第50回記念青梅マラソン。

テーマ:

第50回記念青梅マラソン、無事、完走しました。



10年前に、青梅を走った時に、ゴール前で、当時、今よりも30分、制限時間が短く、制限時間が差し迫っていて、僕を抜かしたおじさんが、倒れて、その横を、通過し、無事完走したのだけれど、背中越しに、救急車のサイレン、翌日、死亡記事が、小さく掲載されていた…。



その時、無理をして走らないと、心に決め、もし10年後、まだ、僕が走り続けていたら、この大会に戻ってこようと心に誓っていました。



詳しくは、後ほど、あらためて、お書きします。



一部に、ご心配いただいている方もいるかと思いますが、僕の場合、大会を走りきっても、まだ途中、店に戻れる距離でしたら、夜店を営業し、それが終えた時が、真の完走。



今日は、走り終えて、とんぼがえりで、店に戻り、5時30分から営業したのだけれど、僕が戻る前に、店の前で、お客様がお待ちいただいていたり、配達の注文がいくつもあり、慌ただしい時間が続きました。



店の営業を終えた時に、今日の朝6時から動き続けて、疲れている僕に、スタミナをつけようと、夜店を手伝ってくれた、次女と3人で、ステーキハウスに食事に行き、食事の後、少し、店のかたずけをしていたら、何とか、日付が変わる前に、皆さんに報告しようと、頑張りましたが、今の時間になってしまいました。


走り切って、いただいた、フィニッシャータオル。





そして、走り続けてきたことのご褒美のような、第50回記念青梅マラソン記念トロフィーを手にしました。





なお、コースでの模様は、以下。



http://ameblo.jp/tonkatumarutoshi/entry-12131500034.html



マラソンの神様、ありがとうございました!

AD