日々着物専門店「呉服の佐々木」若女将記♪

職人さんが丁寧に作る「モノづくり」を代々大切に考えて参りました。心がはっとするような「和のもの」や「きもの」。
まだまだ修行中♪の若女将がご紹介します。

$音点庵-tontenan-の若女将成長記♪-ばちる帯留 還暦に
お着物好きの方の還暦お祝いに・・と
ばちるの帯留を、される方がいらっしゃいます。

「思い切って連絡してよかったです!」と
うれしいお言葉を頂きました。
正倉院に今も残る撥鏤ーばちるー

奈良時代の貴族に大切にされてきました。
知る人ぞ知る「象牙」の伝統工芸。
詳しくはこちらこちらに、眺めるだけでも、素敵なんです。         
音点庵-tontenan-
          
 ( ホテルフジタ福井1F 「呉服の佐々木」 電話 0776-22-4124)



テーマ:

新しい年の初めの京都。

 

色々な仕入先の初春のおもてなしや、

京の町の迎春の雰囲気が大好きです。

 

今年は、残念ながら、

仕入先しか回っていなくて、

あまり、お正月!という雰囲気を感じられなく・・・。

 

気候も関係しているのでしょうか。

 

春先のような温かさ。

それでも、福井も、京都も晴天。

 

 

 

福井ではあまり、お見掛けしませんが、

京の町では、神鈴をお正月に飾るお店を

しばしばお見掛けします。

 

巫女さんが持たれている鈴です。

 

清めや福を呼ぶ願いが感じられて、素敵。

鈴の音が聞こえてきそうに思うのが

日本人ならではの感性でしょうか。

五色の紐は、五行思想で、宇宙も感じて、壮大なところが、

また、お気に入り(笑)。

 

すずも、彫りの良いものは少ないそうで、

「そうか。そういうところを見るのか・・・」と、

勉強になりました(笑)。

 

 

 

宝尽くしの可愛らしい器。

中身は、なんだったかな。

わすれちゃった(笑)。

 

 

 

末広さんの和菓子。

美味しい♪。

 

そんなに和菓子は好きではなかった私ですが、

末広さんの和菓子は、しみじみと美味しい。

 

この究極の形で、鶏が思い浮かぶことにも感銘です。

 

必要最小限だけ。無駄な装飾はせず、本髄だけ。

先日観た能を思い出します。

 

 

こちらは、鶴屋吉信の日の出。

 

一方、佐々木のお店は・・。

色々な理由から、すべては、この場でお見せできないのですが、

ディスプレイが、本当に素敵だと、何人かの方が

おしゃって下さり、

 

楽しんで観て下さる方がお一人でも、いらっしゃるのなら、

こんなに

うれしいことはありません。

 

 

初春に福を感じ、大切にしてきた日本の文化。

 

稔り多い一年となりますように。

 

呉服の佐々木

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新春を迎えまして、

皆さまのご多幸と

ご健康をお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

1月5日より営業となります。

呉服の佐々木 

 

 

晴天の続くお正月となった福井から、

若女将です。

毎年年末になると、

お正月の飾りを、どうしようかと、漠然と

考え始めます。

 

 

ホテル内にある当店。

佐佳枝神社がお隣にあることもあり、

初詣に来られる方々に、少しでも、

お祝いの気持ちが届きますようにと、祈りを込めて、考えます。

 

 

今年は酉年ということもあり、奥には、当店の

秘蔵子。ビロウドの袋帯。文様は、フクロウを。

 

「不苦労」に通じ、学問や知恵の象徴とも呼ばれ、

エネルギッシュで、愛らしく、存在感のあるお気に入りの帯。

 

結び柳は、例年店主が準備します。

 

そして、今年は、ふと、開いた引き出しから、

福井にゆかりの深く、油滴天目で有名な木村盛和氏の器が。

 

何の意味もありませんが、

ふと、出てきたことに、

ご縁を感じ、飾ってみることに。

 

陶芸等に詳しくない私ですが、

小さな器ながら、

秘められる存在感に、ちょっと驚いています。

 

そして、

 

大掃除と共に、少し、店内を模様替えも。

小さなお店ですが、ちょっと、雰囲気が変わりましたので、

お近くのかたは、お楽しみに、いらしてくださいませ。

 

店主は、年末はぎりぎりまで、

お正月も、早々に、お客様方から、ご連絡を頂き、

できる限りのことをさせて頂こうと、神経を行きわたらせ、

動いております。

 

新しい一年が、皆さまにとって、幸多き年となりますように

心からお祈り申し上げます。

 

また、

日々、着物でご活躍されていらっしゃる方々や、

着物の奥深い世界に魅了されていらっしゃる方々が

喜んで下さるようなお手伝いができますように。

 

本年も一年どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

呉服の佐々木

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

暖かい冬を迎えています。

お正月には、清浄な雪景色・・・が良いですね。

 

先日、お客様が能の舞台に出られるということで、

誘われて行ってきました。

 

 

新しくなった能舞台にて、特別講演は、

重要無形文化財総合認定者 辰巳万次郎氏が主役。

 

 

能鑑賞デビューの私ですが、正直、

歌舞伎よりも、感動してしまいました。

 

 

能楽師の方だけでなく、地謡、鼓み、

舞台の上の方々が紡ぎ出す空気は、

ただただ、圧倒です。

 

揺るぎのない緊張感と、精神性の高さ。

 

もちろん、途中、眠くならないか(笑)、

ふと、心配になる頃合いもあったのですが、

今回の題材が初心者には、良かったのでしょう。

この世と、異次元の世界との

不思議な世界観にも、ドキドキ。

 

あっという間に時間が過ぎていきました。

650年もの間、一度も途絶えることなく伝えられているという能。

 

この精神性の高さが、当たり前の時代があったのだろう・・・。

と中世の時代に思いを馳せずにはいられません。

 

戦国時代にはまっている長男の影響も相まって、

 

古から、連綿と繰り返されてきた情景がかってに

想像(妄想?)されます。

これが、日本人の表現方法の奥床しさ、潔さ、極める精神性。

 

今の世の中は、何と、堕落していることか・・。

私の何て、怠惰な毎日。

どこへ行ってしまった?日本人のこの潔い精神(笑)。

ずぼらな私の中にも、どこかに眠っているのか・・?

おーい!

 

なあんて考えずにはいられませんでした。

 

今回、誘っていただき、とても貴重な機会を頂けて

とても感謝しています。

しかも、とてもいいお席で、恐縮してしまいました💦。

また、能を見たいです。

お薦めです!能観劇。

 

福井は、能との縁が深い土地柄だそうで、

ますます、盛り上がっていきますように。

心からお祈り申し上げます。

 

以前、足を運んだ福井県池田町の能面美術館も、

とても面白いです。

 

日々着物専門店 呉服の佐々木

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ、数週間、県外の方々の、七五三、結婚式、お宮参りが、

何件も重なり、慌ただしく過ごしておりました。

 

そんなわけで、ちょっと、遅れてしまいましたが、

ずっと、ブログにあげたかったお写真。

 

先日、成人式の前撮りのついでに、お立ちより下さいました。

美しくて、愛らしいお姿に、主人も、私も、デレデレでした(笑)。

 

才女でありながら、可憐で、何て愛らしい。

美しい方の着物姿は

こんなに、うれしくて、幸せな気持ちになるのですね。

 

そして、いつも、思うのですが、

振りそで姿は、

ご家族のお嬢様を大切に思う気持ちが、ぎっしりです。

だからでしょうか。

まぶしくて、とても幸せな気分になります。

 

 

 

難しいもので、着物を着ていれば、

美しいのか、感動するのか・・というと、

そんなに簡単ではありません。

着る方の品を一層、引き立ててるのは、

ペラペラ、チカチカ、(帯なら)ゴワゴワではありません。

 

どこに出ても、誰に見られても恥ずかしくない。

眼の有る方が見れば、すごくよく分かってしまうのが、

きものでもあります。

そして、振りそでは、

ご家族の文化にたいする造詣の深さも垣間見えたり・・するものです。

 

だから、着物のなかでも、特に、振りそでは、ご本人だけでなく、

ご家族や、専門店のお話を聞きながら決めるのが,

実は、大切です。

 

かわいい♪すぎますね(笑)。

 

そして、振りそでは、柄にばかり眼が行くかもしれませんが、

一番大切なのは、生地質です。

 

同じ柄でも、生地質がペラペラだと、品格が出ません。

一番、生地質、2番、柄ゆき、色合、が大切なのです。

 

このたびは、

お写真の掲載もご了承いただきまして、うれしかったです。

 

きっと、会場でも、上品な愛らしさで、キラキラと輝く姿が

眼に浮かびます。

 

お立ちよりいただき、まぶしい振袖姿を見せて頂き、

心も、ほわほわになりました。

本当にうれしかったです!。

 

ありがとうございました。

 

日々着物専門店呉服の佐々木

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

銀杏があまりにきれいで、見とれています。

 

先日、お客様から、お菓子を頂いてきた店主。

何気なく包装紙に目を向けると、

「吉はし」と。

 

金沢で、店頭販売をせず、予約しないと食べられない

というお店。知る人ぞ知るお店である。

 

最近は、雑誌にも良く出ているそうですが、

店頭販売をしていないことに変わりなく。

 

キャー。うれしい♪

 

 

早速、お福分けとばかりに、

お見えになったお客様にもお出しすると、

「これは、吉はしさんの中でも上等なお菓子。」

「美味しい♪」と。

 

私も一ついただくと、

お干菓子なのに、

(なのに・・というのは、私があまり、お干菓子は得意ではなく・・(;'∀'))

 

美味しい!。これは、美味しい!

ちょっと今まで食べたことがありません。

 

人が喜ばれる姿を見るのは、本当にうれしいもので。

頂きものなのに、さらに、たくさんの方と、

幸せな時間を共有できました。

H様、ありがとうございますm(__)m。m(__)mm(__)m。

 

吉はしさんの店頭販売をせず、デパートにも、

駅にも出さないというスタイルには、

まっすぐに筋の通った想いを感じるわけですが、

 

佐々木の店主も、まっすぐな思いをもっています。

同じように語るな・・と言われそうですが、(笑)。

 

目利きとして名を遺す白洲正子氏が、

ご自身の本に、幼いころよりお付き合いの

あった呉服屋さんの店主について語っているのですが、

それが、主人が私に話す、追い求める姿と、あまりにぴったりで、

主人に紹介すると、

「すごいな。そう。そう。」と驚く。

 

抜粋してご紹介します。

 

〇心に描いた夢のようなきものを、受け止めるカンは天才的。

 

〇少しと言っても人によって、それぞれ違う。その分量をはっきりと

見分けるのが商売です。

 

〇職人に何度やらせても思うようにいかないので、店主みずから描いて

もってきた。それほど、仕事に打ち込み、着物が好きな人でした。

 

〇職人気質に撤し、芸術家に近い感覚を合わせもっている人でした。

 

〇商売と言っても、結局、目先の儲け仕事だけでは、

ほんとうに良い商人とは言えない。特に着物のような美しいものができるはずがない。

 

店主がいつも、私に語る目指す姿にあまりにぴったりなもので、

ご紹介してみました。~。

 

日々着物専門店 呉服の佐々木

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

写真は、今年最後の秋明菊となるでしょうか。

「花はそのままで風情がある」と、茶花好きな義母が良く言っていたことを

ふと、思い出します。

本当にその通りで、私の無駄な抵抗など全く必要としない。

そのままで、何て愛らしい。

 

先日、福井新聞にのっていた華道家 前野博紀氏のコラムに

ひきつけられ、何度も、何度も眼を通しています。

 

「花無心にして蝶を招く。

願わなければ叶わないのも、真実ですが、機会を大事に、物事に

打ち込んでいれば、緑の風が吹く。」

 

「人が生きていくうえで大切なものは、すべて目に映らないものばかり。」

 

華道家の方の紡ぐ言葉は、何て、豊かで、深くて、心に沁みます。

 

 

◆ご質問をいただきました。

先日、京都の方より、ご質問をいただきました。

佐々木のホームページを新しく、作ったばかりのところで、

早速、ご質問をいただき、とても、うれしく拝読させて頂きました。

 

「着物は、初心者で、これから、着物を着てお仕事をしたいと考えているが、

初心者でも、着物は、量より質で良いのでしょうか。」という

主旨だったかと思います。

 

プロのご意見をお聞きしたいとのことで、

私ではなく(笑)、店主が、夜中、お返事を書いておりました。

その内容が、なかなか、深いと思い、こちらにも抜粋して

店主の考えをお伝えしたいと思います。

 

◆「着物は、量より質」の意味

店主のお返事より、一部抜粋

「質の考え方についてですが、質=高価・最高級品だとは思っていなく、職人の手の中にあると思っています。作家やブランド紬のように、特別高価ではなくても、職人個々の技術と個性で作り出される物も、良いものです。」

 

店主が良く言っているのは、本当に、良いものを作ろうとすると、誠実な仕事になる。

「分かりにくいところだから、生地質を落とそう」とか、そういう考えはなくなるもの。

利益にこだわると、中途半端なものが出来てくる。

だけど、今は逆転現象が起きていて、例えば、上質な手描き友禅より、

インクジェットの着物に、それ以上の値段がついていたりする。

 

逆に、有名な作家ものでも、値段に見合わないと思えるものがあるのも事実。

 

ようは、「 値段と名前が判断には、決してならない。」

 

なにも、高額な超一流品でなくても、名もなくとも、誠実で、上質なものは、意外とあるもので。

佐々木が考える上質とは、

誠実に作ってあり、誠実なお値段がついているものと

言えるかもしれません。

 

着物は、たくさん買う必要はありませんが、

高価なものを数点だけというよりは、

誠実に作った良いものは、

着心地も、着姿も良いもので、高額でないものも

たくさんあります。

 

 

そのあたりから、少しずつ始めるといいのではないでしょうか。

 

 

◆着物で、目指すところ。

 

時折、初めましてのお客様から、「私は、コピー品で良いのよ~」と

言われることもあるのですが、

コピー品は、結局は、誠実ではないのです。そこに魅力はないのです。

 

そう思います。

 

店主は、お返事の中で、

「お気に入りの着物を見つけて、その着物の雰囲気に添うような着方が出来れば、

最高です」と結んでおりました。

 

きものの世界は、共に育てていく世界。

 

着物の手入れや、扱い方、合わせ方、

そして見る眼、着方。

 

最初からゴールを目指さずと、苦しくなるので(笑)、

でも、きちっと根っこを見ながら、

一歩ずつ、深い世界を楽しんでいただけたらと願います。

 

私達でお手伝いできることがあれば、お気軽になんでも

お話し頂けたらと存じます。

 

I様が、着物を着ることで、ますますご活躍されますように

心からお祈り申し上げます。m(__)m。

 

 

日々着物専門店 呉服の佐々木 

☝ホームページのGalleryにて、佐々木の考える上質なものを

少しずつご紹介しています。そちらもご覧下さいませ。

 

若女将。

℡0776-22-4124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋も深まりつつあります。

そろそろ、秋の草花も終わりに近づいてきました。

これからは、紅葉と、椿の開花が待ち遠しい。

 

 

反物にかじりついている店主。

 

「何してるの?」

 

それは先日、お客様にお求めいただいた牛首紬。

店主は、こうやって、仕入れた反物や、

お求めいただいた反物を、

シュルシュル~

シュルシュル~と

隅から隅まで、よく、見ます。

 

いえ、しつこい。くらい。(笑)。

 

お客様に、他の呉服屋さんとは、着物の扱い方が

全然違うと言われるくらい、

神経を行き届かせ、

着物にべたべたと触わることはしません。

 

最小限に触るコツがあるそうです。

私には、そのようには、まだまだ、まだまだ、触れません・・。

 

 

 

「何してるの?」

と、聞いてみると、

「検品してる」とのこと。

 

座繰り糸で、手織りのものは、糸の細い太い、

凹凸があって当然で、それが「味」になるのですが。

 

出方が強い場所がないかをチェックしているそうです。

 

 

工業品ではなく、手仕事のものなので、

「味」とみなすか、「難もの」とみなすかの境界が

難しいところでもありますが、

出方が強いところは、仕立て方を工夫することになります。

 

仕入れのさいに、チェックし、

仕立る前に、もう一度チェック。

 

それが、佐々木の流儀でもあります。

 

 

 

日々着物専門店 呉服の佐々木

mail support@tontenan.jp

℡0776-22-4124

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

秋の花が咲き誇るようになりました。

我が家の近くでは、

たかのはススキや、秋明菊、ホトトギス、フジバカマ、

紫式部、水引・・。

このまま散ってしまうのは、はかなすぎると、

咲き誇るままに、手折り、

そのまま、入れてみました(笑)。

 

 

お店からの帰路、ふと、何か、視線を感じ、空を見上げると、

月が見事に霞んでいて、なんて素敵。

 

この季節は、妙に月が気になります。

 

なあんて、思っていたら、今夜は、十三夜。

今年は、九月の十五夜を見られなかった私。

 

片方だけを見るのは、「片見月」と言って、

縁起が悪いと昔から言うそうですが。

 

見てしまった・・・。

 

霞んでたから、見てないかな。(笑)

 

折角手折ってきたホトトギスは、こちらに、入れました。

秋の風情が好きです。

 

 

 

 

先日、お客様から、カステラを頂きました。

開けてみると、

金沢らしいカステラに金箔が♪。

この輝きに弱いです(笑)。

 

 

金箔は、味はしないのに、

こんなに、心トキメクなんて。

金箔の力は恐るべしです。

 

Y様、ありがとうございました。

美味しく、うれしく家族でいただきました。

 

 

いよいよ、秋も深まり、紅葉の美しい季節になってきますね。

自然は、心を癒し、慰めてくれるものですね。

 

本日は、ただのブログでした。

 

日々着物専門店 呉服の佐々木

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家にいると、庭で咲いている金木犀の香りに、ふと、

秋を感じています。

 

数年前より、音点庵以外に、本業の「呉服の佐々木」の

ホームページを作ろうと思いはじめましたが、

妊娠・出産により、随分時間がたってしまいました。

 

数年を経て、ようやく完成しました。

完成と言っても、直したいところや、

修正しなければならないところなど、

まだ、たくさんあり、少しずつ、手を加えていきたいと思っています。

 

ホームページでは、不器用ながら、まっすぐな店主の

想いをお伝えできたらと思っています。

 

 

「売れれば良い」。「利益をあげるために」、

「表面」を追いかけるお店が多いなかで、

 

お客様の気持ちに沿うことしか見えていない店主は、

そばで見ていても、本当に不器用で(笑)。

 

 

インターネットにより、世界が狭くなり、

有名店の真似ごとや、

雑誌で紹介される作家を追いかける

お店が殆どで、

 

一般の方には、そのほうが

分かりやすいだろうと思うのですが・・。

人まねを好まず

 

深みのないものや、

名前ばかりのものには、

心が動かないそうで、

また、実際の価値より名前で高くなっている

 

と思うと、

扱いたいとは思わないそうで、

 

自分の眼で、お客さんにとって、プラスになるかどうかだけを

真剣に突き詰める店主です。

 

 

そんな考えは、お手入れの仕方にも

表れていて、

 

昔から真剣に、とことん着尽くせるまで

お客様の気持ちに沿って、

着物のお手入れを承ってきました。

 

結果、積み重ねてきたお手入れの知識や知恵は、

着物を着る頻度の多い方ほど、お役に立てるだろうと

思います。

 

アピール下手な私たちなので、

分かりづらいお店かもしれませんが、

 

お一人でも、二人でも、

分かってくださる方がいらしたら・・・・と、

 

そんな様子を少しでもお伝えできたらと願っています。

 

 

よろしければ、新しいホームページ

こちら(日々着物佐々木)、

ご覧なっていただけたら、うれしいです。

 

 

また、見づらい点などありましたら、

教えて頂けたら、ありがたいです。

 

 

少しずつ、書き加え、修正し、見やすくしていきたいと

思っています(^^♪。

 

若女将

 

 

日々着物専門店 呉服の佐々木

ホテルフジタ福井1F

☎0776-22-4124

メール support@tontenan.jp

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近の我が家は、専ら、「真田丸」。

戦国時代好きの長男の影響を受けて、

歴史嫌いだった私も、いつの間にか、

興味津々で、長男の本にまで、手が。

大河ドラマでは、どこまでが史実か

どうかが気になり始めて、

調べたりしてます(笑)。

 

 

歴史は、語ると言いますが、

結局は、

まっすぐで、恩義に忠実で、純粋な人は、

抜け目のない人には

かなわないのだろうか・・・と、

複雑な気持ちにもなっています。

浅はかな私の知識。

違うというご意見をぜひ知りたいです(笑)。

 

歴史を知り、長男は、何を感じて、

どう自分の人生を歩んでいくのでしょうか。

 

最近そんな思いをグルグル持ちながら

過ごしております(笑)。

 

 

 

さてさて。

振袖や付け下げにも使えるようにと

お誂え頂いた「真綿入りの草履」が

出来上がってきました。

 

とっても可愛らしいので、ちょっと、写真に撮ってみました。

真綿が台の上に載っているので、

履き心地も抜群の愛らしさ。

 

振り返れば、本当に、あっという間の

このつぼみのような美しさの時期。

 

意外と、ご本人は、ご自分の美しさやまばゆさに、

気が付かないものですが、

大切に、愛おしんで、お過ごし頂けたらと

心から、そう思う、年齢に、なりました(笑)。

本当に、まぶしいです。

 

だから、お若いときには、思いっきり、初々しい愛らしさのものを

身につけて下さいね。

 

呉服の佐々木 若女将

☎0776-22-4124

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。