Congratulations! 11。

テーマ:

昨日の夜は、後楽園ホールでの、小原選手の世界前哨戦と竹中チャンピオンの初防衛戦を、観戦しました。


http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/entry-12014389059.html


http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/entry-12060551632.html



シンプルに、試合結果は、以下。



■4月14日(木) 後楽園ホール


ダイヤモンドグローブ


65.0kg契約8回戦 (小原選手の世界前哨戦)


IBF世界Sライト級3位


元OPBF東洋太平洋Sライト級チャンピオン


○小原 佳太


1R 2分31秒


×ペッダム・トーパランイーシップサーム(タイ)









OPBF東洋太平洋フェザー級タイトルマッチ12回戦


OPBF東洋太平洋フェザー級チャンピオン
WBC世界フェザー級20位


○竹中 良


6R 1分20秒 TKO...


OPBF東洋太平洋フェザー級9位


×正野 晃(アポロ)









( 写真は、三迫ジムのページから、お借りしました。)



小原さん、世界戦の最終関門を突破、おめでとうございます。


また、竹中チャンピオン、獲るより難しいとされる、初防衛、おめでとうございます。


2人とも、懐の深く、リーチの長く、鋭いパンチ、小原さんは、重く速く、竹中さんは、巧みなコンビネーションを交えた戦い、本当に、素晴らしい試合でした。



強い2人には、先日、耳にした、心に残った言葉を、お贈ります。


 「白雲自ら去来す」


「 夏の畑仕事では、日射しを遮る雲が恋しくなるが、待っていても現れない。


 照りつける太陽のもと懸命に作業に取り組めば、不思議なことにどこからともなく雲が現れる。」


 目の前にある自分がやらねばならないことを一生懸命やる。


 どんな状況でも“俺の仕事はこれなんだ”と一生懸命になって、汗を流していく。



2人の次の目標を、勝ち取ること、心から、いつも、応援しています!


何より、三迫会長、そして、トレーナーやスタッフの皆さん、もちろん、小原選手、竹中チャンピオン、素晴らしい試合、ありがとうございました。

AD