2011年06月04日(土) 07時37分28秒

[オモシロ神社Vol.36]甚内神社〜裏切られた忍者

テーマ:オモシロ神社情報
さて、皆さんは、高坂甚内(こうさかじんない)という人物をご存知でしょうか?え、知らないの?なーんてことは言いません。私も知りませんでしたから(笑)。ということで、本日は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍したという忍者、高坂甚内を祀る神社をご紹介します。

その名も甚内神社(じんないじんじゃ)といい、場所は、東京都台東区が浅草橋にあります。正直、裏路地かつ小さな神社なので、分かりにくいかもしれませんね。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社1
高坂甚内は、武田家に仕えた甲州流(こうしゅうりゅう)透破(すっぱ)、そう、いわゆる忍者の頭領だったんですね。実は、忍者は、いろいろな呼び名があるようで、乱波(らっぱ)とか草(くさ)なんていうのもそうですね。武田信玄は、これを「三つ者」と呼んでいたそうなので、武田家に仕えていたという言うとこの「三つ者」と呼んだ方がいいのかもしれませんね。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社2
そして、時は過ぎて、関ヶ原の合戦を終えてすぐのことです。徳川家康を頂点とする幕府は、関東一円の統制に動き出します。ただ、まだまだ江戸幕府始まって間もない頃でしたので、まだまだ、平穏という訳にはいきませんでした。そんな中、江戸の町を荒し回った盗賊の存在がありました。これが、皆さん、ご存知の風魔小太郎(ふうまのこたろう)です。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社4
先ほど、忍者の呼び名にもいろいろあると書きましたが、北条氏康は、この忍者のことを「風魔(ふうま)」と呼びましたので、これでお分かりの通り、風魔小太郎は、後北条氏に属していた忍者だった訳ですね。

しかし、北条氏が滅亡して以降、そんな風魔小太郎も盗賊に成り下がっていた訳ですね。そんな風魔小太郎と対立関係にあったのが、こちら高坂甚内ということなんですね。この為、甚内は、風魔残党の隠れ家を幕府に密告し、風魔残党の解体に一役買います。このため、小太郎も捕縛された後、処刑されるのですが、甚内がこうした動きの中、散りじりとなる盗賊どもの束ね始め、いつしか巨大な力をみせつけるようになりました。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社5
この為、幕府はこれを危険視し、甚内との関係を反故し、掃討作戦に打って出ました。結局、長き逃亡の末、慶長18年(1613年)に、甚内は捕縛され、なんと、市中引き回しの末、浅草鳥越の刑場で磔にされ、処刑されてしまうのでした。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社3
ただ、この時既に、甚内は、マラリアを煩っていたとされ、その死の直前に、自分がこうして捕縛されたのは、このマラリアのせいだとした上で、死後、自身を祀れば、このマラリアを癒そうとだけ言い残したといいます。
$東條的世界最古の国へようこそ-甚内神社6
そうです。この神社は、そんな甚内の言い残しに基づいて、創建された神社となるんですねぇ。ただ、社記によれば、甚内は、主家滅亡後、祖父に伴われ諸国を行脚するうち宮本武蔵に見出されて剣を学び奥義を極めたとあります。そして、武田家再興を図った嫌疑で、捕縛されたとしております。なるほどねぇ~ということで、都内にもいろいろと伝承は残っているもんですね。

まぁ、どちらが正しいかというのは、分かりませんが、非常に面白そうな人物ですね。ちょっと、深く知ってみたい人物の一人ですね。

★ 甚内神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=1929

↓↓よろしければポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

14 ■Re:Re:お返事ありがとうございます

>東條英利さん
コメントありがとうございます。そうなんですが、元風魔が裏切り返しているんですか。何か、ドラマチックですね。

13 ■ペタ有難う御座います

高坂甚内 渋いトコですね


高坂甚内を裏切ったのも 元風魔の鳶沢"甚内"

吉原をつくったのも 元風魔 庄司"甚内"


甚内 は色々ありまね




でわ

12 ■Re:お返事ありがとうございます

>あらみたまさん
そうなんですね。是非。また、品川区に神社写真が手薄なので、もし、ご機会があれば、お写真でも(笑)。ともかく、情報ありがとうございます。

11 ■Re:Re:Re:ぺたありがとうっす

>むじくさん
関係者の方でしたか、恐れ入ります。まっぽという言葉の語源、そんなことから来ているんですね。知りませんでした。ひとつ利口になりました。ありがとうございます。
まぁ、今の日本で一番諜報能力が高いのは国税ですからね。現代の忍者は国税でしょうか(笑)。

10 ■Re:こんにちは(゚▽゚)/

>ジュリエット002さん
そうですねぇ(笑)。一部には諜報活動というも役割としてあったでしょうから。そう言えば、戦中における日本陸軍の諜報能力は抜群だった訳で、確か、CIAも発足するにあたって、陸軍の諜報戦略を一部参考にしていたという話もあるくらいですからね。その源流は、まさしく忍者だったんですかね。

9 ■Re:Re:ぺたありがとうっす

>東條英利さん

・・・ぼくもいちおうけいさつ関係者ですが

知りあいの先輩は、ぼくとおなじ拳法は3段で

忍術も習ってましたが

江戸から東京へ移行する時薩摩のひとが
たすう警察官になってまちはかごまの
薩摩っ子ばっかだったときいてます

で・・・(ごぞんじでしょうが)
いっぱんじんのひとが
おまわりのことをさつまっぽさつまっぽ
といい、すえに「まっぽ」というようになったと、

いわれてます、にんじゃ、をおまわりにすると
こわいけど、あまりに実行力がありすぎる
気がする、もっとほんわかなぼんが
今は多いかなって気がしますが・・・

8 ■Re:びっくり!

>タコさん
へ~、タコさん、忍者の流れになるんですか。うかつかことは話せませんね(笑)、なんて、冗談ですが、都内なので、すぐですよ。

7 ■お返事ありがとうございます

>東條英利さん


そこです。駅からも近いし、行こう行こうと思いつつ、行ってないのです。

6 ■Re:ぺたありがとうっす

>むじくさん
ありがとうございます。それにしても江戸時代から明治時代へと引き継がれた時、残った忍者は、警察などの職務に就いたというのがありましたが、これ、どうなんでしょうね。スゴい気になります(笑)。

まぁ、でも無念さは甚内も持っていたでしょうね。

5 ■Re:子供の頃はくの一目指してたので

>あらみたまさん
ありがとうございます。甘酒神社ですか。こちらは、東京都大田区の甘酒稲荷神社のことでしょうか?私も詳しいことは知りませんが、大田区のこちらですと、願い事が成就した時に、甘酒を奉納していたとする説が残っているみたいですが。こちらと違うんですかね。

4 ■こんにちは(゚▽゚)/

ムム…殺気っ。

ピキ~ン

シュッ

(手裏剣を出して投じた)


プスッ…。












なんだ犬の糞か…。





忍者って、CIAの工作員みたい…っていうかそのものですか。

国に貢献したから祭られる。極めて普通かな。

靖国神社もね…戦犯といわれる方々も含めて、彼らがいてくれたから、今があるってことを蔑ろにしているような、この国の風潮には呆れ涙です。

オレですか?
今の日本はどうだかわからんけど、戦士には敬意です。

3 ■びっくり!

まぁ、ちょっと関係する人たちの神社です。
私の先祖を辿ると、甲賀系忍者にぶつかります。
なので、人事じゃないなと。
しかも家が姫路城の近く。つまり、城を守る忍者であったのです。
系図があるわけじゃないので残念ですが、ちょっと祖先との関連という意味でいってみたいですね。

2 ■ぺたありがとうっす

真田一族など、しのびの
練達者がけっこういたんですね

関西人は忍者と言えば
伊賀甲賀しかしらないものがおおいですが

家康公の魂(いのち)は取れたけど?
首をとれなかったのが
信繁の無念だったろうとおもいます・・・

1 ■子供の頃はくの一目指してたので

面白く読みました。

仕事で毎日地図をみているのですが、面白い地名や名前の神社をみつけることがあります。

ずっと気になっているのが甘酒神社。甘酒好きなので行ってみようと思いつつなかなか行けませんが、ご存知ですか?

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。