iven works

「ないなら作ればいいじゃない。」
車の写真とか自転車いじりとか。


テーマ:
さて、しばらく間が開いてしまいましたが、“でかいスクリーンを作る!”の2回目をお送りしましょう。

前回、遮光用の黒フィルムを買ったところまで進みましたね。
そこから先のお話です。




遮光用のフィルムを買ったはいいものの、肝心のスクリーン面そのものに何を使ったらいいのかまるで分かりません。
ただ、ここで東急ハンズやコーナンなどで「とにかく白い面上のもの漁り」をしたときの経験が役に立ちました。片っ端からひとりぶつぶつ言いながら写真に撮ってメモに残して…を繰り返していたわけですが、そこで障子紙を発見。

リア投射を夢見ていた時に見つけた障子紙。
光が透けてしまうのはフロント投射作戦では使い物になりません。
ここで大事なのは障子紙そのものじゃなくて、「家に使うもの」の存在に気づいたことでした。

ついでに言うと障子紙は紙なので表面に微細な凹凸があります。ツルツルじゃないので適度に光が乱反射して均一な映像が得られるらしい。これは好都合です。

んで、家に使うものつながりで思い出したのが、「壁紙」。
透けない、でこぼこしてる、300円/mくらいで割と安い。

狙いを壁紙して調べてみると、都合のいいことにプロジェクター投影用の壁紙が見つかりました。シンコールというメーカーが出している専用品です。ちょこっと家の壁に張り込んで、手軽にホームシアターを楽しみたい人向けのもののようです。

詳しくは良く分からんのですが、とりあえずメーカーがオススメするなら間違いは無いだろうと思って安いところを探して購入しました。
商品ページにいろいろ理屈が書いてありましたが、仕事柄ちょっと疑ってかかります。もしかしたらただ白い壁紙ってだけかもしれない。でも本当に考えて作られた技術者入魂の一品かもしれない。広告文を考えている人と、製品を開発した人が違うとえてして尾ひれがついたりするもんです。今回は商品知識も無いので購入。アタリならいいなぁ。

光の透過防止のため、スクリーン裏面には事前に買っておいた黒いフィルムを張り込みます。
壁紙なので少しお金を払うと、最初から張り込み用の糊を塗ってもらえたのですが低予算に抑えるために今回は糊無し。
20mで税込み6300円。



届いたロールを大学に持ち込み、知り合いに手伝ってもらって長さ4mずつ5本のロールに切り分けます。
でっかい。


広げてみて分かったのですが、壁紙そのものはわりと弱いようです。思ってたより薄い。

薄いがゆえに簡単にシワがつく。
ちゃんと丸めないと一瞬でシワシワになってしまいそうです。

あんまり嗅いだ事の無い「壁紙のにおい」がします。
ホルムアルデヒドフリーを買ったからたぶん違う匂いだと思うんだけども…。


割と弱いのが分かったので、切り出した壁紙を裏返し、四辺を布ガムテープで補強します。
ヨレ対策に対角線上にも補強をば。


すごい量のガムテープを消費しますが、サークルのコンサート用が余ってるので湯水のごとく使います。

最長で5m近い長さのガムテープを一直線に貼るわけですが、始点を貼り付けたら別の人に終点でガムテープの巻きを持っていてもらって一気に引き出します。それを始点からチマチマペタペタ貼り付けていくのが効率的のようです。失敗するとテープがウネウネします。

休日で人の来ない教室棟の廊下で作っていたのですが、廊下に壁紙の端をちょこっと貼り付けて作業したら、とても作業がしやすかったです。
巻き癖がついていて、くるんくるんしてしまうので。



で、壁紙の下ごしらえが済んだところで遮光用のフィルムと合体します。
正直壁紙が光を透過するかどうか微妙だったので『無くても良かったかもしれない』のですが、ホリゾントライトなど強烈な照明装置がスクリーンの後ろに来る予定だったので念のため。

っていうかもう買っちゃったし。黒フィルム。
補強にもいいだろ。たぶん。

都合の良いことに黒フィルムがちょうどガムテープの幅と同じくらいだけ壁紙よりも細いので、そのまま長さをあわせて空気を抜き、ガムテープで4辺を張り合わせていい具合に。完全に密閉すると隙間に入った空気が抜けません。あとから空気を抜く分を考えて作業します。


ここまでできたらこれを5本作るわけです。
一人でやるの大変だったので何人かの方に手伝ってもらいました。


そして次は骨格。
上骨篇。

また今度。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっとした下敷きとイヤリングをつくってみた。

私、システム手帳を使っています。
300円のバインダーに1000円のリフィル突っ込んで。



そして、移動中や出先での落書き帳として別に小さいノートも使っています。
リフィルだとどうも書きにくいのと、見返す時に本として残った方が面白いので、普通のノートです。
大学入ってからやり始めて、現在3冊目。無印良品の手帳として売ってる格子入りのがお勧めですが、格子なしの「文庫本ノート」っていうのもお勧めです。
ビニールのケースを被せて耐久性抜群。ペンも持ち歩けてとても便利。


ところで、落書き帳の方が一回り小さいので、システム手帳のバインダーにはさんで一緒に持ち歩います。
が、リフィルの最初と最後のページが落書き帳と擦れて痛んでいきます。なんかみすぼらしい。

なので、バインダーに挟みこめる、少し硬い材質の下敷きみたいなのがあればいいなぁと考えました。
せっかくなので自作してしまいましょう。


ちょうどいいことに、かばんの底板だった黒い板が手元にありました。
プラスチックだと思うのですが、カチカチではなくて「ふにゃん」っていう感じの柔らかさがあります。
厚さが1.5mm程度あり、カッターで簡単に切れちゃうのです。便利なもんもあるもんだ。
これを使うことにしました。


とりあえず、リフィルの大きさを測って、一回り大きい型紙をつくります。
型紙はコピー用紙の裏紙です。
型紙というよりは、完成サイズを想像するための代物なので正直なんでもいい。

サイズの想像ができたら、カッターで黒い板を切り出す。
100円ショップで売ってるステンレス製の定規とカッターマットを使います。便利。

余り力を入れすぎると怪我したり、定規からカッターの刃先が離れてぐにゃぐにゃ切れたりするので、添える程度の力で何度も切りたいところをなぞります。
5回くらいなぞると溝が深まって定規がなくてもサクっと切れました。
いろいろ作ってみて思いますが、物作るときに力任せにやると大体失敗します。
根気良く、弱い力でちょっとずつやると大体成功します。



さて、ドリルでバインダーに止めるための穴を開けます。
最初、穴の感覚やサイズを型紙に測りとって、それを板に移して穴あけしたのですが、見事にズレて使い物にならなかったので作り直しました。

板の材質がやわらかく爪で跡が着くので、バインダーに板をあてがって、そのまま挟み込んでバインダーの爪で跡をつけて穴の位置を決め。
これですんなりいきましたん。


穴あけ。
こういうやわらかい部材は特に、ポンチとかでセンターを出してから小さいドリル、欲しい大きさのドリルと2回に分けてやると上手くいくみたいです。
5.5mmの穴を開けたのですが、失敗した方で大きいビットでいきなりあけたらポンチ跡があるにも関わらず刃先が逃げて穴位置がガタガタでした。
ポンチを工具箱から出すのが面倒だったので、タッピングビスで代用。


んで、最後に怪我しないように、出来上がった板の角を丸めて完成。
いい感じですー。ちょっとステッカーとか貼りたいかも。




で、もうひとつ、ついでに・・・
作業してたら机の上から古いSDカードが出てきました。
64MB。懐かしい。


もうメモリとしては使わないので、カッターで無理やりこじって基盤を摘出。

基盤に穴あけて、ゼムクリップを曲げなおして作った金具を半田で止めて、金具装着。

イヤリング完成ー。


実は大学入った直後くらいはメモリースティックの中身を耳から下げてたんですが、毎度電車の中で行方不明になってこれで基盤耳飾は3代目です。


メモリースティックより軽くて装着感は気にならないけど、基盤上がシンプルなので見た目が面白くない。
メモリースティックはいまや完全にソニーの専用規格になった感がありますが、この基盤のシンプルさはきっと製造工程とかに影響してくるはず。
こういうところにもSDカード普及の理由があるのかなと思いました。



出来上がったイヤリング。とりあえず今度知り合いに見せてみよ。
実はサークルの後輩は私が耳から基盤下げてたのを知らないんです。ちょっと見せるの楽しみ。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
自作スクリーンの話をちょっと中断してさっきしてた作業を。

先日サークルの知り合いと海行ったんですが、そこで長年使ってたベルクロのサンダルが壊れました。
中学生位から使ってる気がするぞこれ…。
壊れたって言っても、靴底がペラっと剥がれただけなので、回収してきて修理です。

てづくり!ねξびにっき

とりあえず、海で着いた砂を水洗い。
陰干しして乾かしたところまでやっときました。


経験的にこの手の接着はゴミの除去と脱脂がしっかりつける鍵。ブラシで残ったゴミを掃います。
ケイヨーD2で148円(!)で買ったブレーキクリーナーをぶちまけた布で脱脂。

サンダルの素材が発泡系っぽいので(ウレタン?)、もしかしたらブレーキクリーナーが犯すかもしれないので拭く程度でとどめました。

で、接着剤を格子状に塗ったくり、端材の木とクランプではさむ。

てづくり!ねξびにっき


とりあえず乾燥するまでこのままです。
また履けるのが楽しみー。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。