Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
続く、2日目雨が降っていない。いけそうか?ということで、無事に高速船に上陸。ただし、波が高いということで、大島から到着までの50分、ジェットコースターのようにもの凄い上下運動を繰り返しながら、禁断の沖津宮へ向かいました。船に弱い人はアウトでしたねぇ。

$東條的世界最古の国へようこそ

そして、徐々に遠くに見える沖ノ島。いやはや、興奮しました。まさに海上の孤島ですが、徐々に姿を見せるその神々しい姿に、私もさすがに息を呑みました。個人的には、昔、フランスのモン・サン=ミシェルを見た時の感動に近かったですね。ということで、ジャジャン。

$東條的世界最古の国へようこそ

大きく揺れる船上から気が付けば、カメラのシャッター押しまくりでした(笑)。ただ、よくよく見ると島の頂上あたりに何やら近代的な施設が。あれ、なんだ?と思ったら、かつての軍の施設のようで、監視塔跡のようです。今では勿論、誰もいません。

$東條的世界最古の国へようこそ

ということで、島の港に船をつけ、上陸~!本当は、この港を作ることも憚られたようですが、気持ちは何となく分かります。で、島には社務所があり、先ずはこちらで御朱印をお願いしました。そして、建物の隣をみると注意書きが。あ、女人禁制、書いてある。禊ぎをしてからの上陸もですね。なるほどぉ。

$東條的世界最古の国へようこそ

ただ、島にはトイレはなく、小便もしたい。さぁ、どうするということで、海に向かって、小便して下さい、と言われました。まぁ、仕方ないですよね。でも、先ほどまで、荒波にもまれている状況なので、淵から海に向かってしようにも、足元ガクガクなんで、海に吸い込まれそうな怖さがありましたね。あれ、危ないですよ、個人的には(笑)。


$東條的世界最古の国へようこそ

続いて、海で禊ぎです。まぁ、禊ぎと言っても、道彦役の方がいるという訳でもなさそうで、単純に海水につかるような形で、禊がせて頂きました。ただし、全裸(笑)。ふんどしもなにもございません。あ、勿論、小便していたところとは流石に違いますよ。でも、海水もそんな冷たいほどでもありませんでしたので、普通に気持ちよかったというのが本音なところですね(笑)。多分、今までの禊ぎで一番楽だったかも。

$東條的世界最古の国へようこそ

ともかく、そこから再び衣類を身に付け、沖津宮へ向かいました。急な階段と山道を上がり、息も切らせながら上ること、どれくらいでしょうか、20分くらい。幾つかの鳥居をくぐり長い山道を上がっていきます。

$東條的世界最古の国へようこそ

そして、遠くに見えるは、いよいよ、沖津宮。いや~、感動です。そこで、正式参拝を済ませ、周囲を散策。詳細は申し上げられませんが、ものすごく良かったです。

$東條的世界最古の国へようこそ

そして、交代制で常駐していらっしゃる神職さんとも写真を一枚。実は、通常、10日ごとに交代するようなのですが、悪天候のため、当日まで、18日間滞在していた模様。今日は、天気もいいので、ようやくスムーズに交代できそうです、なんて言ってました(笑)。

$東條的世界最古の国へようこそ

それを前日は悪天候で、当日、快晴に恵まれて、あっさり来れてしまいましたが、「簡単に来れると思わないで下さいよ、我々は、ラッキーなんですから」と再びクギをさされました(笑)。まぁ、そうですよね、まさに、海上の孤島ですからね。教義上の制約もあるのかもしれませんが、物理的にみてもアクセス相当悪いですよね。18日間仕えて来られた神職さんも大変ですよねぇ。

とそんなこんなで、港へ戻ることとなり、参道を下ると途中、山の中にちょっとはいって、何やら騒いでいる。行ってみるとびっくり、至るところに国宝級の土器や装飾品のカケラが落ちている。それが、掘るまでもなく、普通に散乱しているのだからスゴい。沖ノ島が別名海の正倉院と呼ばれる所以がここにあるのです。まさに、日本の中で、歴史の時間が止まった究極のエアーポケット。まだまだ、発見されていない謎がかなりあるようです。

$東條的世界最古の国へようこそ

ということで、長い宗像大社参拝は無事に幕を閉じ、宗像市内へと帰って参りました。最後、島に一人残る神職さんが、手を振っておりましたが、本当、大変だなぁ~と思います。島に一人ですからね。本当に、ご苦労さまです。そうそう、最後、参拝団の団長たる田母神さんとも写真を一枚パシャリ。本当にありがとうございました。非常に貴重な体験でした。

$東條的世界最古の国へようこそ

追記、そうそう、何気にスゴかったのは、NTT Docomoだけ、電波がつながる(笑)。AU、Softbankはダメでしたが、Docomo、こんなところまで電波が通じるとは、恐るべし(笑)。

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。