iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:


ココントコ東京は天気がよいですよ。
昨日までは。

ねびです。

先日、私の通うSFCのデザインっぽい研究が一同に会した展示会「XD Exhisibition 2013(XD展)」に「のりもの」を出展して参りました。

展示した「のりもの」とは、これ。

"着るホバークラフト"

すげー簡単に説明するとこうです。
「背中に掃除機を背負って、2機のホバークラフトに片足ずつ載せる乗り物」

もっと簡単に説明するとこれです。
「陸戦型ドムごっこマシン」




陸戦型っていうかリックドムじゃないよってだけです。
両足にホバークラフトつけてフォォオオオ…っと移動できるマシーンです。

…正直に言うとそこまで完成度高くないので、大して移動出来ません。
摩擦の低減を感じながらジタバタできる程度。
どうだアホっぽいだろう。


じゃあ、なぜそんなものを作ったのか。
もともとは今回のXD展、その準備が始まった頃にさかのぼります。

本来、XD展はSFCの大学院で行われているデザイン教育の展示会で、大学側が運営していたのですが、今回からは学生による運営になりました。

運営スタッフをされている先輩に「出してもいいよー」と言って頂けたので、出展します!って声を上げた次第です。

ですが、出展を決めた時点では、自分たちでも何を作るかよく分かってませんでした。
とりあえず、手元に壊れた掃除機が会って、のりものが作りたい。

何が出来上がるかわかんなかったので「のりもの」なる出展名をつけました。







さて、本題にもどりまして。
事の発端は大学の研究室で壊れたダイソンを発見したこと。
ちょうどXD展出展者を募り始めた頃。



画像のは新しいやつですが、これの旧型「DC12」。
研究室には別の掃除機があり、壊れたそれは部屋の片隅で惰眠を貪っていました。

余った掃除機あらば、ホバークラフトを作るのは男子の道理でございます。



早速分解。
分解するにあたって大変参考にさせて頂いたのはこちら。

たっくんぱぱの電動ヘリ奮戦記ダイソンの掃除機DC12修理パート1
http://takkunpapa.air-nifty.com/blog/2010/07/dc12-461f.html

まさしくこれです。研究室にあったのは。
車輪を外すと本体を外すネジが現れるんですが、この記事なくしては気づかなかったでしょうね…。助かりました。

分解してみると、すべてのネジが同じものだったり。
モーターにカンが無くて磁石むき出しだったり。

分解するだけでも中々面白い工業製品でした。
それぞれの設計意図を考えると楽しかったし、部品点数も少なくて、すごい機械だ!って思いました。




で、ホバークラフトにしたいなぁと思ってるわけです。
本来、空気の流れ的にモーターの手前で仕事をさせる構造になっている掃除機を、モーターの後ろで仕事をさせるように構造を変えます。

ダイソンの掃除機はサイクロン式なので、ここでも面白い構造してました。
ホースから吸気された後はこんな感じの経路を取ります。



有名な「20万Gの遠心力を生むサイクロン」部分がこの画像のA~B間。
モーターをB~C間で挟んで、本体の下から後方に排気されます。

ホバークラフトのDIY作例を探すと99年ごろの古い記事がたくさん出てきます。
しかもかなり丁寧に解説されています。
気になったらググってください。

それらの記事と今回の大きな違いは「紙パック式の掃除機じゃない」こと。

紙パック式の場合はホースのつながるAから吸気された空気は、
ホース⇒フィルター(紙パック)⇒モーター⇒排気口
と、前から後ろへ、一直線に空気が通ります。

どうやら紙パック式だと、一直線に吸気・排気が為される構造がゆえ、モーターユニット単体でも平らな面に取り付け易い形をしているみたい。99年ごろはサイクロン式の家庭用掃除機なんかなかったわけで…。

でも今回のダイソンDC12は、Z字型の空気経路を持つがゆえ、モーターユニット単体で使うより本体の外装を使った方がやりやすそう。

とりま、どう考えても不要なサイクロン部分と、他の外装を剥がします。
ネジはずしていくと簡単に取れます。


使われてるのがT15のトルクスネジ。
それだけどこぞで買ってくればおっけー。

私はビット交換式のドライバーを使いましたが、普通にL字型レンチの方が狭い所も使いやすいと思います。

カムアウトしにくいトルクスネジですが、反面、舐めるの覚悟で無理やり回すには厳しいです。
プラスだったら回せるんだけどなーっていう奥まったところにあるネジもダメ。
どうやらモノはM4の木ねじと近そうなので、普通のプラスネジに変えてしまおうかしら。


ささ、というわけで、上記画像のC付近から排気を取り出す構造にします。
ダイソンの裏蓋を外すとこんな感じ。

ちょうど前に向かってモーターから排気された空気が、180度方向転換させられる部分です。

本来ここにはホコリまみれの紙フィルターが入ってました。
だから外周部分に発泡ウレタン?みたいなパッキンが施してあります。

微粒子まで濾し取るのはサイクロンだけではないようです…。
これ外すのにめっちゃ鼻水でた。

ここを塞いでしまいます。

図面なんか無いので、厚紙を切っては押し込み、穴のサイズを確認。
手持ちの2mm厚のアルミ板を切り出します。



暑さ2mmもあると、2000番台のアルミでも弓のこ手切りはけっこう疲れますね…。

「シャーリングで大まかに抜いて上の凸部分だけ造作」が簡単なんでしょうが、全部手切り!
のこぎりの切り跡をヤスリで整えて整形完了です。


パコッと綺麗にハマります。
ハマりが良すぎて外せなくなったので、掃除機の電源入れて吹き飛ばしました。
気持ちが良いですわ。ふははは。

ここは後から接着剤で接着します。




で、本来の排気口の蓋ができたわけです。
今度はこの空洞部分の上から、空気を取り出すダクトを設けます。

今回は4本のホースをつけて空気を取り出すことにしました。

2本でも良かったんですが、ホースがいっぱい出てるとかっこよさげなので。

本当のところは、できるだけ排気側の抵抗を減らしてモーターに余計な負荷を掛けたくないのが理由ですが、どのくらい負荷がかかってるか調べてません。
ダイソンパワーなら大丈夫だろう。放っておきます。

先ほどのふたと同じように厚紙にだいたいの形状を写しとったら、図面でダクトの配置を検討。

こんなかんじかしら。

印刷してスプレーのりで本体に固定。
ミニ四駆の肉抜きで培った「小さい穴をたくさん開けて大きい穴をくり抜く作戦」で穴を広げます。

画像で作業してるのは一緒に作った後輩。

ニッパでちぎった跡をヤスリで整えて完成。
ここには、直径29mmの水道用パイプを差します。

結構な勢いで空気が出るので、できるだけ太いホースを使いたかったのです。
4本出しにしたのと同じ理由。

で、調べたら内径32mmのホースがあるらしい。

これを使うことを想定して、ハンズで出てきた外径29mmの塩ビパイプを加工します。


太さが足らない分は、ビニテぐるぐる巻きでごまかしゃ良いだろ。
この塩ビのパイプジョイント、ホムセンで探すと一個40円くらい。

うっかり値段を調べないで買ったら160円近くしました。
ひぃいー4倍。


ん?そういえばここにはきっとすごい勢いで空気が流れるんだろうな…。
バイクや車のキャブレターを思い出して、リューターでファンネル状に加工。
ケーヒンCRとか萌えますよね!

リューターがあるとこういう加工が簡単でいいわ…。
多分、ほとんど意味ないです。
ドリーム。ドリーム。気分。気分。

ダクトができた所でさっきの穴に指すのですが、差込時の空間の余裕を考えなかったせいで上段2つが入らず、突き出しを短縮。
どうにか頑張ってさっきの掃除機本体に差し込んで…

こんな感じ。
ビニテで太らせます。

やっぱ、無理やりはめるに当たって切断した右下が短い…。
大丈夫かな…。


長くなったのでまた今度。
なんかまた今度がいっぱい溜まってきたな…。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ども、ねびです。


先日ポチったキックボード。

引っ張ったくらいではハンドルの固着がびくともせず、そのままだとあまりに乗りにくい。
プラハンで叩けば外れるかと思ったら、そう上手くもいかず。
もともと自転車用のステムを使うつもりなので、一体型のハンドルの首を切断して叩いたものの、やっぱりダメ。

仕方ないので5-56で漬物にして、しばらく放置することにしました。

コンビニ超特急にするんだもん。

ステムとフォークの隙間から毎日5-56を吹きます。

隙間に表面張力で5-56が満るように注油。


一日おくと揮発するのか、毛細管現象で吸い込まれていくのか、5-56がなくなります。
そしたら、同じようにまたシューッ。

重力で染み渡るようにフォークは壁に立てかけて置きました。
ダラダラ垂れはしませんが、敷いた新聞紙に染みが。

効くかは全く根拠がありませんが、5-56が飛んだ状態でプラハンでフォークコラム側面をガンガン殴ってみたり。衝撃でサビが剥がれたらいいなぁ…とか思いつつ。
普通のハンマーでやるとスレッドヘッドのねじ切りが潰れるのでやらかいので。





これを1週間ほど続け
…一時、すっかり忘れてました。

が、3日後くらいに思い出してフォークとハンドルポストをひねってみると、
「コクッ…」
と、今までなかった感触が。見た目にはまったく動いてないんだが。
めでたく錆による固着が緩んだのかしら?

もっと大きい力でひねるべく、

こういう棒状のフォーク&ハンドルポストに

シムをかましてMTB用のステムを装着。
フォーク側にはアーレンキーを突っ込んで捻るようにしました。


多少力を込めて捻れるようになったので、根気よく捻るってるとズズッと動き…

ズボォ…

真っ黒なアルミパイプ登場。
5-56で湿ってます。漬物作戦が効いたみたい。

サビを含んで真っ黒になった5-56を拭き取ると…


アルマイトは剥がれ、真っ黒に錆がこびり着いています。
よく外れたなこれ。

なんにせよ、これでいよいよフォークとハンドルポストが分離!
あとは届いた時点で欠品だった「ステアチューブクイックリリースレバー」をどーにかせにゃなりません。


これがないとハンドルが固定できないのです。


それはまたこんど。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
意外と程度いいぞと思ったら。




ねびです。

先日ヤフオクが5000円未満なら未登録でも落札出来ると知って、試しに400円の中古キックボードをポチったら、落札してしまいました。

即決だと思ってなかったからびっくりした(笑)
ネット取引には気を付けにゃー。


数日して届いたのがこちら。



懐かしの「JDRazor」。
キックボードには詳しくありませんが、ざっと調べた感じだと「MS-130」って型番のによく似ています。

キックボードも改良されているみたいで、私の手元にあるのはシャシー(デッキと呼ぶらしい)と折りたたみ部はアルミの溶接仕上げですが、最近のやつはネジ止めみたい。
そっちのほうが製造コスト安いんでしょう。
見た目も綺麗っぽい。



やたら通販ページがたくさん引っかかるので、流行は去っても一定の需要はあるのかしら。

流行った頃は2万円くらいしていた気がするんですが、今や似たようなものは3000円くらいから新品が買えます。
品質やら強度に気を配れる製造コストなのか…?



落札したやつはハンドルの伸び縮み機構が固着していて最短から伸びないけど普通に乗れる
そう。
小学生の頃に流行ったんだよね。

大学の研究室に置いといてコンビニ超特急にしようと目論んでいます。
たまに大学に泊まるんですが、生協が閉まった後、コンビニ行くのに遠いのです。
あと、Aoi Industriesのサイト見てて、自転車部品流用でいじるとおもしろそうだった。


とりあえず、観察。
埃かぶってますがこれはウエスでキレイにできそう。
ちょっとサビ。
ハンドル上部のクランプが欠品。
説明通りにハンドルが固着しています。
叩きゃなんとかなるだろ。

ハンドル伸縮の固着はよくある症状のようです。
構造的欠陥の香りがする。


久々に乗ると、すいーっと思ったより進む
反面、ガラガラうるさく、ブレーキ効かねぇ。
少しでも舗装が荒いとハンドル取られます。
大人でも乗れるけど、急ブレーキは無理。

アメリカの子供向けだから、ただっ広いコンクリ舗装の道ではさぞ快適なんでしょう。

それは置いておいて、ハンドルが低くて縮こまって乗らなきゃだから辛い。
ハンドル固着をどうにかしよう。


入札した時点で大したことなかろうとナメていたのですが、結論から言うと大間違いでした。

ママチャリの固着ステムを外す気分で、ショックレスハンマーでハンドルやらフォーク下部やら、固着に関係ありそうなところをガンガン殴りますが…数十回殴ってもびくともしない。



フォーク側にステンレスのパイプ突っ込んで叩いたり、叩けそうな方向からはだいたい叩きましたが、ダメ。

アホらしくなってきたので、ハンドルの首ねっこを切断。

弓ノコで切ったあと、無駄にヤスリで整えちゃったりなんかして。

ハンドルが溶接されているので、ここを切らねばフォークすら外せません。
体重制限100kgは伊達ではなく、思ったより肉厚パイプでした。

ちなみに、切断する気になったのはハンドル下部の径が25.,4Φだから。
シムをかますと、難なくオーバーサイズのアヘッドステムが付けられます。

首(と前足)なしキックボード。
ここまでやってようやく構造と状態がわかりました。



「ステアチューブ」というただの筒を抜き、ヘッドパーツのナットを外して、ようやくフロントフォーク

…と一体になったハンドル下部とご対面。



立派にさびてる。

クロモリフレームの自転車でよくある「アルミシートポストの固着」と全く同じ症状です。
鉄製のフォークコラムと、アルミのハンドルが電蝕を起こして見事に合体。

フォーク側から棒を突っ込んで確認したら…

13cmに渡って鉄とアルミが、少なくとも「寄り添い合っている」模様。

サビや埃の付着具合からして雨ざらしではなかったんだと思うんですが、電蝕が起こってラブラブになってるみたい。リア充爆発しろ。


5-56いれて様子をみてますが、効き目がないようです。
いくら叩いてもびくともしない。もうしばらくおいてみるか。

JDRazorの公式ページに行くと、補修用部品としてフォークからハンドルまで、それぞれ1500円以下で通販してくれるみたいなんですが、送料込みで1500円しなかったもんにそこまでかけるのもねぇ…。

ということで、5-56が浸透してくれるのに期待しつつ、現在放置中です。

鉄とアルミの電蝕固着にはこれだ!っていう決定的な解決策がないようで、内側からのこぎりを入れてアルミパイプに割を入れて取り去るとか、バーナーで炙ってアルミだけ溶かすとか、ただ事じゃない感じの事例がいっぱい。

こまったなー。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。