昨日の打ち水17日目の日曜日も、とても暑い1日でした。


この日は、先月26日、僕も参加した、青森での「未来への道1000km縦断リレー」の、タスキがつながり、上野公園でのグランドゴールの日、お昼過ぎの落ち着いた時間、少し早めに、店を閉めて、その上野の会場に向かいました。


http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/entry-12184264592.html



このリレーのページから、昨日の朝の文章の一部を、以下、紹介します。


『 7月24日に青森県を出発して15日。


「未来(あした)への道1000km縦断リレー」は、ついに最終日を迎えました。



「東日本大震災で被災した地域に笑顔を届け、スポーツのチカラで復興を後押ししたい」

...

そんな気持ちを持ったランナーと自転車のライダーが繋いできた想いと五色のたすきが、いよいよグランドゴールに届くのです。


拭いきれないほど汗が流れる暑い日が続きました。


驚くような豪雨に見舞われた日もありました。


それでも走り続け、ここまで来たのです。


グランドゴールとなる上野恩賜公園は51.6km先。


さあ、いよいよフィナーレです! 」


僕が上野公園に着いたのは、午後3時過ぎ、ウェアを着たスタッフの方に、グランドゴールの位置と、ゴール予定時間が45分で、5分ほど遅れている状況であるのを聞きました。


その時間まで、少し時間があったので、その近くにあった、「東京2020ライブサイト in 2016」という会場の中でも、ステージで、リレーのファイナルイベントが行われるようでしたので、その会場の中で、スタッフの方も、凄い暑さでしたので、数人で手分けして、打ち水をしている中、僕も、持参した柄杓で、青森に続いて、ファイナルゴール記念の打ち水をしたりしていました。












このグランドゴールの模様は、いろんなニュースでも流れたようですが、FNNのニュースでも流れた内容を、以下、ご紹介。


『 「1000km縦断リレー」 上野恩賜公園のグランドゴールに到着

08/07 18:42

東日本大震災からの復興に向けて、スポーツの力で日本が1つになる「未来(あした)への道、1000km縦断リレー2016」は、15日目となる7日、ついにグランドゴールを迎えた。


2020年の東京オリンピックが始まる、ちょうど4年前の7月24日、青森県庁をスタートした、1000km縦断リレー。


15日間かけて、東日本大震災の被災地を走り、1,400人余りが、たすきをつないできた。


そして7日午後、元陸上選手の朝原宣治さんや、元シンクロナイズトスイミング選手の青木 愛さんらが、およそ100人の一般ランナーとともに、東京・上野恩賜公園のグランドゴールに到着した。


ゴールでは、東京都の小池 百合子知事も、ランナーを笑顔で出迎えた。  』





僕は、その無事到着した、ゴールシーンを確認し、安心したところで、すぐに、駅に向かい、渋谷に向かいました。


渋谷のRSC展示会では、来月世界戦を迎える、三迫ジムの小原選手が、午後5時まで、1日店長としていらっしゃるということで、残り1時間と少し、急いで、会場まで向かおうとしましたが、この日一時閉店する、渋谷パルコの近くが会場の場所だと思っていたら、住所を確認すると、違って、来た渋谷駅の方角が逆でしたので、慌ててタクシーに乗りました。









タクシーでは、最短距離で、無事、展示会場前に、残り15分くらいの時に到着。








会場に入ると、たくさんのお客様がいらして、小原選手のもすぐ気がついてくれて、ご挨拶。





( 小原選手のブログでも、ご紹介いただけました。RSCさんのページから、お写真お借りしました。)


 http://ameblo.jp/9-03/entry-12188374956.html?frm_id=v.mypage-checklist--article--blog----9-03_12188374956   


RSCさんは、デザインがどれも素敵なので、選ぶのに迷いました。

でも、小原店長の的確な説明や、試着させていただき、肩幅が合っていると、サイズを確認してもらい、新作Tシャツに決めました。


何より、小原店長に、Tシャツを出していただいて、うれしく思いました。


Tシャツは、マラソン大会で着たり、ラン練習でも、着て走ろうと思います。

RSC展示会は、商品を購入することはもちろん、小原選手を激励をしに来たのですが、小原選手は、いつものように、明るくて、来月の世界戦に向けて、誰よりも練習を欠かさない選手ですし、万全の準備ができていると思いました。

2週間後の壮行会での、さらに研ぎ澄まされた小原選手の姿が、本当にとても楽しみです。



なお、今日の打ち水は、「未来(あした)への道1000km縦断リレー」の無事グランドゴールおよび、思わぬことで、お邪魔した、長きに渡り渋谷の街を彩った、渋谷パルコ、そして、来月が決戦の小原選手、それぞれに、心の花を贈る意味でも、板橋陶苑さんです。









北町逸ピンは、こちら。





http://www.kitamachi.or.jp/itabashitouen.htm

板橋陶苑さんの店頭のお花たちのように、現在連日熱い戦いを繰り広げている、リオオリンピックの日本代表の皆さんや来月、来月世界戦を迎える、小原選手に、どこまでも燦然と光り輝く、栄光のメダルや世界のベルトを、手にできるよう、心から願わずにはいられません。


AD