テーマ:

これまでの人間関係を振り返って、「感情」というエネルギーが与える人生の意思決定のウェイトの大きさをしみじみと感じています。


「感情」に突き動かされて、新しい一歩を踏み出したり、生まれてくるものもあったりすると思えば、


「感情」に突き動かされて、関係を断ち切ったり、積み上げてきたものを一瞬で台無しにすることもあるわけです。


「建設は死闘、破壊は一瞬」という言葉が示す通り、「感情の爆発」は、すべてをひっくり返してしまう力があります。


だからこそ、「感情」というエネルギーの扱いには、より留意する必要があるなと感じています。


本人が思っている以上に、「感情の爆発」が生むエネルギーは、世界を変えてしまう力があるからです。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

細やかなことに気がつくというのは、それだけ気を張り巡らせているということです。


だから、繊細であればあるほど、ちょっとしたときに感じる自分の心の弱さや、ズルさというものにも敏感になれるはずなんです。


鈍感で粗雑な人が、流してしまえるようなところで立ち止まり、ひとつひとつ鍛えていくことで、はじめて、「こころの強靭さ」というものが紡がれていきます。


だから「繊細な感性」を持つ人が「弱くて」「脆い」というのは違うと思っています。


「弱くて」「脆い」というのは、つまり「雑」なんだと思うんです。


気づかないフリ、見ないフリを重ねているうちに、内部の構造に「ガタ」がきちゃうんです。


繊細な人が弱いというのは、繊細さを言い訳にして、痛みから逃げてるだけなのかもしれません。


でも、その「繊細さ」こそが、突破口になると思っています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の占術講座の中で生徒さんから

「幸せ」ってなんだろう


という発言が飛び出したので


「幸せ」の対義語ってなんだと思う?


と、質問を掘り下げてみました。


もう一人が


「不幸ですか?」


というので、


「不」をつけるのもいいけど、意味として対になる言葉を考えてみたらってことだから


という事で考えてもらいました。


何不自由なく暮らしている人でも「幸せ」を感じているとは限らないかもしれない。


めちゃくちゃな生活をして、何ひとつうまくいってないように見えても「幸せ」と感じているかもしれない。


そういう観点から「幸せ」を考えたときに、あらためて


「幸せ」ってなんだろう


という論点が、浮かび上がってくるかもしれません。


「あなたの幸せとはなんですか?」


ではなく


「幸せの対義語はなんですか?」


という問いにチャレンジしてみてください。


僕の考えは、また、いずれどこかで。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「アウトプット」を鍛える無料通信講座が、かなり好評です。


「発信をビジネスにつなげたい人」


「コンテンツを作っていきたい人」


に多く興味を持ってもらっているようです。登録してない人は、お見逃しなく。


さて、告知や宣伝が上手いなと思う人もいれば、下手だなあと思う人がいるのは実感しているところだと思います。


で、もし、あなたが何かを伝えていきたいのに自分の発信に力がないと感じていたり、頑張って書いているのに反響がないなと感じているのだとしたら、その理由は「たったひとつ」しかありません。


それは「面白くない」からです。


ここでいう「面白い」というのは、「読み手にとって価値を感じる」という意味です。


読んで勉強になった、気づきがあった、タメになったという発信を続けていけば、自然と「あの人は今日どんなことを書いているかな」と探しにきてくれるでしょう。


でも、単なる宣伝を繰り返していたり、自分語りに終始するような内容では、わざわざ探しにきたりしないでしょう。


もちろん、それがいいとか悪いとかっていう話ではありません。自分の世界観や価値観の軸を作っていく中ではそういう段階も必要です。


でも、プロの発信者として実力を高めていきたいのなら、「読み手のことを考えて当然」だと思うんです。


そういう意識と実績の積み上げが「コンテンツ」として育っていくことになります。


このことを意識していくなかで、気づいてきたエッセンスを今回の講座では紹介しています。


イチ占い師としての活動から、長倉さんにプロデュースされたり、企業での講演活動していく中で、意識していることを書いていますので、ぜひ参考にしてください。


1通目:イントロダクション
2通目:Facebook編
3通目:メルマガ編
4通目:ミニセミナー編
5通目:講演活動編
6通目:講座構築編
7通目:ボーナストラック


という構成でお送りいたします。


みなさんの「アウトプット」を楽しみにしています。


「アウトプット」を鍛える無料通信講座
http://mail.os7.biz/m/H0jK
※上記メルマガにご登録いただくと、通信講座がメールで届きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いろんな人がいろんな人生経験を積んできて、それを乗り越えてきたことを糧に生きているわけです。

自分の経験を語ることが、同じような状況で悩む誰かの背中を押すことがたくさんあるでしょう。


だからこそ「発信の時代」になっているのかもしれません。


ただ、そのような体験を通じて、講演活動やビジネスに発展させていきたいと考えるのなら、


「体験の在庫を切り崩す」


ような活動の仕方では「感動した話」だけで、終わってしまうでしょう。


「サンクチュアリ出版でのトークイベント」


の話の打診が最初にきたときに、自分の体験談や経験を話すことを主眼に置かず、「コンテンツ」を届けることを意識しました。


「自分の話を語る」だけなら、1回目は盛況で、それを受けてぜひ2回目も…となると思いますが、さらに3回目、4回目と依頼をされたときに


「さて、何を話そう…」となるのではないでしょうか。


誰にでもストーリーはあるんです。だからこそ、そこを土台にやっていきたい人、継続して自分の世界観で価値を提供していきたい人は、


その先の「コンテンツ化する力」を育む必要があると思うんです。そういう意味で、僕の活動そのものは、とても参考になると思います。


イチ占い師としての活動から、長倉さんにプロデュースされたり、企業での講演活動したりするようになるまでに積み上げてきた「ポイント」ということで、多くの方に興味をもっていただいているみたいです。


特に、コンテンツでやっていきたい人、成功したい人には、とても参考になる話がたくさんあるはずです。


1通目:イントロダクション
2通目:Facebook編
3通目:メルマガ編
4通目:ミニセミナー編
5通目:講演活動編
6通目:講座構築編
7通目:ボーナストラック


という構成でお送りいたします。


みなさんの「アウトプット」を楽しみにしています。


「アウトプット」を鍛える無料通信講座
http://mail.os7.biz/m/H0jK
※上記メルマガにご登録いただくと、通信講座がメールで届きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)