Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
今回ご紹介する神社は、ある意味、大人の神社です(笑)。場所は、遠くは九州は熊本。私が最も好きな場所のひとつです。その熊本の中心地、熊本市内の外れの方に、弓削神社(ゆげじんじゃ)と呼ばれる神社があります。

こちらは、弓削神宮(ゆげじんぐう)と弓削法皇社(ゆげほうおうしゃ)という二つの神社が、白川という川をはさんで鎮座してまして、その二社を総称して、弓削神社と言います。そして、その最大のご利益スポットは何かと言われると、はい、「浮気封じ」ということになります。まさに、オモシロな香りが漂いますねぇ。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮1

ただ、残念なことに、私が、こちらに訪れた当初、弓削法皇社の存在を当時知らず、弓削神宮しか行ってないんです。なので、その点、写真半分となってしまいます。申し訳ないです。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮4

ということで、こちら弓削神社のご紹介。そもそも、何故、浮気封じなのかと言われれば、まぁ、行けば分かります。こちら社殿正面です。さぁ、普通の神社にあってないものがありますよね。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮2

よーく、見て下さい。分かりました?(笑)

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮3

そう、こちらには、あちこちに男性の性器とおぼしきものが多数祀られているんです。でも、まぁ、道祖神なんかに行けば、よくこうした男性の性器を象徴化したものを祀り、いわゆる子宝とか、子沢山を祈念していたりするんですが、こちらは、ちょっと、その由緒におけるフックが違います(笑)。

こちらの主祭神は、孝謙天皇(こうけんてんのう)という第46代の6代目の女性天皇が祀られております。いやはや、天皇を祀る神社で、こうした形式を取る神社はそうはないですよ。というか、見たことはありません。では、何故、こういう形式が取れているのでしょうか。それは、もう一人の人物、弓削道鏡(ゆげのどうきょう)と呼ばれる奈良時代きっての法相宗の僧侶で、東洋のラスプーチンの異名を誇る怪僧の存在があります(まぁラスプーチンと言っても、ラスプーチンの方こそ、近代の人物なので、本来は向こうが、西洋の道鏡と言うべきかもしれませんが(笑))。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮7

では、道鏡は、何故、怪僧と呼ばれたんでしょうか。それは、道鏡が、看病禅師(かんびょうぜんし)だったからです。

元々、日本は神道国家でありましたが、途中から仏教が輸入されるようになってきました。そして、当時からみて仏教とは何だったのかと言いますと、まさに、最先端科学だったという見方がひとつできます。それは、私が講演で行う「神仏習合」の話や以前、ブログでも書いた「神道は宗教か?」の話でも若干触れましたが、元々、文字を持たない日本にとって、文字を持ち、情報が体系化された仏教は、まさに学術的であり、近代的な科学であった訳です。

然も、当時の仏教知識には、医療知識も含まれておりました。そして、その中には、薬膳を含んだ投薬行為、要は、治療行為をも含まれておりました。しかし、これをもって、僧侶も医療とは言いません。あくまで、その前後に控える祈祷、呪力をもって、実際の健康回復に至らしめることができると言ってきた訳です。

これは、スゴいですよね。実際に、効いてしまう訳ですからね。これは、さまに、仏教の呪力の高さを証明するものであり、道鏡もまさに、そんな看病禅師の一人だったという訳です。そして、道鏡は、この力を使い、孝謙天皇の病気を平癒したと聞きます。これにより、道鏡は、益々重用されるようになり、ついには、禁断の法王という天皇に比肩する称号を手に入れてしまったという人です。まさに、日本史におけるタブーな方ですね。

しかし、そんな道鏡も、宇佐八幡宮神託事件と呼ばれる、宇佐八幡宮より孝謙天皇に対して「道鏡が皇位に就いたほうがいいだろう」との託宣を受けたとし、皇位を簒奪しようとしたとの嫌疑がかけられ、結局は失脚してしまうという訳です。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮8

そんな黒い噂の多い道鏡だった訳ですが、その道鏡には、もう一つの伝説がありまして、それが巨根伝説というものです。然も、天皇からの多くの寵愛も受けていたことから、こうした下世話な噂が飛び交い、実際、数々の文献の中でも様々な噂が囁かれるようになりました。

その象徴的な神社が、まさにこの弓削神社ということになるんですね。そして、神社の縁起では、道鏡が失脚した後に、この地に来て、藤子姫という女性と夫婦となり、安穏な日々を過ごしたと言われておりまして、その伝承を元に建てられた神社がこちらと言われております。ただし、正史上では、道鏡は、栃木で亡くなったという話がありまして、この話の信憑性は不明です。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮6

そんな弓削神社、下ネタ・トピック満載で、例えば、「巨大な性器にまたがり、女性はなでなでしながら通り抜けると一生夫婦円満になるとか、男性は、性器が強くなる」だとか(笑)、そんな話が多い。そして、その極めつけが、浮気封じと呼ばれるもので、実は、こちらには、男性の性器に見立てた小さな木に女性が五寸釘を打つというものがおりまして、それが、実は、山盛りになって祀られてある。

見た男性は必ず思います。「うわっ、痛っ!」って(笑)。何か、まさに女性の情念のようなものを、その山からは感じるのですよね、「浮気は許さない」って言う(笑)。確かに、目の前で釘を打たれたら、男性はひるむでしょうね。この他にも、非常に小さな鳥居があって、それをくぐるような指示があるのですが、目的が分からない(笑)。でも、同じ、熊本でも同じシステムのものを見た記憶があるのですが、これ結構あるんでしょうか。

東條的世界最古の国へようこそ-弓削神宮5

個人的には、これをくぐる女性を男性が楽しんでいたんじゃないか、など思ってしまいましたが、個人的には、地元の方に「あぁ、あそこ行ったんですか。若い頃には、あそこに女性を連れて行くのが楽しみでねぇ」とニヤニヤしながら楽しそうに話す姿をみて、何とも平和でいいなぁ~と思ってしまった次第です(笑)。

まぁ、世の中的にも少子高齢という問題もありますんで、浮気封じもいいですが、子宝、子授かりにお越し頂いてみてもいいのではないでしょうか?ここまで、あからさまにやられると、清々しいですよ(笑)。また、個人的には、縁結びの集団見合いをこんなところでやったら、カップル率上がる気がします。すいません、下世話な話で(笑)。でも、これもあくまで日本の歴史の一部です(笑)。

★弓削神宮
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=1392
★弓削法皇社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=1393

↓↓ポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。