音点庵-tontenan-の若女将成長記♪

「音点庵」は「呉服の佐々木」が運営するお店です。
正倉院に残る「撥鏤(ばちる)」をはじめとした、
職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。
心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
修行中♪の若女将がご紹介します。

$音点庵-tontenan-の若女将成長記♪-ばちる帯留 還暦に
お着物好きの方の還暦お祝いに・・と
ばちるの帯留を、される方がいらっしゃいます。

「思い切って連絡してよかったです!」と
うれしいお言葉を頂きました。
正倉院に今も残る撥鏤ーばちるー

奈良時代の貴族に大切にされてきました。
知る人ぞ知る「象牙」の伝統工芸。
詳しくはこちらこちらに、眺めるだけでも、素敵なんです。         
音点庵-tontenan-
          
 ( ホテルフジタ福井1F 「呉服の佐々木」 電話 0776-22-4124)



テーマ:

ゴールデンウイークに入りましたね。

若葉を揺らす春の風が、さわやかで、

外に出ると、深呼吸がしたくなります。

 

我が家といえば、一歳の次男坊が、

引き出しを開けることを覚え、

台所も、タンスも、すべて、

えいやー!と言いながら、出しまくっています・・・。

我が家のもともと少ない秩序は、崩壊中です(笑)。

 

 

先日、とっても素敵なものを頂きまして。

風呂敷で、カバンを作られたそうで、

とても素敵で、うれしくて。

 

 

手先の不器用な私には、到底、作れませんが、

お好きな方は、御自宅にある風呂敷を、

お好きな形にアレンジして、

ぜひ作ってみられてはいかがでしょう。

 

着物でもお洋服でも使えて、

資料をいれるのに、ぴったりなサイズ。

しかも、ご無沙汰させて頂いていた御方からの

思わぬプレゼントだったので、より一層うれしくて。

 

ブログに書いてみました。

 

長い休日。

充実したお時間をお過ごしいただけますように。

 

音点庵 若女将

 

ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」

℡0776-22-4124

音点庵

メール support@tontenan.jp

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

熊本県にて、日に日に大変な事態となり

心が痛みます。

一歳の次男に離乳食を作っていても、

被災地の方は、離乳食が必要な方は、どうされているのだろうか・・・。

と、頭によぎり、夢にまで、出てくるほどで・・。

 

熊本の友人に連絡を取ったら、

友人は、ご家族も皆、無事で、大丈夫そうで、

少しほっとしたところです。

 

どうか、一日でも早く、事態が落ち着きますように。

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

久しぶりの利休梅を頂きました。何年ぶりでしょう。蕾が可愛らしいです。

 

 

◎本当の洗い張りとは・・・。

 

よく着物を着られる方は、着れば着るほど、

色々な着物の「 困ったや気になる 」が

生じてくるものです。

 

着つくして、生地がへたってきたり、全体的に

くすんできたら、「洗い張り」の出番。です。

 

洗い張りとは、

着物をほどいて、洗い、反物の状態にもどします。

そして、仕立て直しもします。

 

すると、あら不思議、着物がよみがえる~

なあんて、本にはよく書いてあり、

簡単に思われるかもしれません。

 

実際には、もっと複雑で、そんなに単純ではありません。

丁寧に、誠実に、洗い張りをしようと思うと、

呉服屋さんにも専門性と目を必要とされる作業であります。

ここまで、されているお店は、少ないのではないかと

思いますが、店主は、お手入れも、きちっと

しなければ気がすみません。

 

 

ちょうど、

先日、店主が洗い張りが終わった反物の山を

並べて、色々と、作業をしていたので、写真を撮ってみました。

 

 

反物は、一つ一つ、素材や、染め、

そして、着つくした上での抱えているトラブルも

違うため、一点、一点、必要な処方が異なります。

 

それを、すべて、確認します。

 

生地のやけ(染がはげている)がないか、

汚れ、破れ、すりきれなど、

状態に応じて、洗い張り後、

どんな加工が必要かを判断します。

 

場合によっては、仕立て方を、微妙にかえたり、

染めをかけたり、様々な加工の中から、

適切な加工を判断し、それぞれの加工先に送ります。

 

 

 

これは、祖父の代から、手仕事の質の良いものだけを

見つづけ、誂え、加工、手入れをすることで、

染めや、素材のことを理解しているからこそ、

判断ができることでもあります。

 

なので、一言で、お手入れ、洗い張りと言っても、

洗い張りをして、仕立てて終わりという洗い張りもあれば、

当店のような

専門店ならではの洗い張りもあるのです。

 

お客様は、信頼してお任せくださるので、

一点、一点、コスト面でも、

最善の方法を検討し、

お客様のお考えを聞きながら進めていきます。

 

 

佐々木では、

祖父の代、父の代に、お買い上げいただいた

きものを、その後も、ずっと、大切にフォローし続けています。

 

時代の変化とともに、

最近では、新しいお客様も増え、

色々なお話を聞くことも増える中、

はじめましてのお客様のお手入れも

お受けするようになりました。

 

というのも、

 

お手入れをあるお店にもっていくと、

「もう、無理なので新しいものを。」と言われたとか、

 

「ほんの少しのシミを取るのに、染め替えを言われ、

数万円の値段を言われました」とか。

そのお客様は、店主が汚れを確認し、見積もりを取り、

結局、数万円が数千円で終わったと

安堵された方もいらっしゃり。

 

安心して着物を着られますように、

初めましてのお客様のお手入れも

お聞きさせて頂いています。

 

 

 

わたしたちは、きものを売ること以上に、

維持することも、大切に考えています。

なので、お店は、いつも、お手入れ品で、ちょっと、

ごたごたしております・・・。💦。

 

 

どうぞ、お気軽にお問合せいただけたらと

思います。♬。 若女将。

 

音点庵  ホテルフジタ福井1F

「呉服の佐々木」

☎0776-22-4124

mail support@tontenan.jp

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

道を歩くのも、楽しい季節になりましたね。

カラフルな春色のお花たちに、心ウキウキ。

はる爛漫です。

 

長男も学校が始まり、

やっと、やっと、やっと、少し、ほんの少し、

私の時間も作りやすくなることでしょう(笑)。

 

先日、主人と、次男を連れて、

福井市郷土歴史博物館に

「江戸の小袖の春夏秋冬」展を身に行って参りました。

 

お目当ては、

酒井抱一の筆による小袖が見たかったのです~。

 

力があって、素敵な梅でした。

 

可憐な花と、風格のある枝。

その下には、タンポポが。

タンポポって、江戸時代だと、

日本古来のタンポポなのかしら・・・。

 

 

着物を着ていくと、割引になり、

着物を着てこられている方も結構いらっしゃいました。

 

美術館の案内されている方も

着物を着られていて、

やっぱり、日常の風景に着物姿の方がいらっしゃるのって、

素敵だな~と、見とれておりました(笑)。

 

主人は、講座も聞き、

なかなか面白かったと。

 

4月29日には、「日本の美意識を生活に活かす」

というタイトルのもと、講演会が無料にてあるようです。

 

 

私もいけたら、聞きたいなあ~と思いながら、

子供を預けられるかが、鍵となります(笑)。

 

前期と後期があり、

後期も見たいと思うのですが、

もう、次男は連れていきません・・・。

 

1歳の次男は、いやいやいやーと叫びまくりで。。

本当に、すみません・・・。

 

tontenan若女将

 

 

 

 

◎福井市立郷土歴史博物館

5月5日まで

「江戸の小袖の春夏秋冬」

http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/

 

音点庵

ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」

☎ 0776-22-4124

mail support@tontenan.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

あたたかくなり、福井も

桜が満開となりました。

京都も、昨日満開だったようです。

お花見の季節。

春の陽気に誘われて、

足羽川や福井のお堀の桜には、

たくさんの方が、お出かけのようです。

 

お写真は、私の通勤道でもある

福井城址のお堀の桜です。

 

 

この陽気に誘われて~というわけではありませんが(笑)、

四月四日(月)は、所用のため、お休みさせていただきます。

お電話はつながるかと思いますので、

お気軽にご連絡いただければと存じます。

 

若女将

 

ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」

ばちるのお店 音点庵

 

お問合せ 0776-22-4124

mail  support@tontenan.jp

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

なぜか(笑)、明日は私も京都の仕入れについて

行くことになりました。

お世話になっている仕入れ先の方から、私も、呼ばれまして、

一歳になったばかりのやんちゃ次男を連れて

不安を抱きながら💦、行ってきます~。

 

明日は、一日、お店はお休みさせていただきます。

 

お電話はつながりますので、ご遠慮なく、

お問合せくださいませ。

 

音点庵 若女将

☎0776-22-4124

mail support@tontenan.jp

ホテルフジタ福井1F

呉服の佐々木

音点庵

 

最後の窓の月が可愛らしく開きました。

ちょっと小さいのも可愛いですね。

長男が、次男のために、手づくりで可愛らしいお誕生月の

飾り付けを作ってくれました。

長男の1歳のお誕生日には、盛大にお祝いしたのに、

次男は・・・。

私の代わりにお兄ちゃんが、あれこれ考えてくれるので、

助かります。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

先日、石川県のお客様のところにお伺いした店主。

 

お持ちの個性的な袋帯に合わせる

入学式用のお着物を・・・とのことで、

こんな雰囲気のものがほしい・・とのお話し。

 

眼のあるお客様なので、

そのお眼にかなうものを。

お客様の好みのつぼを外さず、

また、その思いを超えたものを

お届けしたい。

 

そんな思いが強い店主。

適当に素敵なものはそろえません。

これだ!というものを数点お持ちします。

 

名前が通ってるとか、作家名とか、そんなことではなく、

自分の眼でみて、

手の良い仕事をしているか、

染め、生地質、そして、図案が、お客様の考えているものに、

合うか。

 

これは、意外と、簡単なことではないので、

しばらくは、眉間にしわがよります(笑)。

 

 

お見せしたときに、お客様が、

 

「そうそう。こんなの。素敵!」とおしゃっる姿を見て、

ほっと、安堵したそうです(笑)。

安堵して撮った帰りの石川の海だそうです(笑)

 

 

きものは、量ではありません。

 

お持ちになるものも、

着物は、これというものを。

 

「佐々木さんにお願いすれば、

きっと、何か素敵なものを見つけてくれると

みなさん思うんですよ。」

 

と、前回の春一番の会に来られたお客様。

 

きものは、量より質。

 

お客様の好みのつぼを外さず、

信頼していただけるような、

あのひとに任せれば、大丈夫と

思っていただけるような

昔ながらの呉服屋さんを

目指しております。

 

 

ぼけの花が好きです。

小さくて、コロンとしていて可愛らしいですね。。

 

若女将

ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」

☎0776-22-4124

 

mail  support@tontenan.jp

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

桜の蕾がふっくらとしてきまして、

ふと、足を止めて眺めてみると、

うっすらピンクの花びらが覗いていました。

 

生まれたばかりの次男を抱いて

車窓から眺めた去年の桜が、忘れられません。

 

高齢で、もう諦めようと思っていた矢先の命。

頑張った高齢出産(笑)。

これから毎年、命を終えるまで、

桜を見るたびに、あの時の気持ちを思い出す・・・というか、

桜が思い出させてくれるだろう~と桜に思いを重ねて、

咲き誇る春を楽しみに、蕾を眺めています。

 

きっと、みなさんも色々な思いを桜に重ねていられるのでしょう。ね。

 

 

店内には、窓の月が。

庭から手折ってきました。

本日は気持ちの良いお天気です。

これからは、お天気も良く、着物日和。

 

 

佐々木では、県外で結婚式などに着物で出席されるときには、

お荷物をこちらで、梱包して式場にお送りさせていただいております。

手数料はもちろん無料で、送料だけ、ご負担いただいております。

結婚式を前に、折角きれいお手入れをした着物を、

しわなく配送されるように梱包するのは、

意外と手間で難しかったりするもので、

こちらで、梱包してお送りさせていただくと

皆さまに喜んでいただいております。

 

結婚式には、やはり、着物で参加されるのが、一番、

良いように思いますが、

当日前に、余裕をもって

・きものにカビなどがないか、

・襦袢と着物の袖丈があっているか

(時折、合っていないことがあり、焦りますから)

・小物のコーディネート

・半襟がついているか、汚れていないかなど、

 

早めに、チェックされると安心です。

このひと手間が、着物ならではで、

手間をかけるからこそ、着物姿は、素敵なのだと

最近、感じます。

 

一歩ずつ、楽しみながら、お式までの日を

重ねて、心に残る日をお過ごし頂けたらと思います。

 

着物に関して、迷ったら、

お気軽にお聞きくだされば、うれしく思います。

 

若女将

 

音点庵(呉服の佐々木 )

ホテルフジタ福井1F 

mailsupport@tontenan.jp

☎ 0776-22-4124

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

私の亡き祖母の実家から私の亡き伯母に

贈られたという昭和初期のお雛様。

 

品のあるお顔が私のお気に入りで、

サイズはとても小さい。

だけど、月日を経た重みが、ずっしりと伝わってきて、

見ていて飽きません。

 

御殿もついた立派なものなのですが、

なかなか、そこまで出せないので、お内裏様と

お雛様だけ、お店にひっそりと飾っています。

時折、

「あら。良いお雛様!」と、お客様が

気が付いてくださると、うれしい。

 

いつかは、私のところにもらえたら~良いなあ~と

思っていたのですが、

残念ながら我が家は男の子二人。

 

時折、実家から借りてきます(笑)

 

ということで、私には、憧れの桃の節句です。(笑)。

 

桃の節句。

女の子がいらっしゃるのであれば、

お持ちの初着を出して、お雛様と一緒に

飾るのも、素敵ですよ。

ちょっと羽織らせてみたり。

お宮参りの頃を思い出しながら、

これまでの愛おしい日々を、お嬢ちゃまにお話して

あげるのも、素敵で、大切な、ひと時となりますね。

 

どうぞ、佳きお節句となりますように。

 

 

昨日、店主が庭から切ってきた白梅。

あたたかい店内にて、満開です。

 

近づくまでもなく、ほのかな甘い香りが鼻をくすぐり、

ほっこりと気持ちを落ち着かせてくれます。

古から、この香りを楽しんできたのかしら~なあんて

想いながら。

 

冬と春がいったり来たり。

どうぞ、お体崩しませんように。

 

音点庵(ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」)

 

☎0776-22-4124

mailsupport@tontenan.jp

 

 

追伸;

先日、大阪より、わざわざ、当店のためにお越しくださった

素敵なお客様ありがとうございました。m( )m

来ちゃいました!と素敵な笑顔で、

ブログを見て下さっているとお聞きし、とてもうれしく、恥ずかしく(笑)。

折角来て頂いたのだからと、

何か一つでも、勉強になったと思っていただけますようにと、

佐々木でしか聞くことができないようなことや、モノを・・・との

想いで、精一杯、色々お伝えさせて頂いたように思います。

着物は難しいと思われるかもしれませんが、

どうぞ、お気軽にまた、なんでもご相談くださったら

とてもうれしく存じます。

まずは、心からお礼申し上げます。若女将。

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

先週は雪が降り、本日も雪のちらつく寒さの

福井です。

 

「春一番の会」におこしくださった皆様、誠に

ありがとうございました。

会ので様子は、心に残ることもありまして、

また、今度ゆっくり書かせて頂こうと思います。

 

 

 

相変わらず、ばたばたと過ごしておりますが、

 

そんな中、中央公園を歩いていると、

私の心を、くすぐり、離さない可愛らしい姿が。

 

春を告げる梅は、春告草という素敵な別名で、

万葉集にも多く詠まれているとか。

 

お写真は、先週のものなのですが、💦

雪に紛れながらも、凛とした立派な枝ぶりに、

可愛らしい花をほころばせる姿は、

何て愛らしいのでしょう。

 

どうしてこんなに、心を惹かれるのか、

いろいろと思いを巡らしてみるのですが、

 

厳しい寒さの中にあっても、

自分もそうありたいと

知らず知らず、思っているのかもしれません。

 

 

若かりし頃は、桜に比べて地味な印象の梅で、

その素敵さが正直、

あまり、よくわからないと思っていたのですが、

 

今は、

桜より、梅に心がときめきます。

 

中国宋時代より、歳寒の三友として、松、竹、梅を

文人の理想の姿として、水墨画なので

たくさん伝えられていますが、

 

雪のなか、

ひっそりと、だけど、凛としてさく梅に、今、

心が離れません。(笑)。

 

そう、できれば、雪の中が良いです(笑)。

 

こちらは、うちの庭の白梅をお店に

手折ってきました。

 

平安時代の雅な方々が、楽しんだという梅の香。

そっと近づいてみると、

何て、甘くて、優美な香り。

 

近づかないとわからない奥ゆかしさに、

やっぱり、春告草、素敵です。

 

ホテルフジタ1F(呉服の佐々木)

音点庵

☎0776-22-4124

mail support@tontenan.jp

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

春いちばんの会

2月10日(水)~2月13日(金)

場所 ホテルフジタ福井1F呉服の佐々木

 

大切な日に寄り添うような

奥ゆかしい佇まいになりますように。

 

・入学式など、晴れの日の付け下げ。

ちょっと、素敵な付け下げがそろっていますよ。おねがい

・お茶用の付け下げや、名古屋帯もそろいました。

 

 

 

店主がお茶の新年会で頂いた鶴首に、太郎冠者を

いれてみました。

 

昨年は、新しい命を授かり、

とにかくバタバタと過ごしてまいりまして、

何のご案内も出さず、日々、お客様からのご相談に

お答えさせて頂く形で、いっぱいいっぱいの

状況が続いておりましたが、

ようやく、

明日から三日間、「春一番の会」をさせて頂きます。

久しぶりの会です。一年ぶりでしょうか(笑)。

 

ちょっと、素敵な付け下げが出来上がっておりまして、

先日、会の準備をしました。

 

うちのとっておきを~と。

店主が軸を出してまいりました。

 

軸飾りという作法がちゃんとあるのだと、

毎回のように、私に言いながら、飾ったのは。

こちらです。

 

 

松平春嶽公の「小天地」。

本物かどうかは、定かではありませんが(笑)、

そのように聞いております。

 

父も、主人も、この小天地という言葉が好きなようで、

小さな空間ながら、奥行きのある世界を

感じて頂けますように。

私たちの着物に対する思いに

通じるところがあるのかもしれません。

 

 

 

 

ご案内は、ぎりぎりに出したので、もしかしたら、

まだ、届いていない方もいらっしゃるかもしれません。💦

 

ニコニコ「 春いちばんの会 」

 

人生の大切な日に、

寄り添うような奥ゆかしい佇まいになりますように。

 

そんな思いで、一枚一枚、

誠実に、ひたむきなモノづくりがされているものだけを

扱っております。

 

 

①入学式など、晴れの日の付け下げ。

 

ちょっと、素敵なものがそろっているので、御用のない方も、

一度ぜひ、見にいらして頂きたいと思う品々です~。

 

②お茶会向きの付け下げ。お手頃なものも入荷しています。

③お茶向きな塩瀬名古屋帯。

 

2月10日(水)~2月12(金)まで。

 

場所は、ホテルフジタ福井1F「呉服の佐々木」

 

☎ 0776-22-4124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。