日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
まだまだ修行中♪の若女将がご紹介します。


テーマ:

夏を思い浮かべるような陽射しのなか、

お茶会のお手伝いで忙しくしていた店主。

 

時折、お土産を持って帰ってきます。

 

昔は見向きもしなかった和菓子ですが、

味覚が変わってきたのか、

味が分かるようになったのか(笑)

 

本日は末富さんのお菓子と聞いて、

頭の中に♡マークが。(笑)。

 

 

 

末富の店主が、わざわざ、京都から大量のお菓子を抱えて

持ってきてくださったそうで、

 

そんなお菓子の背景から、

どんな思いが込められているのだろう~と、

想像をふくらませながら、

しかも、美味しい!というところが、

ますます、和菓子が好きになるところです。

 

「白酔墨客」(はくすいぼっきゃく)

 

お写真では白い麩焼き煎餅だけですが、他に、黒い煎餅が対になっていて、

末富さんのホームページによると、

白酔は、昼酒で、よい機嫌になること。墨客とは、書の上手な人のこと。

白砂糖と黒砂糖の甘味の違いが楽しめるそうですよ。

 

末富さんの店主の講演もあったそうで、

おなじ種類の和菓子でも、全く同じではおもしろくないそうで、

ほんの少し、変えているそうです。

 

そんなお話をきくと、何だか、ワクワクしてきます。ね。(笑)。

 

 

お菓子の名前から、込められた思いに心を馳せ、

目から味わい、

匂い、触感、お味と、和菓子のおいしさは、

色々な経験を重ねてきたほうが、

伝わる楽しさかもしれませんね。

 

若いころは、今一つピンとこなかったはずです(笑)。

 

 

 

私の日常は、男児二人に、振り回され、

とってもかわいいい。けれど、疲れる・・・。

「ぎゃー!」「ままー!」「だっこ!だっこ~!」「うわーああああん!」

 

そんな騒々しい中でも、

ちょっと、別世界に入れる。

 

 

「和菓子と茶花と着物」。です。

 

義母さんが

コバノズイナや、鉄線、ホタルブクロをたくさん、もってきてくれました。

 

若女将

 

日々着物専門店「呉服の佐々木」

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

日々着物専門店 佐々木の若女将さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。