iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
ノスタルジックカーショーの画像続きです。
これで最後にしようかなぁ…。



とりあえず、ノスタルジックカーショー画像はこんなところでおしまい。



ここんとこ自転車がいじれてないし通学用の奴にしか乗れてないです。

趣味から始めた出張自転車屋業ですが、「タイヤ交換を丸ごとお願いしたい」とか「サドルをもっと上に上げたんだけどサドルの下の棒が短くて…」などのご要望を頂くようになってまいりました。
ただのパンク修理にとどまらなくなってきた。良い感じ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回に引き続いて画像貼ってまいります。

ノスタルジックカーショーというイベントですが、展示は出展者さんが各々に展示したり販売したりしているようで、極端なのだと先代のオデッセイやF-Roadチームの最近のスーパーカー軍団も居ました。

主な展示車は60~70年代の車だった気がします。
最近の車も居たけども。

では、続き。



まだ続くよー。

では。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の記事でちょこっと言及しましたが、お台場で開かれた「東京ノスタルジックカーショー2012」というイベントに行っていました。

私が行ったのは2日目、5月20日の日曜日。


この手のイベントは初めてでしたが、間近でちょっと古い車が見られて幸せでした。
なにせ私、この手の車が大好物です。


写真もいっぱい撮りましたが、ほとんどエンジンルームの内部とかホイールとか、磨かれてヌラヌラと光り輝くのが、美しくてなまめかしくて。
そういう写真ばかり。

せっかくなのでそういう「名車の光り輝く細部」の写真をアップしていこうと思います。 
展示車両は他のサイト様でたくさんアップされているのでそちらを見て頂ければ。

車の細かい所の写真ばかり撮ってるもんだから、私自身も車名が分からないのもありますが。
お楽しみ頂ければ。







まだまだ画像がありますのでこの記事、続きます。

とりあえず今回はこんな感じ。

鈍く光る磨かれたアルミ、やれた塗装もピカピカの赤も、全てが良い感じでした。すごく。うへ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
ちわ。

今週は三鷹に行ったり、下北沢に行ったり、ノスタルジックカーショーを見にお台場に行ったり。
往復で40~60kmくらいの距離を走る機会がたくさんあって幸せでござい。

…って思って乗ってたら。


買った時からずーっと使っていて、磨かれてピカピカしているサドル。
その側面にひびが。

真ん中あたりに縦筋が入っています。
上から押すとひびが開く!


反対側にも同じようにひびが入ってました。
これ、このまま乗ってたら真っ二つに割れたりするのか…?






とりあえず、今日の本題はこれじゃないので置いておいて。

ドロップハンドル化してからしばらく経ちますが、どうもポジションになじめていないのでまだバーテープは巻いていません。

一気にハンドルが遠くなって前傾がきつくなったお陰か、30kmも乗ると股が痛くなります。
ハンドル引いて加速する時とかは良い感じなのですが…。


60kmも乗ると股痛いです。レーパンはいてても。
つらいです。
どうにかしたいです。

今、考えているのは、ドロップ化によって大きく開いたグリップ位置とサドル位置を縮めること。
簡単に思い浮かぶのは、

「ステムを短くする」or「サドルを前に出す」

この2つです。


最初はステムを短くする方向で考えていました。

ドロップ化した事でフラットバーの感覚からすると、
直進安定性がすごく高くなり、反面おっとりしたハンドリングになりました。

ハンドルの握り位置がヘッド軸から大きく前に伸びたわけで、クイック感とでも呼べばいいのか、ヒラヒラと走れる軽快さは減りました。

ハンドルを変えてすぐの頃、その乗り味に違和感があったのでステムを短くして上体の姿勢を起こし、ハンドリングも改善しようと思っていたのです。



ところが、しばらく乗ったらその感覚が良いんじゃないかと思えてるようになりました。
ハンドルがブレにくいのでとにかく前に進む。
…ような気がします。


なので、シートポストを変える事を考え始めました。


現在、シートポストの軸からやぐらまで目測で25mm以上後ろにオフセットされています。
買った時からそのままです。



前からサドルの固定角が確実に設定できるという2本ネジのシートポストに興味がありまして。

都合のよい事に2本ネジのシートポストはオフセットが無いものが多いようです。

オフセットをなくしたくて2本ネジになったのか、
2本ネジにしたらオフセットがゼロになったのかは定かではないですが。
良い機会。

ちなみに今のサドルはレール長が短く、調整に余裕がありません。


最近特に顕著ですが、乗っていて疲れてくると、
サドルの先っちょに座っているのに気付きました。

面積の狭いサドルの先端に体重が集中して股が痛くなるみたい。







とか思っていたら、サドルに割れを発見した次第で。

サドルも割れてきているから、レールの長いサドルに交換するのもあり。
シートポストをオフセットの無いものに変えるのも手です。
あるいはその両方か。

移動手段として使う事も多い都合上、レーパン履かない事も多いから股痛解消には、もう少し肉厚のサドルに変えてみるのが良いかしら。

しばらく悩みます。うーん。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
前回まででとりあえず部品は揃いました。

さぁ、続いては換装です。


晴れた午前中がこういう作業向きです。外が明るいし。
暗いと何もかもやりにくいですかんね。


さて、こちらが今回ハンドルを付け替えるB1のMAESONです。


乗り始めて6年、未だに同じ自転車を見た事がないよ…。
ごく稀にB1の自転車は見ますが、それだけでどきどきします。
いろいろ外す前に洗車しました。
使ったのは食器洗い用の中性洗剤です。

ずいぶん前にフレームにシリコンルブを撒いとくと汚れが落ちやすくて良いと雑誌で読んで以来、KUREのシリコンルブ吹いてます。汚れを拾いやすくなる気もしますが、ウェスで拭けばすぐ落ちる。

まぁそれは置いておいて。

今回はハンドル回りはそうとっ換えです。
ワイヤー類やステムも換えるので、ステムのネジやワイヤーを外して行き…


全部ネジがゆるんだらゴソッと外します。

せっかくなので横に並べてみました。
右が外したフラットバー、左が付けるドロップバー。


…ステムが長そうだなぁ。
ブラケットを握るとして、握り位置が10cm以上前に出ます。
背中がつらそうだ。

せっかくステムを外したので、フロントフォークもごっそり抜いてヘッドパーツ周辺を観察してみましょう。



アヘッドステムなので引っこ抜くだけです。
標準でケーンクリークのヘッドパーツが付いてます。



下はこんな感じ。
砂埃と混じったグリスが付いています。
さっと拭きとりました。

ずらしてみたら赤錆が。

どっから出てるんだこの錆…。
鉄っぽい錆ですが、ヘッドの周りって鉄製のものなんか何にもないんだけど…。
まさかシールドベアリングのボール?

ヘッドの動きはスムーズで異音も変な感触もありません。
錆は拭いたらあっさり落ちたので拭いて終了。

そしてフォークをゴソッと。






ヘッドの中身はうまく密閉出来ているようで、思った以上に綺麗でした。
フレームのつながる所に穴があいてて、結構な工作精度で作られてるんだなぁと。





ベアリングはシールドっぽいので、ケースを拭いて防塵にグリス塗り、元に戻しました。





フロントフォークが元に戻ったところで、新しいハンドルセットを装着。

付ける前に、一通り綺麗にしておきます。
ステムのネジにグリスを塗りなおしたり。





ステムのネジにはゴム製のワッシャが入ってました。
締めこんでも潰れない厚みです。用途が謎…。
で、ぱぱっと締めこみまして。




まっすぐついてるかを確認します。
適度にステムを締めこんで、前輪とステムを見比べつつ。






とりあえず、ハンドル付きましたー。
ハンドルの取り付け角は乗りながら調整していきます。

(まだ続く)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。