2006年07月26日 08時15分24秒

映画「嫌われ松子の一生」を観た!

テーマ:映画もいいかも
kira1


中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島哲也監督と撮影中に衝突したことが大いに話題になっていました。その辺を克明に書いた中谷美紀の手記?もあるというし。まあ、それも「番宣」の一つの手法かもしれませんが、さもありなん、初日の舞台挨拶では「和解した」とか?


数多くバンバン打たれたテレビCM、「嫌われ松子」の子供時代の、黒目を寄せて唇をとがらすヘンな顔、小説には出てこないし、あれってなんなんだろうと思っていました。松子が父親の「笑い顔」を見たいためにやる仕草なんですね。父親は妹ばかりを可愛がって、自分の方を見てくれないと思いこんでいる松子。映像ならではの松子の思いを象徴した個所、「映像ならでは」の表現なんですね。なるほどね。


昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子(中谷美紀)。お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、やがて中学校の教師となる。しかし、ある事件が原因で20代でクビに。その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびにますます不幸になってゆく松子。いつしかソープ嬢に身を落とし、果ては同棲中のヒモを殺害して刑務所に服役してしまう。


「原作に忠実に」ということであれば、ありきたりの平々凡々な2時間ドラマのような作品になるでしょう。しかし、この映画はその辺が違います。「映像ならでは」の表現、たしかにストーリーは大いに飛びまくります。小説とはまったく違う世界が展開します。原作の積み重ねられた詳細な場面を、いちいち立ち止まらないで2時間ちょっとという枠に思い切って纏まる。どれを取ってどれをを捨てるか、「編集の妙」というか、その辺りの作業が監督の手腕の見せ所、ですね。


kira2


そして、まずはこの映画の最大の特徴である映像。ポップな衣装にヘアスタイル。悲惨な物語を彩る華麗な美術に音楽。そして400カットを超えるCGとアニメ。徹底的に不幸な松子の人生を、CM界の巨匠・中島監督がディズニー映画のようなファンタジックな世界につくりあげた、とオフィシャルサイトにはあります。どうして背景に星が瞬くの?安手のプリクラじゃあるまいし、とは、言いっこなしに。安っぽくすることも「映像表現」なんだから・・・。


もう一つ、「ありえない?キャスティング」ですね。最初からゴリが突っ張った臭い演技で出てきます。コメディアンから、ミュージシャン、実力派俳優にいたるまで、映画初出演者を多く含んだ新しい組み合わせによる「手垢のついていないキャスティング」が実現、とあります。あれっ、柴咲コウ、出ていたっけ?木村カエラとボニー・ピンク、よかったですね。片平なぎさ、うまく使われていました。香川照之と柄本明、危なげない演技でした。


そうそう、もう一つありました。♪ま~げて 伸ばして お星様をつかもぉ♪ この歌が、映画が終わってからも、ずっと耳について離れませんでした。歌詞が「おうちに帰ろう」でしたね。松子は若い頃に家を出てしまいます。父親は病弱な妹ばかりに愛情を注ぐので、松子はずっと寂しかった。でも故郷の家に帰りたかった。映画の全体を通して「おかえり」という言葉がキーワードになっています。でも「家」を求め続けた松子に「おかえり」と言ってくれたのは亡くなった妹だけでした。


ラスト、松子は天国への階段を登っていきました。まるでハッピーエンドのように。50歳過ぎて、一人ぼっちで、友達も一人もいなくて、ぶくぶく太って、臭くなっていく。嫌われ松子になってしまいます。それにしても晩年の松子を醜く描きすぎです。あんなに太らせなくてもいい、誇張のしすぎです。原作も映画も、40過ぎてから亡くなるまでの松子を描き切れていないのが残念です。


多くの人が、松子の映画を完成させるために心血を注いでくれた。物語の中の松子は不幸だったかも知れないが、小説のヒロインとしての松子は最高の幸せ者だと思う。と、原作者の山田宗樹は、コメントしています。


「嫌われ松子の一生」オフィシャルサイト


過去の関連記事:

「嫌われ松子の一生」を読んだ!

AD
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

tonton3さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

34 ■マーブルさん、コメントありがとう!

僕も「嫌われ松子の一生」は、原作も映画も、それぞれ独自のスタンスで、いい作品だと思いました。これからも、よろしく!

33 ■kinoさん、コメントありがとう!

僕も原作を先に読みましたが、原作をそのまま映画化したというのではないところが、この映画の成功の元だと思います。これからも、よろしく!

32 ■トラックバックありがとうございました。

とても良い作品でしたよね。
又、遊びに来てくださいね。

31 ■映画と原作は

TBありがとうございました。
「目の中のリンゴ」のkinoです。
私は原作に打ちのめされましたが、映画は映画で面白かったです。
あの重い内容の原作を、こいういう感じで映像化した、
というのはスゴイと思います。
キャスティングも豪華でしたね。
(と、友達に言うと、劇団ひとり?クドカン?豪華かぁ??と言われましたが(笑))

30 ■snsk さん、コメントありがとう!

中島哲也監督は、聞くところによると、話題づくりには定評があるようですね。「嫌われ松子」も映画の内容よりも、監督と女優の不仲とか、話題先行でした。その道のブレーンがいるようです。石井克人『茶の味』は、存じません。これからも、よろしく!

29 ■ま~げて♪

TBありがとうございました。

さすが、CM出身の監督。
こういうキャッチーなとこは流石ですよね。

石井克人『茶の味』での名曲「山」、しかり。

28 ■sumiko さん、コメントありがとう!

どうぞどうぞ、トラックバック大歓迎ですよ。これからも、よろしく!

27 ■tbさせてくださいね

今頃すみません・・。
よろしくお願いいたします。

26 ■tacossさん、コメントありがとう!

わざわざ書き込んでいただき、恐縮します。つたないブログですが、こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

25 ■とんちゃん、コメントありがとう!

アハハハ、同じ名前ですね。子供の頃は「とんちゃん」と呼ばれていましたよ、僕は。同じ名前のよしみ、これからも、よろしく!

24 ■メリーママ♪さん、コメントありがとう!

本当に愛されてた人、決して誰からも嫌われてなんかいないですよね、松子は。悲惨なのにロマンチック、言い得て妙です。これからも、よろしく!

23 ■読者登録ありがとうございます。

今後ともよろしくです。

22 ■はじめまして♪

他をうろうろしている最中 とんとん日記様の名前を拝見、ブログタイトルが 似ているので 驚いて、お邪魔しました^^

宜しくお願いしま~~す♪ ぺこ <(_ _)>

21 ■TBありがとうございました(人´∀`o):☆ノノ

私も「ま~げて 伸ばして お星様をつかもぉ♪ 」
が 残りましたです。
本当に愛されてた人!!
最後がぁ~また切なくて~~でもなぜか
ハッピーで~~
ここまでやるか!!ってビックリでした
役者さん達も凄いし~
悲惨なのにロマンティックでした。

20 ■ねすさん、コメントありがとう!

夏目漱石の「坊ちゃん」、ホトトギスだったかに発表されてから100年だそうです。映画も歴史に残るものを目指す作り方もあるでしょうが、とりあえず、今がよければいいという作り方もあるのでしょう。CM出身の監督ですが、その辺はどう考えているのか、疑問の涌くところです。これからも、よろしく!

19 ■TB感謝です

私もどっちかというと、マイナス印象が強い映画に感じた派です。映画としての面白さは評価しますけどね・・・。
松子の人生が不憫に思えてならなかったし、途中で映画ということを忘れて本人に説教したくなってしまった(笑)・・・私も相当年を重ねてしまったのでしょうねぇ。
中谷美紀は頑張ったなぁ。彼女でなければ、この映画はありえなかったと思う出来でした。

18 ■とみさん、コメントありがとう!

映画ですから、かなりの部分、はしょって作られているようです。姉と妹との関係は、切ないですね。キャスティングで決まり、みたいな映画でしたね。これからも、よろしく!

17 ■奈緒子と次郎さん、コメントありがとう!

♪ま~げて 伸ばして お星様をつかもぉ♪
僕も耳に残って、困りました。家人が言うには、子供が幼稚園のときに歌っていた、と言うのですが。あの歌の出所が判りません。今度は歌の出所が判るまで、頭に残りそうです。これからも、よろしく!

16 ■ゆりこさん、コメントありがとう!

僕もこの映画の話題がメディアに登場したときには、ちょっと引きました。小説を読んでから、映画を観ているので、比較的余裕を持って客観的に観ることができました。これからも、よろしく!

15 ■TBありがとうございました

 こちらからもTBを試みたのですが、入らないようで、すいません。
 >「家」を求め続けた松子に「おかえり」と言ってくれたのは亡くなった妹だけでした。
 それがせつないですよね。
 ありえないキャスティング、楽しめました。

14 ■TBありがとうございます♪

♪ま~げて 伸ばして お星様をつかもぉ♪
2ヶ月近くなっても、いまだに耳から離れません(*_*)
しかもストレスなのは、
この続きの歌詞がわからないこと…。
ラララで歌っています(^_^;)

13 ■なるほど!

ちょっと気になっていたものの、話題性が大きすぎてどうだかなーと思っていた作品の概要がつかめました☆解説力の成せる技ですね!また、読者登録ありがとうございました♪

12 ■もじゃさん、コメントありがとう!

映画と原作、いつも問題になる「永遠の課題」ですが、僕は別のものだと思っています。今回は、キャスティングで助けられているとも言えます。これからも、よろしく!

11 ■ミチさん、コメントありがとう!

映画はたくさんの人が関わってつくるものですが、でも結局は監督のものだと思います。監督の感性が全編に行き渡っていた映画でした。これからも、よろしく!

10 ■冨田弘嗣さん、コメントありがとう!

映画は、小説も同じですが、人の数ほど評価があってしかるべきです。読んでみて、悪評には思えませんでしたよ。これからも、よろしく!

9 ■スナッチャーさん、コメントありがとう!

嫌われ松子、というタイトル、まさに逆説ですよね。松子は、決して嫌われてなんかいませんよ。これからも、よろしく!

8 ■junk-music さん、コメントありがとう!

そうそう、僕もあの歌が耳に残って・・・。人生は人との出会いですね。出会いによって、人は変わるし、変われるんです。これからも、よろしく!

7 ■ノラネコさん、コメントありがとう!

そうそう、ハッピーエンドですよね。松子は決して誰からも嫌われてなんかいませんよ。これからも、よろしく!

6 ■原作

こんにちは。TBありがとうございます。
原作と結構違うんですね。読んでいないもので。
キャストはかなりバラエティに富んでいましたね。
こんだけいるとお気に入りのキャラとか俳優とか見つけられて楽しいなぁ。

5 ■TBありがとうございました

こんばんは♪
原作も出た当時に読んでいるのですが、それがまさか映画化されるとは思っていませんでした。
せいぜい昼ドラかと思っていたので(汗)
映像ならではの表現が工夫されていて、監督の感性には驚きです。
「まーげてー~♪」の歌は耳に残りましたね~。

4 ■トラツクバック、ありがとうございます。感謝します。

私は評論どころか、こき下ろしてしまいました。観たのが早かったせいか、多くの方から批難をいただきました。それぞれ受け取り方が違うのだなとあらためて感じた次第です。
私の悪評にトラックバックしていただき、ありがとうございました。拝読させてもらいました。  冨田弘嗣

3 ■TB・・どうも~

こんばんは。
TB感謝・多謝!

>映画の全体を通して「おかえり」という言葉
>がキーワードになっています
そうそう!
嫌われ松子・・は、愛されていた。
そんな映画でした
(これ今年の代表的な作品になりそう!な予感

2 ■こんばんは

私も先日この映画を見ました
人間は出会う人によって人生が変わるんですね
まげて伸ばしてお星様をつかもう、私もこの歌が
脳裏から今でも消えません

1 ■こんばんは

TBどうもでした。
私もこれはハッピーエンドだと思います。
少なくとも松子はタイトルと違って、全然嫌われてはいないし、むしろ愛されて愛されて死んでいった様に見えました。
まあ愛され方はちょっと嫌でしたけどね~(笑

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。