東京マラソン・メモリアルディ。

テーマ:

第10回記念東京マラソン2016に、妻と、応援に行きました。








8年前に、僕が走った時は、テロの恐れなどなく、ランナーに対する、セキュリティは、かなり高まりました。


今の時代、LINEがあるので、スタートして程なくの、僕たちが応援している場所の目印を伝え、たくさんの人数ランナーから、娘の姿を思いのほか、楽に発見、2人でエールを送りました!








僕たちは、コースの経験もあり、電車で、5キロ過ぎの飯田橋、(母校)の法大に通い土地勘もあるでも、タイミング良く、バッチリ、その後も同様、娘に分かるよう、沿道で、応援が出来ました!


スタートは、寒く、途中から、暑く、途中、ひざを痛めながら、走ってくれたかわいい娘は、よく頑張ってくれた!








僕は気が付かなかったけれど、妻は、スタートして、最初に応援した場所で、田中理恵さんを見たそうで、最終的に、店に戻り、営業をしている時に、6時間40分くらいのタイムで、ゴールするお母さんと共に、理恵さんの姿を、テレビで見たりしました。


理恵さんは、泣きながら、足を引きずるように、ゴールしたのだけれど、「フルマラソンは、オリンピックの練習の何十倍も辛かった」という名言もインタビューで出たりして、ゴール地点で、応援していた理恵さんのお父さんの誕生日を、走り切ることで祝いたかったという言葉に、感動したりしました。


何より、娘が、僕や店のために…走ってくれて、ありがとう。


今日の完走メダルは、近いうちに、店に飾らせてもらえることになっているので、ご来店の際には、ぜひ、ご覧下さい。

AD