Natural Bone Japanese

日本の素晴らしさを考えてみるブログ!


テーマ:
本日、ご紹介する神社は、実は、昨日ご紹介致しました宝禄稲荷神社から目と鼻の先と言ったら言い過ぎですが、まぁ、割と近い所に鎮座する神社になります。その名も八兵衛稲荷神社(はちべえいなりじんじゃ)。まぁ、場所は近いということで新宿区になるのですが、若松町の方ですね。ただ、こちらは、路地一本裏にありますので、結構、分かりにくいところにあるかもしれません。

東條的世界最古の国へようこそ-八兵衛稲荷神社1

で、今回のどんな点がオモシロかと言いますと、まぁ、その由緒ということにるんでしょうか。実は、名前からのご推察できます通り、こちら稲荷は稲荷でも人さまが祀られている稲荷神社になります。よく有名なパターンとして、菅原道真公(すがわらみちざね)や平将門公といった平安時代の武士から戦国武将、幕末の志士などなど歴史上の偉人が祀られる神社をよく見ると思います。前者なんかは怨霊信仰がベースになっているので、系統は全く異なるのですが、基本、人が神になった代表例ですね。

東條的世界最古の国へようこそ-八兵衛稲荷神社2

唯、神道には、「人は死んだら神になる」というか、「人は神の子である」といった考えが一部には残っております。だから、本来は、有名無名問わず、人は神霊となって、太古には、山に帰って行った訳ですが、これ何となく分かる気がするんですよね。何故なら、人類ってよく言えばあまりにも特別な存在なんですからね。だって、生態系ピラミッドの中でもこんなに逸脱した存在はないですから。悪く言えば、地球に巣食うバクテリアみたいに、ひたすら増殖を繰り返す(まぁ、天敵がいない訳ですから)。だから、そんな特別な存在という言葉を借りれば、まさに神の末裔と言い換えることもできるんじゃないかと思う訳です。まぁ、考え方次第ですね。

東條的世界最古の国へようこそ-八兵衛稲荷神社3

話は脱線しましたが、こちらは、いわゆる一般の民間人が、努力の末、そんな神様として祀られるようになったパターンです。先ほど、「人が神様」って、書いた時、「俺やご先祖は祀られていないぞ!」というご意見も聞こえてきそうですが(笑)、神社というのは、あくまで祀る人がいて成立するもんなんです。自宅でも、神棚の他に祖霊舎というものが実はあるんですが、こちらが神道でいうご先祖を祀るものとなりまして、機能的には仏壇と一緒のものがあるんです。

ある意味、これが最少公約数的な神社と言えるのかもしれませんが、これが多くの方を巻き込んで祀られるケースが、町の中にある神社という、ひとつの形を迎え、発展してきているといった感じでしょうか。基本、神として祀られようと思って祀られている訳ではないんで。あくまで、後世の方たちが、祀りたいから祀られるんです。

東條的世界最古の国へようこそ-八兵衛稲荷神社5

で、こちらどんな言われがあるのかと言いますと、こんな感じです。「約260年前、八兵衛という町人がおり、ある日、自分の過失から火事を起こしてしまったそうです。この火事によって、近隣に迷惑をかけてしまった八兵衛は、これをひどく後悔し、それ以降、毎日毎夜、町内を「火の用心」と言って町内を練り歩いたそうです。その結果、若松町内で大きな火事はほとんどなくなったそうです。おしまい。」という話ですね。

そして、その八兵衛の死後、町内の有志が稲荷神社を建て、ここに八兵衛を祀り、このことを伝え聞いた町奉行が将軍家に奉上し正一位を贈り、八兵衛を讃えたというのが、こちらの神社になるんです。要は、日頃の行いが死後に認められて、まさに祀られたパターンですね。まぁ、八兵衛さんも真面目な方だったんですね。

東條的世界最古の国へようこそ-八兵衛稲荷神社4

ですので、こちらのご利益で一番に上げられるのが、やはり、火防守護ということになるんです。日本ではとにかく火伏せの神様が尋常じゃないくらい多いのですが、これは、ひとつに日本の家屋が木造で、火に非常に弱かったことも上げられると思います。だから、ちょっとした火災が町一つ丸呑みすることもまぁ、あり得た訳ですね。そのため、火に対する恐怖心は、レンガや石造りの建物に住む欧米人の比じゃなかったと思います。

だから、八兵衛の行いは、今以上に賞賛されるような真似だったんだろうと思いますが、こんな町の功労者を祀り、讃える懐の深さが昔にはあったという証ですね。ある意味、以前ご紹介した高尾稲荷神社も一般人が祀られるケースでしたが、神社には、そうした人としての懐と、その地域ならではの特徴が残っているのが、とても面白いんです。皆さんの地元には、どんな偉人が祀られているのでしょうか。

★八兵衛稲荷神社
http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=325

↓↓ポチッとお願いします↓↓

人気ブログランキングへにほんブログ村 歴史ブログ 神話・伝説へ
にほんブログ村

****************************************************************************
★神社情報専門ポータルサイト「神社人」:
http://jinjajin.jp
※あなたの町の神社の写真をお送り下さい!!!
★ネットTV「世界最古の国、日本!!」毎週金曜日13時より生放送:
http://odoroku.tv/knowledge/jp/index.html
※暇が合ったら秋葉原の公開放送スタジオに遊びに来て下さい!!!
★FACEBOOK:
http://www.facebook.com/profile.php?id=100001759446311
★Twitter:
http://twitter.com/#!/h_tojo
****************************************************************************
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東條英利さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。