみたいだった。
もうこのネタ通じない人多いだろうな…。

で、フラットバーに差し替え。

レバー類を一旦固定して、大雑把にハンドルの角度を合わせたら試乗してもらいます。

良い感じに前傾姿勢っぽいぞ。
試乗した結果、580mmもあると幅広すぎな感じだったので、ハンドルを切ります。

もちろん、この前から大活躍のパイプカッターが登場。

アルミの薄いパイプなんかさくっと切れますよ。

長さを測って…パイプカッターをかましてグルグル切断。
漕ぎやすさを考えれば本当はもっと狭くてしも良いんですが、買い物とかでカゴに重い物載せるときに、あんまり狭め過ぎるとバランス取りにくいとおもうので片側20mmの540mmにとどめています。
実際の握り位置の幅は380mmくらいでしょうか。

片側は持ち主さんに切ってもらいましたが、女子パワーでもびっくりするくらい簡単に切れました。
唐突に切れ端がポロッと落ちて「え、もう切れた!」と二人してびっくりするくらい。

グリップとかレバーとかを本締めしてグリップを差し込み、終了。

ママチャリにさり気なく光るBAZOOKAロゴは賛否が分かれそうですね(笑)
ブレーキレバーがカゴと干渉しそうですが、動作に支障はないです。

ところでこの自転車、家族共用なので「ハンドル戻せ命令」が出る可能性があるそうな。
というわけで戻せるようにワイヤー類はアップハンドル用の長さをそのまま残してあります。
シフトワイヤもブレーキワイヤも明らかに長すぎですが、ハンドルを切っても基本的にカゴの裏に全て隠れて引っかかる危険は無いかと。

必要以上に長いワイヤー類は害悪でしか無いと思っているので、戻せ命令が出ないならば短縮したいですね。

そんなこんなでハンドル交換終了です。
最初からこういう姿で売ってるのもあるよね。

この後また5km位乗ってもらいましたが、股が痛いそうなので、サドルの角度を変更。

そういえばなんか妙に後傾してるな…。
ママチャリのスプリング付きサドルなので、座ると体重がかかってますます後傾します。ちょっと前下りに合わせました。
それと、ちょっと前傾つきすぎ?と思ったので7mmくらい前に出して再び試乗。

「なんかわたし速くなった!」

らしいっす。
よかったっす。

ではまた。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)


こんちわ。
だいぶ間が空きましたが、赤ママチャリ"マッハノンタン"のお話。
今回は後ブレーキのサーボ化です。


頂いてきた時点ついていたのは、「鳴きまくる」のが泣き所のバンドブレーキでした。

1万円前後の激安ママチャリには相変わらず標準装備。
使ってるうちに十中八九「キィィイイイイィィィ!!!!」が出ます。
よく効くんですがねぇ…。


バンドブレーキの内部にある摩材が劣化するとこうなるそうです。
新品のバンドブレーキに交換しなおしても良いのですが、この際なのでアップグレードしてサーボブレーキにします。

ささ、作業です。

まずは自転車を適当にひっくりがえし…

バンドブレーキに付いているねじ類やワイヤーを全てはずし、チェーンを上手いことずらしながら後輪を外します。
マッハノンタンは標準の2本足スタンドをセンタースタンドにしてあるのでスタンドを外す必要がありません。

で、外れた後輪からバンドブレーキの本体を取り外します。


真ん中に着いてる、うすっぺらいナットを緩めます。

今までサーボブレーキに換装したママチャリ2台、そんなに固く締まってないのでモンキーとかでも簡単に取れましたね。

で、メッキのカバーをはずすと出てくるのがこいつ。
ブレーキのドラム。

ハブに固定されているのでタイヤと一緒に回ります。
バンドブレーキではこれを外側から締め付けることで制動力を発揮します。
ディスクブレーキのディスクみたいなもんですかね。

ここで、冒頭でちらっと出てきた「ドラム抜き」なる特殊工具を用います。

なんだかんだで流用が効く工具のなかでは珍しい「他に使い道が無い工具」です。
そのくせ4000円弱。
ブレーキドラムを外す以外に全く使い道がありません。
買うか買わないか中々悩みました。


クランクプーラーなんかは相変わらず四角テーパーBBのクランクが付いてるクロスバイクでも使えるからいいんですけど。自転車屋の工具ですねぇ…。
大学の友だちの自転車いじるのにも使えるかと、思い切って買ってしまいました。


単体で安くとも4000円ぐらいするので、どうにか代替できないもんかと色々探しましたが、細長い鉄板や鉄パイプにネジ生やした自作工具で切り抜けてる人、オートバイ(スクーター)用の「プーリー抜き」なる工具を使った人、自転車屋に後輪だけ持ち込んで外してもらう人もいるみたいです。


そんなドラム抜きのピンを、ドラムの穴にはめて…


グリップの端っこを握ってできるだけテコが効くようにし、グッと体重をかけるると、ヌルっと回りました。

めったに外さないしいかにも固着しそう。
激安ママチャリなんて、組付けに固着防止のグリスやらが入ってません。
ななおさら大変…。

自作工具を作るなら、テコが効くように長めに作った方がいいでしょうね。
50cmは欲しいところ。

外すとこんな大きなネジです。
なんかネジと関係のない、玉押しの側面に妙にグリスが塗りたくられているわ…?
錆止めか、たまたま滲み出ちゃったのか。

このへんの造形はシングルスピード用のハブと似てます。
実際にシングルスピード用の固定コグが入るそうで、変速のないママチャリからバンドブレーキを取り外して、シングル固定化してる人もいるみたい。

ママチャリハブにはゆるみ止めの逆ネジが無いので、ボトムブラケット用のロックリングを使うのだとか。
ピストママチャリ、面白そうですが…ゆるみ止めとしてはちょっと怖いなぁ…。

ともあれ8000円位の最廉価価格帯のママチャリを、シングル固定化は面白そうだ。


外したドラムをサーボブレーキ用と比べてみると…

サーボブレーキ用の方が鉄板の厚み分大径(画像左)。
たまたま両方カラサワ製だからかな。
制動力が同程度になる工夫のような気がします。
他の構造的な要因で性能差がで出るんでしょう。

サーボブレーキはバンドブレーキと異なり「内拡式」です。


(指が被った…)

外側からドラムを締め付けるバンドブレーキに対して、内側から広がってドラムを締め付けます。
車とかバイクのドラムブレーキと同じ構造なんだとか。

この内拡式のライナーがドラムの回転を摩擦で止めることで制動力を生むわけですが、さらにドラムそのものに食い込むようにピボット位置が設定されています。

この食い込みによって制動力がさらに上がる事を「サーボ効果」と呼ぶ。
…って、このマンガに書いてありました。

カスタム虎の穴 3 ブレーキ編 (Motor Magazine Mook)/モーターマガジン社


だから自転車用は特にサーボブレーキって呼ぶのね。


まあ立派。


ちなみに、外したバンドブレーキはこういう中身です。



このかたつむりの殻みたいなカバーの内輪側にあるやや赤みがかったバンド…
こいつが劣化するとキーキー言うそうで。

ここだけ交換出来れば良いんですが、構造上どうしてもまた鳴きます。
そんな値段じゃないし、構造の異なるサーボブレーキ化してしまったほうがいいかなと。


ワイヤーが引っ張られるとほら、バンドが内側に引きずり込まれて内側で回転しているドラムを締め付けるんですね。



話がそれましたが、ここまでできたらあとはバンドブレーキの部品がついていたのと同じように、サーボブレーキの部品をつけていくだけ。
ブレーキワイヤーもそのままバンドブレーキで使っていたものを使用可能。

最後に調整ですが、バンドブレーキはブレーキワイヤーの張り具合だけでブレーキの聞き具合を調整します。

ですが、カラサワ製のサーボブレーキは1本のブレーキワイヤーが直接つながる片方のシューの動きに連動して反対のシューが動くカラクリが仕込んであります。

その反ワイヤー側のシューの初期位置をこの緑のカバーの後ろについてるネジで調整するんですね。
この緑の目玉が非ワイヤー側のシューの可動ピボットそのものです。

んで、調整も済んだら完成。


完成画像を撮り忘れたので、以前全く同じフレームの同じ色の自転車のブレーキ換装をした時のものです。


軽く試走してみたら、全く鳴かない!
「クーッ」っという静かな音が少しするくらい。全く近所迷惑ではないです。
鳴きまくるブレーキをクラクション代わりにしてる人は交換しないほうがいいな…。

アタリが出るまでしばらく様子をみます。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
中古クロスバイクの話。


この画像の下の状態になったメリダ・クロスウェイ。
この姿で再び40km程乗る機会を作って走り回りました。
フラットバーの自転車で長距離乗るの久々でしたわ。
ステムが下がると一気に乗りやすくなりました。
やっぱりもう少しハンドル遠くしたほうが好みですけども。
(前回参照)


ちなみにこの自転車、もともとエルゴグリップがついてます。


(カゴを外す前の画像です)

手が置きやすくて良いんですが、ただの筒グリップなら意識する必要のない、「グリップの取り付け角」をしっかり合わせないと、とても居心地が悪いですね。

しかも左右で角度が合わせにくい。
ハンドルを外して板当てて…みたいにしないと正確には合わせらんないな。
何度か修正しながら手の感覚で合わせましたけど。

最近流行りのロックオンタイプのグリップならまだ楽でしょうが、これは由緒正しき「グリグリ差し込む奴」。

グリップの内側にパーツクリーナーを吹き込んで、ヌルヌル動く間に調整です。
肉厚で変形しにくいのでパーツクリーナーのノズルを突っ込むのも大変…。
お陰でグリップ自体を外すのにも難儀しました。


幸いなことにハンドルはフラットバーです。
ハンドルの取り付け角ごと調整してもさほど変化が無いハンドルなので、左右の角度をあわせてからの微調整はハンドルごと回しましたが、ライザーバーなんかでハンドルの取り付け角を弄りたくない人はロックオンタイプの方が楽でしょうなぁ…。



グリップの話はさておき、続いてやたら幅の広いハンドルを切ります。
ドロップハンドルでは芯々で400mm巾がぴったりっぽい私ですが、このフラットバーは広すぎ。

新オーナーさんも殆ど私と同じような体格だったのでおそらく広すぎます。
フラットバーなら多少幅が合わずとも握り位置で調整が効くし、思い切って切ってしまいましょ。

ハンドル幅…というかグリップ位置が広い方が乗ってて安定感はあるし、段差に突っ込んでも姿勢を乱しにくいけど、ペダル漕ぐには腕が開きすぎて上半身に力が入れづらい。
肩幅のオバケみたいな人ならこのままでもいいのかな…。



さて、ハンドル幅を詰めます。
と言っても、いきなり適当に切断すると取り返しがつかないので、しばらく実験。



グリップを引っこ抜き、レバー類の取り付け位置を寄せれるだけ内側に寄せてみました。
ステムのクランプ径が31.8mmの太いやつなので、25.4mmのハンドルに比べるとあまり寄せれません。
でもまぁ、ほどよく幅が狭まって漕ぎやすい。よしよし。

後からつけようと思ってたので適当にパーツ山にあった中古エンドバーをつけてみました。90'sMTBの長いものなので、戦闘的です(?)
本当は新品を用意してあるのであくまで実験用。

私はドロップハンドルの上を握って走ったりするから、ハンドル幅が狭い分にはあまり違和感を感じないかもしれません。
加減が分かんないので「腕を平行に出してちょっと余る感じ」にしました。レバー類の操作にも支障がないのでこれでおっけー。

どっちかというとハンドル幅そのものより、ワイヤーの取り回しが辛い。

長いので余り気味です。

もともとママチャリポジション用にハンドル周りのアウターワイヤーは長めだからな…。
ワイヤーはあとで張り替えます。



グリップを剥いだらハンドルに刻印が出て来ました。
このハンドルは580mm幅らしいです。そりゃ幅広いわ。

ここまで行った所で、ばらせる所をばらして一旦洗車。
このタイミングで洗車したのは気分ですね…。


長いバーエンドのおかげでハンドル周りに傷がつかないんだぜ。


クランクも外しました。
後々張り替え予定のワイヤーも全部取ります。
FDのワイヤはなんか茶いろ。サビサビ。


洗車と実験が済んだのでハンドルを切り詰めます。
「前述のグリップ位置に必要な幅+エンドバー取り付け代+5mmの余裕」で、左右20mmずつ切断することにしました。


いつもなら弓ノコで切るんですが、せっかくなんで秘密兵器導入。

近所のホムセンで2000円くらいだったパイプカッター。
ステンレス用の替刃が500円くらい。とりまアルミパイプが切れれば良いので標準刃。
3~32mm径の金属パイプが切れるそうな。
自転車関連の用途はだいたいこれで対応できるんじゃなかろうか。
絶対に必要な工具ではないですね。

バリが(あまり)出ないし、綺麗に垂直にカット可能。
これからはパイプカットし放題だはっはー!


で、切断してこんな感じ。
作業写真がありませんが、
・細い油性ペンでハンドルの端から20mmのところにけがき跡をつける
・パイプカッターでグァっとハンドルを咥え込む
・パイプカッターのネジを締め込みながら
・パイプカッターをグルグル回す

しばらくグルグルすると、ぽろり。

20.5mm

…くそう。
左右ともに0.5mm切りすぎました。

パイプカッターはローラー状の刃を金属パイプに押し付けて切るのですが、刃が金属パイプに食い込むほどに刃の厚さ分、押しのけられた金属パイプの切断部が伸びるんでしょうね、
ちょっとだけ切断面にテーパーがかかります。
それがちょうど0.5mmくらい。学んだ。

のこぎりで切断するよりはよほど少ないですが、多少切断面(特にパイプ内側)にバリが出るので、ヤスリで整えます。引っ掛けると切り傷になりそう。


ともあれ、ハンドル切断が完了しました。
あとはちょちょっとレバーやらグリップやらをつけてけて終了。







続いて、ワイヤーを作ります。

この自転車を頂いてきた時から思ってたんですが、たまたまピンクと白のアウターワイヤが在庫してまして…。それぞれシフト用とブレーキ用。

フレームの薄水色と合わせて3色使ってトリコロールにしたら可愛い!と思っていたのです。
そうそう、今までたまたまあったニッパのオバケみたいなのでワイヤー類を切っていましたが、ちゃんとしたケーブルカッターを導入しました。


ホーザンと迷ったけど500円安かったTOBEなる台湾メーカーに。
インナーはステンだろうがスチールだろうがバツバツ切れて至極心地よいですが、ブレーキアウターは多少潰れます。サクッと切れますけど、後処理が必要な程度にぐにゃっと。
シフトアウターは問題なく綺麗です。
どっちにしろ、アウター切断面はヤスリで整えますし、しっかり切れれば良いかと。

アウターワイヤーの長さにいつも悩みます。特にハンドル周り。
ギリギリまでハンドル切って多少の余裕が出るように長さを設定してますが、長すぎると見た目が野暮ったいので短くしたいんですよねぇ…。
フレーム側のアウター受けの位置もあるので少々面倒です。

あと今回はブレーキにパワーモジュレーターが着いてたので余計に面倒でした。

ブレーキワイヤーに入れ込んで、ブレーキが簡単にロックしないようにバネでインナーワイヤーの張力をある程度逃がす装置。
私自身、普段は使ってないし、タッチが曖昧に成るのであんまり好きじゃないんですが、握っていきなりガツンと効かないので確かに安全かもしれません。

今回はスポーツバイク慣れしてない新オーナーさんのもとへ嫁入りするのであえて残してみました。
そんなこんなで悩みながらアウターワイヤーを切断。



ピンクがシフト、白がブレーキです。
どっちもアリゲーター。
シマノと比べると耐久性が気になりますが、自分で使ってる分では特に問題を感じません。
色々色があるので楽しいですね。色々。

バイスにアウターが潰れない程度にやんわり咥えてズーリズリ。
切断面を平らにします。
バイスを使ったのは作業がしやすいから。

そのまま咥えると被覆にキズが入りそうだったので、養生のためにアウターに付箋を巻きました。
ちょうどよかったです。

んで、シフトもブレーキも全部加工が終わったら組み上げ!

可愛いじゃないか。
パステルカラーですが、若い男の人が乗っててもそんなに違和感ないと思います。
私は。

ワイヤーを張り替えるついでに前後のVブレーキも外して清掃・グリスアップしました。

ボールポイント付きの六角レンチはこういう時に便利ですわー。

Vブレーキが外れました。
台座回りもブレーキが着いてると掃除しにくいので、これを期にきゅきゅっと。

ブレーキ本体も入り組んでいるので砂埃が溜まります。
ブレーキダストと入り交じってウグェアァブァ…っていう感じになりますね。
文字化けじゃないですよ。

グリスアップして再組立。
ちゃんとグリスが入ると、機械の寿命が伸びるとかそういう、物理的な話の他に、操作してる側の人間が精度感のようなものを感じてきて、機械そのものが上質な感じになる気がします。


次回は完成写真編?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ちょっと部品の話をします。
というか、私はこの話がしたかった(笑)

シティサイクルにも色んなのがあって、特に興味ない人なら見た目(フレームの形と色)、あとはまたがってみた感じで選ぶ方が殆どじゃないかと。
せっかくなので、値段と外観だけじゃなくて、どんな部品が付いてるのか見てみてください。


細々色々書きますが、おすすめのは決まっていますので先に画像でお送りしましょう。

ハンドルの手元に…


こういう「ひねる」部品がついてて、

後輪の真ん中に…


ギヤだか歯車がいっぱいついてて、


ライトは…


タイヤの側面に押し付けるタイプじゃなくて、


(これはタイヤの側面に押し付けるタイプ)

後ろのブレーキが…


コレじゃないやつ。



まずは変速。

行きも帰りも登り坂のある湘南台⇔SFC間。
自転車には変速が付いてたほうが圧倒的に楽です。

15,000円クラスでのお勧めは外装6段!


変速にもいくつか種類がありますが、この価格帯で買えるものの多くは

・変速なし
・外装6段
・内装3段

の3種類がです。
それぞれにいいとこ、ダメなとこがあります。


・変速なし

文字通り変速が無いタイプ。
かっこ良く呼ぶと「シングルスピード」。

余計な部品が無いので、そうそう致命的な壊れ方をしません。

長い期間乗っているとカラカラ音がしたり、チェーンが外れることもありますが、乗ってるうちにチェーンが伸びることによるもので、簡単になおります。

湘南台周辺だと坂が多いのでちょっと大変ですが、乗ってるうちに身体ができて来てますよ。
自転車で江ノ島や鎌倉まで行ってみたい!時はますます大変ですが、気合です。
楽しいですよ、江ノ島サイクリング。


・外装6段


後輪の軸あたりにぶら下がった変速機と、6枚のギアが付いたものが「外装6段」と呼ばれます。

変速段数が多く(スポーツバイクと比べると少ないですが)、上手く使いこなすとアップダウンでも疲れにくいです。
なので、この価格帯で私の一番のお勧めはこれ、「外装6段」。


余談ですが…
自転車店の品札に「信頼のシマノ製変速機採用!」ってキャッチコピーがついてることがありますが、このクラスのシティサイクルならキャッチコピーの有無にかかわらず、変速関連の部品は十中八九シマノ製です。

で、このシマノ製の外装6段の変速機もとても優秀で、自転車そのものが歪んだりしない限りはめったに壊れません。

ところが、街中にはうまく変速しない外装6弾の自転車もあまたいます。
転んだり倒してないのに調子が悪い、異音がする時は、たいがい調整不良。
自転車屋に持ち込んだら元通りにスパスパ変速するようになります。
ネジをちょちょっといじるだけなので簡単です。

また、ギヤの下にぶら下がっている変速機(リアディレーラーと呼ばれます)がチェーンに常に張力を与えているので、チェーンの伸びによるトラブルが少ないです。
逆に言うと、相当酷使した後、いきなりチェーンが切れます。めったにありませんが。


・内装3段

1万5千円よりもう少し高い自転車だと選択肢に入ってくるのがこれ、内装3段。


後輪の軸にちょこっとだけワイヤーの繋がった灰色のカバーがついてます。
これも、シティサイクルならほぼシマノ製。

なにが良いってメンテナンスフリー。
変速機自体は殆ど整備せずとも粛々と仕事をこなします。
トラブルが起こるとしたら「変速なし」の自転車と同様にチェーンの伸びによるものです。

何年も乗ってたり、雨ざらしで保管していると、ハンドルに着いてるシフターと呼ばれる機械の内部が錆びたり油が切れて作動不良を起こすことがあります。


こんな感じでカバーを外して、注油すると治ります。
ちょっと複雑なので自転車屋に頼みましょう。
内部の摩耗が進んでたらまるごと交換ですね。

このハンドルに着いてるシフター、内装3段の場合は大雑把に2種類があるんです。

・グリップシフト
:「ハンドルの握りをひねって」変速するもの



・ピアノタッチ :レバーを押して変速するもの


よりトラブルフリーなのは内部構造が外に露出せず、雨や埃の影響を受けにくいグリップシフトなんじゃないかと思いますが、しっかりとした検証ができていません。
普通に扱ってる分にはどちらもそうそう壊れないです。

長く乗るにはメンテナンスフリーで便利な内装3段変速。
ですが、なにしろ3速しかありません。

そのため、各ギア間の変化も大きく、
「このギアだと軽すぎだけど、次のギアだと重すぎ」
みたいになりがち。


相当な豪脚か小径車でも無い限り、ほとんどのシティサイクルは一番重い「3」のギアは下り坂でもないと使うタイミングがありません。段数が少ないせいでギアが半端な印象です。

と、いうわけで私はあんまり好きじゃないです…。
(外装6段の変速調整が自分でできるのであんまりメンテナンスフリーの利点を感じないのも大きなところ…)


・・・そして、ここでもう一つ話題にしたいのが「ブレーキ」。
15,000円以下の自転車だと、前ブレーキはほぼ例外なくこんなやつ。


(専門的にはシングルピボットのロングアームキャリパーブレーキってなるのかな…)

メーカーや色、刻印などが異なりますが、ほぼ性能差が無いのでここでは話題にしません。

強いて言うなればブレーキシュー(ゴム)の質が変わりますが、試乗して必要十分に効くと思ったらそれで良いかと…。

中古で買うなら、ブレーキシューのゴムが経年劣化で固まって制動力が落ちていることがあるので、効きが弱いと思ったら新品に交換してみてください。
おおまかにステンレスリム用とアルミ・鉄リム用があります。


問題は「後ろのブレーキ」

シティサイクルでは大きく分けて3つのタイプがあります。
適切に調整されていればどれも効きに問題はありません。
後輪の車軸のあたり、ギアの反対側を見てください。

・バンドブレーキ

安価でもっとも普及したタイプですが、構造上水に弱く、劣化すると「キーィィイィイイイ!!!!」っていうあの音が鳴りやすいです。早いと半年くらいで鳴き始めます。
内部部品の劣化によるものなので、一旦鳴き出すと交換するしか静かにする方法がありません。

鳴きやすい以外は実用上問題ないです。
2万円以上のシティサイクルには装備されなくなりつつあります。
が、最廉価クラスではまだ現役で新車装着されてます。


・サーボブレーキ



先述のバンドブレーキの改良型で、「キィイィィィイイイ!!!」が鳴りにくい構造です。
クルマやオートバイのドラムブレーキと近い構造をしています。

バンドブレーキとは丸っこい外観もよく似てますが、俗に目玉と呼ばれる色付きの丸いカバーが着いてるのが特徴。

画像のは緑ですが他の色もあります。

バンドブレーキと装着部が共通なので、サーボブレーキに交換出来ます。
鳴き出したバンドブレーキをこれにアップグレードしてやるのはママチャリ改の定番です。

専用の特殊工具を使うので手軽に交換は出来ませんが、私は工具持ってるので交換作業受け付けていますよ(笑)

・ローラーブレーキ

(画像は整備の際に車輪を外したものです)
変速の項でも登場したシマノのシティサイクル用ブレーキ。
今回紹介した中では最も新しい形。

ほぼ整備いらずで制動力も強力、雨にも強いです。
「INTER M」とかって製品名のシールが張ってあります。

バンド・サーボブレーキとの互換性はないので、ややこしい改造をしないとあとからこれに交換することはできません。


さて、後ろブレーキの紹介をして参りましたが、私のお勧め順に、
ローラーブレーキ >= サーボブレーキ > バンドブレーキ
です。
この図式はほぼ装着される自転車の価格順と等しい。
なので、15,000円以下の最廉価クラスだとローラーブレーキがついてるのは珍しいかなぁ…。


どれもきちんと整備されていれば制動力に問題はありません。
効きが悪い?と思ったら、まずはワイヤーの張り調整をするとよいです。
ネジが錆びてなきゃほんの1分で効き具合を調整出来ます。


ライトは「ハブダイナモ」が良い!
暗がりを走らねばならないチャリ通SFC生に明るいライトは必須です。
中でもお勧めなのは電池交換の必要が無く、比較的明るい「ハブダイナモライト」の自転車。


ライト周りがスッキリしてるのが特徴。
前輪の車軸部分(ハブ)が太く、そこからケーブルが伸びてライトにつながります。
自動で点灯するか、日中も点灯しっぱなしでも走りが軽いので楽ちん。
つけ忘れも少ない。ほとんどがLED仕様で低速でも明るい。

正直、これまで書いたブレーキや変速は置いといても、ハブダイナモはつけろと言いたい程におすすめ。


それに対して昔からあるタイヤにローラーを擦りつけて発電するのが「ブロックダイナモ」と呼ばれるタイプ。


しぶとく生き残っていますが、点灯すると走りが重くなる上に低速だと暗い。
ブロックダイナモでもLED仕様で下手なハブダイナモライトより明るい上に走りが軽い製品もあります。



たまにホームセンターの自転車とかにLEDのブロックダイナモが着いてることがありますね。
試乗するときはライトもつけて、走りが重くならないかチェックしてくださいね!

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
ども、ねびです。
今日新学期開けて初めてガッコに行きましたが新入生のイベントがなかったせいで在校生ばっかでした。つまらn
ご入学おめでとうございます。

普段から自転車大好きで、もちろんSFCへもチャリ通する私ですが、せっかくなので今から自転車を手に入れて、チャリ通を考えている新入生・在学生の向けて「こういう自転車がお勧め」っていうのを書いてみたくなりました。

最近、譲渡仲介したり修理したりでいろんな自転車に触れる機会が増えて面白いです。
私のわかる範囲だと、せいぜいシティサイクルの解説くらいしか出来ませんが、特に自転車に興味無い人からすれば、少しマニアックな(?)「ママチャリ部品」の解説を試みます。



最初は、SFCに通学する学生に求められる自転車ってなんだろうってとこから…

1、チャリ通SFC生とは?
チャリ通SFC生には、ぱっと思い浮かぶだけで3つの特徴がある気がします。

①日常的に荷物が重い・大きい
SFC生ならノートPCを持ち運ぶのが必須。
軽いものでも2kg弱、流行りのMacBookProにACアダプタなんかも持ち歩くと簡単に3kg以上。そのうち慣れますが、重くてでかいことに変わりはないですね。

資料の多い言語を熱心に取ったり、研究会の課題図書、果ては体育の着替えに運動靴。サークルに入るとまた増える。

どーしても荷物は増える傾向に…。

②起伏のあるSFCの周辺を通学しなければならない

SFCから湘南台にかけての通学路、山登りとまでは言いませんが、丘が連なりそこそこにアップダウンがあります。

特にSFCのすぐ隣にある「藤沢ジャンボゴルフ」前の長い坂は有名。


傾斜は大したことないけど、ゆるく登り始めてから400mくらいある?

行きはヨイヨイ、帰りはヒィヒィ…。
なれない新入生がよく自転車押してますね。

③日が落ちても自転車に乗る
授業だ、サークルだ、グルワだ研究会だと言っていると、SFC生にはすぐ夜がやってきます。
湘南台⇒SFCの通学路には街灯が少ないことも多く、明るいライトが必須です。

ちなみに、過去に「SFC生狩り」などと夜に自転車に乗っているSFC生を原付で囲んで襲う強盗が出たことがあるので、あんまり夜中に出歩くのはオススメ出来ません。
サークルの先輩(男性)がお金を脅し取られたことがあります…ひぃい。


2、求められる自転車とは

さぁ、通学用に自転車を手に入れましょう。
先ほど考えたSFC生の特徴を踏まえて、どういう自転車がいいんでしょうか。

今回はSFC生が一番乗ってる「1万5千円以下くらいの自転車」について考えてみます。
自転車に特に興味のない大学生が買いがちな価格帯でしょうか。
そもそもそんな人はこんな文章読むのかな…まぁいいや(笑)

①荷物はカゴ付き+リュックサックの組み合わせが最強?
荷物が載ると言えばカゴのついた自転車がいいと思いますよね。
多少重くとも荷物をどかーんっと突っ込める、かご付きは楽です。

ちなみに、私はリュックサック・バックパックで「荷物は背負う派」です。

個人的な好みですが、前カゴに重い荷物を積むとハンドル操作が重くなるのであんまり好きじゃないのです。自転車から直接振動が伝わってパソコンが壊れるのも心配だし…。

私の場合は「大学の最寄り駅まで電車通学」なので、自転車に乗っていない間も結構な距離を荷物を携えて移動します。
リュックだとそのまま歩けますしね。

チャリ通SFC生だと「リュックサック(または肩から下げられる大きいバック)+前カゴ付き」自転車が多いかな?


②どんな自転車を買うか?
さて、いよいよ自転車選びをしましょう。
今回は、特に「別段自転車に興味ない大学生が買いがち」な15,000円前後のシティサイクルに限ってみます。

私がおすすめしたい「見てわかるシティサイクル選びのチェックポイント」は3つ。

・変速
・後ブレーキ
・ライト


です。

長くなったので続きは次回、変速・ブレーキ・ライト編…。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。