iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
涼しくなったと思ったらそんなでもなかったでござる。


ねびです。
前回のMTBドロップ化ではSTIが壊れたかと思ってびっくりしましたが、今回はその続き。

よく見たら樹脂のアウターキャップが割れてます。
どうやらアウターワイヤーの長さもあまりよろしくなかった模様。

シフトワイヤーを張り直すのにアジャスターを噛ましてアウターを若干延長しました。
 
ジャグワイヤーの。900円くらいだったかしら。


余談ですが、私の世代だと小学校低学年の頃に第二次ミニ四駆ブーム絶頂でした。
マグナムセイバーとか、ブロッケンギガントとか、ビークスパイダーとか。
フルカウルミニ四駆の頃。

そのミニ四駆が当時600円だったと思うと、なんでこのアジャスターに900円も…すげーって思います。当時の小遣いでは1000円近い買い物なんて滅多にできませんでした。

今になって900円を見つめなおすと、
これ一個で松屋で牛丼3杯食えるよ!
スタバでコーヒーMが3杯飲めるよ!

…牛丼とスタバのコーヒーの原価ってどんななんだろうな。



さて、インナーワイヤを抜いて、STIの直後にアジャスターを差し込みます。

Jagwireのロゴは左右ともに内側を向くのが標準らしい。

このアジャスタを買ったアマゾンのページに特に記述がなかったのですが、5mm径のアウター用みたい。むしろシフト用の4mm径アウターだとブカブカ。

試しに繋いでみて、テンションを掛けてワイヤーを引いても、特に抵抗は感じなかったのでそのまま使いました。




ついでに。

以前から気になっていたんですが、
どうもB1MAESON、購入当初はものすごく鋭かった変速のキレがありません。
変速したのもわからない位スムーズだったのですが。

んで、疑ってたのがディレーラーエンドの歪み。
なんどか経験した転倒の時、ディレーラーをガリガリと削ったことが何度か…。

どうみても内側ケージが入り込んでます。


本来はアルミフレームの自転車はエンド金具を新品交換するのが筋みたい。
ただ、国内から撤退しているフレームメーカーのエンド金具を手に入れるのが大変そう。

なので、六角レンチでディレーラーを外し…

でっかいモンキーレンチでエンドごと咥え、強引に修正してみました。
ヘタをすると余計に壊れますのでオススメしません。
ちゃんとした自転車屋にもってくと修正工具でやってくれるそう。
修正後。

写真が悪いですが、いくらかマシに。
アジャスタも入り、だいぶ変速がマシになりました。
金属疲労が溜まってるはずなので、折れるかもしれません。
新品のエンドを探しておかないとなぁ…。

フロントダブル化した上、スプロケットはロード用の25~12T、ディレーラーがロングケージである意味は特に無いので、余裕ができたら交換してみましょうか。
無理に交換する程調子悪くないので当分そのままです。







ワイヤ類がちゃんとしたのと、探り探りだったSTIの固定位置に目処がついたので、バーテープを巻いてみます。

頂いたスペシャのコルクバーテープ。
裏に両面テープではなく、摩擦係数の高いも滑り止めが施してあります。
巻きやすいです。

バーテープ巻きは人生3度目。
グリップは細めで固いのが好みなので、ギリギリまで引っ張りながら巻き上げます。


だいたい上手く行ったので、ビニールテープで上を固定。

ビニールテープは引っ張りながら巻くと伸びて変形するので、先端の角を予め切りました。
昔、本で読んだんですが、半端にテープがはみ出ず、綺麗に仕上がります。。


上が固定できたところで、下にエンドプラグを差しこみます。
余ったテープを中に押し込んで、

エンドキャップをグイグイっと…。

摩擦が強くて奥まで入らないな…・
あっ!

無理に押し込んだら裂けた。ぐぬぬ。
力任せはなんでも良くないな…。


結局、仕上がりに納得が行かなかったのでこの後に左右2回ずつ巻き直し。
裂けてしまったバーテープの先端も切り落として再チャレンジ。
どうにか納得行く仕上がりになりました。

再びエンドキャップ。
同じ失敗を繰り返すわけにゃいかんのです。
なので、差し込むキャップの角にシリコングリスをちょこっと塗る。
 
あくまで、ちょこっと。
塗りすぎると抜けやすくなる気が。

ここの引っ掛かりさえスムーズに入れば大丈夫なはず…。 
白いのがシリコングリスです。普通のグリスでもいいと思いますけど。
樹脂類やゴムを侵さないそうですが、天然ゴムはダメらしい。


グリスを塗ったエンドキャップはヌヌッとすんなり入りました。

うぇーい。
ビニールテープで上は固定しましたが、飾りテープが一応付属していたのでそれも巻いておきました。
剥がす前に事前に真下に重なりが来るように検討して…

粘着面に触れないように剥離紙をうまく使いながらペタっ。
ちなみに、右側のエンドにはフラットバーの頃につけていたサイドミラーをつけてみました。

エンドからステーが伸びてますが、ドロップ用としては微妙かも。
フラットバー、しかもバーエンドバーの先端につけていた頃はとても見やすく、使いやすかったんです。
ブッシュアンドミューラーのこれ。
 
ドロップ用としてはブラケットを握っていても、下ハンを握っても腕に重なって鏡面が見づらい。
見やすい位置まで持っていくと下ハン握った時に手にあたって邪魔。
使えますけど、エンド先端にちょこっとつく奴の方がいいでしょうね。
最近欲しいのはこれ。
 
鏡な上にポジションライト風に光る。
路上の安全のためには光ってなんぼですよ。特に夜。


まだ続く。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
涼しくなって参りましたなぁ。



ささ。先日購入したデュアルピボットブレーキ、つけてみましたよ。

画像使いまわしですが、もともとついてたのはこういうシングルピボットブレーキ。


塗装だったりメッキだったり表面仕上げが異なりますが、ママチャリによくあるやつです。


フォークの裏に着いてるナットを外すと前の泥よけごと外れます。

ママチャリの泥よけやブレーキ関連の部品の多くはプラスネジが掘られた六角ボルトで留められてます。
ただし、どのネジもかなり舐めやすいので注意が必要です。

ネジ回しは押しこむ力8の回す力2とか、しっかりネジに押し付けること嵌めこむことが大事!とか。

特に固着したネジが多いママチャリいじり、ねじ回しと言っても適当にやっていると怪我します。

ふと気がつくと、
「ぬぅうう、固い…・思いっきり力を込めて…おりゃぁああ!」
ってな事はよくありますが。それ、「死亡フラグ」です。
かなり高確率で怪我します。

適切な工具を選んでいないとか。
適切な工具の使い方をしていないとか。

肝心なところで工具が外れて痛い目にあいます。
作業用グローブや軍手をしてるとだいぶ安全です。
手が汚れないですし。しといて損はないです。


あ、色々書きましたが、今回は大して固着もしてなかったので、案外スンナリ行きました。

今回使った工具はこれ。

戴き物のラチェットハンドルとビットのセット。
ホームセンターで1200円くらいから売ってる模様。

このくらいのラチェットハンドルがあると、ママチャリいじりにすげー便利です。
手が入りにくい場所でもカチャカチャっとできますから。
作業が速い。


カチャカチャっと。
ナットが外れたらブレーキ本体を引っこ抜きます。


右が外したシングルピボット。
左が新品のデュアルピボットです。

見るからに作りがしっかりしてます。
しめしめ…。

装着方法は一緒。付け替えるだけです。
前輪泥よけが共締めなので忘れずに。

ワイヤーが開放された状態だと若干泥よけに当たりますが、普通に使う分には問題無さそう。

ママチャリのワイヤー類は、納車段階ではやたらと長い個体が多いので、今回は切り詰めてしまいます。ムダに長いと見た目がダルい。

製造工程でいろんなサイズの車種に対応するために大きめのフレームにあわせて切り出したワイヤーを使い回しているんじゃないかと思うんですが…。
スーパーの駐輪場とかに雑多に置かれて、ハンドルがあさっての方向に向くのもザラなママチャリにはちょうどいい設定なのか。

…それにしたって長いので、今回は詰めます。

アウターが長いとワイヤーの引きが重くなる…っていうのもありますが、ちゃんと注油されていればあんまり差はないと思ってます。
むしろ、インナーワイヤーの摩擦が増えない曲がり具合で配線するのが大事。
特にママチャリは基本的にフルアウター仕様。

アウターワイヤの長さは「曲りの浅ささ」、「最短距離」、「ハンドルを回した時の余裕」の妥協点を探りつつ決めました。



インナーワイヤはMTB用に使っていたステンレス(中古)。
ママチャリにはMTB用ワイヤーもタイコの形が一緒なので使えるみたい。

特に傷んでいないので再利用です。
アウターワイヤもMTB用の在庫品。こちらは新品。
末端をヤスリで綺麗に仕上げました。

引っ掛かりはしないだろう…。
据え置き型のグラインダーとかあると楽だろうなーとか思いつつ。

ハンドルは、MTBのドロップハンドル化で余ったフラットバーに。

クランプ径が25.4mmmなので、ママチャリのステムにそのまま装着。
前傾姿勢が取れないのは辛いので、バーエンドバーも使います。



ちょっとここで実験。
ブレーキレバーにVブレーキ用のものをそのまま使ってみます。
引き量が違うのですが、Vブレーキ用は引き量が大きいので使えなくはないはず…。

で、乗ってみたんですが、普通に乗れるものの、ブレーキレバーが重い。
テコの原理ですね…。大きく動かすには力がいるようだ。うむ。

んま、レバー交換は出来るので、ノーマルのレバーを付け替えてみようかしら。
グリップは随分前に買っていた、スペシャライズドのネジ止めできるやつ。

ネジ止めなので抜くのも簡単です。
私みたいなイジリ屋に最適。

あ、あとシートポストも交換。
写真を撮りわすれましたわ…。

前回のステンレス製になりました。
50mm長いのでちょうどいい高さにできましたよ。


そんなこんなで、今の姿はこんなふうに。

余ったおしり痛いサドルを承知でつけてみましたが…。
やっぱりおしり痛いので、サドル交換したいですね。
乗車姿勢はドロップMTBよりだいぶアップライトなのですが、しばらく乗ると痺れます。
はわわ。

ではまた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日が短くなりましたなぁ。

へんてこなところに入り込んだドロップMTBのシフトワイヤー。


どうにか引っこ抜いてきました。



作業がしにくいので、工具箱に入ってたハンダ線でブレーキレバーを縛って固定。


グリスが付いた手で触ってしまったので、ハンダ付けに使う前に脱脂した方がいいだろうな…。

レバーが固定できたので、
ラジオペンチでSTIから出ているインナーワイヤをグリグリひねり、
STIの穴をピンセットで弄り倒して…。

やぁ、君か。


タイコの付け根でカックンと折れ曲がってました。
これが引っかかって抜けなかった…。

こんだけグニャっと鋭角に曲がるって事は、ペンチで捻るような力がかかったんですね。
こう曲がるって事は、ケーブルが圧縮される方向に押されたんだろうか。
STIの内部で変なふうに引っかかってこうなったのか。
なぞです。


さて、このひん曲がったワイヤー。
ちょっと怖いんですが、まっすぐに曲げ直して再挿入。
タイコがちぎれる気もするけども…。
ちぎれたら交換しよう(安直)



そういえば…。
以前、ヘッドスペーサーを挟んでハンドルを上げましたが、更に5mm追加してみました。

やっぱりハンドル低すぎじゃないかと。

フォーククランプが上下で完全に二股になっているこのステム。
以前2mmのスペーサーを足した時点でフォークコラムはステムの上面-1mmくらいでした。
ほとんどドンピシャ、ツライチ。
コラムキャップが収まるちょうどいい所だったんです。
でもやっぱり乗ってるとハンドル低い…。

測ったところ、ステムのフォーククランプ上半分の高さは12mmでした。

フォークコラムの半分以上噛んでれば大丈夫だろうと判断して、5mm追加。


「サドルが高すぎ説」もあるので、撮ってから10mm程サドル下げました。
うぅーん、乗ってみると違和感を感じるくらいにひっくぅ…。

「サドルに座り、ペダルが一番下にあるときに足を伸ばしてかかとが…」
みたいな、以前雑誌で読んだサドルの高さ調整をやってますが、これだと、すこーし。
本当にすこーし膝が曲がるくらい。
一応適正範囲内なんじゃなかろうか。


ちょっと慣れるまで乗ってみます。



あ、忘れてました。

フロントタイヤを替えました。
KENDAの1.5。オンロード用の細かいブロックがならんだタイヤです。


先日、多摩サイを走ってたら、乗り出し20分くらいのところで、突然サイドウォールが裂けてバーストしまして…。

見つけて駆け込んだ溝の口の自転車屋「バイクルームシン」さんに有ったのでこれに。
初めて伺いましたが、とっても丁寧に対応して頂けて助かりました。


バーストの原因は…。
しばらく乗ってなかったタイヤに最大気圧までいれたせいかなぁ。
交換してから半年も立ってなかったと思うんですが…。
まだまだトレッドも残っていたのでがっかりです。


で、KENDA。
久しぶりに1.5の溝有りにしましたが、かなり乗り心地が柔らかくなって、ツーリング用としてはアリだなって思ってます。重いけども。のんびり長距離乗るならオッケーよ。

バーストさせたパナのクローザーみたいなスリックタイヤって、重量も走りも軽くていいんですけど、素人目には摩耗限界が分かりにくいのが怖い所。

見た目に真ん中のトレッドの山が磨り減っていくるんですが、「溝の深さが…」とかではないのでこまめにチェックしないと大変です。

無事でよかったわ。
ではまた。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ねびです。
最近ママチャリばっかりいじってますが、ドロップMTBたるB1メイソンも忘れてません。

実は1ヶ月ほど前…。
突然、リアディレイラーが変速しなくなりました。

出先でどうにもできず、フロント2枚でどうにか帰宅。
どうなってしまったんだ?





ディレーラを見る限り異常なし。
ワイヤーを引けば今まで通りに動きます。

んじゃあ、シフトワイヤーが切れたかしら?
そう思ってワイヤーを引っ張ってみると、STIにもフレームのワイヤー受けにも、しっかりつながっていて外れる気配なし。
ワイヤーも無事です。

STI自体、操作の手応えやカチッっていう動作音は故障前と何ら変わらないのです。
でも、全く変速しない。
そこで困って放置してました。

昨日ですね、ようやくSTIをしっかり観察してみたんですよ。


これが調子がおかしな右STI。
手応えと作動音は据え置き。

これ、頂いてきた時には「たぶんTIAGRA」ということで型番不明でした。
ネームキャップ部分がキズ隠し?で塗装されており、なんだかよくわからない。

ただし、FLIGHTDECKに対応していて、2x9s。
調べてみたら形状からすると、ST-4400かと。

よく分からんが分解だ!と思って先っちょのカバーを外してみましたが、予想以上の分解不能っぷりに唖然。

シマノのユーザーサポートにPDFで爆発図があるので参考にしたのですが…。
シフター周辺は分解できないみたいです。

いろんな方のブログをググりましたが、一部のショップが非公式に1万円前後のオーバーホールサービス(デュラ限定?)を展開しているくらいでほとんど分解されてません。

あいやー。 

ただ、古いSTIには「内部でグリスが固着して変速が調子悪くなる」例があるのがわかりました。
内部のグリスをパーツクリーナーで落とし、再度新しいグリスを注油するとなおるそう。
これだといいなぁ…と思いつつ、もうちょっと観察すると…ん?
 
シフトワイヤーのタイコ(ワイヤーエンド)が…ない…?

本来、シフトワイヤーのタイコは「ワイヤー受け」なる穴に、すっぽり収まっているのですが、空っぽです。

でもインナーワイヤーを引っ張っても抜けません。
タイコがモゲたんじゃないみたい。
まぁワイヤー新品だし。モゲたら組み付けに問題があったか、不良品だったとしか思えん。


わかりにくいのでフラッシュ焚いて奥までのぞいてみました。

…タイコがワイヤー受けの「上に」あるじゃんか。

正確には「変なところに挟まってる」じゃんか…。


このトラブル、ググっても全然出てこなかったんですが、

- インナーワイヤーは健在
- STIのシフト機構も健在
- STI内部でワイヤーがずれて、妙なところに収まる
- インナーワイヤーを押し引きしても、内部で引っかかって抜けない
- 穴が小さくてピンセットくらいでしかアクセスできない

っていうことのようです。
どっかにワイヤー引っ掛けたりしたっけ…?


ピンセットでどうにか引きずり出してみようと思います…。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
中学生から書いてるこのブログですが、昔の記事を見るとひー!
恥ずかしい。

「そういえばあのペダルは前に記事を書いたことが…」と思って探して、赤面。
あの頃おもしろいとおもって書いてた記事は全然おもしろくありませんでした。

自戒のために公開しっぱなしにしてますが。
ねびです。



黒FUJI号いじりも順調に進んでおります。
今回は新しいパーツを買ってみました。

デュアルピボットキャリパーブレーキです。



ブランド名はPROMAX。
ステムやブレーキなんかを売っているメーカーみたい。
ちゃりんこ王国で1080円。

型番とサイズで安心して、特に考えずに買って、届いてみたら黒かった。
FUJI号は黒いからおっけーよ。


もともと黒FUJI号にはシングルピボットのキャリパーブレーキがついてました。


ボルト類はサビサビ。
ほとんどシューは摩耗していませんが、完全にゴムが硬化しています。
たぶん買ってから全く交換してない部品の一つですね。

町中で足代わりにするには十分に効くのですが、急ブレーキをかけるとキャリパーごとリムに引きずられるように変形します。
壊れるわけじゃありませんが。

シューの交換をするなら、よく効くしコントローラブルと噂のデュアルピボットにしてみたいなと。


で、調べるとママチャリに装着可能なデュアルピボットブレーキって色々あるんです。
どういうわけだか各社とも品番が800番台みたい。
なにかの規格なのかしら。

例えば、ダイアコンペのDL800。
 

C-STARのCS-813D。

そして後から登場するTEKTRO。

このあたりは1000円前後で購入可能なママチャリ用。

車重が重い電動アシスト車や、最初から子乗せ付きの「ママチャリ」に標準でついているそうです。
やっぱ必要なところには必要なんだな。


横浜東急ハンズにもいくつか有りましたが、見た中で作りがダントツで良かったのはダイアコンペのBRS202。

3000円以上と価格もそれなりなんですが、スポーツサイクル用だけあって作りが綺麗でした。
スポーツサイクル用だと800番台じゃないのかな…?

見るからにしっかりしてそう。
シティサイクル用のお値段2~3倍ですもん。当然か。
ブレーキワイヤーのクイックリリース付きなので、タイヤ外す時は便利そうです。


どれにしようか考えたわけですが、最終的に安いし見た感じでプロマックスに。
通販でまとめて部品を買うのに都合が良かったのもあるんですけど。


プロマックスの裏側はこんな感じ。

標準装着の板をプレスで曲げたっぽいブレーキに比べると随分しっかりしています。
鍛造アルミっぽい!

可動する軸にはプラスチックワッシャが入って摩擦を減らしてます。
注油に頼らず長期間に渡って潤滑する工夫でしょうか。

シューや、ワイヤーの固定ナットなど、引っかかりそうな部分のナットは袋ナット。


よくよく見ると、通販サイトで見たテクトロの800Aとかなり似ています。
色が黒いのとロゴがない以外はそっくり。
プロマックスにはシルバーのラインナップもあるみたい。

そっくりなテクトロがこれ。


テクトロのも鍛造アルミ製らしく、アルミリム用ブレーキシューは画像で見る限り同形状。
OEMなんかしら。





それからもうひとつ。
ママチャリのシートポストというもんは、どうにも短いのです。

普通の長さで250mm。
ものによっちゃ200mmくらいのもザラにあります。

黒FUJI号も例に漏れず、鉄のシートポストは250mmでした。 


厚ぼったい標準サドルのせいでますます短く見えますね。

これではサドルが低すぎて漕ぎにくいので、長いのに交換です。
んで、探したら見つかったのが、ステンレス製のこれ。

長さは300mm。
ママチャリ用なので径は25.4mm。
説明によれば国産品。


手元に届いたんですが、どうやら表面に薄いステンレス板を巻いた鉄パイプっぽい。
安いわけだわ。見かけには錆びないはず…。

ステンレス製なので期待していませんでしたが、べつだん軽くもありません。
本格的にスポーツサイクルごっこするならアルミ製のを買うべきだな。


しかしながら、長さ十分。
+50mmとはいえ、だいぶサドルを上げられます。

短いクランクと食いつきの良いペダルを活用して、くるくる回すペダリング!



さて、装着装着ー。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自転車に乗った人間って、地球上のあらゆるものの中でも、移動に際して極めて高いエネルギー効率を誇るんだとか。


そんなゴイスーな乗り物がせいぜい1万円くらいで手に入る。
ヘタをするとタダでもらってこれるんですから、すごい世の中です。


というわけで、もらったママチャリ整備第3回。
特筆すべきエネルギー効率も、適当に乗っていたら発揮できません。たぶん。

特にママチャリに乗ってて気になるのは、ペダル・サドル・ハンドル。

よくあるのは、

-プラスチック製ペダルがすり減って滑る。
-乗り心地の良いバネ入りサドル、でも幅が広いしふにゃふにゃで漕ぎにくい。
-純正シートポスト、長さが足らなくてサドルが上げられない。
-ハンドルのグリップが硬くて滑る。ハンドル自体も近すぎ、高すぎで乗りにくい。

こんなかんじでしょうか。

内装3速のギアは各段が離れすぎで漕ぎたい重さのギアがなかったり、
ハンドルの位置が近すぎて辛かったり。
そもそも車重が重いとか。

スポーツバイクと比べると色々出てきます。
のんびり乗るなら良いんですが、車道で乗るにはチト不便。

実用性とコストを考えたら、ママチャリにスポーツバイクみたいな性能を求めるのはお門違いかもしれません。
でも、ちょっといじると改善できるところもあるんです。


そのひとつ、今回はペダルを交換してみます。
もともとついていたのはこういう奴。

普通のママチャリペダル。

滑り止めに凸凹がついていますが、すり減ってつるつる滑る。
MTBにビンディングペダルを付ける前に使っていた大きなフラットペダルと比べると、
踏む面積が狭いので漕ぎにくい。



こういうやつですね。

これを余っているゴツいペダルと交換します。
これ。


見るからに凶悪犯っぽいですね。
スズメバチみたいな配色だ。

ずいーぶん前にアンドレにつけていたフラットペダルで、もともとはダウンヒルMTB用だったかしら。
210円で買ってきた激安品でした。 

ケージと呼ばれる外周部分のトゲトゲしい黒い所は鉄製。
靴底にがっしり食らいつき、そうやすやすと滑りません。
靴底が痛むレベルの噛み付きよう。
踏み外してスネに当たると痛そうですが、めったに踏み外さないので…。

黄色いとこはアルミ製。
重いですが、相手はママチャリ。まぁいいやと。

ペダル軸を指でひねるとゴリゴリ言ってます。
せっかくだからオーバーホールしてみよう。


ありがたいことに、BMX用の一部を除けばペダルのネジ規格は共通だそうな。
なので、これもママチャリに装着可。



さて、純正プラペダルを外します。
購入後全く触られたことのない部分なので、立派に固着している模様。
事前に5-56をネジ山に行き渡るように噴いておきます。

たまたまこのペダルはレンチが入る部分が広く、普通のレンチでも回せそう。
15mmって言うことは、ママチャリの車輪外し用にもってる長いコンビレンチが使えます。

ただ、幅のあるレンチが入らないペダルも多く、専用のペダルレンチがあったほうが便利かもしれません。
あると便利ですが、頻繁に使う道具でもありません。
ママチャリいじりぐらいなら、色々一緒になってる奴で十分かと。

結局、今回はLifuのこれを使いました。

さて、5-56をさしておいたペダル。
片方だけ逆ネジなので回転方向がちょっとクセモノ。

ただし、自転車の進行方向と逆向きにレンチを噛まして、レンチを下におろすように回すとどちらも外れます。


クランクを進行方向に、レンチを後ろ向きにかませると、クランクも回らず、外すことが出来るようになってます。
基本的にペダルは走行中に同じ方向にしか回り続けるので、ネジが外れにくい方向に回るようになっているのかなーと思っていましたが、その向きとは逆。

ぐるぐる回るクランクにペダルがついているので、外し易くなってる模様。


今回は立派に固着しているので、手では全然回りません。
ということで、荒業。
ペダルにかましたレンチを上から思いっきり踏みつけます。

外れないネジは瞬間的にガツン!と大きな力を掛けてやると外れやすいです。

電動インパクトドライバーと同じ考え方ですね。
あれはネジの進行方向にガンガン叩いて、固着を緩めます。

追記:不安になったので後で調べたら「回転方向」の誤りでした。失礼しました。

ただし、急激に大きな力をかけると、工具を壊したり、ネジが壊れたり。
はたまた、外れた部品や工具、意外な出っ張りに身体をぶつけて怪我をすることも。

なので、おすすめはしません。


無理だなと思ったら、自転車屋さんに持ち込みましょう。
イイお店ならでっかいペダルレンチで外してくれます。


さて、自転車屋さんに持ち込むのが面倒なのでレンチを踏みつけるわけですが、クランクが同時に回転すると、危ない。
勢い余ってペダルでスネを打ったり、工具が飛んだり。

なので、建物の柱をうまいこと使ってクランクが回らないようにしました。

ペダルを柱に当ててしまえば、クランクはいくらレンチを踏みつけても回転しません。

赤い矢印の方向にレンチを踏みつけると、青い矢印の方にクランクは回ろうとします。
でも、そっちにはコンクリートの柱があるので回れません。
ペダルはプラで軟らかいからコンクリにも傷つかず。 

時折、外れた工具が飛んできたりしますので、恐る恐る…。
踏むたびにズレたレンチを直します。危ないから。

なんどか小突いてグギギ…っと回りました。

ちょっとでも回れはこっちのものです。
あとは手で安全に作業。ふぅ。


とれました。
ペダル軸、うっすらと赤錆。


クランクの雌ねじにも同じ色の錆。


パサパサです。油が切れてるなぁ。

自転車整備本では、ネジ山には必ずグリスを塗りましょう!とありますが、頻繁に外さないネジはこんな感じで固着します。

ネジのトルク管理をする意図もあるらしいのですが、雨ざらしで錆びやすいママチャリには固着対策としてもやった方がイイですなぁ。外すのに苦労したくないですもん…。

ママチャリいじりは固着との戦いといっても過言では無い気がします…。

ネジ山にはホムセンの安物でいいので、グリスを塗ったほうがいいなぁと思います。
あ、油を入れちゃダメってところは取説に従います。



プアペダルが外れたので、ゴリゴリDHペダルのオーバーホールに挑戦です。
樹脂製のキャップを外して中身拝見。

ナットとワッシャ、そしてベアリングボールが見えます。
ナットを外してベアリングボールを取り出そう。 

モンキーレンチじゃ入らないので、ボックスレンチを使いました。
随分前にホムセンで1000円ちょっだった激安ボックスレンチセット。

ラチェットハンドルなんかガッタガタですが、めったに使わないしこれで十分。
あってよかったー。


分解できました。
ベアリングのグリスは少なめ。
樹脂製のキャップがしっかりしてるし、ネジ側にもゴム製のダストシールが入っていました。
防水防汚効果をグリスに期待しないなら、このくらいでも潤滑には十分なんだろう。


ゴリゴリ言っていたので心配だったベアリングレース。 
 
グリスが多少汚れていますが、特に傷や凹みは無し。

ベアリングボール、シャフトも含めて綺麗。
ゴリゴリの原因は単純にネジの締めすぎか。

さて汚れたグリスを拭き取り、新しいグリスを塗って組み直します。
ハブのグリスアップ感覚で多めにグリスを塗りましたが、回転感がしっとりしてるので、グリスちょっと多かったのかも…。
なめらかには回りますが…。勉強ですね。

反対側もやってオーバーホール終了。
クランクに取り付け。

クランクもペダル軸もネジ山をパーツクリーナーで洗浄。
ウエスで浮いた錆など、汚れを拭き取ります。

固着しないようネジ山にグリスをぬったくって装着。
はみ出たグリスはウエスで拭う。

ペダル交換完了です。
随分漕ぎやすくなりましたー。
いくら回そうが、ペダルは滑る気配すら無い。


黄色目立つな…。

次はサドルとハンドルだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
暑いです。
こんちわ。


さて、黒FUJIの続き。
前回チェーンを綺麗にしました。

洗浄容器にしていたいろはすのペットボトルが溶けたりしましたが、チェーンは綺麗になりました。
…何事も勉強っす。

ちなみに同時に入れっぱなしにしてる普通のペットボトル(多分お茶のボトル)は問題なく、溶けたりもしていません。PET樹脂なら大丈夫の模様。





さて、せっかくチェーンが外れているので、後輪も外してしまいます。

ママチャリのハブを留めているナットは基本的に15mmですが、ハブダイナモ付きの前輪は14mmのようです。
力が入りやすいのでこういうコンビレンチを使ってます。
サイズの割には長いやつ。

14mmのレンチは他の機械でも使うので一般的らしいのですが、15mmはレアらしく、ホムセンくらいだと手に入らないことも。だいたいセットで売ってるものを買うとついて来ません。

安いペダルレンチに14mmと15mmのボックスレンチもついている物があるので、ママチャリ弄りにしか使わないならこれで良いと思います。

バズーカ 【B-307】 ペダルボックスレンチ 14/15mm/バズーカ


私はこういうペダルレンチを持ってるのに、ロングコンビレンチも買ってしまいました。

長いのでガチガチに固着していても外しやすい気がします。
あと、メッキ仕上げはいかにも工具っぽくてグー。


工具の話は置いておいて、後輪が外し。
この車体はローラーブレーキがついているのでその台座も外さねば後輪が外れません。
ナット緩めればいいだけですが。

ブレーキワイヤーがつながったままなのでちょっと面倒です…。
が、ワイヤーを張り替えるわけでもなく、外すとより面倒そうなのでそのままにします。

ついでにチェーンカバーも外してみます。プラスドライバーでネジ緩めれば簡単。


すっきり。

眺めやすくなったローラーブレーキ。

錆びてますな。

後輪ハブ周り。

チェーン同様、砂埃まみれです。
数えたら、スプロケットは14T。

ママチャリ特有のクランク一体のチェーンリング。



33Tらしい。
そんなに減っているようにも見えません。

どこも油の混じりの砂埃まみれ。
ウエスでちょちょっと磨いたところ…



ずいぶん綺麗になりました。

雨風ん関係なく乗っていたらすぐ汚れてしまうだろうから、あんまり根詰めて磨いたわけではありませんが…十分だ。

ハブ本体もアルマイトがいいのか、それほど腐食がみられません。

ローラーブレーキも軽くウエスでこすったら随分綺麗に。

さすがにメッキ部分に点錆が見られます。
気にせず放置。

後輪を戻し、ローラーブレーキを再び固定。


固着されると面倒なので、基本的にねじ類にはグリスを塗ってます。
前回の記事で紹介したグリスガンがここで登場です。

アストロプロダクツで買ったリチウムグリスを詰めてみましたが、デュラグリスよりだいぶ軟らかいです。ベアリングに塗ったくるならこっちのほうがいいな。

ポンプでグリスを押し出す操作にもだいぶ慣れました。

数日使わないと内部のグリスが落ちてしまうようで、何度もポンピングするか、底の穴からタンクの底板を押し上げてやる必要があります。

なれると加減がわかってくるのでとても良いです。
ポンプを押す勢いで太くも出せるし、補足も出せます。
気に入った!


…でもまぁ…。
100均の真空ポンプ容器と大して変わらない使い勝手なので、金属製に惚れた方向けでしょうか。

100均ポンプのほうが軽いし。
小さいけどタンク容量も少ないわけじゃないし。
そもそもそんな大容量、めったに使い切らないし。


デュラグリスを入れてだいぶ経ちましたが、別に漏れたりもしませんし。
これはこれで優秀。

そもそもは化粧品用の容器です。
ハンドクリームとかを入れておくのが正しい使い方。

ノズルが小さく、ポンピングするとノズル位置も一緒に動くので、ハブのベアリングレースにグリスを入れ込むのには不便ですが、それくらいです。
十分だわ。

ネジにグリスを塗るなら、このほうが使い勝手良いかもしれません。
それに、ハブにグリスを詰めるなら注射器型を使えば良いわけで…。

こちらの方がはサイクルベース名無しのレビューによれば、グリスを長期間入れておくとポストンのゴムが溶けるとのことですが…私のはまだ大丈夫のようです。

210円で事足りるっちゃ事足りますね。

真空容器が溶剤で劣化するっていうのは読んだことが無いので、今後も観察です。


さて、ようやっと、油と砂埃の混じった汚泥がとれて、サラサラになったチェーンをつなぎます。

これ。

今回はアストロプロダクツで新しい道具を見つけたので買ってみました。


APバイシクルチェーンフック。
店頭価格280円。

メイソンのチェーンにはコネックスリンクを使っていて、頻繁にチェーンを外しています。
繋ぐのが毎回面倒で、針金でくくってみたりしてたんですが…。
調度良さそうなので買っちゃいました。



構造は簡単。
直線部分を長くとったトーションバネの渦巻き部分に、黒いプラスチックのカバーをつけたもの。このカバーは無くても使えそう…。

こんな感じで切れたチェーンを引っ掛けて、チェーンの接続作業を簡単にします。

チェーンが引っかかればなんでも良さそう…と言えばそうなのですが、予想以上に便利でした。

クランクブラザース等の携帯工具の中には、針金を曲げて同様の機能を持たせた工具が入ってるみたいですが、多分あのくらいでも使えるのでしょう。
作っても良かったかな。 

ただ、スプリングだからか、ちょっとこじっても外れません。
作業がだいぶ楽ちんになりそうです。これはイイぞ。


無変速や内装変速のママチャリに関して言えば、チェーンの接続はクリップではめるだけなのでチェーンを繋ぐ作業そのものも、簡単。
コネックスリンクも簡単そう。

つながったチェーンにチェーンオイルを一コマずつ注して、チェーン周りはとりあえず完了。



チェーンがつながったところで、ゴリゴリ言っているフロントハブを開けてみます。

こっちもこっちで埃まみれ。
前輪も後輪同様に外します。

前ブレーキを開放して、15mmのめがねレンチでぐるぐるっと。


きたない…。
何も知らなかった頃に、錆びてる隙間から5-56を指して「めっちゃ走る!」とかやってたことがあるのですが、今から思うと内蔵のグリスをふっ飛ばして居たわけで…。

果たして中身は無事なのか。
13mmのハブスパナと17mmのレンチ(モンキーレンチで代用)を使ってシャフトを抜きます。


…別に錆びたりはしてないみたい…。
恐る恐る古いグリスを拭き取ると

綺麗なもんだ。助かったー!



シャフト側も綺麗です。特に傷とかは見当たりません。


ベアリングボールも無傷っぽい。
よしよし。

ママチャリですし、防水を兼ねてデュラグリスを塗ったくります。
100均注射器でモリモリと。



ここに必要以上にグリスを盛る必要は無い!っていう方の記事も読んだことがありますが、そこまでシビアに気にしていないので盛るだけ盛っておきました。

今思うと、ここはリチウムグリスにしたほうが低回転で回ってる時は回転抵抗が小さかったかもしれませんね。 

掌でグリスをなじませたベアリングボールをいれこんで


玉当たりを調整して完了。

スルスル回るように調整しました。
加減がなかなか難しいですけど、外側に来るナットの締めると若干玉当たりが強くなるので、それを鑑みながら若干ゆるめに内側のナットを締めておくのがポイントな気がします。

後輪のハブもやりたいんですが、色々ついてて不安なのでまた今度。
次回はペダル交換とか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。