Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
さて、本日ご紹介の神社は、東京都は、中央区日本橋に鎮座する椙森神社(すぎのもりじんじゃ)となります。この椙森神社は、実は、以前ご紹介した台東区の柳森神社や、港区新橋の烏森神社とともに、江戸時代には、江戸三森と称えられ、江戸庶民から篤い崇敬を受けたという、そんな古社のひとつとなるんですね。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社1

元々は、藤原秀郷(ふじわらのひでさと)が、平将門の乱を平定するにあたって、戦勝祈願をしたことに始まるらしく、その点の縁起は、実は、新橋の烏森神社と全く同じなんですね。まさに、兄弟的な神社になるんでしょうか。この点、太田道灌に始まる柳森神社とは少しばかり異なりますね。

ただ、その後、正式な建立は、やはり太田道灌が、雨乞い祈願のために京都府の伏見稲荷大社から伍社稲荷大神の御分霊を勧請して厚く信奉したとありますので、この点では、柳森神社とも共通するんですよねぇ。そういう意味では、まさに、両方の縁起に連なる烏森神社と柳森神社の中間的意味合いとして存在するのが、こちら中央区の椙森神社ということになるんですね。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社2

で、こちらのご祭神は、上記コメントにもありました通り、伍社稲荷大神とあるんですが、私もあまりよく分からんのです。ということで、ちょっと調べてみたところ、

●宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
●素戔嗚尊/須佐之男命(すさのお)
●大市比賣神(おおいちひめ)※[別記]神大市比売神(かむおおいちひめ)
●大己貴命/大名牟遅神(おおなむち)
●四大神(しのおおかみ)

とある。なるほど、5柱の神様をパッケージ化した神様になるんですね。よく、八幡大神や春日大神など、その本社名+大神という表現が見られますが、これらもある種、複数の神様のパッケージ化で構成されたものになるんですよね。まるで、そう書くと、祀られている神様の組み合わせからご利益を導く、処方箋みたいな感じに聞こえなくもないなぁ(笑)。

ともかく、こちらもそんな5柱の神々をまとめて祀っている訳ですが、最後の四大神だけは何を示すのか分かりません。もし、ご存知の方がいらしたら教えて下さい。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社3

で、まぁ、基本情報としては、こんなところでしょうか。取り立てて、変わった部分がある訳ではないのですが、実は、こちらの手水舎の隣には、大きな「富塚」と書かれた石碑があるんですね。最初は、何かお宝か金運にまつわる縁起でもあるんだろうかと思ったのですが、ここでひとつへ~という部分があったんですね。それが、「富くじ」というものです。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社4

「富くじ」とは、いわゆる宝くじの起源ともされ、実は、江戸時代までは、監督官庁から許可が得られれば、寺社で富くじの発売をしていたんですね。そうなんです。いわゆる興行主が番号入りの富札(とみふだ)を販売し、別に用意した同じ番号の木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐(きり)で木札を突いて当たりを決め、「福」を授けたというんですね。まさに、今の宝くじと変わりませんね。

で、これ何のために行っていたかというと、寺社の修繕費用の確保のため、ということで、実は、こちら椙森神社は、江戸城下で起こった火災で度々神社が被災することもあって、その再建費用の捻出のために、こうした富興行が行われていた訳ですね。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社6

そう考えると、現在、震災復興のために、宝くじによって、財源を確保するという発想は、まさに、この時代に始まったアイデアだったんですね。ただ、寺社における富興行は、明治時代に一切禁止されたと言います。で、それを偲んだ町民たちが、大正8年に建立したのが、こちらの富塚ということになるんですね。

なーるほど。こうして、寺社存続のためのバランスを図っていたと考えると、意外と合理的な側面も持っていたんですね。町民のガス抜きにもなりますしね。今では、これは、「福引き」という遊びをもって引き継がれていると言いますが、何故、欧州でサッカーが人気があるのかと言われれば、ここには、ギャンブルの存在も否定できないと言います。なるほどねぇ。

$東條的世界最古の国へようこそ-椙森神社5

ということで、今回の震災で多くの神社も被災しております。神社の富くじ復興って、これは今の世の中じゃ、難しいことなんですかね。でも、福引き発想で何かうまいことはできないんだろうか。そんな事を考えてしまう私は、いかがわしいんですかね(笑)。でも、これも歴史の一面ということで、先人のアイデアは今も引き継がれているということですね。

因に、こちらの社殿、白地に水色の屋根という、実に珍しい色合いをしています。この組み合わせ、そうそう見ないですね。実に、爽やかな社殿となっています。

★関連ブログ
[オモシロ神社Vol.35]烏森神社~お清めの塩アイスはいかが?
[オモシロ神社Vol.65]柳森神社~女性出世開運の神社!

★椙森神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=230

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。