音点庵-tontenan-の若女将成長記♪

「音点庵」は「呉服の佐々木」が運営するお店です。
正倉院に残る「撥鏤(ばちる)」をはじめとした、
職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。
心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
修行中♪の若女将がご紹介します。

$音点庵-tontenan-の若女将成長記♪-ばちる帯留 還暦に
お着物好きの方の還暦お祝いに・・と
ばちるの帯留を、される方がいらっしゃいます。

「思い切って連絡してよかったです!」と
うれしいお言葉を頂きました。
正倉院に今も残る撥鏤ーばちるー

奈良時代の貴族に大切にされてきました。
知る人ぞ知る「象牙」の伝統工芸。
詳しくはこちらこちらに、眺めるだけでも、素敵なんです。         
音点庵-tontenan-
          
 ( ホテルフジタ福井1F 「呉服の佐々木」 電話 0776-22-4124)



テーマ:

今年は、夏の終わりが早い感じがします。


公園を歩くと、蝉の声がまだまだ、すごいのですが、

同じ蝉の声なのに、

夏盛りと感じた日とは違い、

命の終わり、最後の力を振り絞るかのような声に

聞こえてくるのが不思議です。


やっぱり、ちょっと涼しくて

何気なく秋の気配を感じているのかもしれません。


きものを着るということは、四季の移ろいに

自然と敏感になることであり、

日本人の豊かな感性は、きものが

原点なのかもしれません。

だから、

どのようなお仕事をされていても、

きものから離れないでくださいませ(笑)。


きっと、着物から養われる

繊細な感性は何かの役に立つはず。

そう信じています。

名古屋帯 手書き友禅


店内は、ゆかたを片づけて、

夏の終わりから秋単衣の季節に

合うものをお出ししました。


時期で区切るよりも、

その年、その年の気温や気候に合わせて、

大まかに、コーディネートをしていくのが

着物を愉しむコツかもしれません。


たとえば、同じ8月21日に着物を着るとしても、

今年のように秋の気配が漂う年と、

まだまだ夏の太陽が出番の年とでは、

コーディネートも変わってくるものです。


その日の、気温や気候に合わせて、

柔軟に季節を纏うようなコーディネートをするのが

着物の愉しみの一つ。



下のお写真は、手織の生紬の着物。

宝尽くしの文様が、控えめに

ちょん、ちょん、と付いて、

色々な場面に使いやすいものです。


白の生紬は、夏本番。

というイメージが強いので、

ちょっと、秋の色を

意識した生紬を出しました。


生紬は、6月から9月まで着られるのが

重宝する着物ですが、

着物の色合いが変えられないのなら、

帯の色合いや、文様、小物の色合いなどで、

少し先の季節を纏うと

素敵ですね。

手織生紬


☆お知らせです☆


明日8月22日(土)は、臨時のお休みをさせていただきます。

お電話はつながりますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ<m(__)m>


音点庵(呉服の佐々木)

メール support@tontenan.jp


☎0776-22-4124



追伸;

先日、関西のとてもお世話になってますお客様が

おいしいお漬物を送ってくださいました。

我が家の大好物で、当店のことを思い出して送って下さったことに、

恐縮しながらも、とてもうれしくて、

心から感謝申し上げます。<m(__)m>。  佐々木

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
暑い日が続いていましたが、昨晩は雨が降り、
福井も涼しさを感じるようになりました。
夕暮れの頃には、秋の気配も。

そんな中、長男が夜、高熱を出しまして
久しぶりの39度に心配をしましたが、

まさかの熱中症でした。

外で汗いっぱいに思ぃっきり
遊んだ後は、水分補給はもちろん、、
室内の温度をぐーんと低くして、
体を冷やしてあげないといけない時も
あるそうです。

お盆期間は、外出も多いことと思いますので、
どうぞ皆さんも、お気をつけて下さいませ。


※8月14(金)~8月17(火)まで、お盆のお休みに
させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。


お電話は転送にてつながりますので、
お気軽にご連絡頂ければと存じます。



☎0776-22-4124
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

厳しい暑さが続いておりますが、

お元気にお過ごしでしょうか。

赤ちゃんを抱えていると、

あまりの暑さに、

私たちの数世代先の

子供たちの時代には、地球は

どうなっているのだろうか・・・と

ふと不安な気持ちになります。





そして、こんな暑い日には、涼しげな

手織の生紬なら着たい・・・。と、

元気いっぱい(やんちゃな)赤ちゃんに

振り回されながら妄想にも浸っています(笑)。


佐々木と言えば、手織の生紬。



通常は、織機のものが多いのですが、

織機では、ちょっと味気なくて、

佐々木では、織機の生紬は扱っていません


手織の生紬は、

張り感と、節の味わいが

何とも素敵で、体にまとわりつかず、

風が通るので着やすいのが特徴です。




附け下げ 手織生紬ーめだかの学校ー


初心者の、着付けが苦手なころでも、

着やすくて、夏の風情たっぷり。

これを着れば、ちょっと、通な感じに

簡単に変身♪できて、「素敵ね~」と

お声をかけて頂くことが多かったので、

お嫁に着たころから、お気に入りで良く着ていました。


(ブログのトップのふぐちょうちんの白い着物が

私のお気に入りの生紬です↓)



先日、京都からいらっしゃたっというお客様が

「こちらのお店は、なかなか変わったものが

おいてありますな~」と。


専門店と言われる着物のお店も、雑誌や書籍に

取り上げられているものや、有名店などの

真似をするお店が多いように感じていますが、

店主は、そういったことには

流されず、自分の目で見て、

味わいのある深みのあるものを好んで

仕入れたり、作ったりしています。


値段と、もののバランスがとれているかも

重要なポイントで、

名前が通っていても、もの自体の価値と

値段とのバランスが悪い(高い)と

感じるものには、手を出しません。


商売っ気がないので、

先日も、着る予定が無くなったけれど、

着物に合せて帯も~というお客様に、

「また、次回、着る機会ができたら、

されたらどうですか~」とアドバイスを

しておりました・・(笑)。


商売っ気がないと時折言われますが、

お気軽にお立ち寄り頂き、

ご相談して下さるようなお店でありたいと

願っています。




手織の生紬は珍しいので、少しずつ、

アップできたら・・・と考えておりますが、

ご連絡いただければ、

写真をメールにてお送りさせて頂いております。

よろしければ、お気軽にお問い合わせ

頂ければと存じますはっぱ



暑い日が続きますので、

どうぞくれぐれもご自愛下さいませ。

そして、暑い夏を力強くたくましく

お過ごしくださいませ<m(__)m>。


若女将


音点庵

(ホテル藤田福井1F 「呉服の佐々木」)


☎0776-22-4124

メール support@tontenan.jp



























AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

暑い日が続きますね。


着物を着て、ゆったりと

おでかけできる日を

夢見て、今は、

必死に子供たちに

振り回される毎日です。


あまりに自分の時間がなくて、

赤ちゃんの泣き声に

こちらが泣きたくなるときも

ありますが、

祖父母はもちろん、長男のママ友が

助けてくれたり、気にかけてくれるのが

とてもうれしくて、心にしみています。



さて。8月30日(木)、31日(金)は、店主出張のため

お休みさせていただきます。


お電話は、転送にてつながるようになっていますので、

お気軽にご連絡いただければと存じます。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


音点庵
(ホテル藤田福井1F「呉服の佐々木」)


☎ 0776-22-4124

メール support@tontenan.jp




はっぱホテルのフロントが1階から5階に移動しました。

空いたスペースにカフェができるそうで、只今工事中。

ホテルに宿泊される方や、福井の方がゆったりとした

時間を過ごせる場所になると良いな♪。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

猛暑に、台風と心身ともに

疲れのたまる気候が続きますね。

皆さまは、お体はお変わりありませんでしょうか。


店主は、相変わらず忙しく過ごしておりまして、

平日は、お客様のご自宅にお伺いしたり、

お店がお休みの日曜日も

殆ど、お茶関係や、町内の役員関係で

埋まっていきます。本日、土曜日も、

お茶のお手伝いでお店をあけなければならず、

替わりに私が、乳飲み子(笑)と、

ギャングエイジ(-_-;)と呼ばれる年齢に

突入した長男を連れて、

お店のお留守番に参りました。


自分のしたいこと、やらなければならないことの

10分の1も進まないことに、

どっと疲れやいら立ちが募るのですが、

もう味わうことも出来ないだろうと思っていた

赤ちゃんの姿。心と脳に刻んで

堪能しなければ・・・(笑)。




(↑以前のお写真なので季節が違いますが・・)


日々の慌ただしさに、埋もれてしまいそうに

なりましたが、えい!っと、

お宮詣りにも、やっと行って参りました。

この日しか空いていなかったのですが、

ちょうど、福井も35度を超える暑さの日で、

たくましく(笑)、無事にお詣りさせて頂きました。




私は、久しぶりに絽の訪問着。


時間がなくて、もう、バタバタと過ぎて

いく毎日のなかで、

着物の準備をすることにも、億劫になるのですが。

いざ、用意を始めると、その日が猛暑になると

分かっていても、久しぶりの絽の着物に

触れた瞬間、その日が待ち遠しく思う

自分に気がつきます(笑)。


暑いのが本当に苦手で、汗をかくのも嫌いな

私ですが、着物の魅力にはかないません(笑)。



特に目立つのが好きではない私なのですが、

自分を目立たせたいとか、

センス良く見せたいとか、

そういうことよりも、

手織や手染めのものに、触れて、

包まれる幸福感は、何とも言えません。


慌ただしく過ごすトゲとげした気持ちも、

慰めてくれる気がします。


夏は、暑いから・・と着物は着ないと

言われる方もいらっしゃるかと思いますが、

それは勿体ないです。夏にしか味わえない

風情をたのしみませんか?


35度を超えた猛暑日でしたが、

意外と暑さは感じませんでした。

無事にお参りさせていただき、

ありがとうございました<m(__)m>。



日程がなくて、

同じ日にお食い初めも(;^_^


先日、お客様が、こちらのブログを見て赤ちゃんが

生まれたことをお知りになったそうで、可愛らしい木の

積み木をお祝いにと頂きました。

こうやって思いもかけず、お声をかけて頂き、

可愛いお祝いまで頂くと、恐縮しながらも、やっぱり、

とてもうれしいものですね音符

H様、ありがとうございます<m(__)m>。

高齢出産頑張りましたよ(笑)。

若女将


音点庵

(ホテル藤田福井1F「呉服の佐々木」)

電話0776-22-4124

メール support@tontenan.jp








いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

気がつけば、もう7月。

今日は七夕なのですね。福井は生憎の雨です汗

我が家に赤ちゃんを迎えてから、

毎日があっという間に過ぎています。


寝るときには、首、背中、腰・・と湿布を

5枚ほど貼らないとぐっすり寝られなくなりました。

年齢を感じます(笑)。



主人も、忙しくしておりまして、

お客様のところにお伺いさせて頂いたり、

お茶関係のお手伝いや、

学校に和装教育の授業をしに行くやらで、

お店を閉めて出掛けることが多々あります。


ご来店の際には、念のため

事前にご連絡頂けますと確実かと存じます。

ご迷惑をおかけいたしますが何卒

よろしくお願い申し上げます<m(__)m>。


お電話は転送にて常時つながるように

なっております。

電話0776-22-4124







お写真は、夏の名古屋帯の前の部分です。

手描き友禅の繊細で上品な美しさ。

この雰囲気は夏物ならではで、

張り感のある素材感に、繊細な文様が何とも涼しげで

日本らしい風情に、うっとりです(笑)。


夏は、汗をかくから、化繊や安いもので良いの~と

言われる方が時折いらっしゃるのですが、

実際には、化繊は、暑くて、着づらいものです。


手織や手染めのものは、風情があって

着やすいし、素敵。だけど、汚れが心配!と思われるかも

しれませんが、お手入れさえかかさなければ、

素敵に重宝できます。

夏物だからと怖がることはありません。


毎日着物を着られるような方々の

お手入れを長年させていただいていると、

思うのです。

手織や手染めは、本当に丈夫で素敵。


もう十数年前に買って頂いた夏物も、

毎年、お手入れで戻ってくるのを見るたび、

今も素敵で心がときめきます。



妥協したものを数多く持つのではなくて、

少しの数でも、自分の気に入ったものを、

大切に愛用するスタイルのほうが、結局は、

お得に感じます。


暑い夏には、折角なら、袖を通したくなるような

この季節ならではの素材感や、風合、風情のある

ものを愉しみませんか?はっぱ




主人が珍しく茶花を入れました。
義母さんが久しぶりにお店に来まして、
「あら♪上手に入ってるわね~」と
褒めてくれましたが、私じゃないんです~(笑)。



音点庵

(ホテル藤田福井1F「呉服の佐々木」)


電話0776-22-4124

メール support@tontenan.jp


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

久しぶりに福井でも雨が降りまして、

夜に、一人、しとしとと静かな雨の音を聞いてますと、、

何だか、心が落ち着くものですね。


主人も忙しく動きまわっていまして、

学校で和装教育について呼ばれて

授業をしたり、お茶の講習会の

お手伝いやら、お客様のご自宅にお伺いすることも多く


あまりに、お店を閉めて出掛けることが多いので、

とうとう、私も、乳飲み子(笑)を抱えて、

お店のお留守番に数時間ですが、出るようになりました。


ご来店のおりには、一度ご連絡を頂けますと、

確実に主人もお店にいるかと思います。


ご迷惑をおかけいたしますが、

どうぞ、よろしくお願いいたします。<m(__)m>。



先週末、金沢の茶花展に行って参りました。

小さな赤ちゃんがいるので、無理かな・・と思いながらも

強行突破(笑)。

主人が、帰り際に一言。
こういう感じでお店の花も活けてくれな。」

「!!?」


こんなに素敵な花器に、珍しい花、何より腕があれば

苦労はしません。(笑)。でも、毎年、眺めていれば、少しずつ

近付けるかもしれない・・と願って、毎年愉しみにしています



*******************************



さてさて本日のメイン写真(笑)は、

佐々木の夏の定番。「手織の生紬」です。

7月から9月まで着られるので、重宝する夏の着物。

ただ、生紬の色合いによっては、

夏に向かうときのよそおいと、秋に向かうときの装いは

やはり違うコーディネートの方が素敵なので、

帯や小物の色合いや素材感を調整して雰囲気を変えることも

大切です。



手織 生紬きもの 石摺り網代文様



お写真は、手で紡いだ糸を、手織で織りあげた生紬。


生紬として、良く出回っているものは、織機のものが殆ど

なのですが、手織の生紬は、

織機では出せない、均一ではない手の味わいがあって、

着た時に体に張りつかない生地の張り感や

しっかりとした生地質が特徴です。



以前、生紬の秘話について書いたことがありますので、

こちらも、興味がありましたら、読んでみてくださいね。


生紬の誕生の秘話





昨年も、色違いで、もう少し文様の大きなものを作りましたが、

竹を網代に組んで、こすりつけることでできた石摺りの文様は、

枯れた雰囲気があって、本当に素敵なのです。


この枯れた雰囲気は、機械では出せない、

手で丁寧に作るからこそで、それを感じるからまた

魅力的なのでしょう。ね。

着つぶすほど、着て頂きたいお品です。


私も、夏には、良く「手織の生紬」を着ます。

着崩れたりせず、着つけが下手だったころ(笑)から、

着やすいのです。


良く着物を着られる方にこそ、

手織の生紬をお薦めさせて頂いています。


暑い夏。妥協して買ったきものは、結局は

手が遠のいてしまうものなので、

着やすくて、素材の良いもの、自分が「これ♪」と

暑い夏にも着たくなるようなものを選ばれると

夏のきものの日も、心愉しく

素敵に過ごせることと思います。

そんな着物をお届したいと願っています。


真糊糸目の涼しげな名古屋帯や、紗の名古屋帯、

単衣の羽織など、素敵なものが色々と新たに

入っています♪少しずつご紹介できたらと思っています☆。


若女将


ちなみに、ブログのトップの写真の白いキモノ。

これも、手織の生紬で、柄はふぐちょうちん。

私のお気に入りで、既に10年着ています(笑)。

張り感が体になじんできて、ますます着やすくなって

きました♪。





音点庵

( ホテル藤田福井1F「呉服の佐々木」 )


☎0776-22-4124

メール support@tontenan.jp















いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
昨日は、あまりに寒くて暖房をかけてしまいましたが、
今日は、
夏の日差しを感じます。

体も脳も混乱しそうです(笑)。


我が家の生まれたばかりの「若葉ちゃん」は、

隣の公園の藤棚がお気に入り。


見上げると、青々と茂った葉の隙間から

こぼれるキラキラの光に夢中(笑)。

そんな彼のキラキラの目に私が夢中です(笑)。


赤ちゃんは、どうしてこんなに

目がキラキラなのでしょう。ね。

年齢を、いつのまにか(笑)、

ずいぶん重ねてきた私には、とても、眩しいのです。




さてさて。

出産を終え、久しぶりに、お店に行ってみると・・。

主人から、仕事の忙しさは聞いてはいたものの、

お客様からお預かりしている着物や、

出荷待ちの着物の箱、仕立て待ちの反物などなど・・

すごいことに・・・。


そんな中、新しいゆかたが店頭に並んでいたので、

一番のお気に入りの絞りの浴衣を写真に。


藍の浅葱色(水色)に

ウコンのからし色のポイントの色合いが、

なんとも上品で涼しげで、素敵♪






そのゆかたに、同系色の「芭蕉の半幅帯」をコーディネートしてみました。


バナナの繊維を手で組んだ半幅帯は、一点もの。

暑い夏に、ざっくりとした素材感は涼しげで、

半幅帯としては、ちょっと見かけない雰囲気。

それでいて、お値段が

お手頃なので、毎年とても人気です。

ことしも、色々な色あいの半幅がたくさん、揃いました。





ゆかたぐらい・・・と思っていませんか?

実はそうではないのです。

ゆかたも、着物と同様、手仕事のものか、ハンガーに吊るされて

売られていた既製品のものか、

着姿からは、はっきりと伝わってしまうものです。


また、反物から仕立てたと言えど、


何も考えずに仕立てられたものか、

細やかに考えて仕立てられたものかも

実は、分かってしまうものです。


↓詳しくは、こちらの記事にはっぱ


佐々木のゆかたの仕立てについて


年齢を重ねてきたらかこそ分かる、丁寧に

つくられた手仕事の味わいや温もりを愉しみたい。


そんな「大人のゆかた」が今年もそろいました。


雰囲気のあるゆかたをお探しの方。

お気軽にホテルフジタ福井1Fの「佐々木」を

覗いてみてくださいね。


ひと夏ひと夏を大切に過ごしたい方に着て

頂きたいゆかた達です。




音点庵

ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」


☎ 0776-22-4124

address  support@tontenan.jp








いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

庭の青楓が、美しくて、

我が家のやんちゃな

若葉ちゃんが、
めずらしくご機嫌な一時を盗んで、
庭から手折ってきました。



家にほぼ、缶詰状態の私ですが、

久しぶりに部屋に緑を持ち込むと、
やはりいいものですね。

部屋の中では、そちらにばかり目がいき、

心慰められています。
新生児は、かわいくて、だけど、
疲れるのは、やはり高齢出産だからかな(笑)。



先日、N様から、今年も

茶花展のチケットを頂きました。

聡明なN様からは、色々なことを教わり、

良い物を全国、たくさん見てきた目の肥えたN様。

佐々木の着物をとても評価してくださり、信頼して

下さることに、

とても感謝してもしつくせない御方です。

また、またお話が楽しいのです♪。


福井では山野草展というのは

良くあるのですが、茶花展というのは、

耳にしないので、とても、特別な感じがします。

毎年、金沢まで、足をのばすのが

我が家の楽しみとなっています。


先日、こちらのブログを見てくださった

別のお客様が、今年の茶花展の日にちがわかったら、

教えてほしいとのことで。

今年は六月六日、七日の土日にあります。

御若い方なのに、文化に造詣が深いお方で、

ブログを見てくださっていること自体、

恥ずかしいやら、うれしいやら。で、

ありがとうございます(*^_^*)。


A様。主人より聞いております。

このたびは夏物をありがとうございます。<m(__)m>

先日はお会いできなくで残念に思いながら、

主人から話を聞かせていただきました。


茶花展につきましては、主人より直接

御連絡させていただくこととと存じます。



音点庵

ホテルフジタ福井1F

「呉服の佐々木」

電話 0776-22-4124

メール support@tontenan.jp



そして、こちらのブログを病室にて

楽しみに見ていると

おしゃって下さっていた、

闘病中であったお客様が、

先日御逝去されました。

ブログを書こうと思うと、ふと思い出されて。

もう見て頂けないのか思うと、寂しく、悲しく感じます。

主人が大変お世話になりました。そして

私もとても勇気づけられる御言葉を頂きました。


ありがとうございました。御縁を頂き、

大変お世話になりましたことを、

心より感謝申し上げます。

こちらに書くこと自体失礼にあたらないかと

悩みましが

見てくださっていたブログを通して、

お伝えできたら・・と思い書き綴ることにしました。佐々木
















いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

長いGWも終わりましたね。

旅行に行かれた方も多いかと思います。


我が家は、店主(主人)が、

お店の隣にある佐佳枝神社のお祭りや、

町内のお祭りや、お茶会のお手伝いで、

終わりました(笑)。



そして

私は、家の中から、庭を毎日眺めていました(笑)


小さな若葉が、

少しずつ芽吹き始めた・・と思っていたら

あっという間に、青々と茂って、

生命力あふれる季節に見とれていました。


若いエネルギーは、とても眩しくて、

新緑のころは、深呼吸がしたくなります(笑)。

庭からは木の芽をとってきました。




そして、我が家にも、

若葉が誕生しました。


高齢出産。がんばりました(笑)。


周りのたくさんの方が

とても楽しみにしてくれて、

とてもうれしく。また、助けてもらいました。


先輩方の話では、出産よりも育児に

体力の限界を感じるとか。


がんばります(笑)。


 不妊で悩まれている方も多いかと

思いますが、どうぞ、あきらめないで。

というメッセージとともに、本日のブログを

書くことにしました。


しばらく、あいてしまいましたが、また、

少しずつ、着物や手仕事のものについて

綴っていきたいと思います。






いいね!した人  |  コメント(3)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇