昨日の打ち水12日目、フェイスブックにもお書きしましたが、夜に、三迫大会長と奥様のお2人が、店にお越しいただけました。

具体的には、お聞きしませんでしたが、明日にも、大事な発表があるようですので、とても楽しみです。


店では、奥様から、大会長の弟のお孫さんが、NHKののど自慢に、120人の中から、出演する20人に選ばれてた時のことなど、楽しいお話をしていただけたり、お2人に、いつもお会いすると、本当に優しい言葉をたくさんいただけて、幸せな心持ちになります。


また、お昼には、ダイエット目的で、三迫ジムに通われているというお客様もいらして、選手以外の皆さんも、お越しいただけて、とてもうれしく思います。


僕は、三迫大会長の姿をいつも見させていただいて、お会いすると、強さは、優しさとイコールだと感じています。


弱い人間、弱い犬や猫などの動物は、往々にして、よく吠えたり、威張ったりするように感じるのですが、三迫ジムの会長も、マネージャーや選手の皆さんの心の中に、みんな大会長や奥様の太陽のような優しさを、感じていて、日頃から激しい練習から、厳しいボクサー生活に向き合うその姿に、とても共感し、応援しています。


なお、今日の打ち水は、東武練馬駅から歩いて、三迫ジムへの通り道にあり、三迫ジムの選手がたくさんお世話になっている、いつも、マスターが、明るくて、優しい、昔ながらの八百屋さん、藤原青果店さんの打ち水です。











大事な試合に勝利したら、メロンなど、三迫ジムの選手に、お祝いで、プレゼントしてくれる、太っ腹のマスターは、最高の商人の姿をいつも見せてくれています。








http://www.kitamachi.or.jp/fuziwara-seikaten.htm



藤原青果店さんは、マスター同様に、奥様も、いつも明るい笑顔で迎えてくれて、街の太陽のような存在のお店です。

AD