島根鳥取バルーンアートパフォーマー親子イベント祭りを盛り上げる

鳥取島根の親子イベント祭りをバルーンアート・パフォーマンスで盛り上げているさと原人の公式ブログ。


テーマ:
● 大学生がめっちゃ楽しんだバルーンアート教室。島根県立大学BBSサークル・大道芸部

こんにちは、さと原人こと高島です。

2月2日(日) 島根県浜田市紺屋町にある「セレンディピティこんやお茶の間」で、バルーンアート教室の先生として、出張してきました。

今回は、島根県立大学のBBSサークルさんが主催。

同じく県立大学の大道芸部さんも参加されてました。全員で11名(大道芸部さんは3名)。

島根県立大学BBSサークルでバルーンアート教室

BBSサークルの学生さんから、感想をいただいています。

バルーンアートは子どもと仲良くなる為の手段であり、バルーンアートが目的になるのはちがうということを学べたことが一番大きかったです。

大事なのは、バルーンアートを使っていかにコミュニケーションが取れるかだと思いました。

実際に子どもたちと実践してみるのが楽しみです!




今回の講習でバルーンアートのレパートリーが増やせれてよかったです。

ただ作るだけじゃなくて、バルーンアートを通して子供達とどう関わっていくかが、大切なんだと気付かされました。

作っていて、大学生の私でもとても楽しかったので、次は私が子供達を楽しませたいです!




大道芸部の学生さんからも、感想をいただいています。

人前でバルーンアートを使って演技をする身として、とても貴重な経験になったと思います。

教え方もとても分かりやすく、さすがプロだと感じました。

さとさんに教わったことを今後の活動にどう活かしていくか考えるだけでワクワクします!本当にありがとうございました!


弓矢を作って、BBSサークル VS 大道芸部のゲームもやりました。



大学生も、キャーキャー遊んじゃってます。



一番器用だった大道芸部の学生さんからは、こんな感想も。

基礎さえしっかりとしていれば、後は応用力と創造性だと感じました

今まではなんとか一本で作り上げようとしてましたがこれからは出し惜しみなく使って作っていこうと思います

技術だけでなく作った後の見せ方もしっかり考えて、これからの大道芸のパフォーマンスに取り入れていきます


頼もしい言葉です。

強力な大道芸人が生まれた瞬間!?かな





今回のバルーンアート教室で、グッとバルーンアートに親しみを持ってくれた学生さんもおられましたよ。

作り方やそのコツを教えていただいて、前よりもバルーンアートに親しみが持てました。

練習を重ねて先生のように子どもたちをわくわくさせたいです。

作った後の遊ぶ段階を重視するなど、子どもへの接し方のポイントを教えていただいたので生かそうと思います。




BBSサークルと大道芸部の学生さんといっしょに。



今回は、BBSサークルさんも大道芸部さんも、普段子供たちと遊びを通して、接している皆さん。

バルーンアートも、全くの初心者さんは、1人でした。

ほとんどが初心者さんと聞いていたので、急遽内容を変更しました。

バルーンアートを作ることよりも、バルーンアートを使って、いかに子供たちとコミュニケーションをとるか。そこに重点を置いて、いろいろとお伝えしてきました。

「バルーンアートが目的ではなく、コミュニケーションの道具」なんですよって。

代表の黒木さん、お世話になりました。楽しい時間でした。ありがとうございました!

▼代表の黒木さんと

BBSサークル、バルーンアート教室








お子さんを相手に活動されている方には、バルーンアートだけでなく、コミュニケーションの具体的な方法もお伝えします。

島根のバルーンアート・パフォーマンスショー

・ 島根のバルーンアート・パフォーマー「さと原人」の公式メルマガ
・ バルーンアート・メニュー
・ 出張する地域について
・ お客様の声

電話番号0852-25-7173(高島)

(留守電には、お名前・イベント開催日・ご依頼の内容をお願いします。)

簡単メールでご依頼(ご依頼フォーム)


益田・浜田・江津・平田・出雲・横田・雲南・吉田・松江・玉湯・宍道・八束・飯南・隠岐・米子・境港・倉吉・関金・鳥取・智頭・若桜・用瀬からもご依頼をいただいています。

幼稚園・保育所乳幼児学級行事・神社・寺・祭り・子育て支援センターなどの親子・キッズイベントを盛り上げていますよ。

さと原人は大道芸のイベントにも出演。クリスマス・ハロウィン・正月・節分・フラワーフェスタなど季節のイベントも、バルーンアート・パフォーマンスで盛り上がりますよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

島根バルーンアートで親子イベントを笑顔に さと原人こと高島さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります