• 18 Mar
    • 有峰書店新社「ねりグルディ―プ」発刊。

      3月のまるとしには、何かが起こる。 震災後3年目の昨年は、3月1日OAされた、アド街での数ヵ月続いた反響。 そして、震災後4年目の今年、3月20日、日を同じくして、発売される本や雑誌に、店の紹介記事が掲載される、その第一弾。 地元練馬で2社あるという出版社の有峰書店新社さん発行の「ねりグルディ―プ」という書籍に、まるとしが掲載されました。 昨日、担当の方が、発売前のその本を、店にお持ちいただけ、その内容が分かりました。 出版社さんの本の紹介コメントは、以下。 「 練馬の知られざるお店・旨い店、教えます。 練馬区の出版社がつくった練馬区のグルメ本。 美味しいお店、イケてる店が満載! 本書持参で掲載店で割引などの特典をGET!!  ■著者 ねりグル編集部 発売日:2015年3月20日 定 価:1,000円+消費税 A5版変形並製 ISBN978-4-87045-281-7  」 ご縁があった本ですので、ぜひ、たくさん売れて、編集部の方々に喜んで盛りたいと思います。 ■発売地域 東京23区及び埼玉県近隣地域の書店および一部コンビニエンスストア (ネットでの販売もあるようです) なお、フライングだと思いますが、皆様に、この本に興味を持ってもらいたいので、まるとしの記事の一部を、特別公開。  menu 22 (ページとは別に、この本では、店が、menuとしてナンバリングされていて、全78の内、まるとしは、22番目です。)  東武練馬の老舗三代目は地元密着で美食にこだわる!        とんかつ まるとし          東武練馬駅 とにかく店主の気持ちがいいお店というのが第一印象。 この「とんかつまるとし」は1970年に東武練馬駅にオープン。 現在の店主は奥様の実家を継いだ三代目で地元出身ではないが、それまでの地元地元密着を受け継ぎ、地域商業発展にも寄与している。 もちろん、料理でも仙台のこだわりも受け継ぎながら、店主みずからのこだわりも生かす。 それは青森けんこう豚に最上のパン粉をまとわせて、ラードや揚げ油も研究して配合するといったこだわりようだ。 「とんかつ難民」と言われるほど、練馬区のとんかつやさんが減少が著しい名か、店主は区民が喜ぶ顔のためび奮起する。 ………… 中心の文だけ、紹介しました。 なお、この本には、ライターの方に頼まれ、紹介した、ローヤル洋菓子店さんや丸栄中華店さんの記事も、取り上げられています。 他にも、僕自身、行きたいお店がたくさん掲載されています。 皆様にも、ぜひ、お読みいただきたい本なので、紹介させてもらいました。

      1
      テーマ:

プロフィール

まるとし店主

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
いつもありがとうございます。東京都練馬区で「とんかつまるとし」を営んでおります、まるとし店主です。 ...

続きを見る >

読者になる

AD

ランキング

総合ランキング
170199 位
総合月間
144298 位
グルメ
1679 位
ジョギング・マラソン
768 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。