Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
はてさて、本日の神社は、厳密には、「この神社が!」というより、神社に祀られているご祭神の見方に近い感覚がありますので、今までとは若干、性質が異なります。また、これは、私が、「縁結び」神社の正しい法則という形で一度、講話したことのある内容の一部となりますので、まぁ、軽いノリで見て頂ければと思います(笑)。

で、今回のお話ですが、いわゆる白山神社(はくさんじんじゃ)のお話になります。白山神社は、石川県は、白山市に鎮座します白山比め神社を総本社とした約3,000社の神社の総称でして、結構、至るところで、ちらほら見かける神社となります。総本社は相当、有名ですよね。

そんな白山神社のご祭神にまつわるお話ですが、皆さんは、良縁祈願の神社と聞いて、その根拠にどのような印象をお持ちでしょうか。以前、ブログでも「恋愛系縁結び神社の法則1」でもご紹介したことがありますが、そのパターンに分類される中で、祀られているご祭神の組み合わせというものをご紹介したことがあるかと思います(よろしければ下記、過去のブログを参照下さい)。

そして、恋愛系縁結びにおける、組み合わせとは、まさに、男神と女神のカップル神の組み合わせにあるというお話もしました。その主な組み合わせも、以前のブログの通りです。そして、そのパターン分析で、神社を捉えた時、実は、白山比め神社には、深い理由が見えてくるのです。

こちらでも、1組のカップル神が祀られております。伊弉諾尊 (イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)という日本の神話を語る上でも最も重要となる二神です。こちらの二柱の神々は、最古の夫婦神としても知られ、白山神社の他にも、熊野系などにも見られ、比較的よく目にする神さまの組み合わせということになります。

ただ、よくよく考えると、確かに、伝統的カップル神ではあるのですが、実はちょっと気になるところがあるのも事実です。それが、両神の最後のクダリです。

実は、古事記に出てくる両神々は、最終的には、喧嘩別れをしてしまいます。然も、非常に激しい終わり方です。これはある意味、考え方によっては、いくら運命的な出会いを果たしても、少し心配かなぁという捉え方も可能です(まぁ、そんなことは決してないですけどね:笑)。

でも、無理をお願いして、本当なら、最後まで、幸せを通したカップル神がいいと考えた時、実は、あるんです、そんな都合のいい解釈を可能とする神社が(笑)。ということで、白山比め神社の登場という訳なんですね(笑)。

実は、日本書紀では、喧嘩別れに終わらない別のストーリーが存在します。それは、両神が別れる直前で、両者の仲をとりもつ神が出てきて無事復縁を果たすというものです。そして、その役割を担った神が、菊理媛神(ククリヒメ)という女神になるのです。

ククリヒメは、口利きの女神、交渉の神さまと言われ、一説には、神々の間(然も、イザナミが既に黄泉=死者の国に行ってしまったというニュアンスを含めて)を取りまとめるシャーマン(巫女)の元祖ではないかという説や両神から発する唾から生じた神とする説まで、いろいろとあるのですが、基本、この両神が口論を迎えた時に、ククリヒメが、イザナギの耳元で、ゴニョゴニョと何かを言うと、イザナギはそれを褒めて、帰って行ったというクダリがあります。

そして、これこそが、ククリヒメが、結びの神さまと呼ばれる所以であり、白山比め神社では、イザナギ、イザナミの両神に加えて、こちらククリヒメも一緒に祀られているのです。そうです、この不安面が解消されているのです。そう、それは、まさに、鉄壁のトライアングルとでもいいましょうか。見事なまでに、合理的な組み合わせなんですね(笑)。

とまぁ、そういう観点からも、白山比め神社は、恋愛に強いという見方が出来るのですが、どの神社も例え、同じ系列社であっても、全く同じ組み合わせで祀られているとは限らりません。ですので、こちら白山神社系列に関しても、同じ3柱が祀られているケースと、イザナギ、イザナミだけだったり、若しくは、ククリヒメ単神であったりとするケースも非常に多いので、その点は、注意してみましょう。

因に、これが、ククリヒメ単体ですと、良縁という性質は維持しながらも、より包括的な意味合いに緩和され、恋愛的なお話のみならず、事業や商談成功といったより広義的な意味合いに用いられることもあります。

まぁ、だからと言ってなんなんだという部分もあるかもしれませんが(笑)、私がひとつ言いたいのは、神社一つ一つもやはり無二な存在であり、ご祭神は勿論のこと、その背景や意味を考えてみるのも非常に面白いですよ~ということです。こうしたケースひとつとっても、意外と深い話があると言えるんですからね。

個人的には、こちらククリヒメがイザナギの怒りを鎮めたとするゴニョゴニョという一言が非常に気になります。何故なら、ククリヒメがその時、何を言ったのか、実は分からないんです。ただ、たったその一言で、事が解決してしまうとなると、非常に気になるところではありますよね。大喜利的に募ってみましょうか(笑)。あ、因に、この話、軽~く、参照程度に留めて下さいね(笑)。

★関連ブログ
恋愛系縁結び神社の法則1

★白山比め神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=2545

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。