2008年06月01日 14時17分50秒

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの「最高の人生の見つけ方」を観た!

テーマ:映画もいいかも

sai4


主演はジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン。アメリカ映画の二大スター、まさに百戦錬磨、芸達者なこの二人のために作られた映画です。一人は、家族のために自分の夢を犠牲にして働いてきた実直な自動車修理工カーター(モーガン・フリーマン)、もう一人は、お金は有り余るほどある大富豪、しかし家族に恵まれず見舞客は秘書だけという我が儘な実業家エドワード(ジャック・ニコルソン)です。どこにも共通点のない二人ですが、同じ入院先で相部屋となり、そして最悪の共通点は共に余命6ヶ月の末期癌だということ。さて、二人はこれからどうなるのか?


sai3

カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした「棺桶リスト」を見つけたエドワードは、それに幾つか付け加え、リストの実行を持ちかけます。「棺桶リスト」とは「BUCKET LIST」、自分たちが棺桶に入る前にやりたいこと、見たいもの、体験したいことのすべてを書き出したリストのことです。それまでまったく赤の他人だった二人が、妙にウマが合い、周囲の反対を押し切って、生涯最後の冒険の旅に出ます。「死ぬ前にやることリスト」には、スカイダイビング、世界一の美女にキスをする、泣くほど笑う、見ず知らずの人に親切をする、荘厳な景色を見る、刺青をする、ピラミッドを見る、香港に行く、等々が書かれています。



sai2

タージマハル、ピラミッド、アフリカの野生の楽園セレンゲティ、ヒマラヤを周り、タトゥーショップで刺青をし、レーシングカーでの対決やスカイダイビングにも挑戦します。二人は「棺桶リスト」を一つ一つクリアしつつ、二人の違いを認めながらも、かけがいのない友情を築いていきます。世界中を旅して廻った二人は、アメリカへ帰ります。カーターは家族に囲まれて夕食を共にします。一方、エドワードはコンクリート打ち放しの冷たい部屋で一人寂しく過ごしています。エドワードには別れた娘がいます。カーターはエドワードが娘に会える機会を作りますが、それを知ったエドワードは怒り出します。



sai1

カーターは妻以外の女性と接したことがありません。女たらしのエドワードはカーターが美しく若い女性と出会う機会を作ります。カーターはそれにはのってきません。どちらも余計なお節介です。カーターは「一人になってもリストに挙げたことをやり遂げてほしい」とエドワードに言い残して死んでいきます。エドワードは思い切って疎遠になっていた娘を訪ねます。娘の娘、つまりエドワードの孫娘にキスをします。「棺桶リスト」の最後に残った項目「世界一の美女にキスをする」を達成します。


「人生を楽しく生きるのに遅すぎることなど決してないと教えてくれる」この映画は、僕にはほとんどあり得ない話、やはり最後は計算ずくのハッピーエンド、良くも悪くもアメリカ映画でした。僕のなかでは、ジャック・ニコルソンといえば「カッコーの巣の上で」(1975)や「郵便配達は二度ベルを鳴らす」(1981)という映画です。しかし、最近では「恋愛小説家」(1997)や「恋愛適齢期」(2003)、そして「最高の人生の見つけ方」のジャック・ニコルソンとなり、やや複雑な思いがします。


映画「最高の人生の見つけ方」公式サイト

AD

tonton3さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。